マラト サフィン。 マラト・サフィン|選手情報|テニスデイリー

マラト・サフィンとは (マラトサフィンとは) [単語記事]

マラト サフィン

サフィンが勝ち続けてくれているおかげで私も精神的にリラックスできているせいか仕事が順調です。 今週はちょっと面倒なデザインの仕事が2つあったんですが、どちらも1発OKになりました。 あまりにあっさり校了になったので気が抜けてしまう程です。 いよいよPCを注文します。 今回はメーカー品じゃなくて、パーツを自分で選んでショップで組んでもらう事にしました。 トラブルが有った時が恐いですが、そこは何とか勉強します。 パーツを選んで行ったら最終的にメインマシンのMacよりずっと高スペックになってしまったのですが、お値段は半分以下・・・。 それでもMacは好きなんですけど。 今回、PCを買換えする事にした理由も結局はサフィンがらみだったりするんですが、自分がちゃんと目的を果たせるかどうか不明なので何に使うのかは秘密。 昨日まで落ち込みが激しくて「食べる作業が面倒くさい」という理由で食事ができないほど、何をする気力もありませんでした。 でも、昨夜とっても嬉しい事があったので今はすっかり元気です。 よ〜し、これから頑張っちゃうぞ!という気持ちを込めてナムコから7月1日に発売される「」を予約しました。 (何か間違っている気もしますが)タイトルからもわかる通り、これはテニスゲームで実名でプロの選手が登場します。 もちろん我らのマラト・サフィン選手も。 ポリゴンキャラのサフィンは男前度が実物よりかなり落ちますが、どんな動きをするのか楽しみです。 ガッツポーズなどのリアクションも選手の特徴に合わせて入っているそうですが、きっと私が期待しているようなあんなことやそんなことは入って無いんだろうなぁ。 「ラケットをたたき折る」のと「ミスショットをして吼える」のは有りな気がしますが・・・。 サフィンじゃないけど是非入れて欲しいのはヘンマンの「変な」ガッツポーズ。 彼は華麗なネットプレイに対して、ダサいリアクション&何だか良くわからない髪型&歯並びの悪さのギャップ加減がイイんですよ。 このゲームでサフィンをグランドスラム制覇させちゃうぜ!(これはやや虚しい行為のような気がしないでもない) サフィン、いきなり初戦で負けてしまいました。 もう、どうしてブレークポイントが何回あっても取れないのだろう。 4セット目だって4-1でリードしていても追い付かれているし、だいたい2セット目はサービング・フォー・ザ・セットまで迎えていて、ほとんど「貰った〜」と思っていました。 彼の勝利が私の元気の素だというのに、これでは当分ショボンな感じで過ごす事になりそうです。 サフィンが崖っぷちにいたちょうどその時ヘンマンもピンチに陥っていて、WebRadioのアナが興奮気味に放送していましたが、彼は現在保ち直しているようです。 でも、もう他の人はどうでも良くなっちゃったなぁ。 他の選手の勝敗が気になったり、プレイの内容を楽しんだりできるのもサフィンが存在していてこそ、なのだと改めて感じました。 真っ白なウェアで試合しているサフィンをTVで観たかった。

次の

レジェンド~新人まで!男子テニス イケメン ランキングベスト15【永久保存版】

マラト サフィン

2019年のベッカー 基本情報 フルネーム Boris Franz Becker 国籍 出身地 ・ 生年月日 1967-11-22 (52歳) 身長 191cm 体重 85kg 利き手 右 バックハンド 片手打ち 2003年 ツアー経歴 デビュー年 1984年 引退年 1999年 ツアー通算 64勝 シングルス 49勝 ダブルス 15勝 生涯通算成績 967勝350敗 シングルス 713勝214敗 ダブルス 254勝136敗 生涯獲得賞金 25,080,956 アメリカ合衆国ドル 4大大会最高成績・シングルス 優勝(1991・96) ベスト4(1987・89・91) 優勝(1985・86・89) 優勝(1989) 優勝回数 6(全豪2・全英3・全米1) 4大大会最高成績・ダブルス ベスト8(1985) 1回戦(1984) 2回戦(1985) 2回戦(1985) 国別対抗戦最高成績 優勝(1988・1989) キャリア自己最高ランキング シングルス 1位(1991年1月28日) ダブルス 6位(1986年9月22日) 獲得メダル 男子 金 ダブルス 目次• プレースタイル [ ] オープンスタンスから放たれる強烈なサーブは「ブンブン・サーブ(boom boom serve、「boom boom」は大砲の爆撃音を表す)」という愛称で呼ばれたビッグサーバーである。 ただし、サーブの名付け親とされるが本人に了解を求めたところ、「東京の大会で初めて試したので、<東京サーブ>と呼んでほしい」との返答だったという。 キャリア [ ] にプロ転向。 、選手権にて、大会史上最年少の「17歳7ヶ月」で初優勝を飾る。 世界ランキング38位のノーシードから勝ち上がり、決勝でのを 6-3, 6-7, 7-6, 6-4 で破った。 敗れたカレンはコナーズ、マッケンローらを破って勝ち上がったが最後は17歳の新鋭の前に屈した。 翌にも同選手権で決勝に進み、悲願の初優勝を目指したナンバー1のを破り、18歳で大会2連覇を達成。 1987年はまさかの2回戦敗退に終わったが、からにかけて4年連続で同選手権の決勝に進出する。 そのうち1988年から1990年までは3年連続でと決勝で対戦した。 はエドベリを破って優勝を果たしたが、1988年と1990年には敗れている。 には、テニス4大大会史上初の「対決の決勝」をと戦ったが、1歳年下のシュティヒにストレートで敗れ、3度目の準優勝となった。 その後もウィンブルドンではに準優勝 決勝でに敗退 するなど好成績を出し続け、ウィンブルドンでは通算71勝 12敗 を挙げた。 ベッカーはダブルスでも通算15勝を挙げたが、その中にはの男子ダブルスで、代表選手としてとペアを組んだ金メダルも含まれている。 ベッカーは選手権で3度の優勝、4度の準優勝など大活躍し、ウィンブルドン71勝はコナーズ・フェデラーの84勝に次ぐ歴代3位の記録である。 ベッカーはにウィンブルドンに続いて全米を制し、初めてウィンブルドン以外のグランドスラムタイトルを獲得した。 その後1991年にはでも初優勝を果たし、キャリア終盤のには2度目の全豪制覇を成し遂げている。 1996年の全豪決勝では、ベッカーと同じく17歳でグランドスラム初優勝を果たしたと好勝負を繰り広げた。 ベッカーのの最高成績はベスト4である ・・。 ベッカーは全仏を筆頭にクレーコートでは1つもタイトルを獲得できなかった。 年間最終戦でも長く活躍し、3度の優勝、5度の準優勝を記録している。 ベッカーは多くの選手たちの間でも才能では1番と言う声は強かったが、要所で勝ち切れず世界ランク1位在位はわずか12週でライバルのエドベリの72週と比べずっと短い。 ウィンブルドンや年間最終戦などでも決勝には多く進出するが準優勝が多く、勝ち切れない面がよく出ている。 ボリス・ベッカーはの選手権4回戦でに敗れ、現役引退を表明した。 に入りを果たしている。 2013年12月18日、のコーチに就任することが発表されたが、2016年12月6日にジョコビッチのオフィシャルサイトにてコーチ契約解消が発表された。 ライバル・エドベリ [ ] ベッカーはよくとライバル関係として語られることが多い。 その最大の要因はウィンブルドン決勝で3年連続で対戦したことである。 また、1991年の決勝ではシュティッヒと対戦したが、シュティッヒは準決勝でエドベリを4-6,7-6,7-6,7-6で破っている。 この試合エドベリは1度もブレークされておらず、紙一重のところで4年連続の対戦が実現しなかったことになる。 なお、両者のグランドスラムでの対戦はこの3度以外では1度しかない。 この3年連続の対戦はエドベリの2勝1敗に終わった。 また、世界ランク1位在位でもエドベリ72週に対し、ベッカーは12週にとどまっている。 このことから一見エドベリの方が優勢だったかに見えるが、実際にはこの両者の35度の対戦ではベッカーが25勝10敗と大勝している。 また、1位ではエドベリが長いが、トップ5やトップ10の在位週数はベッカーのほうが長い。 しかし、要所の対戦ではエドベリが勝っており、このことが両者のライバル関係を強調すると同時にここでもベッカーの要所での弱さが露見している。 記録 [ ] ウィンブルドン選手権最年少優勝「17歳7ヶ月」 パリ・マスターズ優勝「3回」 、とタイ記録。 世界ランキング1位の選手に勝利「19勝」 ラファエル・ナダルとタイ記録。 セット0—2 からの逆転勝利数「10回」 、とタイ記録。 4大大会優勝 [ ]• :2勝(1991年、1996年)• 選手権:3勝(1985年、1986年、1989年) [準優勝4度:1988年、1990年、1991年、1995年]• 脚注 [ ]• 1973-1974 計40週• 1974 計8週• 1974-1983 計268週• 1977-1981 計109週• 1980-1985 計170週• 1983-1990 計270週• 1988-1989 計20週• 1990-1992 計72週• 1991 計12週• 1992-1993 計58週• 1993-2000 計286週• 1995-2003 計101週• 1996 計6週• 1998 計6週• 1999 計2週• 1999 計6週• 1999 計1週• 2000-2001 計9週• 2000-2001 計43週• 2001-2003 計80週• 2003 計8週• 2003-2004 計13週• 2004-2018 計310週• 2008-2020 計209週• 2011-2020 計282週• 2016-2017 計41週• 1973年8月23日のATPランキング導入以降の記録• 最初に在位した年-最後に在位した年 - 在位総週• 現在の1位は強調表示, 2020年3月16日付• (1969年)• (1970年)• (1971・72年)• (1973年)• (1974年)• (1975年)• (1976年)• (1977-1• (1977-12• (1978・79年)• (1980年)• (1981・82年)• (1983・84年)• (1985年)• (1986年)未開催• (1987年)• (1988年)• (1989・90年)• (1991年)• (1992・93年)• (1994年)• (1995年)• (1996年)• (1997年)• (1998年)• (1999年)• (2000・01年)• (2002年)• (2003年)• (2004年)• (2005年)• (2006・07年)• (2008年)• (2009年)• (2010年)• (2011-13年)• (2014年)• (2015・16年)• (2017・18年)• (2019年) ・ ・• (1968年・69年)• (1970年・71年)• (1972年)• (1973年)• (1974年)• (1975年)• (1976年-80年)• (1981年)• (1982年)• (1983年・84年)• (1985年・86年)• (1987年)• (1988年)• (1989年)• (1990年)• (1991年)• (1992年)• (1993年-95年• (1996年)• (1997年-2000年)• (2001年)• (2002年)• (2003年-07年)• (2008年)• (2009年)• (2010年)• (2011年)• (2012年)• (2013年)• (2014年・15年)• (2016年)• (2017年)• (2018年・19年)• (1968年)• (1969年)• (1970年)• (1971年)• (1972年)• (1973年)• (1974年)• (1975年)• (1976年)• (1977年)• (1978年)• (1979年-81年)• (1982年・83年)• (1984年)• (1985年-87年)• (1988年)• (1989年)• (1990年)• (1991年・92年)• (1993年)• (1994年)• (1995年・96年• (1997年・98年)• (1999年)• (2000年)• (2001年)• (2002年)• (2003年)• (2004年-08年)• (2009年)• (2010年)• (2011年)• (2012年)• (2013年)• (2014年)• (2015年)• (2016年)• (2017年)• (2018年)• (2019年)•

次の

ボリス・ベッカー

マラト サフィン

サフィンが勝ち続けてくれているおかげで私も精神的にリラックスできているせいか仕事が順調です。 今週はちょっと面倒なデザインの仕事が2つあったんですが、どちらも1発OKになりました。 あまりにあっさり校了になったので気が抜けてしまう程です。 いよいよPCを注文します。 今回はメーカー品じゃなくて、パーツを自分で選んでショップで組んでもらう事にしました。 トラブルが有った時が恐いですが、そこは何とか勉強します。 パーツを選んで行ったら最終的にメインマシンのMacよりずっと高スペックになってしまったのですが、お値段は半分以下・・・。 それでもMacは好きなんですけど。 今回、PCを買換えする事にした理由も結局はサフィンがらみだったりするんですが、自分がちゃんと目的を果たせるかどうか不明なので何に使うのかは秘密。 昨日まで落ち込みが激しくて「食べる作業が面倒くさい」という理由で食事ができないほど、何をする気力もありませんでした。 でも、昨夜とっても嬉しい事があったので今はすっかり元気です。 よ〜し、これから頑張っちゃうぞ!という気持ちを込めてナムコから7月1日に発売される「」を予約しました。 (何か間違っている気もしますが)タイトルからもわかる通り、これはテニスゲームで実名でプロの選手が登場します。 もちろん我らのマラト・サフィン選手も。 ポリゴンキャラのサフィンは男前度が実物よりかなり落ちますが、どんな動きをするのか楽しみです。 ガッツポーズなどのリアクションも選手の特徴に合わせて入っているそうですが、きっと私が期待しているようなあんなことやそんなことは入って無いんだろうなぁ。 「ラケットをたたき折る」のと「ミスショットをして吼える」のは有りな気がしますが・・・。 サフィンじゃないけど是非入れて欲しいのはヘンマンの「変な」ガッツポーズ。 彼は華麗なネットプレイに対して、ダサいリアクション&何だか良くわからない髪型&歯並びの悪さのギャップ加減がイイんですよ。 このゲームでサフィンをグランドスラム制覇させちゃうぜ!(これはやや虚しい行為のような気がしないでもない) サフィン、いきなり初戦で負けてしまいました。 もう、どうしてブレークポイントが何回あっても取れないのだろう。 4セット目だって4-1でリードしていても追い付かれているし、だいたい2セット目はサービング・フォー・ザ・セットまで迎えていて、ほとんど「貰った〜」と思っていました。 彼の勝利が私の元気の素だというのに、これでは当分ショボンな感じで過ごす事になりそうです。 サフィンが崖っぷちにいたちょうどその時ヘンマンもピンチに陥っていて、WebRadioのアナが興奮気味に放送していましたが、彼は現在保ち直しているようです。 でも、もう他の人はどうでも良くなっちゃったなぁ。 他の選手の勝敗が気になったり、プレイの内容を楽しんだりできるのもサフィンが存在していてこそ、なのだと改めて感じました。 真っ白なウェアで試合しているサフィンをTVで観たかった。

次の