コロナ ウイルス と bcg。 新型コロナとBCGについて

BCG接種で新型コロナの感染は防げるか 驚異的に死亡率の低い「日本の謎」を解く鍵(1/3)

コロナ ウイルス と bcg

BCGワクチンを接種していない国では、新型コロナウイルスによる死亡率が高いという傾向が見えてきた(写真はイメージです) Photo:PIXTA 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。 国によって死亡率に差があることから、BCGワクチンの接種が「有効」ではないかという仮説が広まり、一部の国で臨床研究が始まった。 BCGはコロナとどう関係するのか。 東北大学副学長で、東北大学大学院医学系研究科の大隅典子教授に、緊急寄稿してもらった。 100万人当たりの死者が多いスペイン、イタリア 新型コロナの死亡率に国別で差がある理由はなぜか 4月7日に緊急事態宣言が発せられた。 日本はあと1カ月で新型コロナウイルスに打ち勝つことができるのだろうか? こんな時期だからこそ落ち着いて考えてみたい。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界の感染者数は178万人を越え、死者数は10万人を超えた。 現在、感染者数がもっとも多いのは米国で53万0006人、次いでスペインが16万6019人、イタリアが15万2271人と続く(4月12日時点、米ジョンズ・ホプキンズ大学の集計による)。 一方、重症化して死に至る人の数でみると、米国が2万人を超え第1位に。 次いでイタリアで1万9468人、スペインが1万6972人、フランスが1万3832人となっている。 感染者数は新型コロナウイルス陽性者なので、検査数によって大きく異なる可能性がある。 また、死亡者数も国の人口と比較する必要がある。 そこで問題となるのが死亡率だ。 Our World in Data()というサイトのCOVID-19情報(図1参照、4月11日時点)によれば、人口100万人に対する死者数の割合の上位3国はスペイン(338. 8)、イタリア(311. 7)、フランス(202. 米国では56. 7、日本は0. 69となっている。

次の

新型コロナとBCGについて

コロナ ウイルス と bcg

BCGワクチンを接種していない国では、新型コロナウイルスによる死亡率が高いという傾向が見えてきた(写真はイメージです) Photo:PIXTA 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。 国によって死亡率に差があることから、BCGワクチンの接種が「有効」ではないかという仮説が広まり、一部の国で臨床研究が始まった。 BCGはコロナとどう関係するのか。 東北大副学長東北大学副学長で、東北大学大学院医学系研究科の大隅典子教授に、緊急寄稿してもらった。 100万人当たりの死者が多いスペイン、イタリア 新型コロナの死亡率に国別で差がある理由はなぜか 4月7日に緊急事態宣言が発せられた。 日本はあと1カ月で新型コロナウイルスに打ち勝つことができるのだろうか? こんな時期だからこそ落ち着いて考えてみたい。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界の感染者数は178万人を越え、死者数は10万人を超えた。 現在、感染者数がもっとも多いのは米国で53万0006人、次いでスペインが16万6019人、イタリアが15万2271人と続く(4月12日時点、米ジョンズ・ホプキンズ大学の集計による)。 一方、重症化して死に至る人の数でみると、米国が2万人を超え第1位に。 次いでイタリアで1万9468人、スペインが1万6972人、フランスが1万3832人となっている。 感染者数は新型コロナウイルス陽性者なので、検査数によって大きく異なる可能性がある。 また、死亡者数も国の人口と比較する必要がある。 そこで問題となるのが死亡率だ。 Our World in Data()というサイトのCOVID-19情報(図1参照、4月11日時点)によれば、人口100万人に対する死者数の割合の上位3国はスペイン(338. 8)、イタリア(311. 7)、フランス(202. 米国では56. 7、日本は0. 69となっている。 図1 新型コロナウイルスによる人口100万人当たりの死者数の割合。 スペイン、イタリア、フランスの割合が高い 出所:Our World in Data 当初、COVID-19の蔓延は中国、韓国に限局した感染症と捉えられていた。 しかし3月以降、欧州や米国での感染爆発の方がはるかに凄まじい。 従って死亡率も時系列に沿って見ていく必要がある。 コロナの死者数と結核感染率や BCGワクチン接種率は負の相関? 札幌医科大学フロンティア医学研究所の有志によって、世界の国々の報告をもとに人口100万人あたりの感染者数や死亡者数を時系列にグラフ化したサイト()が立ち上げられている。 このインタラクティブなグラフから主要な国を抽出したものが下の図2だ。 傾きが急であることは、COVID-19感染によって死亡者が急増しやすい国であることを意味する。 やはり、イタリア、スペイン、フランス等の欧州諸国や米国の傾きはきつく、中国や韓国、そして日本(茶色)の傾きは緩い。 なぜ国によってこのような違いがあるのだろうか。 そもそも、普通の風邪にせよ、季節性のインフルエンザの場合にせよ、周りで感染症が流行っていても発症しない人がいる。 COVID-19の場合も、重症化する感染者は2割程度とみられ、特に高齢者や基礎疾患のある人のリスクが高いと思われた(最近では若い感染者も増加しつつある)。 従って、感染者数や死亡者数を国別で比較した場合には、人口構成比で高齢化率の高い国の方がCOVID-19に対して脆弱になることは容易に想像できる。 そして日本は代表的な超高齢化国だ。 ただ日本では、挨拶のときの接触が少なく、風邪をひいたときや花粉症の予防などを目的としてマスク着用が一般的である。 このような生活習慣などに加え、それぞれの国の医療制度やその充実度などの要因も、国による死亡率推移の差としてあるだろう。 移民の問題も加味されると状況はさらに複雑だ。 そうこうする間に、国ごとのCOVID-19による死亡率の違いは、古典的な感染症である「結核」の発症頻度や、関連したBCG接種のポリシーによる差が関係するのではないか、という話題がSNS上で盛り上がってきた。 これは各種のデータがウェブ上に公開され、誰でも見られる時代となったからだ。 WHOのデータによれば、結核が撲滅された欧米諸国では人口10万人あたりの結核感染者数は25人未満だ。 その一方で、欧米のCOVID-19の死亡者は急増中だ。 これに対し、中国や韓国では25人以上、100人未満。 モンゴルでは結核の感染者数は人口10万人あたり300人以上報告されているが、なんとCOVID-19の死亡者はまだいない。 では、日本はどうかというと、戦前の死因の第1位は結核だった。 「肺病」とも呼ばれた一般的な疾患で、死に至ることも多かった。 だが現在では人口10万人あたりの結核感染者数は25人未満。 にもかかわらず、COVID-19の死者数の割合は非常に少ないのだ。 ここでさらに「BCG接種」という要因が登場する。 BCGとは、結核予防のためのワクチンで、結核菌を弱毒化したものだ。 日本では、かつてはツベルクリン反応(ツ反)検査で陰性の(つまり、まだ結核菌に感染していないと考えられる)人にのみ接種されていたが、現在は生後1歳未満の赤ちゃんを対象に接種が義務付けられている。 あの「9本針のスタンプ注射」の接種率は98%に上る。 欧州諸国はほとんどの国でBCG接種のプログラムがない。 ドイツと国境を接するポーランドではBCG接種が為されているが、図2のカーブの傾きはポーランドでは他の欧州諸国より立ち上がりが若干緩いように見える。 まだ査読が済んだ段階ではないが、「プレプリント」としてmedRxivというサイトに公開されている分析結果では、BCGの接種プログラムのない高所得国のCOVID-19による死亡者の割合は、高齢化率を加味してもBCG接種が義務付けられている中~高所得国より高いとされている。 実は疫学研究者は、このワクチン接種が結核予防以外の効果があるらしいことに気づいていた。 例えば、BCG接種によって小児の結核以外の理由、特に呼吸器感染症による死亡率も減少するという報告が、発展途上国だけでなく多数ある。 また、約3000人を60年間フォローアップして得られた米国のデータでは、幼児期のBCG接種が成人期以降の肺がんの発生リスクを下げる効果があると示されている。 さらに興味深いことに、BCG接種は膀胱がんの進行を抑えるという報告もあり、多数の臨床研究が進められている。 いったいどのようにして、結核に対するBCGワクチンが、それ以外の疾患に対しても効果を発揮する「オフターゲット効果」を示すのだろう? そもそも細菌やウイルスが体内に侵入した場合に、生体はそれを排除する仕組みを備えている。 そのやり方には2つある。 次回の進入時には、記憶したターゲットを狙い撃ちする「抗体」を素早く産生することによって病原体を排除する優れたシステムだ。 ただし、このシステムが病原体ではなく花粉に対して過剰に働くと、花粉症のようなアレルギー反応を引き起こしてしまう。 外来の病原体が侵入すると、マクロファージやナチュラルキラー(NK)細胞といった免疫系の別の細胞たちが働き、ただちに「炎症性サイトカイン」と呼ばれる物質を分泌して対応する。 BCG接種は、どうもこの「自然免疫」を刺激するらしいことが分かってきた。 この研究グループは、BCGのこのような効果を「訓練免疫(trained immunity)」という新たな概念として提唱している。 一回のBCG接種でサイトカインや様々な増殖因子を分泌しやすくなる方向に、スイッチの状態が変わっていることを18年に報告した。 つまり、「訓練免疫」とは、いわば「自然免疫」がパワーアップした状態と考えられる。 BCG接種により、未知の病原体に対する抵抗力が高まる可能性があるのだ。 欧州で医療従事者のBCG接種の臨床研究開始 接種率98%の日本とは状況が異なる このような背景から、BCG接種プログラムを持たないドイツ、オランダ、オーストラリアでは、医療従事者の新型コロナウイルス感染・重症化予防のためにBCG接種を行う臨床研究を開始した。 この情報はワイドショーでも取り上げられたために、成人に対して誤って皮下注射され、発熱やじんましん、血尿などの健康被害が届いたと聞くが、これは絶対禁止である。 BCGは子どもの数に合わせて生産されており、必要な子どもに接種できなくなっては元も子もない。 前述のように、日本の事情は欧州諸国とまったく事情が異なることは注意したい。 実は日本では03~04年にかけて、老人の肺炎予防を目的に、BCG接種の効果についての臨床研究が実施されている。 当時、東北大学の老年内科のグループは、高齢者介護施設に入所中で日常生活動作の低下した155名の高齢者を対象に、まずツ反検査を実施して陽性群と陰性群に分け、陰性群の約半数にBCG接種を試みた。 BCG接種4週間後に再びツ反の判定を行い、その後2年間にわたり肺炎の発症率を追跡調査したのだ。 その結果、ツ反が陽転しなかった群では42%に新たな肺炎が発症したが、陽転した群や、もともとツ反陽性群では、それぞれ15%、もしくは13%しか肺炎を発症しなかった。 すなわち、BCG接種は免疫反応性の低下した寝たきり高齢者において、肺炎発症の予防効果を有することが明らかにされたのである。 ただし、この場合の肺炎の原因は新型コロナウイルスではないので、BCG接種が実際にCOVID-19感染症予防に功を奏するかどうかは、欧州のBCG接種の結果を待たなければならない。 前者は、いわゆる「3密」を避けることの徹底であり、後者は界面活性剤やアルコールを用いた手洗いや手指衛生である。 マスクの効果については、厳密な科学的エビデンスは少ないが、無症状の感染者が呼気等に含まれるエアロゾルを介してウイルスを撒き散らすことを防いだり、ウイルスに触ってしまった手指で鼻や口を触ることを避けたりすることで、結果として上気道へのウイルス新入を防ぐことになるだろう。 また、基本的な健康維持として提唱される快眠・快食、適度な運動は自然免疫を保つ上で極めて重要である。 ただし、自然免疫を強化することを謳った便乗商法には気をつけなければならない。 転載元は ピックアップ• 日本の縮図となる都市で、補助金200万円と手厚いサポート• レノボのクリエイター向けデスクトップPC、プロ漫画家の目にはどう映る?• 余ったらどうする?足りなくなったら追加できる?• AMDが映像プロダクション向けPCを展開• 優勝賞金100万円のeスポーツ大会出場選手の裏事情• 人気のデュアル水冷シリーズに第10世代Core最強モデルが登場!• HUAWEI P liteシリーズの最もお手頃なモデルを詳しく紹介!• リフレッシュレート240Hzの液晶ディスプレーも搭載• 開発環境プリインストール済み!! ボリュームゾーンに投入される有力SIMフリースマホ2機種を比較!• このアクセス速度を体験したらもう戻れない• ファーウェイのノートPC「HUAWEI MateBook」シリーズは3モデル!• または私はいかにして心配するのを止めてキーボードが打てるようになったか• フレーバーだけでなく、デバイスそのもののデザインや質感にも徹底的にこだわりぬいた• ノイズキャンセリングもコスパも強力!• これ1台でなんでもこなせるモバイルノート• ゲームも写真も動画も大容量化でストレージは危機的状況• Open NAT機能やゲーミングデバイス優先LANポートなどを搭載!• NVMe SSDでOSやアプリの起動も高速!• 第10世代Coreにタッチパネルも入って約1. 32kg! 1日使えて、価格もお手頃• 週アス読み放題で、独自コンテンツ盛りだくさん.

次の

3月26日 BCGはなぜウイルス感染予防効果があるのか(2018年1月号 Cell Host & Microbe 掲載論文)

コロナ ウイルス と bcg

皆様、こんにちは。 前回この新型コロナウイルスとBCGワクチンの記事を書いてから1ヶ月半程経ちました。 世の中の新型コロナウイルスに対する姿勢や動きに変化が出ているため今回記事を一部書き直して更新することとしました。 5月14日から当院でもを始めております。 詳しくはをご覧下さい。 BCGワクチンと泌尿器科の診療は意外にも繋がりがあり、我々泌尿器科医にとってBCGは普段から使用する薬剤です。 新型コロナウイルスの現状に対して泌尿器科専門医の立場から発信するべきなのかなと思いこの記事を書かせて頂かことにしました。 最近患者様からよく、新型コロナウイルスとBCGワクチンの関係についてどう思うか?や、当クリニックでワクチン摂取ができるのか?と聞かれます。 当クリニックでは残念ですがBCGワクチン接種は行っておりません なんのことだろうと思って先日ネットや文献を調べてみました。 そうしたら現在BCGと新型コロナウイルスの関係についてネットではわりと騒ぎになっているようです。 なぜBCGと新型コロナの関係が騒がれるようになったか、その経緯をまとめます。 1 新型コロナウイルスによる日本人の致死率、感染率の圧倒的な低さ イタリアやスペインは100万人に対して200人以上死亡しているのに対して日本人は100万人に対して0. 7人です。 5月16日の時点では日本人の死亡者数700人弱に対して世界全体での新型コロナウイルスによる死者数は30万人を超えてます。 全く感染が広まっていない国もあるのに対して、日本はかなり感染が広まっております。 それにも関わらず10倍近くの差が出ているのです。 日本人の感染者数に対しての致死率は5月16日時点で1. 何故なら保健所や相談センターに電話すると、軽症なら家で過ごしてくださいと言われるからです。 結局その方は感染者としてはカウントされません。 なので1. 5月16日時点では埼玉県では緊急事態宣言も出されておりますが。 それでもなお日本人の危機感の薄さも皆さんご存知の通りだと思います。 しかし実際にお亡くなりになられている方は諸外国に比べて圧倒的に少ないのが現状です。 2週間という長い潜伏期間の影響もあり、もしかしたらこれからお亡くなりになる方が異常に増加するのかもしれません。 これからイタリアやスペインやアメリカのようになるのかもしれません。 しかし、私はそのような経過をたどらないのではないかと思っています。 何故ならそれらの国は日本と同時期に新型コロナウイルスが入ってきているのです。 それにも関わらずこの死亡者数の差が出ているのには何か理由があるはずです。 2 仮説 BCGワクチンを接種しているから日本人はコロナに強いのではないか。 ここ数日、上記のようなことが言われております。 BCGワクチン接種は国ごとによって判断が違います。 スペインやイタリアやアメリカはBCGワクチンを義務化しておりません。 日本では1949年よりBCGワクチンの接種を義務化してます。 ポルトガルはBCGを推奨している国です。 だからBCG接種したことが新型コロナウイルスに有効なのかと言うのはかなり短絡的で医学的ではないと思われます。 私が有効なのではないかと納得出来たその理由を下記に述べます。 3 BCGワクチンとは BCGは皆さんご存知のように結核予防に使われるワクチンです。 ヒトに対する毒性のない牛から作られた結核菌を打つことで結核に対する抗体を体内に作るのです。 つまり毒性の無い結核菌で免疫、白血球を刺激して本物の結核菌に対して対抗出来るような強靭な身体ににするんです。 それを日本では1歳までに行ってます。 しかし、それが、何故新型コロナウイルスと関係あると言われているのでしょうか。 4 膀胱癌の再発予防にもBCGが使われる 早期の膀胱癌の経尿道的な内視鏡手術の後に再発予防としてBCGワクチンを膀胱内に注入します。 私自身、この意味が泌尿器科研修医時代には訳がわかりませんでした。 何故結核予防のBCGが膀胱癌の再発に使われるのだろうと。 この答えはBCGによる免疫の賦活化・活性化でした。 癌と免疫がイマイチ繋がらないかもしれませんが、初期の癌細胞は白血球が食べて消してくれるのです。 健常な方にも癌細胞は出来ます。 ですが白血球が食べてしまっているため癌細胞が増えて腫瘍・固まりにならないのです。 もちろん膀胱癌に対してのBCG膀胱内注入療法は保険適応であり、再発予防に効果があるとしっかり結果が出ております。 私が手術を現役でしていた頃も、BCGワクチン注入を選択した方とそうでないと方との再発率の差は明らかでした。 5 BCGワクチンが新型コロナウイルスに対しての抵抗力をくれたのではないか。 結核菌に対するワクチンで白血球・免疫が活性化され癌の再発予防に効果がある、という事実と、BCGワクチンの接種を義務化している国とそうでないと国で重症化率、致死率の圧倒的な違いが生まれていることから、上記のような 仮説が生まれました。 これはあくまで仮説です。 ですが、膀胱癌治療をしてきた泌尿器科医の私からするとかなりしっくりくる仮説であり信じたい仮説です。 実際オーストラリアではBCGワクチンと新型コロナワクチンに対しての研究を開始しているようです。 この仮説をスタッフや患者様にお話すると、少し安心した、なんか元気がでた、確かにそうだよね〜、とおっしゃられます。 ネガティブなことを考えがちな昨今、少しでもポジティブな方向に皆様の思考が向いたらなと思い、この記事を書いてみました。 この仮説は個人的な見解です。 BCGワクチンを大人に対して打つことを推奨しているわけではございません。 基本的にBCGワクチンは生後1歳までに打つことを推奨されております。 この仮説があるから外出しても良いということには決してなりません。 緊急事態宣言も出されております。 今後も引き続き新型コロナウイルスに対する感染対策を行っていきましょう。 当院も新型コロナウイルスに対しての徹底した感染予防対策を行なっております。 当院では大人も子供もBCGワクチン接種を行っておりません。 当院は消化器科専門医、泌尿器科専門医による診療を行なっているクリニックです。 現在当院ではをしながら診療を継続しております。 また行っております。 全国どこからでもは可能です。 泌尿器科、消化器科、内科でお悩みの方は是非上記リンクか下部のバナーよりご相談下さい。 何卒よろしくお願い申し上げます。 消化器科 胃カメラ ・泌尿器科・内科・人間ドック 大宮エヴァグリーンクリニック 院長 伊勢呂哲也.

次の