粗品 絶対 音感。 粗品 絶対 音感

粗品 X 絶対音感 がトレンドに! Funnitter(ファニッター)

粗品 絶対 音感

粗品は絶対音感で作曲もできる! 粗品の絶対音感は本物やな — こんふぉと 5nQD3Sq5XYNsBnr 粗品さんだけでなく、粗品さんの母も絶対音感の持ち主! 絶対音感は父にはなく、母と粗品さんにしかないのだそう。 絶対音感を生かした粗品の特技とは? 粗品さんは絶対音感を生かして「本質で笑う声」や「芸人が好きだから笑っているだけの声」を聞き分けることができるのだそう! 客席からの歓声も聞き分けているようで、芸人にとっては、かなり怖い特技です。 聞いていて、楽しくなる曲ですよね。 粗品さんは「霜降り明星」の2人のYoutubeチャンネルの音楽もピコピコした音楽が使われているので、おそらくそちらの曲も粗品さんが作曲したものだと思います。 粗品さんと、中国出身の世界的なピアニスト、ラン・ランさん、ラン・ランさんのファンである土屋太鳳さん3人らがピアノ共演している動画です。 ラン・ランさんは、「のだめカンタービレ」で主演女優、上野樹里のピアノ吹き替えを務めたことで知られ、日本でも活躍されています。 こちらの動画「 クラシックの100枚」キャンペーンのMVに粗品さんが起用されました。 再生回数は61万回を超えており、コメントにも粗品さんの意外な一面に驚かれる人も!• 粗品さん多才すぎてビビる• 粗品さんへの好きが止まらない• さすが、絶対音感の粗品• 粗品目当てで見てるわ• 楽しそう!音楽っていいなあと改めて感じた!• 粗品の努力量ヤバいな 共演した世界的ピアニストラン・ランさんからも 「とっても楽しい時間を一緒に過ごせました。 そして太鳳さんと粗品さんの才能にとにかくびっくりしました。 素晴らしいコメディアンの粗品さんと、素晴らしい女優の太鳳さんですが、センスが素晴らしく、もしピアニストになりたいと思ったなら、きっと素晴らしいピアニストになると思います。 」 出典元:music. jpニュース と粗品さんを賞賛しています。 「お笑い芸人として仕事をしていると無縁なのですが、音楽の仕事はやってみたいと思っていた。 すごくうれしかったです」 出典元: と粗品さんもインタビューで喜びを露わにしています。 上手すぎてびっくりした。 ギター、ベース、ドラムもできる!? 粗品のハンドベルエピソードがおもしろい&感動! 音が欠けているハンドベル こちらは粗品さんのマイルームの写真です。 こちらのハンドベルは亡くなった父から貰ったそうです。 今でも大切にしているんですね。 粗品さんの父親とハンドベル のすべらない話「絶対音感」 2歳からピアノをやる粗品。 自分と母だけ絶対音感。 病床に伏してる父が家族に飲み物を頼みやすいよう、粗品がハンドベル🔔を購入。 入院していた粗品さんのお父さんが家族に飲み物を頼む際、ハンドベルを使用していたそうです。 「ド」というハンドベルならお水を、「レ」というハンドベルならお茶を、という「絶対音感」がある粗品さんとお母さんだからこそできるシステムを導入していました。 最後は笑いにもっていく粗品さんですが、お父さんとのエピソードは感動です…。 — 2019年 5月月22日午前2時16分PDT 本当に1人で演奏されています。 霜降り明星の冠番組 『霜降りバラエティ』 テレ朝 5. 一見チンピラみたいな見た目なのにバイオリン似合いすぎるやないか…粗品くんほんと何でも出来るなあ。 ほぼ番組のメイン企画みたいな扱いだったし、好きな音楽が仕事に繋がって、楽しそうに仕事してる様子が観れて嬉しい。 またラジオでこの時の感想喋ってくれないかな~ — のの maaachi999 やはり音楽のセンスがある粗品さんだからこそできたこと。 粗品さんピアノもバイオリンも弾けるのか。 あと頭良い。 ピアノ弾いてる映像普通にカッコよかった。 そんで一瞬小栗旬かと思った。 ピン芸人での音楽ネタ 私もうピアノなんて習いたくない!! このネタの意味分かりましたか? 下のツイートを見るとよく分かると思います。 このピアノのネタが??だったんだけど💦 的確な説明のおかげで解ったわ。 ありがとう — 盆日v bombi3rd やけになって両手で鍵盤をバーン!!ってやるってことですか(笑) ああ!なるほどってかんじのネタですね! 続いてこちらのネタ。 黒鍵が塗り立て — 粗品(霜降り明星) soshina3 黒鍵部分をさわると黒のインクが指についてしまって、そのままピアノを弾いてしまったというネタでした。 ソファーや 家具は家具でも、「イス」ではなく「ソファ」ということですね。 このように、フリップネタでは得意の音楽をネタにすることもあるようです。 さすが、粗品さん、音楽の才能と笑いの才能を兼ね備えているからこそ作れる笑いですね。 ピアノで有名な静岡のトイレの音姫 優雅やけどピアニッシモのとこ困る — 粗品(霜降り明星) soshina3 ピアニッシモ:「非常に弱く」を表す強弱記号 音楽にあまりなじみのない人であれば、この記号昔習ったなというかんじですよね。 粗品さんの音楽系のネタは、ピアノが弾けない方からは少々わかりづらいネタだったかもしれません。 またネタのBGMには粗品さんの好きな東方projectの曲「少女綺想曲〜Dream Battle〜」を使用していた事もあるんだとか。 さすがは音楽好きの粗品さんだけあってBGMにもこだわっているんですね! 霜降り明星での音楽ネタは? 霜降り明星は歌をうたうネタや、音楽に関するネタも多いみたいです! 音楽の才能がお笑いにも生かされていることがわかります。 そんなお二人の「似てるけど、その曲知らん!」の鉄板ネタはここで聞けちゃいます。 ニコニコ動画の全盛期を彷彿させる!などの声もありました。 本名:佐々木直人(ささきなおと) 生年月日:1993年1月7日(26歳) 出身地:大阪府 身長:180㎝ 所属 吉本クリエイティブエージェンシー 活動:2011年~ 学歴:同志社大学中退 高身長でスタイル抜群な粗品さん! 自分のことを自ら「スプーンに映った小栗旬」や、「三面鏡の奥にいる小栗旬」、「汚い川の水面に映った小栗旬」と例えています。 確かに、小栗旬さんに似てるかなぁ、と思うこともしばしばありますね! 粗品さんの芸名の由来『つまらないものですが…と謙虚な姿勢で」の意味を込めているそうですよ。 謙虚な姿がファンに愛される要因の一つでもあります! 今回は粗品さんと音楽について根深く掘ってみました。 高身長にイケメンのルックス、更には音楽の才能まであるなんて、知らない魅力が沢山ありました。 ますます活躍の場が増えることでしょう!お笑いだけでなく、今後の音楽活動にも期待できそうです。

次の

粗品・父親の死因は事故か病気?ハンドベル秘話や家族エピソードが泣ける

粗品 絶対 音感

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 信頼性について が求められています。 確認のためのが必要です。 ( 2015年8月)• に基づく疑問が提出されています。 ( 2008年8月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2009年2月) 絶対音感(ぜったいおんかん、:Absolute pitch)は、ある音(および)を単独に聴いたときに、その音の高さ()を記憶に基づいて絶対的に認識する能力である。 狭義には、音高感と音名との対応付けが強く、ある楽音を聞いたときに即座にを使用して表現できる能力である。 別名として「 絶対的音感」「 絶対的音高感」などがある。 相対的な音程で音の高さを認識するに対して、 音高自体に対する直接的な認識力を「絶対音感」と呼ぶ。 概要 [ ] 人間は誰しも大幅に音高が異ればこれを区別することができる。 例えば歌手の歌声が高い、の音が低い、というような大まかな音域については誰でも言い当てることができるのであって、そういう意味の「絶対的音感」は程度の差はあれ誰もが持っている。 ただし、この程度のものは「絶対音感」と呼ばれることはない。 一般に人は音高を漠然と上下方向の高さ()でしか把握できないのに対し、絶対音感保持者は音高を、トーン・ハイト+(音名に対応する特有の響き)で捉えていると考えられる。 従って、「絶対音感」は、特に「音高を音名で言い当てる能力」の意味に限定して捉えられている(この場合、西洋音楽でかつによる音高ということが暗黙の前提となっている)。 ただし、その場合も必ずしも機械のように「完全」な精度を持っているとは限らず、その能力の範囲に当てはまる絶対音感保有者の中でも高精度な者も 、より精度が落ちる絶対音感保有者もおり、精度そのものは個人差がある。 絶対音感能力を持つ人は、日常生活で耳にするやなどについても音高を(CDE、ドレミ…などの音名で)認知できることがあるが、一般にの場合と比して正確に認知出来ないことが知られている。 実験において、ピアノで発生させた音を当てようとした場合は94. 9%の確度で当てられる絶対音感所有者のグループが、電子的に作った純音で同じ実験を行った場合、正解率が74. 4%程度に落ちたという。 と定義されたのは5月にで開催された標準高度の国際会議であり、それ以前は各国によって基準となる音高は一定していなかった。 また同じ国でも時代によってチューニングは変わっており、18~19世紀頃は概ね422~445ヘルツと大雑把なものであった。 20世紀初めの古い録音では標準音が435のもあった。 (詳しくはを参照) 1845年にので行われた、を実証する実験では、走行中の列車で複数の奏者にを演奏させ、それを地上にいる絶対音感を持った複数の音楽家に聴かせた。 あるとき、が『』を当時広まり始めた高めのピッチで演奏した際、それを聴いていたは「あなたは何故あの前奏曲をでなくで演奏したのですか? 」と述べた、という話が伝わっている。 脳研究所統合脳機能研究センターなどの研究グループは、絶対音感がある人の音の処理は、ので左半球が優位であったことをから解明し、左半球が担う処理との関わりを推定している。 絶対音感の上限 [ ] を用いた実験によると、絶対音感という感覚は、およそ 4 kHz 以下の領域でのみ成立することがわかっている。 すなわち、およそ 4 kHz が絶対音感の上限であり、この上限を超えた周波数の音はどれを聞いても同じような音名に聞こえてしまう。 面白いことに、絶対音感の上限が左右ので異なっている人もいる。 「絶対音感」を持つ人は [ ] につき鋭敏な絶対音感を持つ人は、次のことが、基準音を与えられずにできる。 様々な楽音やそれに近い一般の音に対して音名を答える。 の構成音に対して音名を答える。 絶対音感を保持している人にはある特定の楽器をやっている人、やっていた人などが持っている事が多いが声楽系は非常に少ない。 また、絶対音感保持者は、次のようなことをする際にも、絶対音感を保持しない人より容易にできる。 耳で知っているだけの曲をなしで正確にで再現する。 早く12音音楽や音楽などのができる。 無調の聴音で一個ぐらいずれても、すぐに途中から正しい音高に持っていく。 一方で、人によっては次のような不便さを感じる場合がある。 唱法で歌うことや移調して歌うことを苦手とする場合がある。 止め薬(ベンプロペリンリン酸塩製剤)や抗(癲癇)薬(製剤)のによる音感異常で、非常に不快感を覚えることがある。 のの際にや和音のがわからなくなり各の役割による表情が付けにくくなる。 プロの音楽家だからといって、絶対音感があるかというとそうではなく、相対音感だけを持っている人がほとんどである。 通常、ピアノなどは若干高めにチューニングされているが、プロの音楽家でも違いを聞き取れる人はほとんどいない。 「絶対音感」の有益性 [ ] 絶対音感を身につけると、を学んだりを演奏したりする際に有利であると言われる。 たとえばのような演奏すべきが絶対的に多い楽器では、絶対音感があると曲に習熟すると同時にが成立し、しかも音が頭の中に入っていればキーを見失うことなく反射的に正確にできるので、技術的に非常に有利である。 のは、基準音が440Hzでも445Hzでも違和感や不快感を覚えたことはなく、また、無で演奏する際は作曲者によって基準音を使い分け、重音を弾く際には3度音程の取り方を平均律とは変えていると証言している。 「絶対音感」に対する誤解 [ ] 心理学者のは、「絶対音感を巡る誤解」『』 69 10 , 562-569 2013 の中で次のように述べている。 絶対音感に対応する英語のabsolute pitchということばはどちらかというと学術的な用語であるが,英語圏ではその同義語としてperfect pitchということばが広く用いられていて, こちらの方が一般の人々にはよく知られている。 絶対音感が完ぺきな素晴らしい音感として理解されている。 日本では 完ぺき音感という同義語はないが,絶対音感の「絶対が,絶対的に(ほかに 比べるものがないほどに) 素晴らしいという意味で受け取られることが多く, 一般に理解されている絶対音感と英語のperfect pitchの意味はほぼ重なる。 しかし学術用語としての絶対音感の絶対( absolute) は, 他と比較することなしにという操作的な意味を表しているだけであり, 特別に素晴らしいとか 完ぺきなとかいう価値的な意味は含んでいない。 調の主音を「ド」とする(長調の場合)のがである)で旋律を捉えることが多い。 ただし、絶対音感保有者の中でも得手不得手の音高、音域、楽器の種類など様々なタイプが存在する。 日本での受容 [ ] 8年(1933年)、がで小児への早期教育を実施。 昭和14年(1939年)頃、ピアニストの呼びかけに軍人が全国民が飛行機など機械音に敏感になるため普及活動を展開。 一部の音楽家は反対するもの教育、の教育で採用されたが、昭和19年(1944年)には中止されたという。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ピアノ調律師のフランツ・モアは『』(、2002年)のな中で、1レベルで音を言い当てると豪語する音楽家に数多く出会ったが、真にそれを言い当てた人は一人もいなかったとして、やがピッチを取り違えたエピソードを紹介している。 江口寿子・江口彩子『』(全音楽譜出版社、2001年)では、ピアノの全音域をランダムに鳴らしたとき90%以上で音名を当てる能力のある人を絶対音感保持者としている。 また、新潟大学の宮崎謙一「」『1997~1998年度(基礎研究C 研究成果報告書』(1999年)によれば、ピアノの音階を90%以上の確率で当てられる人は、日本の生で30%、の音大生で11%であるという。 出典 [ ]• Bachem, A. 1937. The Journal of the Acoustical Society of America 9 2 : 146—151. , p. 148。 , p. 222。 新潟大学 2019年8月8日. 2020年1月12日閲覧。 , pp. 191-192。 , p. 562 参考文献 [ ]• 江口寿子、江口彩子『新・絶対音感プログラム 才能は身につけられる』全音楽譜出版社〈ピアノレッスンを変える 3〉、2001年10月。 『絶対音感』、1998年3月。 - 第4回受賞。 最相葉月『絶対音感』小学館〈小学館文庫〉、2002年3月。 - 解説・。 最相葉月『絶対音感』〈新潮文庫 さ-53-3〉、2006年5月。 - 解説・。 『音楽嗜好症(ミュージコフィリア) 脳神経科医と音楽に憑かれた人々』、2010年7月。 サックス, オリバー『音楽嗜好症(ミュージコフィリア) 脳神経科医と音楽に憑かれた人々』早川書房〈ハヤカワ文庫 NF 414〉、2014年8月。 『回想のロンド』訳、白水社、1970年。 ベーム, カール『回想のロンド』訳、白水社〈白水Uブックス 1021〉、1992年5月。 『音楽五十年史(下)』講談社〈 139〉、1977年。 宮崎謙一 研究代表者『』宮崎謙一〈科学研究費補助金基盤研究 C 2 研究成果報告書, 平成9年度〜平成10年度〉、1999年3月。 宮崎謙一「 」 『日本音響学会誌』第69巻第10号、日本音響学会、2013年3月、 562-569頁。 モア, フランツ『ピアノの巨匠たちとともに』イーディス・シェイファー 構成、中村菊子訳、、2002年5月、増補版。 Roeckelein, Jon E. 1998-10 , Dictionary of Theories, Laws, and Concepts in Psychology Hardcover ed. , Greenwood Pub Group, 外部リンク [ ]• 『』 -• (作曲家の公式サイトより).

次の

粗品 絶対音感

粗品 絶対 音感

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 信頼性について が求められています。 確認のためのが必要です。 ( 2015年8月)• に基づく疑問が提出されています。 ( 2008年8月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2009年2月) 絶対音感(ぜったいおんかん、:Absolute pitch)は、ある音(および)を単独に聴いたときに、その音の高さ()を記憶に基づいて絶対的に認識する能力である。 狭義には、音高感と音名との対応付けが強く、ある楽音を聞いたときに即座にを使用して表現できる能力である。 別名として「 絶対的音感」「 絶対的音高感」などがある。 相対的な音程で音の高さを認識するに対して、 音高自体に対する直接的な認識力を「絶対音感」と呼ぶ。 概要 [ ] 人間は誰しも大幅に音高が異ればこれを区別することができる。 例えば歌手の歌声が高い、の音が低い、というような大まかな音域については誰でも言い当てることができるのであって、そういう意味の「絶対的音感」は程度の差はあれ誰もが持っている。 ただし、この程度のものは「絶対音感」と呼ばれることはない。 一般に人は音高を漠然と上下方向の高さ()でしか把握できないのに対し、絶対音感保持者は音高を、トーン・ハイト+(音名に対応する特有の響き)で捉えていると考えられる。 従って、「絶対音感」は、特に「音高を音名で言い当てる能力」の意味に限定して捉えられている(この場合、西洋音楽でかつによる音高ということが暗黙の前提となっている)。 ただし、その場合も必ずしも機械のように「完全」な精度を持っているとは限らず、その能力の範囲に当てはまる絶対音感保有者の中でも高精度な者も 、より精度が落ちる絶対音感保有者もおり、精度そのものは個人差がある。 絶対音感能力を持つ人は、日常生活で耳にするやなどについても音高を(CDE、ドレミ…などの音名で)認知できることがあるが、一般にの場合と比して正確に認知出来ないことが知られている。 実験において、ピアノで発生させた音を当てようとした場合は94. 9%の確度で当てられる絶対音感所有者のグループが、電子的に作った純音で同じ実験を行った場合、正解率が74. 4%程度に落ちたという。 と定義されたのは5月にで開催された標準高度の国際会議であり、それ以前は各国によって基準となる音高は一定していなかった。 また同じ国でも時代によってチューニングは変わっており、18~19世紀頃は概ね422~445ヘルツと大雑把なものであった。 20世紀初めの古い録音では標準音が435のもあった。 (詳しくはを参照) 1845年にので行われた、を実証する実験では、走行中の列車で複数の奏者にを演奏させ、それを地上にいる絶対音感を持った複数の音楽家に聴かせた。 あるとき、が『』を当時広まり始めた高めのピッチで演奏した際、それを聴いていたは「あなたは何故あの前奏曲をでなくで演奏したのですか? 」と述べた、という話が伝わっている。 脳研究所統合脳機能研究センターなどの研究グループは、絶対音感がある人の音の処理は、ので左半球が優位であったことをから解明し、左半球が担う処理との関わりを推定している。 絶対音感の上限 [ ] を用いた実験によると、絶対音感という感覚は、およそ 4 kHz 以下の領域でのみ成立することがわかっている。 すなわち、およそ 4 kHz が絶対音感の上限であり、この上限を超えた周波数の音はどれを聞いても同じような音名に聞こえてしまう。 面白いことに、絶対音感の上限が左右ので異なっている人もいる。 「絶対音感」を持つ人は [ ] につき鋭敏な絶対音感を持つ人は、次のことが、基準音を与えられずにできる。 様々な楽音やそれに近い一般の音に対して音名を答える。 の構成音に対して音名を答える。 絶対音感を保持している人にはある特定の楽器をやっている人、やっていた人などが持っている事が多いが声楽系は非常に少ない。 また、絶対音感保持者は、次のようなことをする際にも、絶対音感を保持しない人より容易にできる。 耳で知っているだけの曲をなしで正確にで再現する。 早く12音音楽や音楽などのができる。 無調の聴音で一個ぐらいずれても、すぐに途中から正しい音高に持っていく。 一方で、人によっては次のような不便さを感じる場合がある。 唱法で歌うことや移調して歌うことを苦手とする場合がある。 止め薬(ベンプロペリンリン酸塩製剤)や抗(癲癇)薬(製剤)のによる音感異常で、非常に不快感を覚えることがある。 のの際にや和音のがわからなくなり各の役割による表情が付けにくくなる。 プロの音楽家だからといって、絶対音感があるかというとそうではなく、相対音感だけを持っている人がほとんどである。 通常、ピアノなどは若干高めにチューニングされているが、プロの音楽家でも違いを聞き取れる人はほとんどいない。 「絶対音感」の有益性 [ ] 絶対音感を身につけると、を学んだりを演奏したりする際に有利であると言われる。 たとえばのような演奏すべきが絶対的に多い楽器では、絶対音感があると曲に習熟すると同時にが成立し、しかも音が頭の中に入っていればキーを見失うことなく反射的に正確にできるので、技術的に非常に有利である。 のは、基準音が440Hzでも445Hzでも違和感や不快感を覚えたことはなく、また、無で演奏する際は作曲者によって基準音を使い分け、重音を弾く際には3度音程の取り方を平均律とは変えていると証言している。 「絶対音感」に対する誤解 [ ] 心理学者のは、「絶対音感を巡る誤解」『』 69 10 , 562-569 2013 の中で次のように述べている。 絶対音感に対応する英語のabsolute pitchということばはどちらかというと学術的な用語であるが,英語圏ではその同義語としてperfect pitchということばが広く用いられていて, こちらの方が一般の人々にはよく知られている。 絶対音感が完ぺきな素晴らしい音感として理解されている。 日本では 完ぺき音感という同義語はないが,絶対音感の「絶対が,絶対的に(ほかに 比べるものがないほどに) 素晴らしいという意味で受け取られることが多く, 一般に理解されている絶対音感と英語のperfect pitchの意味はほぼ重なる。 しかし学術用語としての絶対音感の絶対( absolute) は, 他と比較することなしにという操作的な意味を表しているだけであり, 特別に素晴らしいとか 完ぺきなとかいう価値的な意味は含んでいない。 調の主音を「ド」とする(長調の場合)のがである)で旋律を捉えることが多い。 ただし、絶対音感保有者の中でも得手不得手の音高、音域、楽器の種類など様々なタイプが存在する。 日本での受容 [ ] 8年(1933年)、がで小児への早期教育を実施。 昭和14年(1939年)頃、ピアニストの呼びかけに軍人が全国民が飛行機など機械音に敏感になるため普及活動を展開。 一部の音楽家は反対するもの教育、の教育で採用されたが、昭和19年(1944年)には中止されたという。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ピアノ調律師のフランツ・モアは『』(、2002年)のな中で、1レベルで音を言い当てると豪語する音楽家に数多く出会ったが、真にそれを言い当てた人は一人もいなかったとして、やがピッチを取り違えたエピソードを紹介している。 江口寿子・江口彩子『』(全音楽譜出版社、2001年)では、ピアノの全音域をランダムに鳴らしたとき90%以上で音名を当てる能力のある人を絶対音感保持者としている。 また、新潟大学の宮崎謙一「」『1997~1998年度(基礎研究C 研究成果報告書』(1999年)によれば、ピアノの音階を90%以上の確率で当てられる人は、日本の生で30%、の音大生で11%であるという。 出典 [ ]• Bachem, A. 1937. The Journal of the Acoustical Society of America 9 2 : 146—151. , p. 148。 , p. 222。 新潟大学 2019年8月8日. 2020年1月12日閲覧。 , pp. 191-192。 , p. 562 参考文献 [ ]• 江口寿子、江口彩子『新・絶対音感プログラム 才能は身につけられる』全音楽譜出版社〈ピアノレッスンを変える 3〉、2001年10月。 『絶対音感』、1998年3月。 - 第4回受賞。 最相葉月『絶対音感』小学館〈小学館文庫〉、2002年3月。 - 解説・。 最相葉月『絶対音感』〈新潮文庫 さ-53-3〉、2006年5月。 - 解説・。 『音楽嗜好症(ミュージコフィリア) 脳神経科医と音楽に憑かれた人々』、2010年7月。 サックス, オリバー『音楽嗜好症(ミュージコフィリア) 脳神経科医と音楽に憑かれた人々』早川書房〈ハヤカワ文庫 NF 414〉、2014年8月。 『回想のロンド』訳、白水社、1970年。 ベーム, カール『回想のロンド』訳、白水社〈白水Uブックス 1021〉、1992年5月。 『音楽五十年史(下)』講談社〈 139〉、1977年。 宮崎謙一 研究代表者『』宮崎謙一〈科学研究費補助金基盤研究 C 2 研究成果報告書, 平成9年度〜平成10年度〉、1999年3月。 宮崎謙一「 」 『日本音響学会誌』第69巻第10号、日本音響学会、2013年3月、 562-569頁。 モア, フランツ『ピアノの巨匠たちとともに』イーディス・シェイファー 構成、中村菊子訳、、2002年5月、増補版。 Roeckelein, Jon E. 1998-10 , Dictionary of Theories, Laws, and Concepts in Psychology Hardcover ed. , Greenwood Pub Group, 外部リンク [ ]• 『』 -• (作曲家の公式サイトより).

次の