水俣 市立 総合 医療 センター。 外来診療のご案内

名簿 of CDE

水俣 市立 総合 医療 センター

この節はに関してです。 して下さる協力者を求めています()。 診療科 [ ]• センター• 医療機関の指定等 [ ]• 保険医療機関• 労災保険指定医療機関• 指定自立支援医療機関(更生医療・育成医療)• 生活保護法指定医療機関• 原子爆弾被爆者医療指定医療機関• 原子爆弾被爆者一般疾病医療取扱医療機関• 第二種感染症指定医療機関• 公害医療機関• (基幹型)• (協力型)• DPC対象病院• 熊本指定病院• 日本医療機能評価機構認定病院• 熊本県指定がん診療連携拠点病院• 近隣の施設 [ ]• 水俣市立総合体育館• 出張所 交通アクセス [ ]• より梅戸方面(赤色)、大川方面・中屋敷方面(黄色)で約10分、総合医療センター下車。 湯の鶴方面(橙色)で10分、総合医療センター裏下車。 または徒歩約20分。 ・肥薩おれんじ鉄道線よりで約8分、総合医療センター前下車。 または徒歩約20分。 脚注 [ ].

次の

熊本県災害拠点病院

水俣 市立 総合 医療 センター

紹介状をご持参ください 当センターは、急性期医療を担う病院であるとともに「地域医療支援病院」として、地域の医療機関(かかりつけ医)と連携し、機能分担を推進しています。 そのため、受診の際はできる限り、かかりつけ医にご相談のうえ、紹介状を持参してくださいますようご協力をお願いします。 紹介状をお持ちでない場合は、初診時に「初診時特定療養費820円」をご負担頂いています。 予約のある方• 予約時刻までに再来受付機または受付窓口で受付をお済ませください。 予約変更をご希望の場合、各診療科へ電話されるか直接お越しのうえご相談ください。 電話の場合、午前中は外来診療で大変混雑しておりますので、できるだけ午後におかけくださるようお願いします。 予約について• 治療上、医師が予約日を決めておりますので、できる限り予約日時を守ってください。 やむを得ず予約を変更する場合は、予約日の前日までにご連絡ください。 予約人数には限りがありますので、ご希望の日、時間に予約が取れない場合があります。 予約のない方• 本館1階案内窓口へお越しください。 受付時間は当センターを初めて受診される方と同じです。 (午前8時00分〜午前11時00分)• 耳鼻咽喉科、眼科、リハビリテーション科については毎日の診療ではありません。 診察日を事前にご確認ください。 前回受診日から一定期間が経過し初診扱いとなった場合に、紹介状をお持ちでない場合は、「初診時特定療養費750円」をいただいています。 外来診療の流れ 聴覚に障がいがある方の受診相談について 聴覚に障がいがある方については、FAXによる受診相談を受け付けております。 下記の受診相談票に必要事項を記入の上、平日の時間内は地域医療支援室(FAX 0966-63-2167)へ、それ以外の時間帯は救急センター(FAX 0966-63-2172)へFAXいただきますと、。 担当医等が概ね1時間以内にFAXでお返事します。 緊急の場合はいつでもご来院下さい。 (PDF:48KB) セカンドオピニオンについて• セカンドオピニオンとは、日本語で「第二の意見」と呼ばれるように、患者がある病気で診断を受けた際に診断結果やその後の治療方針や治療方法について主治医以外の医師から意見を聞くことを言います。 主治医以外の意見を聞くことで現在の治療方針等が適切なのか、他に良い治療がないか等患者がより納得のいく治療を受けることが可能になります。 あなたがセカンドオピニオンを受けるときには、最初の医師(主治医)の紹介状と検査結果が必要になります。 セカンドオピニオンのことでお尋ねになりたい方は、地域医療支援室(本館1階)で対応しますのでお気軽にお尋ねください。 その他の注意点• 都合により休診、外来医師が変更となる場合がありますので、ご了承ください。 受診の際は、保険証をご持参ください。 健康増進法の一部改正に伴い、当センター(久木野診療所を含む)は病院敷地内(駐車場や駐輪場等を含む)が全面禁煙(電子タバコを含む)となっています。 皆様の御理解・御協力をお願いします。

次の

【ドクターマップ】水俣市立総合医療センター(水俣市天神町)

水俣 市立 総合 医療 センター

概要 [ ] 県内や近県で災害が発生し、通常の医療体制では被災者に対する適切な医療を確保することが困難な状況となった場合に、の要請により傷病者の受け入れや医療救護班の派遣等を行う。 14病院が指定されており、が全県域を担当し災害医療の中心となる 基幹災害拠点病院、その他病院が各医療圏に対応する 地域災害拠点病院となっている。 拠点病院の条件 [ ]• 建物がであること。 資器材等の備蓄があること。 応急収容するために転用できる場所があること。 応急用資器材、自家発電機、応急テント等により自己完結できること。 (外部からの補給が滞っても簡単には病院機能を喪失しないこと)• 近接地にが確保できること。 DMAT [ ] (DMAT)はを除く13病院に(1チーム)を加えた14病院で21チームが編成されている。 DMAT 外部リンク [ ]•

次の