嫁 浮気。 嫁の浮気

不倫をしている嫁・妻の特徴|不倫を許せない旦那が今すぐすべきこと|浮気調査ナビ

嫁 浮気

嫁 妻 が不倫をしていたとしたら、あなたはどうしますか?不倫はテレビドラマなど虚構の世界のものであり、自分と無縁だと思いたいですし、とても信じられませんよね。 コンドームメーカーの相模ゴム工業株式会社が2018年に1万4,100名に行ったアンケートによると、 結婚相手や交際相手以外にセックスする相手がいると回答した女性は15. 2%でした。 引用元: ネットの発達や、スマホで手軽に出会える時代になるなど、以前と比較して不倫をしやすい環境になりました。 女性の社会進出も増加し、今やどこでも出会いはあります。 嫁や妻の不倫に対して、今すぐ問いただしたい気持ちになるかもしれませんが、まずは堪えてください。 この記事では、嫁や妻の不倫で夜も眠れない方へ、• 不倫・浮気をしている嫁・妻の特徴と不倫の理由• 嫁や妻の不倫を知った際にまずすべきこと、避けること• あなたが取れる3つの選択肢• 浮気調査はプロの探偵に依頼すべき理由とメリット・デメリット• 不倫・浮気後に嫁・妻とやり直す方法 を解説します。 この記事をご覧いただいて、あなたの目的である「嫁や妻との関係修復」や「嫁や妻、不倫相手への制裁」をするために、まずはしっかりと準備しましょう。 嫁 妻 の不倫・浮気をしている時にみられる特徴と嫁 妻 が不倫をする理由 ここでは、嫁・妻の不倫・浮気をしている時に見られる兆候と、嫁・妻が不倫をする理由についてご紹介します。 嫁 妻 が不倫・浮気をしている時にみられる特徴 もし当てはまる行動があったなら、不倫や浮気をしている可能性があるかもしれません。 不倫・浮気をしている人に共通する特徴 まずは、男女関係なく、不倫・浮気をしている人に共通する特徴です。 スマホをいじっている時間が増えた・スマホを手放さない• 友人と出かけることが増えた• 夫・旦那のスケジュールを把握したがる• 身だしなみに気を使い始めた・おしゃれをするようになった• 妙に機嫌がいい スマホをいじっている時間が増えたり、スマホを手放さなかったりするのが増えるのは、不倫・浮気をしている人の特徴です。 旦那さんにバレたくないでしょうから、スマホを手放さないというのは頷けますし、不倫相手との時間を捻出するために、友人と出かけることが増えるのも自然だと言えます。 女性は基本的に、パートナーとコミュニケーションを取りたがる生き物です。 興味のある男性には、自分の話をして、相手の話を聞きたいと思うもの。 お互いに会話をして、コミュニケーションを図ろうとするのは、女性が太古からコミュニティを重視してきたことが関係しているのかもしれません。 もし あなたに話しかる頻度が減ったり、あなたの話を聞いても上の空だったりした場合は、要注意かもしれません。 あなたよりも別のことに興味が向いている可能性があります。 2:キスを拒むようになった また、キスを拒むようになるのも不倫・浮気をしている女性の特徴の一つと言えるかもしれません。 キスは女性にとって特別なものですので、セックス以上に大切にしている女性も少なくありません。 もちろん普通は、キスをしたい相手とセックスの相手が一致しているので、分けて考えることはないでしょう。 しかし、セックスは付き合いの長い旦那さんであれば、気持ちを注がなくても惰性でできてしまいます。 一方で、キスは気持ちのない相手とすることができません。 もちろん人によってはセックスを拒否するケースもありますし、キスを拒むからあなたを嫌いになったとは言えませんが、別の相手に気持ちが引っ張られている可能性もあります。 3:浮気・不倫を問い詰めても目を反らさない これはよく知られているかもしれませんが、 女性は嘘を吐いていても、男性のように目を反らしたりしません。 むしろ、 男性の目を凝視してくるため、男性は「本当のことを言っているのだろう」と感じるでしょう。 一方で、男性は嘘を吐くときに、目を反らしたりそわそわしたりして、結果嘘がバレてしまうことも多いのではないでしょうか。 女性が嘘を吐くときに、相手の目を凝視するメカニズムはわかりませんが、もしかしたら、女性はこういった男性の姿を見てきているために、嘘を吐くときはむしろ堂々と相手の目を凝視するのかもしれません。 もし嫁や妻に不倫の有無を問いただして、目を反らさず回答した場合は、嘘である可能性も十分にあります。 嫁 妻 が不倫・浮気をする5つの理由 嫁・妻が不倫・浮気をする理由は次の通りです。 夫・旦那が自分に関心を寄せず寂しいから• 仕事・家事・育児で大変なのに協力してくれないから• 自分がした仕事を評価しないから• 女性として扱われないから• セックスレスだから 全ての女性に当てはまるとは断言できませんが、不倫・浮気の理由でダントツなのが、『寂しいから』です。 女性は関心を寄せられていないと、愛されていると実感できない人も多いですが、これに 依存的・他に楽しみがないなどの性格的な特徴があると、不倫・浮気をするケースが多いと考えられます。 また、旦那さんが家事・育児に積極的に参加しない、あるいは、自分がした家事・育児に労いの姿勢をもらえないと感じたときも、不倫のリスクが高まると言えます。 これは、 旦那さんに対する不満が高まるために、そういった誘惑に付け入られやすくなるからです。 女性として扱われない・セックスレスであることも同様です。 女性はいくつになっても、女性として扱われたいもの。 女性として求められたいと思っている人も少なくありません。 よき母やビジネスパーソンといった顔が求められる女性にとって、自分が女性であることを認識できる場が欲しくなります。 これは恐らく、家庭で男性としての立場がない旦那さんも同じ気持ちになるのではないでしょうか。 あなたが嫁 妻 の不倫・浮気を知ったときすべきこと・避けること では、嫁・妻の不倫や浮気を知ってしまった場合、旦那・夫としてどうすべきなのでしょうか。 ここでは、嫁・妻の不倫・浮気を知った時に、まずすべきこと、避けることを解説します。 まずすべきこと:問い詰めるよりも先に不倫の証拠を押さえる まずすべきは、問い詰めるよりも先に不倫の証拠を押さえることです。 不貞行為の証拠を押さえるメリット 不貞行為の証拠を押さえるメリットは次の通りです。 不倫相手への慰謝料請求が認められる可能性がある• 嫁・妻への慰謝料請求・離婚請求が認められる可能性がある• 嫁・妻からの離婚請求が認められない可能性がある• 嫁・妻、不倫相手が言い逃れできない あなたがいかなる選択をしようとも、相手がいかなる対策を講じてこようとも、 不利な立場にならない最低条件として、不貞行為の証拠が必須です。 また、嫁・妻と関係を修復するためにも、 二度と接触しないよう示談書を作成する際にも、不貞行為の証拠は役立ちます。 証拠があれば、いつ何時訴訟となっても、訴えが認められ、こちらの要求に応じてもらえる可能性が高まるからです。 不貞行為の証拠がないままに問い詰めるリスク 確固たる証拠がないうちに問い詰めても、次のようなリスクが生じます。 上手いことごまかされて、今後わからないように不倫・浮気を継続される• 今ある不貞行為の証拠を処分される可能性がある• 証拠がなければ、嫁・妻、不倫相手が不貞行為を認めない• 慰謝料請求・離婚請求が認められない可能性が高い お伝えした通り、嘘については女性の方が上手です。 確固たる証拠がないうちに問い詰めても、上手いことごまかされてしまうでしょう。 もちろん、状況証拠だけで問い詰めて、相手が自白するケースもありますが、証拠がなければ不倫相手が認めないことも考えられます。 不倫相手への慰謝料請求はもちろん、離婚請求も認められない可能性があるため、 感情的な行動は慎まなければなりません。 不貞行為の証拠になるもの 法律上、不貞行為の証拠として認められるのは、パートナーがパートナー以外の者と 性行為または、これに類する行為に及んだ事実を客観的に証明できるものに限られます。 具体的には、性交渉をしている様子がわかる写真や動画、嫁・妻が不倫相手とラブホテルに出入りしている写真や動画などです。 不貞行為の証拠にならないもの 一方で、• 嫁・妻が不倫相手とキスをしている写真・ツーショット• 愛しているなどのLINEのやり取り• 部屋にあった避妊具 などだけでは、不貞行為の証拠にはなりません。 【関連記事】 避けること:問い詰めるなど感情的な行動に出る お伝えした通り、嫁・妻の不倫・浮気を知ってしまった場合は、気づかれる前に証拠を押さえることが肝要です。 一方で、ここで解説するような感情的な行動は、このトラブルの解決を遠ざけます。 つらい気持ちや、悔しい気持ちがあるかもしれませんが、合法的に制裁を加えるためにも、冷静に虎視眈々と行動しましょう。 罵声を浴びせる・手をあげる 許せない気持ちから、罵声を浴びせたくなるかもしれませんが、抑えましょう。 特に避けるべきは、手をあげてしまうことです。 いかなる理由があっても、手をあげることは許されませんし、問題が解決しないばかりか、DVで訴えられるなど不利な立場に追いやられてしまう恐れがあります。 仮に夫婦関係が元に戻っても、お嫁さんは、あなたが暴力を振るったことを忘れないでしょう。 問い詰めたくなったら、まずは 理由をつけて、一人で冷静になる時間を確保しましょう。 嫁 妻 の行動を制限・監視する 不倫を疑ってしまえば、その日から嫁・妻がすること全てが嘘のように感じられてしまうのは無理ありません。 だからと言って、顔を合せるたびに、• 今日は誰とどこにいた?• 21時には帰るはずなのに今どこ?• なぜLINEを返さない?やましいことがあるのか? など、 監視・行動を制限すれば、逆効果です。 今嫁・妻と不倫相手の関係が深まってしまえば、悔しい思いをするのはあなたです。 お嫁さんがいつどこで誰と何をしているのか、気になって当然ですが、それをあからさまに調査することは避けてください。 嫁・妻を追い出す・別居する 嫁・妻の不倫に激昂した男性が、家を追い出すというのもよくあるケースですが、避けるべき行動の一つです。 同居で嫁・妻を追い出す、あるいは、あなたがみずから家出するなどして別居した場合、次のようなデメリットがあります。 お子さんと離れて暮らせば、離婚して親権を得たいと考えている場合に、不利になる可能性がある• 離婚するまでは夫婦なので、収入が多い側が配偶者を扶養する義務が生じ、金銭的な負担が大きくなる可能性がある• 別居のタイミングや別居に至る経緯・行動によっては、離婚請求で相手から悪意の遺棄などを追及される可能性がないとは言い切れない 一方で、 同居をしているほうが、嫁・妻の行動パターンを把握しやすく、不貞行為の証拠を押さえるにも便利です。 別居するかどうか、この過程に関しては、 不利にならないように、まず弁護士に相談すべきです。 不倫相手の家に乗り込む 頭に血が上った状態の男性がついやってしまいがちなのが、勢いに任せて相手のところに乗り込んでしまうこと。 いつかは不倫相手と話し合わなければいけないときが来ますが、それは弁護士など第三者を交えての場の方が賢明で、勢いだけで乗り込んでしまうのは愚行だと言えます。 あなたが乗り込んだことを、奥さんが知ることとなった場合、「感情のままに動いてしまう理性のない男」としての印象を植え付けてしまいます。 あなたの評価は下がることはあっても上がることはなくなってしまうでしょう。 不倫相手を侮辱する 不倫相手を侮辱する行為も、あなたの評価を高める結果にはなりません。 むしろ「器が小さい」と思われてしまいます。 5つのNG行動を説明しましたが、これらに共通することは 冷静さを失わず、感情ではなく理性での行動を心がけてほしいということです。 女性は、好意を持っている、あるいは興味を持っている男性以外のことを冷静に(悪く言えば冷やかに)見てしまう傾向にあります。 不倫をされれば誰でも冷静ではいられませんし、泣きたい気持ちになるかもしれませんが、 熱くなっても状況は好転しません。 関係が修復できても、嫁・妻はあなたがとった行動を覚えています。 感情的・暴力的な行動に出れば、「この人は怒らせると面倒・厄介だ」といったレッテルを貼られてしまうかもしれません。 冷静さを欠く行動を取ってしまうと再びあなたに心を戻すのが難しくなってしまうのでNG行動はぜひチェックしてほしいところです。 嫁 妻 の不倫・浮気を知った時にあなたが取れる選択肢 嫁・妻の不倫・浮気を知った時にあなたが取れる選択肢は次の通りです。 証拠を押さえて不倫相手に慰謝料を請求する• 慰謝料を請求して嫁・妻と離婚する• 不倫相手に慰謝料を請求して清算してから夫婦関係を改善する ここでは、嫁・妻の不倫・浮気を知ったときにあなたが取れる選択肢を解説します。 不倫・浮気の証拠を押さえて浮気相手に慰謝料を請求する 選択肢の一つが、不倫・浮気の証拠を押さえて不倫相手に慰謝料を請求することです。 不倫相手への慰謝料請求は、離婚をしなくても可能です。 なお、 不貞行為の慰謝料の相場は、訴訟の場合50~300万円といわれており、婚姻期間や不貞行為の頻度、幼いお子さんがいるかどうかなどのさまざまな要因で左右されます。 ただし、直接交渉であれば、慰謝料の請求に特段の決まりはないため、相手が応じた金額を支払ってもらうことができます。 慰謝料の請求は、直接の話し合いでも可能ですし、弁護士を交えた交渉、あるいは、弁護士を代理人とした交渉、内容証明の送付などがあります。 慰謝料を請求して嫁 妻 と離婚する 選択肢の2つ目が、慰謝料を請求して嫁・妻と離婚することです。 離婚の手順は、お互いに話し合って行う協議離婚が一般的ですが、嫁・妻が応じない場合は、家庭裁判所に離婚調停を申し立てて、間に調停委員を挟んで協議することになります。 離婚調停でも、離婚が成立しない場合は、離婚訴訟を申し立てて、裁判官に判断を下してもらうことになります。 離婚をするメリットは、嫁・妻と別れることができる点です。 一方で、離婚のデメリットは多岐にわたります。 今まで築いてきた財産を家庭への貢献度に応じて、夫婦で公平に分配しなければなりませんし、非親権者となれば養育費を支払う必要があります。 また、男性は親権を得る際に不利になりやすいため、 離婚をお考えなら、早い段階で弁護士に相談をして、手を打っておきましょう。 浮気相手に慰謝料を請求して清算してから夫婦関係を改善する 不倫相手と話をしてきました。 不貞行為の事実を認め、謝罪の言葉と今後一切嫁には会わないこと、慰謝料を一括で支払うことで誓約書を書いて頂きました。 皆様のお陰で勇気を持って対応することができたので、感謝しかありません。 応援してくださった皆様ありがとうございます! — たま Er2J36FJhSm0QSF 不倫・浮気をした嫁・妻と夫婦関係を改善させたいと思っても、 まずすべきは不倫相手に慰謝料を請求し、不倫を清算することです。 しかし、不倫相手が仮に慰謝料を支払ったとしても、2人が水面下で交際を続ける可能性もゼロではありませんし、今更口約束で二度と会わないと言われても、当然信じることはできませんよね。 そこで、不倫相手と話し合い、慰謝料の支払いに合意した後に作成する示談書に、嫁・妻と二度と接触しないこと、示談内容に反した場合は、違約金が発生する旨などを明記して、再発防止策を講じましょう。 【関連記事】 不倫・浮気の証拠集めは探偵に依頼すべき4つの理由 いかなる決断を下すにせよ、不貞行為の証拠は必須です。 ただし、お伝えしたような不貞行為の証拠を押さえるのは簡単ではありません。 そこで依頼したいのが、浮気調査のプロである探偵です。 ここでは、浮気調査を探偵に依頼すべき理由をご紹介します。 自分で浮気調査を行うのは難しいから お伝えした通り、裁判でも有益な不貞行為の証拠は、嫁・妻と不倫相手がラブホテルに出入りする写真や動画です。 もちろん、ご自身で嫁・妻を尾行して、ラブホテルに出入りする瞬間を狙って証拠を押さえるのも不可能ではありません。 しかし、ご自身で行う浮気調査には次のようなデメリットがあります。 嫁・妻を尾行するテクニック・遠くからでも決定的な瞬間を逃さない撮影テクが必要• 目の前で自分の嫁・妻が知らない男性とラブホテルに入る瞬間を静観しなければならない• 証拠を押さえても、2人の顔が判別しにくい写真であれば、証拠としての価値も低くなる可能性がある• 嫁・妻が不倫する瞬間を狙うために、常に四六時中、行動を監視していなければならない 特に、自分の目の前で嫁・妻が知らない男性とラブホテルに出入りする瞬間を静観するのは、精神的にもつらい作業です。 慰謝料請求・離婚などに必要な精度の高い証拠を確実に押さえてくれるから 一方で、探偵に依頼すれば、前述したようなデメリットがありません。 浮気調査を生業にしている探偵は、特殊な訓練を積んでいるため、調査対象にバレる確率が低いです。 もちろん、調査対象者と面識がないという点もあります。 法的に有益な証拠のポイントを熟知した上で、特殊な機材を使用して決定的瞬間を押さえてくれるため、精度の高い証拠が期待できます。 実際に、探偵がクライアントに提出する調査報告書は次の通りです。 参考:原一探偵事務所 調査対象者が、何時何分にラブホテルに入ったのか、どの程度の時間利用したのか、2人の顔までばっちりわかる内容となっており、素人調査とは歴然の差があります。 あなたが仕事をしていても、しっかりとした証拠を押さえてくれますし、何より精神的な負担もいくらか軽減されます。 このような精度の高い証拠を得たいなら、探偵に依頼すべきです。 【関連記事】 嫁・妻に見つかった場合のリスクを回避できるから お伝えした通り、自分で行う浮気調査は、調査対象である嫁・妻に見つかる可能性があります。 面識のあるあなたが尾行をしても、お嫁さんに気づかれて関係が悪化したり、それ以降不倫の証拠を押さえるチャンスを失ったりするリスクまで生じてしまいます。 自分で尾行をして、その上で見つかる可能性があるのなら、探偵に依頼した方が、ローリスクかつ確実です。 不倫相手の素性まで押さえることができるから 話し合いや、内容証明・訴状の送付には、不倫相手の素性まで把握しておかなければなりません。 また、相手に家族がいるかどうかによっても、今後の交渉の仕方が変わってきますよね。 ご自身で相手の素性、住所・家族構成などまで把握できるのであれば別ですが、普通は知らない相手の名前や住所を調べることはできない場合がほとんどでしょう。 探偵に依頼することで、不倫の事実だけでなく、相手の素性・住所など、欠かせない情報を得ることができます。 嫁 妻 の不倫・浮気後に嫁とやり直す方法・心構え 嫁・妻の不倫・浮気を目の当たりにしても、そう簡単に別れることができないこともありますよね。 お子さんのこと、相手への気持ち、もう一度信じてみたいといった方もいるかもしれません。 ここでは、嫁・妻の不倫・浮気後に嫁と再構築を目指す方に向けて、やり直す方法をご紹介します。 言葉に出して伝える・コミュニケーションを取る 再構築 夫婦関係を修復する意 を開始するとなると、あなたはきっと数々のフラッシュバックに苛まれてしまうかもしれません。 嫁さんを責め立てたくなるかもしれません。 もし不安を感じているのであれば、素直に言葉に出して、自分のつらさを理解してもらえるような訓練をしなければなりません。 再構築で、嫁さんを責め立てる行為は、分かり合うための喧嘩とは違い、相手の粗を探すだけの作業になり、無益です。 再構築後は、「言葉にしなくてもわかっているだろう」と考えず、言葉に出して伝えること、コミュニケーションを取ること、感謝を伝えることを意識していきましょう。 きっと奥さんも、あなたからかけられる言葉や、あなたの考えを知りたいと思っているはずです。 不倫に関して不安なら誓約書を書いてもらう もし嫁・妻が再度不倫をするのではないかと不安なら、誓約書を書いてもらうことで少し安心できるかもしれません。 誓約書には• 不倫の事実を認めて謝罪すること• 男性との関係を清算し、今後一切接触しないこと• 夫以外の男性と密会をしないこと• これらに反した場合は、夫の申し出により離婚協議を開始できること などを明記しておきましょう。 裏切った相手を信じるのは難しいことです。 しかし、私たちは相手が発している言葉を信じるしかありません。 家庭内の仕事は2人のプロジェクトだと考える 家庭内の仕事を奥さんにだけ任せれば、やはり不満をためやすくなってしまいます。 あなたも仕事で疲れていたり、一人の時間や何もしない時間が欲しいと感じたりすることもあるかもしれませんが、家庭内の仕事は2人のプロジェクトだと考えて、主体的に行動しましょう。 もし、家事を減らしたいのであれば、機械化するなどして、2人の負担を減らす工夫をするのも一つの方法です。 嫁 妻 を女性として扱う 欠かせないのが、嫁・妻を女性として扱うことです。 ピグマリオン効果やホーソン効果といった心理学的な効果は聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。 簡単に説明すれば、相手に期待をかけるような発言をすることで、相手のモチベーションが上がったり、生産性が向上したりする効果のことです。 あなたが奥さんを褒めれば褒めるほど、素晴らしい女性でいるように努力する可能性があるでしょう。 逆に、奥さんをけなせば、綺麗でいようという気持ちを奪ってしまうことになります。 身だしなみに気を使う 奥さんを褒めるのと同時に、あなた自身が魅力をアップさせるように努力することも大切です。 身だしなみに気を使うだけでも全然違います。 あなたが努力することで、奥さんも危機感を覚えて、お互いに魅力的な異性でいられるかもしれません。 セックスレスを解消する お互いにコミュニケーションを取る回数を増やして、抵抗がなくなったら、セックスレスを解消しましょう。 不倫や浮気から、夫婦が元に戻ったとしても、セックスへのハードルはかなり高いものがあります。 男性は精神的なトラウマが原因で、セックスへの意欲を失ってしまう方もいるかもしれません。 抵抗があるかもしれませんが、夫婦のセックスレスが解消できないのであれば、専門家である夫婦カウンセラーに相談してみるのも一つの方法です。 今まで絶たれてしまっていたセックスをするというのも難しいでしょうから、まずは手を繋ぐ、抱きしめるといったコミュニケーションから始めてみてもよいかもしれません。 ここでは、再構築を目指す方へ向けて、心構えをご紹介しました。 最初はなかなか思うようにいかないかもしれませんが、奥さんのことを考えて行動してくれる旦那さんを奥さんは嫌いにはなれないでしょう。 ただ、相手はわかってくれるだろうと期待をかけすぎると、思うようにいかないこともあります。 見返りがないものとして、それでも嫁・妻といたいのか、改めて考えてみてもよいでしょう。 夫婦という器を不倫という衝撃で粉々に壊された。 もう 元のツルッとした綺麗な器には戻らない。 新たな思い出を作り接着剤として1つ1つ欠片を拾い繋ぎ合わせていく。 試行錯誤しながら… 時間はかかるけど、きっと味のある器 夫婦 になると思う。 繋ぎ目に金を施して金継ぎのようにして… — 姫夜叉 yamisakinokibou まとめ この記事では、嫁・妻の不倫について、旦那さんであるあなたがすべき行動・避けるべき行動や、あなたが取れる選択肢などについて解説しました。 嫁・妻の不倫は、筆舌に尽くしがたいつらい体験です。 自分が悪かったのだと自責すれば、心を病むことになります。 また、再構築はかなり茨の道です。 自分たちの未来のために不倫を許すという気持ちで挑まなければなりません。 しかし、まずはチャレンジをしてみて、やはり無理ならそのとき違う道を探すのでも遅くはないでしょう。 いずれにしても、不貞行為の証拠は必須です。 しっかりと証拠を押さえ、あなたが思った通りの選択ができることを祈っています。

次の

久々に見た妻のハダカに異変!夫が妻の浮気に気づくとき

嫁 浮気

嫁 妻 が不倫をしていたとしたら、あなたはどうしますか?不倫はテレビドラマなど虚構の世界のものであり、自分と無縁だと思いたいですし、とても信じられませんよね。 コンドームメーカーの相模ゴム工業株式会社が2018年に1万4,100名に行ったアンケートによると、 結婚相手や交際相手以外にセックスする相手がいると回答した女性は15. 2%でした。 引用元: ネットの発達や、スマホで手軽に出会える時代になるなど、以前と比較して不倫をしやすい環境になりました。 女性の社会進出も増加し、今やどこでも出会いはあります。 嫁や妻の不倫に対して、今すぐ問いただしたい気持ちになるかもしれませんが、まずは堪えてください。 この記事では、嫁や妻の不倫で夜も眠れない方へ、• 不倫・浮気をしている嫁・妻の特徴と不倫の理由• 嫁や妻の不倫を知った際にまずすべきこと、避けること• あなたが取れる3つの選択肢• 浮気調査はプロの探偵に依頼すべき理由とメリット・デメリット• 不倫・浮気後に嫁・妻とやり直す方法 を解説します。 この記事をご覧いただいて、あなたの目的である「嫁や妻との関係修復」や「嫁や妻、不倫相手への制裁」をするために、まずはしっかりと準備しましょう。 嫁 妻 の不倫・浮気をしている時にみられる特徴と嫁 妻 が不倫をする理由 ここでは、嫁・妻の不倫・浮気をしている時に見られる兆候と、嫁・妻が不倫をする理由についてご紹介します。 嫁 妻 が不倫・浮気をしている時にみられる特徴 もし当てはまる行動があったなら、不倫や浮気をしている可能性があるかもしれません。 不倫・浮気をしている人に共通する特徴 まずは、男女関係なく、不倫・浮気をしている人に共通する特徴です。 スマホをいじっている時間が増えた・スマホを手放さない• 友人と出かけることが増えた• 夫・旦那のスケジュールを把握したがる• 身だしなみに気を使い始めた・おしゃれをするようになった• 妙に機嫌がいい スマホをいじっている時間が増えたり、スマホを手放さなかったりするのが増えるのは、不倫・浮気をしている人の特徴です。 旦那さんにバレたくないでしょうから、スマホを手放さないというのは頷けますし、不倫相手との時間を捻出するために、友人と出かけることが増えるのも自然だと言えます。 女性は基本的に、パートナーとコミュニケーションを取りたがる生き物です。 興味のある男性には、自分の話をして、相手の話を聞きたいと思うもの。 お互いに会話をして、コミュニケーションを図ろうとするのは、女性が太古からコミュニティを重視してきたことが関係しているのかもしれません。 もし あなたに話しかる頻度が減ったり、あなたの話を聞いても上の空だったりした場合は、要注意かもしれません。 あなたよりも別のことに興味が向いている可能性があります。 2:キスを拒むようになった また、キスを拒むようになるのも不倫・浮気をしている女性の特徴の一つと言えるかもしれません。 キスは女性にとって特別なものですので、セックス以上に大切にしている女性も少なくありません。 もちろん普通は、キスをしたい相手とセックスの相手が一致しているので、分けて考えることはないでしょう。 しかし、セックスは付き合いの長い旦那さんであれば、気持ちを注がなくても惰性でできてしまいます。 一方で、キスは気持ちのない相手とすることができません。 もちろん人によってはセックスを拒否するケースもありますし、キスを拒むからあなたを嫌いになったとは言えませんが、別の相手に気持ちが引っ張られている可能性もあります。 3:浮気・不倫を問い詰めても目を反らさない これはよく知られているかもしれませんが、 女性は嘘を吐いていても、男性のように目を反らしたりしません。 むしろ、 男性の目を凝視してくるため、男性は「本当のことを言っているのだろう」と感じるでしょう。 一方で、男性は嘘を吐くときに、目を反らしたりそわそわしたりして、結果嘘がバレてしまうことも多いのではないでしょうか。 女性が嘘を吐くときに、相手の目を凝視するメカニズムはわかりませんが、もしかしたら、女性はこういった男性の姿を見てきているために、嘘を吐くときはむしろ堂々と相手の目を凝視するのかもしれません。 もし嫁や妻に不倫の有無を問いただして、目を反らさず回答した場合は、嘘である可能性も十分にあります。 嫁 妻 が不倫・浮気をする5つの理由 嫁・妻が不倫・浮気をする理由は次の通りです。 夫・旦那が自分に関心を寄せず寂しいから• 仕事・家事・育児で大変なのに協力してくれないから• 自分がした仕事を評価しないから• 女性として扱われないから• セックスレスだから 全ての女性に当てはまるとは断言できませんが、不倫・浮気の理由でダントツなのが、『寂しいから』です。 女性は関心を寄せられていないと、愛されていると実感できない人も多いですが、これに 依存的・他に楽しみがないなどの性格的な特徴があると、不倫・浮気をするケースが多いと考えられます。 また、旦那さんが家事・育児に積極的に参加しない、あるいは、自分がした家事・育児に労いの姿勢をもらえないと感じたときも、不倫のリスクが高まると言えます。 これは、 旦那さんに対する不満が高まるために、そういった誘惑に付け入られやすくなるからです。 女性として扱われない・セックスレスであることも同様です。 女性はいくつになっても、女性として扱われたいもの。 女性として求められたいと思っている人も少なくありません。 よき母やビジネスパーソンといった顔が求められる女性にとって、自分が女性であることを認識できる場が欲しくなります。 これは恐らく、家庭で男性としての立場がない旦那さんも同じ気持ちになるのではないでしょうか。 あなたが嫁 妻 の不倫・浮気を知ったときすべきこと・避けること では、嫁・妻の不倫や浮気を知ってしまった場合、旦那・夫としてどうすべきなのでしょうか。 ここでは、嫁・妻の不倫・浮気を知った時に、まずすべきこと、避けることを解説します。 まずすべきこと:問い詰めるよりも先に不倫の証拠を押さえる まずすべきは、問い詰めるよりも先に不倫の証拠を押さえることです。 不貞行為の証拠を押さえるメリット 不貞行為の証拠を押さえるメリットは次の通りです。 不倫相手への慰謝料請求が認められる可能性がある• 嫁・妻への慰謝料請求・離婚請求が認められる可能性がある• 嫁・妻からの離婚請求が認められない可能性がある• 嫁・妻、不倫相手が言い逃れできない あなたがいかなる選択をしようとも、相手がいかなる対策を講じてこようとも、 不利な立場にならない最低条件として、不貞行為の証拠が必須です。 また、嫁・妻と関係を修復するためにも、 二度と接触しないよう示談書を作成する際にも、不貞行為の証拠は役立ちます。 証拠があれば、いつ何時訴訟となっても、訴えが認められ、こちらの要求に応じてもらえる可能性が高まるからです。 不貞行為の証拠がないままに問い詰めるリスク 確固たる証拠がないうちに問い詰めても、次のようなリスクが生じます。 上手いことごまかされて、今後わからないように不倫・浮気を継続される• 今ある不貞行為の証拠を処分される可能性がある• 証拠がなければ、嫁・妻、不倫相手が不貞行為を認めない• 慰謝料請求・離婚請求が認められない可能性が高い お伝えした通り、嘘については女性の方が上手です。 確固たる証拠がないうちに問い詰めても、上手いことごまかされてしまうでしょう。 もちろん、状況証拠だけで問い詰めて、相手が自白するケースもありますが、証拠がなければ不倫相手が認めないことも考えられます。 不倫相手への慰謝料請求はもちろん、離婚請求も認められない可能性があるため、 感情的な行動は慎まなければなりません。 不貞行為の証拠になるもの 法律上、不貞行為の証拠として認められるのは、パートナーがパートナー以外の者と 性行為または、これに類する行為に及んだ事実を客観的に証明できるものに限られます。 具体的には、性交渉をしている様子がわかる写真や動画、嫁・妻が不倫相手とラブホテルに出入りしている写真や動画などです。 不貞行為の証拠にならないもの 一方で、• 嫁・妻が不倫相手とキスをしている写真・ツーショット• 愛しているなどのLINEのやり取り• 部屋にあった避妊具 などだけでは、不貞行為の証拠にはなりません。 【関連記事】 避けること:問い詰めるなど感情的な行動に出る お伝えした通り、嫁・妻の不倫・浮気を知ってしまった場合は、気づかれる前に証拠を押さえることが肝要です。 一方で、ここで解説するような感情的な行動は、このトラブルの解決を遠ざけます。 つらい気持ちや、悔しい気持ちがあるかもしれませんが、合法的に制裁を加えるためにも、冷静に虎視眈々と行動しましょう。 罵声を浴びせる・手をあげる 許せない気持ちから、罵声を浴びせたくなるかもしれませんが、抑えましょう。 特に避けるべきは、手をあげてしまうことです。 いかなる理由があっても、手をあげることは許されませんし、問題が解決しないばかりか、DVで訴えられるなど不利な立場に追いやられてしまう恐れがあります。 仮に夫婦関係が元に戻っても、お嫁さんは、あなたが暴力を振るったことを忘れないでしょう。 問い詰めたくなったら、まずは 理由をつけて、一人で冷静になる時間を確保しましょう。 嫁 妻 の行動を制限・監視する 不倫を疑ってしまえば、その日から嫁・妻がすること全てが嘘のように感じられてしまうのは無理ありません。 だからと言って、顔を合せるたびに、• 今日は誰とどこにいた?• 21時には帰るはずなのに今どこ?• なぜLINEを返さない?やましいことがあるのか? など、 監視・行動を制限すれば、逆効果です。 今嫁・妻と不倫相手の関係が深まってしまえば、悔しい思いをするのはあなたです。 お嫁さんがいつどこで誰と何をしているのか、気になって当然ですが、それをあからさまに調査することは避けてください。 嫁・妻を追い出す・別居する 嫁・妻の不倫に激昂した男性が、家を追い出すというのもよくあるケースですが、避けるべき行動の一つです。 同居で嫁・妻を追い出す、あるいは、あなたがみずから家出するなどして別居した場合、次のようなデメリットがあります。 お子さんと離れて暮らせば、離婚して親権を得たいと考えている場合に、不利になる可能性がある• 離婚するまでは夫婦なので、収入が多い側が配偶者を扶養する義務が生じ、金銭的な負担が大きくなる可能性がある• 別居のタイミングや別居に至る経緯・行動によっては、離婚請求で相手から悪意の遺棄などを追及される可能性がないとは言い切れない 一方で、 同居をしているほうが、嫁・妻の行動パターンを把握しやすく、不貞行為の証拠を押さえるにも便利です。 別居するかどうか、この過程に関しては、 不利にならないように、まず弁護士に相談すべきです。 不倫相手の家に乗り込む 頭に血が上った状態の男性がついやってしまいがちなのが、勢いに任せて相手のところに乗り込んでしまうこと。 いつかは不倫相手と話し合わなければいけないときが来ますが、それは弁護士など第三者を交えての場の方が賢明で、勢いだけで乗り込んでしまうのは愚行だと言えます。 あなたが乗り込んだことを、奥さんが知ることとなった場合、「感情のままに動いてしまう理性のない男」としての印象を植え付けてしまいます。 あなたの評価は下がることはあっても上がることはなくなってしまうでしょう。 不倫相手を侮辱する 不倫相手を侮辱する行為も、あなたの評価を高める結果にはなりません。 むしろ「器が小さい」と思われてしまいます。 5つのNG行動を説明しましたが、これらに共通することは 冷静さを失わず、感情ではなく理性での行動を心がけてほしいということです。 女性は、好意を持っている、あるいは興味を持っている男性以外のことを冷静に(悪く言えば冷やかに)見てしまう傾向にあります。 不倫をされれば誰でも冷静ではいられませんし、泣きたい気持ちになるかもしれませんが、 熱くなっても状況は好転しません。 関係が修復できても、嫁・妻はあなたがとった行動を覚えています。 感情的・暴力的な行動に出れば、「この人は怒らせると面倒・厄介だ」といったレッテルを貼られてしまうかもしれません。 冷静さを欠く行動を取ってしまうと再びあなたに心を戻すのが難しくなってしまうのでNG行動はぜひチェックしてほしいところです。 嫁 妻 の不倫・浮気を知った時にあなたが取れる選択肢 嫁・妻の不倫・浮気を知った時にあなたが取れる選択肢は次の通りです。 証拠を押さえて不倫相手に慰謝料を請求する• 慰謝料を請求して嫁・妻と離婚する• 不倫相手に慰謝料を請求して清算してから夫婦関係を改善する ここでは、嫁・妻の不倫・浮気を知ったときにあなたが取れる選択肢を解説します。 不倫・浮気の証拠を押さえて浮気相手に慰謝料を請求する 選択肢の一つが、不倫・浮気の証拠を押さえて不倫相手に慰謝料を請求することです。 不倫相手への慰謝料請求は、離婚をしなくても可能です。 なお、 不貞行為の慰謝料の相場は、訴訟の場合50~300万円といわれており、婚姻期間や不貞行為の頻度、幼いお子さんがいるかどうかなどのさまざまな要因で左右されます。 ただし、直接交渉であれば、慰謝料の請求に特段の決まりはないため、相手が応じた金額を支払ってもらうことができます。 慰謝料の請求は、直接の話し合いでも可能ですし、弁護士を交えた交渉、あるいは、弁護士を代理人とした交渉、内容証明の送付などがあります。 慰謝料を請求して嫁 妻 と離婚する 選択肢の2つ目が、慰謝料を請求して嫁・妻と離婚することです。 離婚の手順は、お互いに話し合って行う協議離婚が一般的ですが、嫁・妻が応じない場合は、家庭裁判所に離婚調停を申し立てて、間に調停委員を挟んで協議することになります。 離婚調停でも、離婚が成立しない場合は、離婚訴訟を申し立てて、裁判官に判断を下してもらうことになります。 離婚をするメリットは、嫁・妻と別れることができる点です。 一方で、離婚のデメリットは多岐にわたります。 今まで築いてきた財産を家庭への貢献度に応じて、夫婦で公平に分配しなければなりませんし、非親権者となれば養育費を支払う必要があります。 また、男性は親権を得る際に不利になりやすいため、 離婚をお考えなら、早い段階で弁護士に相談をして、手を打っておきましょう。 浮気相手に慰謝料を請求して清算してから夫婦関係を改善する 不倫相手と話をしてきました。 不貞行為の事実を認め、謝罪の言葉と今後一切嫁には会わないこと、慰謝料を一括で支払うことで誓約書を書いて頂きました。 皆様のお陰で勇気を持って対応することができたので、感謝しかありません。 応援してくださった皆様ありがとうございます! — たま Er2J36FJhSm0QSF 不倫・浮気をした嫁・妻と夫婦関係を改善させたいと思っても、 まずすべきは不倫相手に慰謝料を請求し、不倫を清算することです。 しかし、不倫相手が仮に慰謝料を支払ったとしても、2人が水面下で交際を続ける可能性もゼロではありませんし、今更口約束で二度と会わないと言われても、当然信じることはできませんよね。 そこで、不倫相手と話し合い、慰謝料の支払いに合意した後に作成する示談書に、嫁・妻と二度と接触しないこと、示談内容に反した場合は、違約金が発生する旨などを明記して、再発防止策を講じましょう。 【関連記事】 不倫・浮気の証拠集めは探偵に依頼すべき4つの理由 いかなる決断を下すにせよ、不貞行為の証拠は必須です。 ただし、お伝えしたような不貞行為の証拠を押さえるのは簡単ではありません。 そこで依頼したいのが、浮気調査のプロである探偵です。 ここでは、浮気調査を探偵に依頼すべき理由をご紹介します。 自分で浮気調査を行うのは難しいから お伝えした通り、裁判でも有益な不貞行為の証拠は、嫁・妻と不倫相手がラブホテルに出入りする写真や動画です。 もちろん、ご自身で嫁・妻を尾行して、ラブホテルに出入りする瞬間を狙って証拠を押さえるのも不可能ではありません。 しかし、ご自身で行う浮気調査には次のようなデメリットがあります。 嫁・妻を尾行するテクニック・遠くからでも決定的な瞬間を逃さない撮影テクが必要• 目の前で自分の嫁・妻が知らない男性とラブホテルに入る瞬間を静観しなければならない• 証拠を押さえても、2人の顔が判別しにくい写真であれば、証拠としての価値も低くなる可能性がある• 嫁・妻が不倫する瞬間を狙うために、常に四六時中、行動を監視していなければならない 特に、自分の目の前で嫁・妻が知らない男性とラブホテルに出入りする瞬間を静観するのは、精神的にもつらい作業です。 慰謝料請求・離婚などに必要な精度の高い証拠を確実に押さえてくれるから 一方で、探偵に依頼すれば、前述したようなデメリットがありません。 浮気調査を生業にしている探偵は、特殊な訓練を積んでいるため、調査対象にバレる確率が低いです。 もちろん、調査対象者と面識がないという点もあります。 法的に有益な証拠のポイントを熟知した上で、特殊な機材を使用して決定的瞬間を押さえてくれるため、精度の高い証拠が期待できます。 実際に、探偵がクライアントに提出する調査報告書は次の通りです。 参考:原一探偵事務所 調査対象者が、何時何分にラブホテルに入ったのか、どの程度の時間利用したのか、2人の顔までばっちりわかる内容となっており、素人調査とは歴然の差があります。 あなたが仕事をしていても、しっかりとした証拠を押さえてくれますし、何より精神的な負担もいくらか軽減されます。 このような精度の高い証拠を得たいなら、探偵に依頼すべきです。 【関連記事】 嫁・妻に見つかった場合のリスクを回避できるから お伝えした通り、自分で行う浮気調査は、調査対象である嫁・妻に見つかる可能性があります。 面識のあるあなたが尾行をしても、お嫁さんに気づかれて関係が悪化したり、それ以降不倫の証拠を押さえるチャンスを失ったりするリスクまで生じてしまいます。 自分で尾行をして、その上で見つかる可能性があるのなら、探偵に依頼した方が、ローリスクかつ確実です。 不倫相手の素性まで押さえることができるから 話し合いや、内容証明・訴状の送付には、不倫相手の素性まで把握しておかなければなりません。 また、相手に家族がいるかどうかによっても、今後の交渉の仕方が変わってきますよね。 ご自身で相手の素性、住所・家族構成などまで把握できるのであれば別ですが、普通は知らない相手の名前や住所を調べることはできない場合がほとんどでしょう。 探偵に依頼することで、不倫の事実だけでなく、相手の素性・住所など、欠かせない情報を得ることができます。 嫁 妻 の不倫・浮気後に嫁とやり直す方法・心構え 嫁・妻の不倫・浮気を目の当たりにしても、そう簡単に別れることができないこともありますよね。 お子さんのこと、相手への気持ち、もう一度信じてみたいといった方もいるかもしれません。 ここでは、嫁・妻の不倫・浮気後に嫁と再構築を目指す方に向けて、やり直す方法をご紹介します。 言葉に出して伝える・コミュニケーションを取る 再構築 夫婦関係を修復する意 を開始するとなると、あなたはきっと数々のフラッシュバックに苛まれてしまうかもしれません。 嫁さんを責め立てたくなるかもしれません。 もし不安を感じているのであれば、素直に言葉に出して、自分のつらさを理解してもらえるような訓練をしなければなりません。 再構築で、嫁さんを責め立てる行為は、分かり合うための喧嘩とは違い、相手の粗を探すだけの作業になり、無益です。 再構築後は、「言葉にしなくてもわかっているだろう」と考えず、言葉に出して伝えること、コミュニケーションを取ること、感謝を伝えることを意識していきましょう。 きっと奥さんも、あなたからかけられる言葉や、あなたの考えを知りたいと思っているはずです。 不倫に関して不安なら誓約書を書いてもらう もし嫁・妻が再度不倫をするのではないかと不安なら、誓約書を書いてもらうことで少し安心できるかもしれません。 誓約書には• 不倫の事実を認めて謝罪すること• 男性との関係を清算し、今後一切接触しないこと• 夫以外の男性と密会をしないこと• これらに反した場合は、夫の申し出により離婚協議を開始できること などを明記しておきましょう。 裏切った相手を信じるのは難しいことです。 しかし、私たちは相手が発している言葉を信じるしかありません。 家庭内の仕事は2人のプロジェクトだと考える 家庭内の仕事を奥さんにだけ任せれば、やはり不満をためやすくなってしまいます。 あなたも仕事で疲れていたり、一人の時間や何もしない時間が欲しいと感じたりすることもあるかもしれませんが、家庭内の仕事は2人のプロジェクトだと考えて、主体的に行動しましょう。 もし、家事を減らしたいのであれば、機械化するなどして、2人の負担を減らす工夫をするのも一つの方法です。 嫁 妻 を女性として扱う 欠かせないのが、嫁・妻を女性として扱うことです。 ピグマリオン効果やホーソン効果といった心理学的な効果は聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。 簡単に説明すれば、相手に期待をかけるような発言をすることで、相手のモチベーションが上がったり、生産性が向上したりする効果のことです。 あなたが奥さんを褒めれば褒めるほど、素晴らしい女性でいるように努力する可能性があるでしょう。 逆に、奥さんをけなせば、綺麗でいようという気持ちを奪ってしまうことになります。 身だしなみに気を使う 奥さんを褒めるのと同時に、あなた自身が魅力をアップさせるように努力することも大切です。 身だしなみに気を使うだけでも全然違います。 あなたが努力することで、奥さんも危機感を覚えて、お互いに魅力的な異性でいられるかもしれません。 セックスレスを解消する お互いにコミュニケーションを取る回数を増やして、抵抗がなくなったら、セックスレスを解消しましょう。 不倫や浮気から、夫婦が元に戻ったとしても、セックスへのハードルはかなり高いものがあります。 男性は精神的なトラウマが原因で、セックスへの意欲を失ってしまう方もいるかもしれません。 抵抗があるかもしれませんが、夫婦のセックスレスが解消できないのであれば、専門家である夫婦カウンセラーに相談してみるのも一つの方法です。 今まで絶たれてしまっていたセックスをするというのも難しいでしょうから、まずは手を繋ぐ、抱きしめるといったコミュニケーションから始めてみてもよいかもしれません。 ここでは、再構築を目指す方へ向けて、心構えをご紹介しました。 最初はなかなか思うようにいかないかもしれませんが、奥さんのことを考えて行動してくれる旦那さんを奥さんは嫌いにはなれないでしょう。 ただ、相手はわかってくれるだろうと期待をかけすぎると、思うようにいかないこともあります。 見返りがないものとして、それでも嫁・妻といたいのか、改めて考えてみてもよいでしょう。 夫婦という器を不倫という衝撃で粉々に壊された。 もう 元のツルッとした綺麗な器には戻らない。 新たな思い出を作り接着剤として1つ1つ欠片を拾い繋ぎ合わせていく。 試行錯誤しながら… 時間はかかるけど、きっと味のある器 夫婦 になると思う。 繋ぎ目に金を施して金継ぎのようにして… — 姫夜叉 yamisakinokibou まとめ この記事では、嫁・妻の不倫について、旦那さんであるあなたがすべき行動・避けるべき行動や、あなたが取れる選択肢などについて解説しました。 嫁・妻の不倫は、筆舌に尽くしがたいつらい体験です。 自分が悪かったのだと自責すれば、心を病むことになります。 また、再構築はかなり茨の道です。 自分たちの未来のために不倫を許すという気持ちで挑まなければなりません。 しかし、まずはチャレンジをしてみて、やはり無理ならそのとき違う道を探すのでも遅くはないでしょう。 いずれにしても、不貞行為の証拠は必須です。 しっかりと証拠を押さえ、あなたが思った通りの選択ができることを祈っています。

次の

浮気・不倫

嫁 浮気

誰もいないのかな、一応書いた方がいいと思うから書いておく。 600万。 理由は昔買った時計とかの支払いをサボってた。 嫁は初婚。 【逃げられ男にならないための八ヶ条】 1. 嫁の無言を許容だと思うな 2. 怒りを小出しにしないタイプが怒った時は終わりの時 3. 自分の親は嫁にとっては他人、むしろお互い敵同士 4. 「悪意はない」を絶対に免罪符にするな 5. 嫁の愚痴は貴重な情報収集の場だと思え 6. 産前産後の嫁は野生動物、手厚く保護しろ 7. 終わった事、済んだ事と思っているのは夫だけ 8. 釣った魚にも餌は必要、やらないと愛が餓死する 補足として、嫁の産後の時の両親の訪問は核弾頭を投げ込む行為と思え。 上記に該当しそうな場合は、即刻嫁に今後の話し合いを求めてみるのも手。 ただし、それで更なる嫁地雷を踏む可能性. もあるのでくれぐれも慎重に。 【心に残る名言集】 ・ 過去の恋愛を、男は名前を付けて保存、女は上書き保存 ・ 男は臭いものに蓋、女は臭いにおいは元から絶つ または、男は対症療法、女は根絶治療 ・ 男の「許す」は心のコップに貯まった水をすべて捨てる、 女の「許す」はコップのふちを盛り上げて心の許容量を増やす 【浮気したけど離婚したくない相談者へ】 「嫁の傷付いた心を癒し、嫁からの信頼を一瞬で取り戻す」 そんな魔法の呪文は存在しない。 例え許すと嫁が口に出したとしても、許す事なんてできないだろう。 ただ、コップのフチを盛り上げて、乗り越えてくれるかどうかだけだ。 嫁が離婚せず戻ってきてくれた=許してくれた と思った時点で お前は再度捨てられ街道まっしぐらだ。 嫁が普段どおりに接してくれていたとしても、 嫁の心の奥底に、黒々とした鉛を抱かせていることを忘れるな。 浮気した側とされた側では、時間の起点が違う。 嫁が戻ってきたからこの件は終わりーとか、甘い事考えるな。 嫁は夫の不倫を知った時点から、終わりのない苦しみが続いていくんだから。 時として苦しみが頭をもたげ、欝や情緒不安定に陥ったりお前を責める事もある。 終わった事を愚痴愚痴と…と言ったら、その時点で嫁は絶望。 ここも再度捨てられのポイントだ。 軽い気持ちだろうが何だろうが、浮気は愛する嫁をここまで苦しめる。 だが忘れるな、その行為の裏で惨めな事をしている自分に泣いている嫁が居るんだ。 それらを踏まえた上で言う。 どうしても離婚したくないなら、嫁の信頼を取り戻す努力をしろ。 浮気されたのを知った時点で、信頼はゼロではなくマイナスになったんだからな。 ただし、これから先に無限に続く苦しみを、嫁が選択してくれるかどうかは解らない。 苦しみを背負わされる嫁本人が離婚希望なら、それに応じてやれ。 お前はそれだけの事をしたのだから。 逆に、嫁が別れない選択をしてくれたなら 嫁の気持ちに心底感謝して、今後二度と嫁を傷つけるような行為はするな。 それを踏まえた上で、以下のスレへ移動してください。 掃除は掃除機がやってくれるし、洗濯なんて洗濯機の中に入れるだけだろ?」 ・「家事なんて必要に迫られれば覚える。

次の