足の臭い 食事。 足の臭いに影響する食べ物と消す方法

食事と足の臭い

足の臭い 食事

足の臭いの原因とは何か 男性で足のにおいが気になる人は非常に多いとされていますが、女性でも足の臭いを気にしている人は多いようです。 どちらの場合にも、通気性の悪い靴を履いていたり足の裏に汗をかいてもそのままにしている事で靴の中で菌が繁殖してしまい、非常にきつい臭いとなってしまいます。 「みんなにおいに気づいてるかな・・・」「飲み会の席でお座敷だったらどうしよう・・・」「靴からもにおいが出てるだろうな・・・」と不安になりますよね。。。 靴を脱いだ瞬間だけで、すぐに臭いが消えてしまうのであれば良いのですが、歩いた場所がわかってしまうほど強烈なにおいが発生してしまう人も中にはいます。 また、中には自分自身では気が付かない人もいますから、少しでも自分の足のにおいが気になった場合には、 足の臭い対策を取り入れなければいけません。 足の臭いの原因を知っておかないと間違った足の臭い対策法を取ってしまう事になりますから、 なぜ足が臭くなってしまうのかを知っておくことが大切です。 足に汗をかくことで、汗の中に含まれているミネラル分や足に付着しているたんぱく質が菌の餌となり、菌が繁殖してしまう事で、臭いが発生してしまうのです。 菌は、じめじめとした場所が餌の宝庫となります。 足に汗をあまりかかない人は、臭いが発生してしまう事はほとんどありません。 汗をかいても頻繁に汗を拭きとったり殺菌をして清潔な状態であれは、菌が繁殖してしまう事はありません。 毎日同じ靴を履いていて汗で湿っている状態であったり、殺菌を行わないような状態で更に汗をかいてしまうと、普段よりも強い臭いが発生してしまいますので注意してください。 足の臭いを抑えるには、 うまくデオドラントグッズを使ったり洗浄をして頻繁に殺菌を行いながら、汗に菌が繁殖してしまわないようにすることが、足の臭い対策法として大切な事となります。 足の臭い対策を考える 足の臭い対策グッズとして取り入れる事が多いのがドラックストアなどで売っているデオドラントスプレーですが、デオドラントスプレーひとつだけで臭いが消えるわけではありません。 一瞬の臭い消しに使うことは可能となりますが、根本的な原因を排除することができる方法ではありませんから、これだけでは足のにおい対策としては不十分となります。 足のにおいを気にしている人はなんらかの方法を試したことがあると思いますが、 足の臭い対策を取り入れても、臭いがなかなか消えない人もいます。 ですが、足の環境を整える事ができれば、対策を取り入れやすくなりますから、下記のいろいろな対策法を参考にしていただければと思います。 デオドラント剤で足の臭いを消す方法 足の臭い対策として、デオドラントスプレーを足に直接吹きかけて殺菌をしたり香り付けを行い、足の臭いを軽減させるという方法があります。 足の臭いがとれないという人は、こういったグッズなどを併用すると良いです。 においを消すデオドラント剤は、ワキに使用するタイプの物もありますが、足専用の物もあります。 クリームタイプの物や ロールタイプの物、 パウダータイプの物と幅広い種類があります。 デオドラント剤を使うことで足にある汗腺をふさぎ、 汗を出にくくするタイプの物もあります。 殺菌ができる足の臭い対策グッズ 足の臭いの原因は、菌が繁殖してしまっている事が原因となりますから、 菌が繁殖しないような状態を作れば足の臭い対策につながります。 臭いを抑えるには、殺菌効果があるデオドラントスプレーを足の吹きかける事も良いですし、殺菌クリームをつける事も良いでしょう。 頻繁にアルコール消毒ができるタイプのウェットティッシュで足の指までふき取ることも足のにおい対策には効果的ですし、 殺菌効果があるとされている「ミョウバン水」を足に吹きかける事も効果があるとされています。 最近では抗菌作用がある靴下や靴なども販売されていますから、そのようなグッズを利用して菌が繁殖しないようにする事も良いでしょう。 殺菌ができる商品はたくさんありますが、方法によって足の臭い対策の効果には違いが生じてきますから、 できるだけ高い効果を得る事ができる対策グッズを選ぶようにすることが大切です。 様々な方法を試しながら、足の臭いの状態を確認すると良いでしょう。 足の臭い用のデオドラント剤を使う際の注意点 種類によって効果には違いがありますが、 使用する時の注意点として、必ず足が綺麗な状態になってからデオドラント剤を使う事が大切となります。 臭いがきつくなっている足に香り付きのデオドラント剤を使うと、きつい臭いとデオドラント剤の匂いが混ざってしまい、更にひどいにおいを放ってしまう事があるのです。 そして、使用したデオドラント剤は、その日のうちに綺麗に洗い流すことも大切です。 デオドラント剤を上乗りしてしまうと皮膚がダメージを受けてしまいますし、殺菌作用が強くなりすぎてしまう事で菌が増殖しようと反発し、更に強い臭いを放ってしまうとされています。 足の臭い対策として デオドラント剤を使う場合には、出かける前の綺麗な足か、ウェットティッシュなどで菌や汚れや汗などを拭きとった後に使用することで、足の臭いを除去し臭いを発生しにくい状態を作り出すことができるのです。 靴や靴下のお手入れで足の臭い対策をする 足の臭い対策法として、靴や靴下を綺麗に保つことができるだけでも非常に効果があります。 足の菌は靴下や靴の中で発生してしまいます。 靴は、出来るだけ頻繁に洗う事が好ましいのですが、革靴であったりブーツなどはなかなか洗う事ができない物もあります。 ですので、毎日同じ靴を履くのではなく、靴は日ごとに変え、その日に履いた靴に染み込んだ汗をしっかりと乾かして殺菌させるようにしましょう。 臭いを抑えるには、 日に干すだけでも十分な殺菌効果がありますから、毎日同じ靴を続けて履かないようにすることが大切です。 靴の中に十円玉を忍ばせておき、銅の力で殺菌作用を高めるという方法もありますが、足も靴も靴下も綺麗にしておくことが一番大切です。 ですので、足の臭いがとれないという人は、足のお手入れだけで満足してしまうのではなく、足裏に触れるものすべてを綺麗にしておくようにしましょう。 足の臭いがとれない人は、素足で靴を履くことはやめましょう。 食事の改善により足の臭い対策をする 足に汗をかきやすくなってしまうとそれだけ菌が繁殖しやすくなってしまうのですが、夏場は汗をかくことが多いため汗自体がサラサラである場合が多く、菌が発生しにくいと言われています。 ですが、冬場はちょっとした汗の中にも老廃物が多く含まれている事が多く、その分菌が繁殖しやすくなってしまいますから冬場の汗には注意が必要となります。 そのため、足の汗も冬場に強烈な臭いを放つ人や足の臭いが消えない人が多いとされていますから気を付けましょう。 汗の質を変える事も足の臭い対策に効果的なので、普段の食事を見直してサラサラな汗を作り出す事も良いでしょう。 サラサラな汗になることで、足に汗をかいたとしても臭いの発生を抑える事ができますので改善してみましょう。 臭う汗の原因になる食べ物 食事の内容によって汗の質は変わります。 そういった人は、足に汗をかいたとしても菌が発生しにくく、臭いが発生してしまう事が少ないとされています。 肉やアルコールなどを良く摂取する人の場合、汗の中にミネラル分が含まれており、汗が乾いた後もべたつきが出やすい状態となってしまいます。 そのミネラル分が菌の餌となり、足のにおいにつながってしまうのです。 食事の改善を取り入れる事で、足の臭い対策につながる人は非常に多いとされています。 今まで肉食であった人が野菜中心の食生活に切り替えるだけで、足に汗をかいたとしても臭いが発生しなくなることが多いとされています。 肉ばかりを食べるような食生活を改善してみると良いでしょう。 アルコールを飲んだ翌日は、ほとんどの人の汗の質が悪くなってしまうとされていますから、アルコールもできるだけ控え、汗の質が良くなるようにしましょう。 歳を重ねる事でも汗の質は悪くなるとされています。 若い世代の時には足の臭いが気にならなかった人でも、歳と共に足の臭いが気になってくる人も多いようです。 歳と共に食事の内容を見直す事もおすすめしす。 清潔を保ち足の臭い対策をする 足のにおい対策法で一番重要なのは、足を清潔に保つことです。 できるかぎり足を綺麗に保つことができる様にしましょう。 毎日お風呂に入ってその日の汚れをしっかりと除去し、綺麗な状態を保っておかないと、菌が繁殖しやすい状態となってしまいます。 濡れたままの状態でいる時間をさけ、入浴後はすぐにふき取り、しっかりと乾かしましょう。 まず、しっかり洗って臭いを消す 足の臭いがとれないという人の場合、入浴して軽く洗っただけではすべての菌を取り除くことはできません。 角質を落とすように、足の指の間までしっかりと洗う事は非常に大切です。 古い角質が足が臭くなる原因の一つのでもあります。 ディーソープではなく、 薬用石鹸などの殺菌作用が高い洗浄剤を利用して、足を綺麗に洗う事が大切です。 足の爪が伸びていると足の爪の中に菌が溜まったままになってしまい、菌が繁殖しやすい状況を作ってしまっている場合があります。 ですので、足の爪は短く切り、綺麗な足を保つことができる様にしましょう。 におい対策グッズを使用して、足を清潔に保つ方法もおすすめです。 足の指まで1本ずつ洗う事を面倒に感じる人の場合には、足を洗う事ができマットを利用してみると良いでしょう。 マットの上で足を動かすだけで簡単に足を洗う事ができるアイテムがありますから、チェックして見ると良いでしょう。 汗をかかない状態を作ることも足の臭い対策に繋がるので、職場にいる時には通気性の良いサンダルタイプの靴に履き替える事も良いですし、椅子に座っている時には靴を脱いで汗をかかないようにする事でも清潔を保つことができます。 翌日まで汗や菌を残さないように! 足の洗浄が不十分であると足に付着している菌を除去しきれず、翌日にも菌が発生しやすくなってします。 足のにおい対策として、その日の汚れはその日のうちに除去し、臭いを翌日に持ち越さないようにすることが大切となります。 その日に履いた靴はしっかりと乾かすことが大切ですし、足を綺麗に洗った後も菌が繁殖しないようにミョウバン水を足に吹きかけて殺菌を行ったり、靴下を履く前には必ずアルコール消毒などを取り入れるなどを行うと良いでしょう。 子供の足のにおい対策は? 子どもでも足の臭い対策を取り入れなければいけないような場合もあります。 子どもでも足に汗をかいてしまう事で、強い匂いが発生してしまっている場合もあります。 子どもの場合は皮膚が弱い場合が多いため、頻繁にアルコール消毒を取り入れたりデオドラント剤を利用すると、皮膚にダメージが出やすくなってしまいます。 できるだけ肌に優しく安全である足の臭い対策を取り入れる事が大切です。 ミョウバン水は食べ物としても利用することができる物ですから、子どもでも安心して使えるおすすめの方法となります。 子どもの場合、靴を毎日履き替えたり通気性の良い靴に変えるだけでも非常に高い効果を得る事ができるとされていますから試してみましょう。 急に足の臭い対策をしなくてはいけない時のために 靴を脱がなければ足のにおいは人に伝わることがない場合が多いのですが、急に靴を脱がなければいけない状況と遭遇してしまう事も度々あると思います。 人の家に上がらなければいけなくなってしまった時や飲み会で靴を脱ぐ席に案内されてしまう事もあるでしょうし、新しい靴を新調するのに、靴を脱いで試着をする場合もあるでしょう。 朝、足の臭い対策を行ってから靴を履いたとしても、1日中履いていた靴の中は蒸れてしまっている事が多く、すでに効果がなくなっており、臭いが発生してしまっている事が多いとされています。 臭いを除去するグッズを持ち歩こう そんな時には対処法として、 アルコールが入っているタイプのウェットティッシュと新しい靴下を常に鞄に忍ばせて置き、靴を脱がなければいけない状況になってしまった時には 応急処置として、足をふき取ったり靴下を変えるなどの足の臭い対策を取り入れましょう。 コンビニのトイレなどを利用すれば、人の家に上がる前にでも対策を取ることができますし、飲み会の席に着く前にトイレで足を殺菌することも可能です。 全ての菌を除去することができなくても、非常に強い匂いを放ってしまうような状況ではなくなりますから、人から匂いを指摘されてしまったり嫌な思いをさせてしまう事はありません。 急に靴を脱がなければいけない状況になった時に、足のふき取りを行わずデオドラントスプレーだけを吹きかけるような人も中にはいるのですが、においを一度取り除かないと臭いはすぐに発生してしまいます。 足の臭い対策で注意する事 どんなに足の臭い対策法を取り入れても足の臭いが消えない人の場合、ストレスが原因となってしまっている場合があります。 仕事をしている人の場合、ストレスが溜まりやすい状態となってしまっている人が多く、 ストレスが原因で汗の質が悪くなり、足が臭くなってしまっている人もいます。 自分自身ではストレスが溜まってしまっている事に気が付いていない人もいるため、足の臭いの原因がストレスであるとわかっていない事も多いとされています。 足の臭い対策として、ストレス解消を取り入れる事で足の臭いが軽減する人もいますから、ストレス解消法を身に着けておくことも大切となります。 足の臭いは自分自身の匂いであるため、自分では気が付いていない人も多いとされています。 恋人や友人に足の臭いを指摘されてしまう事で気が付く場合もあります。 自分で気が付いていないわけですから、足のにおい対策に効果が出ているかどうかもわかりにくくなってしまうのですが、洗濯をした靴下がパリパリになってしまっているような場合には、足に臭いが発生してしまっていると考えましょう。 白い靴下を履くと、黄ばんでしまうような人やわきがである人も足の臭いには注意が必要となります。 足の臭いをとる方法をしっかり行わなければそれだけ強い臭いが発生してしまいますから、どんな方法でも取り入れる事が大切です。 意識しなければ人に不快な思いをさせてしまう事になりますから、人に気づかれてしまう前のお手入れが大切となります。

次の

足の臭いに影響する食べ物と消す方法

足の臭い 食事

足が臭い そうなんです。 最近どうも足が臭いのが悩みでした。 南方です。 これはどうにかしないといけないと思い立ち上がりました。 体質だったらあきらめないといけないかとかいろいろ考えましたが、絶対に改善するんだと孤軍奮闘し足の臭いと戦いました。 見事僕の足は無臭な姿へとなることができ、いつ何時でも靴を脱ぐことができるようになりました。 やっぱり座敷のお店で食事するときなんかもそうですが、人のお家にお邪魔するときも気になりますからね。 足が臭いと嫌われてしまいます。 足が臭くなる原因• 足の臭いを根治させる方法• すぐ靴を脱がないといけないときに、一瞬で足の臭いを消す方法 この3つを掘り下げていきます! MEMO 僕自身も原因は• 普段よく履く靴• もこもこしたスリッパ が原因でした。 ストレスや食事も足の臭いの原因 これはもうしょうがないなって感じですが、僕は手足が汗をかきやすい体質で緊張したり辛いもののような発汗作用がある食べ物がかなり汗を促しました。 しかし実は汗に臭いの原因は含まれていないんです。 なんでも汗をかいたままで過ごすと、菌が繁殖しやすくそこから臭いの原因が出てくるんです。 詳しい原因がわかったので、次の項目で具体的な足の臭いを治す方法を書いていきます。 足の臭いを治す具体的な改善方法 足が臭い原因が以外と少ないことがわかったと思います。 それがわかればあとは上にかいた2つの原因に対処するだけです。 靴を対処する• 天日干し・日陰干し 普通のスニーカーなら水洗いをしてください。 革靴やブーツのような水洗いできないものは外でしっかり干しましょう。 日差しで傷むような革靴は日陰で充分です。 注意靴はムリでも靴下なら、そこまで高くないので買いなおした方が早いです。 足の臭いを治すお風呂の入り方 原因を排除していったら、ここからが1番肝心な、足の臭いを取り除いていくお風呂の入り方です。 この方法をやっていけば足の臭いは、しっかりと治っていきます。 足の臭いを治す洗い方 まず、しっかり湯船に入って足を温めましょう。 もしシャワーだけの人は足を洗う前に桶なんかを使って温めてください。 足をしっかりお湯につけることによって汚れも浮いてきますし殺菌作用もあります。 次に、お湯で温めた後はしっかりと泡立てた石鹸をつけていきます。 全体に泡をつけて馴染ませた後に指の間を重点的に洗います。 また爪の間にも垢や埃が詰まりやすいので取り除いてください。 最後に、シャワーでしっかりと泡を洗い流してください。 足の臭いを消すオススメ商品 足の臭いを消すことに特化した商品がたくさんあります。 早くスピーディーに治したい方やかなり深刻に悩んでいる人は参考にしてください。 ノーノースメル 『ノーノースメル』は足の臭いを消すために作られた商品です。 当然臭い足にも効果は抜群でした。 とくに私の場合は安全靴+長時間立ちっぱなしだったので定期的に足が臭くなっていました。 ですが、1年に1度安全靴と靴下を買い換える+ノーノースメルを使う、で一切足の臭いはしなくなりました。 今までお風呂から上がっても「やっぱちょっと足が臭うな・・・」ってことで洗いなおしていました。 それがノーノースメルを使うことによってかなり改善されました。 彼女にも確認してもらっているので間違いありません。 足が発酵したような臭い(なんか納豆みたいな臭い)はイソ吉草酸というのが原因です。 これは名前通り酸性なのでアルカリ性の物を使えば中和できます。 重曹は弱アルカリ性なので足の臭いをとるのに最適といえます。 ただ掃除に使う用な重曹は別の成分も入っていて、肌が荒れるかもしれないので買う前にしっかり成分表を確認しましょう。 食用のものなんかもありますから口の中に入れる物なら肌は荒れません。 そして肝心な重曹をどうやって使うかなんですが足にふりかけてゴシゴシ洗うのもいんですが、やっぱりムラが出てしまいうまく重曹が浸透しません。 なので桶にお湯を張り重曹を入れて足湯の用に使うことをオススメします。 入れる量は目分量で平気です。 あとは10分くらい浸してしっかりお湯で流してください。 ミョウバン ミョウバンにも重曹と同じ用な中和作用があります。 しかしミョウバンは重曹とは真逆の酸性なのでさっき書いた納豆っぽい臭いには効果がありません。 なので重曹で効果がない人はミョウバンを試してみるといいかもしれません。 水で溶かして100均なんかで売っているスプレーに入れればお手製の消臭スプレーとしても使えます。 石鹸・クリーム 石鹸やクリームにも臭いに特化したものが多く存在しています。 ワキガや汗の臭いに効くのもあるので身体にそのまま使うこともできます。 また勿体ないなぁなんて人は身体は普通のボディソープを使い足だけ石鹸を使うのも節約できていいかもしれません。 クリームにも菌を防ぐものがあるので寝る前なんかに塗れば寝てる間に布団で蒸れて菌が繁殖していくのを抑えてくれるのでオススメです。 靴・靴下 靴や靴下は通気性に優れたものがオススメです。 仕事なんかでお決まりになりやすい靴を、この機会に買い換えるのはどうでしょうか? またスーツで革靴を履かなければいけない人は消臭機能がついている、中敷きを使ったものもあるので探してみてください。 市販の靴用消臭剤なんかも安く手に入ります。 また銅には消臭機能もあるので10円玉を放り込んでおくのもいいかもしれません。 あと雨などで濡れてしまっで次の日までに乾かしたいなんて人は新聞紙を丸めて入れておくだけでしっかりと乾いてくれます。 おすすめ商品まとめ いろいろ紹介しましたが、足が臭い状態で履いていた靴と靴下を処理したら、あとはノーノースメルを塗っておけば足の臭いは大丈夫です。 重曹やミョウバンももちろん効果はあるんですが、めんどくさいんですよね。 それなら足の臭いのために開発された商品を使ったほうが早いです。 15日間の返金保証もありますし、ぜひ1度公式サイトで確認されてみてください。 足の臭いを消して、もしかして臭いって思われているかも・・・という生活からぜひ抜け出してください。 僕も飲みに行くときは和な感じのお店が多いので、靴を脱がなければなりません。 最悪誰かに足臭容疑をなすりつけなければと思っていたんですが、調べてみると一瞬で足の臭いを取る方法があるではないですか なのでその方法を書いていきます。 除菌シート まずはトイレか何かに逃げ込みましょう。 そこで素足になり除菌シートで丁寧に拭いてください。 全体的に拭くのはもちろん指の間、爪の間なんかもしっかり拭いてください。 ここはお風呂での洗い方と一緒ですね。 足用消臭スプレー キレイに拭いたら足用の消臭スプレーをふりかけるとさらに安心できます。 これもササッというより汗のかきやすい指の股なんかにしっかり噴いていきましょう。 靴下 ストッキング を履き替える せっかく足をキレイに拭いても臭い靴下を履いてしまうとまた臭いが復活してきてしまいます。 なので替えの靴下を持って行っておきましょう。 女性の方はストッキングやレギンスもですね。 除菌シートでキレイに拭いてスプレーを噴きかけたら しっかりと乾かしてから履いてくださいここまで徹底すれば足が臭くなることはありません。 しかし注意しなければならないのはこれで根治したわけじゃないんです。 しっかりと上に書いた方法を実践して足が臭いのを治してください。 まとめ 今回は足が臭いのを治すための記事でした。 僕もかなり悩んでいたんですが上記に書いてあることを実践すればしっかり治すことができました。 足の臭いを消すためのオススメ商品もたくさんあるので参考にしてください。 男女両方ともに効果がある方法なので悩んでいる人はぜひ試してみましょう。

次の

足が臭い人の特徴&臭いの原因4つ!対策方法や殺菌・消臭アイテムを紹介

足の臭い 食事

「知って得するインソールの豆知識」第4回は、足の臭い対策についてと毎日の食事が足の臭いに影響を与えるのか、与えるとしたらどのような影響なのか?という内容について見ていきたいと思います。 回答者の皆様は特にアシートや中敷きユーザーに限ったわけではなく、それらを含めたごく一般の方々が対象です。 従来より定評のある手法を5つ挙げ、行っている対策を複数回答可で選んでもらいました。 まず消臭スプレーが一番多く、全体の43%を占めます。 これは靴に限らず家庭用消臭スプレーは最近競争が激しく新製品が続々と出ていますので、手軽に使えて効果も高いという理由でしょう。 芳香するタイプのスプレーは足の臭いと混ざって違う臭いの原因になってしまうため、無香性のスプレーを使いたいところです。 次に多いのは天日干しとなり、乾燥させることで繁殖した雑菌の増殖を食い止め、さらには太陽光で紫外線殺菌もできます。 昨今の酷暑・猛暑では1時間も干せば雑菌には相当なダメージを与えることができるのではないでしょうか? 次は「同じ靴を履かない」ということでこれはちょっと毛色の違う対策と言えるでしょう。 臭っている靴への対処ではなく臭わないような靴の運用ということで、コストさえ許せばお手軽で効果も高いですね。 玄関や下駄箱に置いておくだけでも、一晩だけでなく丸1日乾燥させることができれば、靴の水分量のアベレージは随分と抑えられるのではないでしょうか? また靴をローテーションさせることは臭い対策だけでなく、靴そのものの長持ちの秘訣でもあります。 その他「10円玉を入れる」「ミョウバン水」とありますが、10円玉については銅イオンの関係でバクテリア・雑菌の増殖を抑止するということですが、キッチンのシンクの水切りカゴが銅でできている場合があるように、一定の効果があるようですね。 人によっては片足に数枚?入れたりするそうですが・・・ 走ると土踏まずのあたりから飛び出さないか心配です。 こちらも定評があると思われる手法をこちらで挙げ、行っている対策を複数回答可で選んでもらいました。 こちらは票がほぼ3つに分かれた靴の対策とは違い、ダントツで足を「良く洗う」という回答が多かったです。 全体の半分強の得票数となります。 これはちょっと意外でしたが、単独で足を洗うのは手間がかかりますが、お風呂の際に足を良く洗えばそれほど面倒でもないですね! 次に多いのは「液体・スプレー」となりますが、これはその次の「クリーム」と同種とみなすことができ、足に直接何らかのケミカル類を塗布するということになります。 足の臭い対策としては中敷きに比較してより直接的な臭いの発生源に何らかの作用をさせるということで、中敷きと同様かそれ以上にポピュラーな方法と言えます。 スプレー・クリーム類に続くのは「角質ケア」「足湯」となります。 少数派ではありますが、それぞれ割合としては12%、7%と一定数は得票しています。 これらは細菌のエサとなる古い角質を除去し、保湿することによって、臭いの繁殖の土壌を断つということで、論理的なやりかたと言えるでしょう。 まず下の円グラフが回答者419名の「食事によって足の臭いは変わるか」の問いに対する答えの内訳です。 ほとんどの方、9割近くが食事によって足の臭いは変わらないと答えており、ある意味安心?しますが、変わると実感している12%(51名)の方の意見を下で見ていきましょう。 まず予想通りと言いますか、肉食の翌日は足の臭いがきつい、という意見が多数あり、これは多くの人が実感していることでしょう。 次に多いのがニンニクに関してですが、ニンニクは口臭のイメージが強いのですが、足の臭いもそうなのですね。 用心したいものです。 以下脂っこい食べ物も同様に多かったです。 意外な食べ物としてはラーメン、チーズ、芋焼酎と言ったものを挙げる方もいました。 その他として「冷たいものばかり飲むと臭い」(女性)や「パセリを食べた時」(男性)というものもありましたが、実はパセリには消臭成分であるクロロフィルが含まれているはずなんですが、人により相性もあるのでしょうか。 共通しているのは足の臭いがきつくなると体臭も同様にきついということのようです。 人により口臭もリンクするようで、なんとか臭いを抑える方向で努力してみたいものです。 逆に臭いを抑える食事としては「野菜を中心に食べた方が臭いがなくなると思います」(女性)や、「野菜や魚料理の翌日は臭いを感じないと思います」(男性)、「野菜を多く採ると臭いが少ない」(男性)というように、肉食の反対である野菜中心の食事で臭いが抑えられる証言がいくつかありますが、圧倒的意見というわけではないようです。 その他の意見として「動物性蛋白質を避けるようになって臭いが薄くなった」(男性)という声もあります。 動物性蛋白質とは肉に限らず、魚、牛乳、卵などになります。 下に、参考までにコメント中に現れたキーワードをカウントしたものをグラフにしてみました。 体臭に関して言及するコメントも多かったですね。 臭いの気になる月を複数回答可にて選択してもらいました。 419名の方に平均4. 2か月を選択してもらっています。 まず夏に大きなピークがあり、徐々に秋にかけ減り、冬にも小さいピークがあるようです。 夏は7月、8月に比べると9月がガクッと落ちますが、筆者の感覚では最近の9月は8月並に暑いため、若干意外な印象です。 6月が真夏並なのはやはり梅雨ですね。 夏のピークの半分以下ではありますが、冬にもちょっとした盛り上がりがあります。 冬は冬で厚着をして足にもブーツなどを履くため、蒸れて臭いが発生しやすいということだと思われます。 人により違いがあるようですが、統計的にはやはり臭いの本番は冬より真夏ということになります。 実は入社・入学シーズンの4月、5月あたりも票が集まるかなと思っていましたが、そうでもないようです。 アンケート項目には限りがあり、実際にみなさんの行っている臭い対策は多岐に渡ると予想されますが、定番と思われるものに絞って多数決のような形で募ってみました。 このような形ではありますが、400名以上の統計情報となりますとそれなりに参考になる部分があると思います。 アシートでは定期的に(ほぼ2か月に一度)アンケートを募集しておりますので、ぜひご協力のほどよろしくお願い致します。 カテゴリー タグ, , , , , , , , , , 投稿ナビゲーション.

次の