大島椿 ヘア カラー トリートメント。 大島椿ヘアカラートリートメントを使ってみました。お試しレポート♪。

大島椿 ヘアカラートリートメントの評判・口コミ!効果、副作用、成分は?

大島椿 ヘア カラー トリートメント

3つの美髪成分が髪にうるおいとつやを与え、ハリ・コシのある髪に導きます。 シャンプー後のトリートメントとして使うたび、徐々に染まります。 使用開始後、連続使用で5回程度が仕上がりの目安です。 ツバキセラミドが髪のダメージを補修し、椿油がキューティクルの損傷を防ぎます。 また、椿油が必要な水分をキープしながら、髪1本1本をなめらかに整え、しっとりまとまる艶やかな髪に導きます。 カラーリングしている時も、髪を弱酸性に保ちます。 白髪染めのツンとしたにおいがなく、無香料なので、快適にカラーリングをしていただけます。 黒髪、濃い髪の色を明るい色にすることはできません。 【使用方法】 ・シャンプー後、タオルで髪の水気をよく切り、適量を付属のブラシで髪によくなじませます。 【セット詳細】 専用ブラシ 【成分】 水、ミリスチルアルコール、DPG、ジメチルステアラミン、カメリア種子油、ベヘニルアルコール、ツバキ種子エキス、加水分解シルク、白金、炭酸水素Na、シア脂、アジピン酸ジイソブチル、ミリスチン酸、ヘキシルデカノール、ココイルアルギニンエチルPCA、フェノキシエタノール、イソステアリン酸PG、乳酸、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、HC黄4、HC青2、塩基性青99 【注意事項】 ・傷・はれもの・湿疹等、異常のある時はご使用をおやめください。 ・本品を使用して刺激等の異常があらわれた時は、使用を中止し皮膚科専門医等にご相談ください。 ・目に入った時はすぐに洗い流してください。 ・お肌や浴室内、洗面台等に色素が付着した際は、取れにくい場合がありますのですぐに洗い流してください。 ・本品が直接衣服等の布製品につかないようにご注意ください。 ・本品は頭髪以外の部位には使わないでください。 ・使用後はしっかりキャップを閉めてください。 ・乳幼児の手の届かないところに保管してください。 ・極端に高温・低温の場所は避け、直射日光の当たらない場所に保管してください。 【原産国】 日本 【ブランド】 【発売元、製造元、輸入元又は販売元】 大島椿 リニューアルに伴い、パッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。 予めご了承ください。

次の

美容師パパの「大島椿 ヘアカラートリートメント」色の確認

大島椿 ヘア カラー トリートメント

「 椿油」の表記は国産100%ではない可能性 日本のツバキ科ツバキ属のヤブツバキから取れる純国産100%の油はカタカナで「 ツバキ油 」と表記されます。。。 と似ていますね。。。 日本の伊豆大島、長崎の五島、新潟の佐渡で有名な 「日本人が認識している本物のツバキ」の油だと勘違いします。。 黄色い箱にお花も大島椿って書いてあるし。。。 (成分は、ヤブツバキ以外の「 主に中国産のユチャの実」から取れたカメリア種子油が使用されています) 付属のブラシは 「」のように根本の白髪に乗せるというよりは、 毛先までクシでとかす全体染め用のブラシ。 ブラシでとかすほどに 根本の白髪の染まりは弱くなりやすい構造のブラシに美容師パパは感じます。 美容師パパは色々と。。 白髪用には少し厳しい気がします。。。 (白髪の染まりはぐらいの染まり方) 付属のブラシ、油分、色みをトータルで考えると、いまいち使い所の難しいチグハグな印象。 使うたびに髪に潤いとツヤを与え、ハリ・コシのある美しい髪に。 「大島椿」はドラッグストアでも、置いているところがあったり、なかったり。。。 箱のシールが剥がしづらくて、なかなか開けられず苦戦した美容師パパ。 大島椿のパッケージは箱が開けやすいです! 中には、説明書。 塗り方の実践も、モデルさんの画像つきで説明してあります。 手袋は入っていませんが、ブラシが付属しています! (カラートリートメントで、ブラシが付属するのは他にはぐらい) ちょっと細めですね。。。 裏面には「ダメージケア・エイジングケアもできるヘアカラートリートメント」 成分をみると「 あれ?ツバキ油が入っていない。。。 」 注目は付属のブラシ! ブラシが細いのは「チューブの穴」と同じ大きさ!1回ずつだして塗りやすい!! 薬はやや固め。 ニオイはほとんど無臭だけど、かすかに油っぽいニオイがします。 ブラシでとかすと、結構しっかりテンションかかります。 美容師の言う「テンション」は「ひっぱり度合い」のこと! テンションがかかりやすいということは。。。。 ブラシで毛をとかしたときに、せっかくリタッチで白髪にぬった薬がとれちゃいます!!! 歯の長さも深いので、 薬がたっぷりとブラシの方に溜まっているのがわかると思います。 白髪に塗っているつもりでも、実際は染まりが弱いっていうときはよくある原因の一つです! 使った後のブラシの汚れは、お湯だけできれいに落とせます。 大島椿白髪染めトリートメントを素手で染めました 手の染まり・色移りはそれほど気にならないレベル。 シャンプー後にちょっと手のひらがくっつく感じが残ります。

次の

大島椿のヘアカラートリートメント(白髪用)

大島椿 ヘア カラー トリートメント

大島椿ヘアカラートリートメントを使ってみましたよ~。 大島椿 ヘアカラートリートメント ダークブラウン 180g入り。 さあ、早速使用してみますよ。 連続して使用した使用前後の状態をどんどん見ていきますよ。 使用前 私の白髪はやや頭頂部の前の分け目辺りに密集しています。 この状態だとカナリ白髪が目立ちますので気になります。 お風呂で使用しますよ。 (写真が湯気で曇ってしまいました。 シャンプーをして髪の汚れを取ってから、少し水気を切った状態で 髪にまんべんなく付けていきます。 付属で櫛がついていますのでそちらを使いました。 1回使用後の髪です。 まだまだ白髪は目立つ状態ですが、薄っすら茶に染まった気がしました。 2回使用後 順調に色が入ってきています。 しかしまだ白髪がある感します。 3回使用後 結構白髪が目立たなくなりました。 4回使用後 ほとんど白髪とそうでない染めている部分が分からないくらいに なってきました。 5回使用後。 連続5日間使用してこうなりました。 白髪感はなくなりました。 使用前と5日連続使用後の画像を比較しました。 ぜんぜん違う!!• こちらはお風呂でトリートメントのようにして使用するので 毎日のシャンプー後に5分程度の時間を置けば 白髪染めを髪と頭皮に優しく刺激もなく変な匂いも感じる事 なくできてしまいます。 しかも面倒な手袋を使わなくても私は大丈夫でした。 手に思いっきり付いても、お湯で洗ってある程度取れた後に 体なんかを洗ったりしていればいつの間にか手がキレイに なっている感じです。 シャンプー後にトリートメントのように付けて5分程放置して 流すと髪がツルツルとしています。 まさにトリートメントをしたような触り心地です。 お風呂から出て、髪を乾かしてみると つやつやで指通りがよくフンワリした髪になっているのも こちらのらの商品の良い点だと思います。 今回5日間連続でチャレンジしてみましたが、 5分程度待てばよいのであまり長風呂をしない私 でも待ち時間5分なら苦ではありませんでした。 染まり具合は穏やかに染まっていく感じです。 髪に優しいと思えばゆったり日々の変化を 楽しめるかと思います。 変な匂いが一切なくて最終的に 白髪を目立たなくしてくれた効果もあり トリートメント効果も感じれるので なかなか良い商品だと感じました。

次の