マイクラ の ゲーム。 【マイクラダンジョンズ攻略】これ野良プレイできないの?

【マイクラPE 配布ワールド】脱出ゲームが味わえる「謎の屋敷からの脱出」

マイクラ の ゲーム

サンドボックス型ゲーム・クラフトゲームのトップに君臨する「マインクラフト」。 このページでは、それらマイクラに似たゲームを紹介したいと思います。 「クラフト系ゲームが好きすぎるけど、マイクラ以外に何かないの?」 そんな方の参考にしていただければ幸いです。 このゲームはマインクラフト+ゾンビゲームと言えます。 まずクラフト要素があります。 プレイヤーは木を切り木材を採取、石をとり石材を入手。 これらを組み合わせて、武器やアイテムをクラフトします。 木材を使って家を建てることもできます。 このゲームの面白いところは、登場するゾンビがそれらを破壊することです。 ゾンビは夜になるとプレイヤーを苛烈に襲ってきます。 家の中に居てじっとしていればバレませんが、気づかれるとゾンビは家を破壊してあなた目掛けて進んできます。 一夜があけ難を逃れても、そこに広がるのはボロボロになった家屋。 翌日の夜にも再びゾンビの攻撃は行われるため、生き残るために拠点を更に強力にすることが目的です。 せっかく作った拠点が壊されるなんて・・。 と思われるかもしれませんが、少しずつ拠点は強くできます。 大量のゾンビから難を逃れることができた!といった達成感を味わうこともできます。 オンラインマルチも可能ですので、友達同士でワイワイと遊ぶことも可能。 マインクラフトに飽きてしまったらまずオススメしたいのがこのゲームです。 数百時間単位でハマってしまうこと間違いないでしょう。 ドラクエの世界観。 登場するモンスターやキャラクター、地名やアイテムはドラクエ1のもの。 ドラクエ1の世界を四角いブロックで表現したマイクラ系ゲームです。 登場するモンスターは、スライムやドラキーなど馴染み深いもの。 もちろんドラゴンや、ドラクエ1で見た懐かしのあのボスたちも登場します。 敵を倒すとアイテムが入手できます。 地面には木や草花などのアイテムも落ちています。 それらを組み合わせてアイテムをクラフト。 武器や回復薬などを作成し、冒険に役立てていきます。 地面は四角いブロックでできているため、ブロックを集めて拠点を作ることができます。 拠点を作ると村人たちが少しずつ集まり、襲ってくるモンスターと戦ってもくれます。 建築ブロックの種類は多く、土ブロックだけでなく、柱模様のものや、家の壁や屋根、お城の壁や美しい模様のものなど様々で、それらを使ってドラクエの城や街を再現することもできてしまいます。 マインクラフトが好きで、ドラゴンクエストも好きな方に特にオススメのゲームです。 怖い要素は皆無なため、小さなお子さんに安心して与えることもできます。 2作目もあります。 このゲームは、マインクラフト+モンハンに近いと思います。 世界には恐竜たちが存在しています。 小さな草食恐竜から巨大な肉食恐竜まで。 よく知るトリケラトプスやプテラノドンなど、主要な恐竜はほとんど登場します。 その世界でマインクラフトができます。 そこら中に生えている木や草花から素材を採取し、石などを拾います。 それらを使って家を建てることができます。 このゲームの面白いところは、恐竜を倒してアイテムを手に入れてもいいのですが、恐竜をテイム 飼う ことができてしまう点です。 テイムした恐竜はペットのように扱えます。 恐竜に乗って遠出をしたり、空を飛んだりといったこともできますし、他の恐竜と戦わせたり、拠点を守る護衛としたりといったこともできます。 もちろん、テイムした恐竜には食料が必要ですし、戦わせたらやられてしまうこともあり、それらを含めてなかなかに面白い要素だと思います。 マインクラフト+モンハンといいましたが、モンハン的な要素は恐竜が出てくるといった点だけです。 クエストの要素はありませんので、マインクラフトのようにじっくり自由に遊ぶことができます。 今最も話題となっているゲームの一つです。 マインクラフトが3D世界観だとすると、テラリアは2D世界観です。 マインクラフトが建築要素強めだとすると、テラリアは冒険色豊かです。 テラリアの世界は四角いブロックでできています。 完全平面 2D なので、マイクラなどで3D酔いしてしまう人にはこのゲームがオススメ。 画面全体を把握しやすく遊びやすいゲームだと思います。 冒険色豊かなゲームですので、マインクラフトで目的がなくて何をしたらいいか分からなかった方にもオススメです。 テラリアは地下へと潜るゲームなのですが、アイテムの種類が何百・何千と非常に豊富で、アイテム集めをする楽しさ。 壊せないブロックや進めない場所へ進むために必要なものをクラフトしたり、多数のボスが登場するため、ボスをいかにして倒すか?といったことも考えられます。 オンラインマルチも可能です。 みんなで冒険にでかけたり、強力なボスを討伐したり、巨大な拠点を作ったりといった遊び方ができます。 あ、そうそう。 マインクラフトにあったレッドストーン回路に近いものがテラリアにもあります。 スイッチオンオフで敵を自動的に攻撃したり、といった様々な回路が組めますので、回路好きにもオススメです。 感覚としては、「ARK」や「コナンアウトキャスト」が近いと思います。 プレイヤーは魔法使いとなって、この世界を冒険します。 木を切って木材を入手し、岩を砕いて石を入手し、エッセンスから魔法要素を手に入れます。 本作では、クラフト要素として、複数のアイテムから作業台で新しいアイテムを作る仕組みと、素材を使って巨大な建築物を作る仕組みがあります。 タイトルにもある通り、巨大な城を建築したり、どこまでも続く壁や、断崖にかかる橋、天高くそびえる塔なども作ることができます。 ブロック単位で作る建築ではなく、部品単位で作る建築のため、建築初心者でも立派な建物を作ることができるのが良いところですよ。 もちろん、魔法を使ったりホウキに乗って空を飛んだりもできます。 イメージとしては「ドラゴンクエストビルダーズ」に近いと思います。 ゲーム性は、ステージクリア型のようなサンドボックスゲーム。 1つのステージ 島 でイベントを消化し、次のステージへ進む感じです。 もちろんマイクラのように家を作ったりといったクラフト要素もあり、その一方で敵と戦う戦闘の要素もあります。 武器や防具の種類も豊富で、スキルもあるため、若干戦闘や冒険寄りになっているかと思います。 全体的にはとっつきやすいクラフトゲームで、はじめての方、マイクラがちょっと合わなかったという方にオススメです。

次の

マイクラ日記 2日目 ゲームパッド

マイクラ の ゲーム

ゲームパッドは Elecom の JC-U4013SBK というものを使っています。 左アナログスティックの位置が Switch のそれと違うので、ちょっと使いづらい。 でも Switch で遊ぶことはこれから少なくなるので構わない。 ところでマインクラフトはゲームパッドには対応していないので、ブリッジソフトを使います。 というシェウェアを。 現在のバージョンは 6. Switch 版をちょっとやっていたので(というか初めてのが Switch 版だった)割当は Switch 版のを踏襲しています。 Button 9 は左アナログスティックの押し込みなんですけど、ダッシュ(ctrl)は Switch 版ではここなんですよね。 W をダブルクリックでもいいんでしょうけど、こっちのほうが(今や)直感的なので。 それと、問題はスニーク(しゃがむ)。 Switch 版では B ボタンを押すたびに切り替わっていたので、オン・オフのトグルを設定しました。 なお、Switch 版ではなかった割当で、ゲームメニュー(esc)をゲームパッドの Back に、デバッグ画面の表示・非表示(F3)をゲームパッドの Start にしました。

次の

【マイクラ】マイクラは無料で遊べる?【マインクラフト】|ゲームエイト

マイクラ の ゲーム

個人的意見ではあるけれど、マイクラってすごいなって思わない? ゲームでありながら、いろんな要素を持ってる。 基本は「マイン」採掘 そして「クラフト」工作 基本となる鉱石や木材など、ほとんどが同じサイズの立方体。 採掘、採集して手に入れた材料で家や道、畑などなど、いろんなものを作って楽しむゲーム・・・と説明してしまうと「なんだ、WEB版レゴブロックね、はいはい」と言われてしまうけど、そうじゃない。 昼、夜の時間の概念、水の流れや天候の変化、高いところには雲がかかり雪が降るなど、とっても現実に似た世界。 バイオームと呼ばれる、草原、砂漠、森、雪原など、様々な地形には地形ごとに独特の動物がいたり、各地に人が住む村もあります。 村人は一見すると全員同じ顔だけど、洋服によって職業が違い、物々交換の取引の内容は職業によって違います。 村にたくさん建物を建てたり、食べ物を分けてあげたりすると、子どもが生まれて人口が増えます。 もちろん種や苗を植えれば育つし、収穫して食料にもできる。 野生動物は、なつかせてペットにできるし、レッドストーンという鉱石はわかりやすく言えば「電気を通す」的な性質があり、これで自動ドアなどの機械のような仕掛けも作れます。 ゲームに付き物の敵もいます。 ほとんどが夜行性で、倒すとアイテムを落とします。 バラエティに富んだ建築素材を集めるためには、多少の冒険も必要になります。 最近のリアル追及のゲーム界の基準からすると「可愛い」ともいえるビジュアルのモンスター達も、マイクラの人気を支えているようです。 また、modとかリソースパックと呼ばれる、ゲームに味付けをする追加要素を後で入れることができるんですよ。 これがすごい。 無料なんだもの。 追加要素によって、ワールドの見た目が変わったり、新しい敵などのキャラクターやバイオーム、アイテムなどを増やしたりできますす。 下の画像は「黄昏の森」というmodを導入すると生成される氷の台地とオーロラ宮殿。 中には美しきボスキャラが待っています。 もちろんイマドキらしく、オンラインで対戦とか協力とかもできるし、一度購入すれば、どんどんアップデートして新要素が追加されるマイクラを、ずっと無料でプレイできます。 これは、飽きないよ。 で、世界的な人気になって、今や、プレステとかのゲーム機やスマホでも遊べるようになってるし。 これは、ゲームの王様でしょう。 4年くらい前でしょうか。 バージョン1. 8の頃ダウンロードして以来、いまだにつかず離れずのお付き合い。 なんだか一生遊べそうです。 へたくそなせいもあるんだけどね 笑 時々夢中になって遊び、しばらくほったらかし、またちょっと遊び、またほったらかす。 そんな具合ですが、他にはゲーム、あんまりしないんですよね。 なぜにマイクラにだけハマッたのか自分でも不思議~~。 学校の教材にも使われてる? ダウンロードするときにも、ちょっと調べたら、海外ではプログラミングや算数の授業に教材として使っている国もあるって知ってびっくり。 でも、日本でもプログラミングが必須科目になるとかで、最近では、すでに試験導入でマイクラを教材にしている学校もある様子。 ちゃんと教育用バージョンがあるんだよね。 学校の先生じゃないと買えないらしいけど。 ゲームっていうと渋い顔をするオカンも、マイクラには甘いと聞くし。 (近所の小学生談) 学校にもオカンにも認められたゲームって、すごくない? うちは小さな商売屋だから、結構時間に融通が利くのね。 で、頼まれて子ども会の手伝いとかするうちに小学生と仲良くなり、教えてもらったのが始まり。 さすがにPCで遊んでいる子はあんまりいないけど、動画とかでいろいろ見て知ってるから、時々一緒に遊んだりもしてます。 うちのPCを、神様のようにあがめる子もいて面白いよ。 PC版は拡張性が高いからホント、飽きないよね。 最近ではjavaバージョンとか言うらしいけど。 しばらく遊んでなかったけど、黄昏の森がバージョン1. 2に対応したと聞いてまたやりたくなってきました。 あんまり器用じゃないし、ピースフルな性格だから、戦闘は苦手だけど、村づくりや建築は楽しいよね。 動物たちにも癒される。 今のところは低スペックのノートパソコンで遊んでいるけど、壊れる寸前な感じなので、大きなmodや影modも楽しめるよう、PCももう少しスペックが高めなものに新調することにしました。 せっかくなので珍プレイをブログに で、知り合いに勧められるままに始めたブログですが、マイクラのあれこれや、まったり系の私生活など書いてみようかと思っています。 珍プレイっていうか、あまりのトロさに、上手な人が見たら悶絶するかもです。 ちなみに、IT関連のカタカナ職業とは無縁の私が、カタカナ職業の友人を持ったばっかりに、なぜかプロが使うような「ワードプレス」なるブログ作成・・・ソフト?システム?良く分からないけど、これを使うとブログができるという代物を使うことになりました。 それでも、新しいことを始めるのは楽しいもので、ちんぷんかんぷんながらも結構楽しんでるよ。 旅行以外にこれといって趣味もないし。 ・・・なので、変なところもあるかもしれませんが、ご勘弁を。 だんだん上手になる・・・予定ですので。 数年前、近所の小学生に教えてもらって以来、マイクラにドはまりしています。 マイクラ観光協会会員として ? 日々平和的にマイクラを楽しんでいます。 たっぷり遊んで元を取ろうというオバサン的発想で、リソースパックやmod、配布ワールドなどで遊び倒していたら、マイクラにもPCにもずいぶん詳しくなってきましたよ。 最近の投稿• カテゴリー• 最近のコメント• に しろく より• に tumujee より• に ななななし より• に tumujee より• に daigo より アーカイブ•

次の