世界 陸上 男子 100 メートル 決勝。 「9秒トリオ」初の決勝ならず 世界陸上、男子100M

2013年世界陸上競技選手権大会・男子100m

世界 陸上 男子 100 メートル 決勝

の100メートル走決勝戦(2008年8月16日) では、メインスタンド前に当競技用の直線セパレートレーンが設置されている。 陸上競技の中で人気が高く、花形競技である。 特に男子の最短記録者は「人類最速の男」、オリンピックでの優勝者は「世界一速い男」の称号が与えられる。 100mを10秒で走ると平均速度は秒速10m、すなわち時速36kmであるが、5月31日に9秒72の(当時の)世界記録を打ち立てたが、100mでは人類で初めて公式に時速37km以上の平均速度で走った。 なお同じスプリント競走で、加速に必要な距離の比率が走行距離に対してより小さいでは、にが19秒32を記録し、100mよりも先に平均時速37kmを超えている(時速37. 27 km)。 ただ2010年現在では、100mの世界記録における平均速度(時速37. 59 km)が200mの世界記録における平均速度(時速37km を上回っている。 100mで必要とされるのは骨格から生み出される最高速と、最高速により早く到達する加速である。 長年にわたって190cmを超えるような長身・大型の選手は大きな加速度を得にくいという点で不利であるとされてきたが、21世紀に入ってからはボルトやら身長190cm台の選手が世界トップに名を連ねるようになってきている。 一般的には30mから40mの間に最高速に達し、そのスピードをできるだけ維持しながらゴールに達する。 加速力の差で選手は前半逃げ切り型と後半追い込み型の2種類に大別される。 元世界記録保持者ののように、本質的には前半飛び出し型であるが、走りの技術に工夫を凝らすことでそれほど後半にスピードの落ちないタイプもいる。 逆にボルトのように、後半追い込み型ながら前半の速いタイプもいる。 追い風により加速とトップスピードが向上し、一般に追い風1. 05秒から0. 06秒の短縮が可能と言われる。 そのため、追い風2. 当然のことながら、世界記録の殆どが追い風の状況下で出されている。 風速計測は50m地点のコース脇に設置した風速計で、スタート時点から10秒間計測する (詳細は参照)。 また、の方がが低いためにが少ないため、短距離競技には好記録が出るとされている。 しかし、風速と異なり明確な基準はないため「高所記録」と記載されるだけで公式記録として残る(公式記録に「A」と記載される)。 世界的に男子はや勢を中心としたアフリカ系選手がオリンピックや世界選手権で圧倒的に強く、欧州勢がそれを追う展開となっている。 急速にスピード化が進んだ1980年代以降は黒人選手の独壇場といっても過言ではない様相を呈しており、非黒人選手が上位入賞することが非常に困難となっている。 中でもアジアの選手の目立った活躍は、で6位入賞を果たしたぐらいであり、以降はアジアの選手の上位入賞は皆無であった。 において、がではアジア初となる決勝進出の快挙を果たした(決勝は9位)。 世界的に女子でもや勢を中心としたアフリカ系選手がオリンピックや世界選手権で上位を占めることが多く、欧州勢がそれを追う展開となっている。 男子ほどではないものの、非黒人選手が上位入賞するケースは稀である。 アジアの選手の目立った活躍は、5月20日の第15回で当時の世界記録(12秒2)を出したと、で決勝に進出し7位に入る健闘を見せたぐらいである(当時、オリンピックの入賞は6位までだった)。 世界記録 [ ] 歴代10傑 [ ]• 同タイムの場合は先に記録されたものを上に記載する。 タイム横にあるAの表記は、1000メートル以上の地点において記録されたであることを意味する。 0 9月20日 -0. 6 6月8日 記録参照• ドーピング疑惑に伴い、マリオン・ジョーンズの2000年以降の記録は抹消されているが、1998年の公式記録は残っている。 0 2009年9月20日 -0. 9 2015年5月15日 女子 タイム 風速 名前 所属 場所 日付 1 10秒49 0. 1 9月12日 6 10秒67 -0. 6 フローレンス・グリフィス=ジョイナー 1988年7月17日 -0. 3 7月1日• ドーピング疑惑に伴い、マリオン・ジョーンズの2000年以降の記録は抹消されているが、1998年の公式記録は残っている。 0 9月14日 女子 抹消理由 タイム 風速 名前 所属 場所 日付 ドーピング違反 10秒75 -0. 3 () 8月23日 シーズン記録と世界記録の変遷 [ ] 太字は樹立時の世界記録。 3 1968年10月14日 1972 100710秒07 0. 0 1972年8月31日 1975 100510秒05 -1. 2 () 1975年8月20日 1976 100610秒06 -0. 8 () 1978年7月30日 1978 100710秒07 -0. 0 () 1980年5月11日 1981 100010秒00 0. 2 カール・ルイス 1991年8月25日 1992 09939秒93 -0. 1 モーリス・グリーン 1999年6月16日 2000 09869秒86 -0. 2 モーリス・グリーン 2000年9月1日 2001 09829秒82 -0. 7 2008年5月31日 2008 0969 9秒69 0. 9 ウサイン・ボルト 2009年8月16日 2010 09789秒78 -0. 5 ウサイン・ボルト 2012年8月5日 2013 09779秒77 -0. 3 2017年6月7日 2018 09799秒79 -0. 6 クリスチャン・コールマン 2019年9月28日 女子 年 記録 風速 名前 所属 場所 日付 1968 11秒21A 0. 2 ワイオミア・タイアス 1968年10月15日 1972 11秒07 -0. 6 1987年8月20日 1988 10秒49 0. 1 マリオン・ジョーンズ 1998年9月12日 1999 10秒70 -0. 1 マリオン・ジョーンズ 2000年8月5日 2001 10秒82 -0. 9 2005年7月5日 2006 10秒82 -0. 8 2008年6月28日 2008 10秒78 0. 6 シェリー=アン・フレーザー=プライス 2012年6月29日 2013 10秒71 -0. 5 2018年5月4日 2018 10秒85 0. 9 ベルリン世界選手権 7 10秒00 -0. 5 北京世界選手権 8 10秒00 -0. 5 ロンドンオリンピック 5 10秒88 -1. 0 10秒91 -0. 9 6 9秒92A -0. 9 -0. 0 () -0. 3 6 11秒06 -0. 9 9 9秒94 -0. 4 -0. 7 -0. 3 6 10秒82 -0. 0 9月20日 -0. 9 5月15日 女子歴代5傑 タイム 風速 名前 所属 場所 日付 1 10秒49 0. 6 2 10秒01 -0. 4 *の記録はガイアナ記録として公認されているが、なぜかはこの記録を歴代10傑に入れていない。 女子歴代5傑 タイム 風速 名前 所属 場所 日付 1 10秒91 -0. 4 () ウォルナット 4 11秒13 -0. 8 5月5日 2 10秒03 -0. 2 10月15日 エイジ記録 [ ]• 下記の記録の中でが世界記録に公認しているのはU20記録だけである。 8 18歳 35歳以上世界最高記録 9秒87 -0. 3 36歳 40歳以上世界最高記録 10秒99 -1. 2 マリーン・オッティ 40歳 U20世界記録 [ ]• 樹立年の12月31日時点で年齢が20歳未満選手のみが対象となる。 6 () 3 10秒01 0. 2001年8月4日、(当時18歳)がエドモントン世界陸上2次予選で9秒97を記録したが 、風速計故障によるデータ不備で参考記録となり、世界ジュニア記録としても公認されなかった。 2008年6月28日に(当時18歳)が2次予選で10秒01を記録したが、ゼロコントロールテストが行われなかったのでジュニア世界記録として公認されていない。 2013年4月29日に(当時17歳)が織田記念予選で10秒01を記録したが、世界記録の条件となる風速計の設置がなく、ジュニア世界記録としては公認されなかった。 6 () 4 10秒01 0. 6 ユース世界最高記録 [ ]• 樹立年の12月31日時点で年齢が18歳未満であるユース選手のみが対象となる。 2 9 10秒24 0. 7 -0. 9 キャンディス・ヒル 4 11秒08 0. 7 -0. 5 () マスターズ記録 [ ]• 各年齢別の世界記録。 8 桐生祥秀 6月11日 0. 7 4月29日 2 11秒23 -0. 3 福島千里 北海道ハイテクAC 鳥取 2010年6月27日 -0. 5 福島千里 北海道ハイテクAC 2010年10月2日 9 11秒27 -1. 0 福島千里 北海道ハイテクAC 2009年11月11日 -0. 8 宮澤有紀 -0. 6 中村水月 ジュニア日本歴代10傑 [ ]• 樹立年の12月31日時点で年齢が20歳未満であるジュニア選手のみが対象となる。 男子 タイム 名前 所属 日付 1 10秒01 2 10秒05 東京陸協 3 10秒23 6 10秒24 7 10秒25 田村和宏 8 10秒27 竹田一平 女子 タイム 名前 所属 日付 1 11秒43 2 11秒46 3 11秒54 4 11秒56 石堂陽奈 5 11秒57 齋藤愛美 6 11秒60 三浦由奈 8 11秒61 青山華依 10 11秒62 高校歴代10傑 [ ] 男子 タイム 名前 所属 日付 1 10秒01 2 10秒22 3 10秒23 宮本大輔 5 10秒24 6 10秒27 7 10秒28 9 10秒29 女子 タイム 名前 所属 日付 1 11秒43 2 11秒46 3 11秒54 埼玉栄高等学校 4 11秒56 石堂陽奈 5 11秒57 齋藤愛美 6 11秒60 三浦由奈 7 11秒61 青山華依 9 11秒62 10 11秒64 玉城美鈴 高校学年別歴代記録 [ ] 男子・高校1年歴代10傑 タイム 名前 所属 日付 1 10秒45 2 10秒47 3 10秒48 4 10秒49 宮本大輔 5 10秒51 6 10秒52 7 10秒53 平野智也 9 10秒54 永田駿斗 井上直紀 女子・高校1年歴代5傑 タイム 名前 所属 日付 1 11秒60 2 11秒66 3 11秒71 木村茜 4 11秒81 齋藤愛美 男子・高校2年歴代10傑 タイム 名前 所属 日付 1 10秒19 2 10秒28 4 10秒30 5 10秒31 宮本大輔 6 10秒33 北村和也 7 10秒34 8 10秒37 9 10秒39 女子・高校2年歴代5傑 タイム 名前 所属 日付 1 11秒43 2 11秒56 石堂陽奈 3 11秒57 齋藤愛美 4 11秒61 青山華依 5 11秒63 男子・高校3年歴代10傑 タイム 名前 所属 日付 1 10秒01 2 10秒22 3 10秒23 宮本大輔 5 10秒24 6 10秒27 7 10秒28 8 10秒29 10 10秒30 女子・高校3年歴代5傑 タイム 名前 所属 日付 1 11秒46 2 11秒54 3 11秒59 4 11秒60 三浦由奈 5 11秒61 中学歴代10傑 [ ] 男子 タイム 名前 所属 日付 1 10秒56 宮本大輔 2 10秒62 中山智貴 3 10秒64 4 10秒67 5 10秒68 楊井佑輝緒 綱川隼人 立新津中学校 9 10秒69 太田貴裕 塚本ジャスティン惇平 女子 タイム 名前 所属 日付 1 11秒61 立朝霞第一中学校 2 11秒73 竹内彩華 立御影中学校 野林祐実 立桜木中学校 4 11秒79 鈴木くるみ 立上富良野中学校 6 11秒82 鈴木咲子 立大中山中学校 7 11秒86 田路遥香 立中央大学附属中学校 8 11秒87 大竹佑奈 浜松陸上 高須鮎香 立城北中学校 10 11秒88 第五中学校 中学学年別歴代記録 [ ] 男子・中学1年歴代5傑 タイム 名前 所属 日付 1 11秒16 2 11秒19 平野智也 2015年8月26日 3 11秒20 鈴木祐太 2007年10月26日 4 11秒26 立第二中学校 5 11秒28 宮本大輔 立周陽中学校 女子・中学1年歴代5傑 タイム 名前 所属 日付 1 11秒98 ハッサン・ナワール 立第五中学校 2 12秒01 天城帆乃香 立天竜中学校 3 12秒19 北祐子 立蒲原中学校 4 12秒25 須川真衣 5 12秒29 村松麻美 税田ジェニファー璃美 男子・中学2年歴代5傑 タイム 名前 所属 日付 1 10秒75 宮本大輔 立周陽中学校 2 10秒80 高柳靖 立毛野中学校 3 10秒83 田子大輔 立八幡東中学校 4 10秒86 立修善寺中学校 5 10秒87 藤井清雅 立君津中学校 女子・中学2年歴代5傑 タイム 名前 所属 日付 1 11秒88 第五中学校 2 11秒89 立朝霞第一中学校 3 12秒00 君嶋愛梨沙 立麻里布中学校 4 12秒01 鈴木咲子 立大中山中学校 5 12秒05 竹内彩華 立御影中学校 男子・中学3年歴代5傑 タイム 名前 所属 日付 1 10秒56 宮本大輔 立周陽中学校 2 10秒62 中山智貴 3 10秒64 立修善寺中学校 4 10秒67 立流山南部中学校 5 10秒68 楊井佑輝緒 綱川隼人 立新津中学校 女子・中学3年歴代5傑 タイム 名前 所属 日付 1 11秒61 立朝霞第一中学校 2 11秒73 竹内彩華 立御影中学校 野林祐実 立桜木中学校 4 11秒79 立大谷中学校 鈴木くるみ 立上富良野中学校 五輪・世界選手権における日本人入賞者 [ ] 五輪・世界選手権における日本人男子入賞者 [ ] 年 大会 開催国 選手名 成績 記録 1932 6位 10秒79• においてが6位入賞を果たした。 この種目では日本人初のファイナリストであり、アジア勢では初の快挙だった。 なお、これを最後にオリンピック・世界選手権を通じて男子100mで日本人ファイナリストは誕生していない。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• IAAF 2009年8月19日. 2009年8月23日閲覧。 IAAF. 2008年8月17日閲覧。 - IAAF• - IAAF• athletix. org. 2011年10月6日閲覧 2011年09月28日, at the. apulanta. 2012年2月13日閲覧• athletix. org. 2011年10月6日閲覧 2008年09月19日, at the. apulanta. 2012年2月13日閲覧• - www. alltime-athletics. - www. alltime-athletics. - IAAF• - IAAF• 2017年5月1日. 2017年5月1日閲覧。 2017年. 2017年8月26日閲覧。 2014年3月29日. 2014年11月7日閲覧。 - IAAF• - IAAF• - IAAF• - IAAF• 参考文献 [ ]• 記録年鑑2014、『月刊陸上競技』第49巻第5号、講談社、2015年4月号別冊付録。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• IAAF• JAAF• WMA• (スポーツコメンテーター) 2017年9月22日. 2018年4月8日閲覧。

次の

男子100m サニブラウン、小池、桐生は決勝進めず 3人とも自己ベストに遠く

世界 陸上 男子 100 メートル 決勝

2つの国家記録が今大会で誕生した。 代表のは、予選で自身の持つ中国記録と同タイムを出し、準決勝では10秒00の中国新記録をマークしたが、同タイムのに着差ありで敗れ5着となり、決勝進出を阻まれた。 代表の4選手は全員決勝へ進出した。 勢はとが予選に出場したが、それぞれの組で4位となり、準決勝進出はならなかった。 超人的な活躍を見せるの戦績は好ましいものであった。 前回の覇者が故障で出場しない中、がボルトに最も近いライバルとなった。 ガトリンは2013年シーズンの序盤でボルトに勝利していた。 決勝はの中行われた。 ガトリンが1番に飛び出したが、ボルトとは1mほどしか離れておらず、次第に距離を縮められ、追い抜かれた。 ボルトが勝利を手にした瞬間、空にはが走り、それを捉えた写真が注目を浴びた。 は2人に続いて3着でゴールした。 こうした悪条件下で、決勝よりも条件の良かった準決勝での記録より良いタイムを出したのは、ボルトらメダリストだけであった。 今大会まで、ロシアので記録された100mの最速記録は10秒03であった が、予選で3選手がこの記録を破った。 まず1組のが10秒02で記録を達成すると、10分もたたぬ間に3組のガトリンが9秒99を記録し、15分後には6組のが9秒98でゴールした。 ガトリンは準決勝1組で9秒94をマークし再びロシアでの記録を塗り替え、2組のが9秒90を出して更に更新した。 最終的にはボルトが9秒77で優勝し、記録に名を残した。 記録 [ ] 大会前の記録は次の通りである 9. 58 大会記録 今季最高記録 9. 75 2013年 アフリカ記録 9. 85 アジア記録 9. 99 北中米・カリブ海記録 9. 58 ベルリン 2009年8月16日 南アメリカ記録 10. 00A 1988年7月22日 ヨーロッパ記録 9. 86 オセアニア記録 9. 93 2003年5月5日 参加標準記録 [ ] A B 10. 15 10. 47 Q 2 2 2 Aleksandr Brednev 10. 49 Q 3 1 5 10. 51 Q 4 2 8 Innocent Bologo 10. 51 Q 5 4 2 () 10. 52 Q, PB 6 3 3 10. 53 Q, SB 7 3 5 10. 56 q 8 1 6 10. 59 Q 9 4 7 10. 63 Q 10 4 9 Ifrish Alberg 10. 70 q 11 2 4 Sapwaturrahman Sapwaturrahman 10. 75 q, SB 12 4 3 10. 77 SB 13 2 6 Kieron Rogers 10. 80 14 4 4 Mohammed Abukhousa 10. 87 NR 15 4 5 Denielsan Martins 10. 92 NR 16 4 6 Siueni Filimone 10. 93 17 1 2 Riste Pandev 10. 97 18 3 6 Hugues Tshiyinga Mafo 11. 11 PB 19 1 7 Faresa Kapisi 11. 21 PB 20 3 8 Masbah Ahmmed 11. 23 21 1 8 Mikel de Sa 11. 24 SB 22 3 7 Michael Alicto 11. 39 PB 23 1 4 Daniel Philimon 11. 53 PB 24 3 4 11. 57 SB 25 2 3 Jesus T. Iguel 11. 65 PB 26 2 9 11. 65 SB 27 4 8 11. 78 28 1 3 11. 79 SB 29 2 5 Gauthier Okawe 11. 83 PB 30 2 7 McCaffrey Gilmete 11. 98 Q 2 3 9. 99 Q 3 3 10. 02 Q 3 1 10. 02 Q 5 4 10. 04 Q, NR 6 5 10. 06 Q 7 7 10. 07 Q 8 2 10. 11 Q 9 6 10. 12 Q 9 1 10. 12 Q 11 3 10. 14 Q 11 4 10. 14 Q 13 5 10. 15 Q 14 6 10. 16 Q 14 6 10. 16 q 16 7 10. 17 Q 16 2 10. 17 Q 18 3 10. 18 q 19 7 10. 19 Q 19 4 10. 19 Q 21 4 10. 20 q 22 5 10. 21 Q 22 3 () 10. 21 22 7 10. 21 25 5 10. 23 26 7 10. 25 27 6 10. 26 28 4 10. 27 29 1 10. 28 Q 30 4 デニス・ディミトロフ(Denis Dimitrov) 10. 29 31 1 () 10. 30 31 2 () 10. 30 Q 33 2 10. 31 34 1 10. 32 35 5 10. 34 36 3 10. 36 37 2 10. 38 37 3 10. 38 39 7 10. 40 40 6 10. 45 41 5 10. 46 41 1 10. 46 44 2 10. 50 45 5 Aleksandr Brednev 10. 52 46 4 10. 53 46 6 10. 53 48 1 Innocent Bologo 10. 57 48 6 10. 57 50 1 () 10. 66 51 4 Shernyl Burns 10. 69 52 3 10. 70 52 5 10. 70 54 7 Sapwaturrahman Sapwaturrahman 10. 89 55 2 Ifrish Alberg 99. 98 DNF 56 7 99. 90 Q, PB 2 3 5 ウサイン・ボルト 9. 92 Q 3 2 4 ケマー・ベイリー=コール 9. 93 Q, PB 4 3 4 マイク・ロジャース 9. 93 Q, SB 5 1 4 ジャスティン・ガトリン 9. 94 Q 6 1 5 ネスタ・カーター 9. 97 Q 7 2 3 ジェームズ・ダサオル 9. 97 q 8 2 7 クリストフ・ルメートル 10. 00 q 9 2 5 張培萌 10. 00 NR 10 1 7 ジミー・ヴィコ 10. 01 11 3 7 キーストン・ブレドマン 10. 08 12 3 9 チュランディ・マルティナ 10. 09 13 3 6 アーロン・ブラウン 10. 15 14 2 9 ドウェイン・チェンバース 10. 15 15 2 8 ジェイソン・ロジャーズ 10. 15 16 3 3 アントワーヌ・アダムス 10. 17 17 1 8 アナソ・ジョボドワナ 10. 17 18 1 6 リチャード・トンプソン 10. 19 19 1 3 ガブリエル・ムブムブレ 10. 21 20 2 2 ガヴィン・スメリー 10. 30 21 3 8 ラモン・ギテンス 10. 31 22 1 9 ハリー・アイキネス=アリエティ 10. 34 23 1 2 蘇炳添 99. 98 DSQ 24 3 2 サミュエル・フランシス 99. 99 DNS 決勝 [ ] 風速:-0. 77 SB 2 5 ジャスティン・ガトリン 9. 85 SB 3 8 ネスタ・カーター 9. 95 4 7 ケマー・ベイリー=コール 9. 98 5 4 ニッケル・アシュミード 9. 98 6 9 マイク・ロジャース 10. 04 7 3 クリストフ・ルメートル 10. 06 8 2 ジェームズ・ダサオル 10. 21 脚注 [ ]• 2013年8月11日. 2013年8月16日時点のよりアーカイブ。 2013年8月16日閲覧。 2013年8月13日. 2013年8月16日時点のよりアーカイブ。 2013年8月16日閲覧。 Daily Mail 2013年8月11日. 2013年8月12日閲覧。 BBC Sport 2013年8月11日. 2013年8月12日閲覧。 Guardian UK 2013年8月11日. 2013年8月12日閲覧。 2013年8月8日閲覧。 , All Russia Athletic Federation, 2012 , 2013年8月8日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

「9秒トリオ」初の決勝ならず 世界陸上、男子100M

世界 陸上 男子 100 メートル 決勝

の100メートル走決勝戦(2008年8月16日) では、メインスタンド前に当競技用の直線セパレートレーンが設置されている。 陸上競技の中で人気が高く、花形競技である。 特に男子の最短記録者は「人類最速の男」、オリンピックでの優勝者は「世界一速い男」の称号が与えられる。 100mを10秒で走ると平均速度は秒速10m、すなわち時速36kmであるが、5月31日に9秒72の(当時の)世界記録を打ち立てたが、100mでは人類で初めて公式に時速37km以上の平均速度で走った。 なお同じスプリント競走で、加速に必要な距離の比率が走行距離に対してより小さいでは、にが19秒32を記録し、100mよりも先に平均時速37kmを超えている(時速37. 27 km)。 ただ2010年現在では、100mの世界記録における平均速度(時速37. 59 km)が200mの世界記録における平均速度(時速37km を上回っている。 100mで必要とされるのは骨格から生み出される最高速と、最高速により早く到達する加速である。 長年にわたって190cmを超えるような長身・大型の選手は大きな加速度を得にくいという点で不利であるとされてきたが、21世紀に入ってからはボルトやら身長190cm台の選手が世界トップに名を連ねるようになってきている。 一般的には30mから40mの間に最高速に達し、そのスピードをできるだけ維持しながらゴールに達する。 加速力の差で選手は前半逃げ切り型と後半追い込み型の2種類に大別される。 元世界記録保持者ののように、本質的には前半飛び出し型であるが、走りの技術に工夫を凝らすことでそれほど後半にスピードの落ちないタイプもいる。 逆にボルトのように、後半追い込み型ながら前半の速いタイプもいる。 追い風により加速とトップスピードが向上し、一般に追い風1. 05秒から0. 06秒の短縮が可能と言われる。 そのため、追い風2. 当然のことながら、世界記録の殆どが追い風の状況下で出されている。 風速計測は50m地点のコース脇に設置した風速計で、スタート時点から10秒間計測する (詳細は参照)。 また、の方がが低いためにが少ないため、短距離競技には好記録が出るとされている。 しかし、風速と異なり明確な基準はないため「高所記録」と記載されるだけで公式記録として残る(公式記録に「A」と記載される)。 世界的に男子はや勢を中心としたアフリカ系選手がオリンピックや世界選手権で圧倒的に強く、欧州勢がそれを追う展開となっている。 急速にスピード化が進んだ1980年代以降は黒人選手の独壇場といっても過言ではない様相を呈しており、非黒人選手が上位入賞することが非常に困難となっている。 中でもアジアの選手の目立った活躍は、で6位入賞を果たしたぐらいであり、以降はアジアの選手の上位入賞は皆無であった。 において、がではアジア初となる決勝進出の快挙を果たした(決勝は9位)。 世界的に女子でもや勢を中心としたアフリカ系選手がオリンピックや世界選手権で上位を占めることが多く、欧州勢がそれを追う展開となっている。 男子ほどではないものの、非黒人選手が上位入賞するケースは稀である。 アジアの選手の目立った活躍は、5月20日の第15回で当時の世界記録(12秒2)を出したと、で決勝に進出し7位に入る健闘を見せたぐらいである(当時、オリンピックの入賞は6位までだった)。 世界記録 [ ] 歴代10傑 [ ]• 同タイムの場合は先に記録されたものを上に記載する。 タイム横にあるAの表記は、1000メートル以上の地点において記録されたであることを意味する。 0 9月20日 -0. 6 6月8日 記録参照• ドーピング疑惑に伴い、マリオン・ジョーンズの2000年以降の記録は抹消されているが、1998年の公式記録は残っている。 0 2009年9月20日 -0. 9 2015年5月15日 女子 タイム 風速 名前 所属 場所 日付 1 10秒49 0. 1 9月12日 6 10秒67 -0. 6 フローレンス・グリフィス=ジョイナー 1988年7月17日 -0. 3 7月1日• ドーピング疑惑に伴い、マリオン・ジョーンズの2000年以降の記録は抹消されているが、1998年の公式記録は残っている。 0 9月14日 女子 抹消理由 タイム 風速 名前 所属 場所 日付 ドーピング違反 10秒75 -0. 3 () 8月23日 シーズン記録と世界記録の変遷 [ ] 太字は樹立時の世界記録。 3 1968年10月14日 1972 100710秒07 0. 0 1972年8月31日 1975 100510秒05 -1. 2 () 1975年8月20日 1976 100610秒06 -0. 8 () 1978年7月30日 1978 100710秒07 -0. 0 () 1980年5月11日 1981 100010秒00 0. 2 カール・ルイス 1991年8月25日 1992 09939秒93 -0. 1 モーリス・グリーン 1999年6月16日 2000 09869秒86 -0. 2 モーリス・グリーン 2000年9月1日 2001 09829秒82 -0. 7 2008年5月31日 2008 0969 9秒69 0. 9 ウサイン・ボルト 2009年8月16日 2010 09789秒78 -0. 5 ウサイン・ボルト 2012年8月5日 2013 09779秒77 -0. 3 2017年6月7日 2018 09799秒79 -0. 6 クリスチャン・コールマン 2019年9月28日 女子 年 記録 風速 名前 所属 場所 日付 1968 11秒21A 0. 2 ワイオミア・タイアス 1968年10月15日 1972 11秒07 -0. 6 1987年8月20日 1988 10秒49 0. 1 マリオン・ジョーンズ 1998年9月12日 1999 10秒70 -0. 1 マリオン・ジョーンズ 2000年8月5日 2001 10秒82 -0. 9 2005年7月5日 2006 10秒82 -0. 8 2008年6月28日 2008 10秒78 0. 6 シェリー=アン・フレーザー=プライス 2012年6月29日 2013 10秒71 -0. 5 2018年5月4日 2018 10秒85 0. 9 ベルリン世界選手権 7 10秒00 -0. 5 北京世界選手権 8 10秒00 -0. 5 ロンドンオリンピック 5 10秒88 -1. 0 10秒91 -0. 9 6 9秒92A -0. 9 -0. 0 () -0. 3 6 11秒06 -0. 9 9 9秒94 -0. 4 -0. 7 -0. 3 6 10秒82 -0. 0 9月20日 -0. 9 5月15日 女子歴代5傑 タイム 風速 名前 所属 場所 日付 1 10秒49 0. 6 2 10秒01 -0. 4 *の記録はガイアナ記録として公認されているが、なぜかはこの記録を歴代10傑に入れていない。 女子歴代5傑 タイム 風速 名前 所属 場所 日付 1 10秒91 -0. 4 () ウォルナット 4 11秒13 -0. 8 5月5日 2 10秒03 -0. 2 10月15日 エイジ記録 [ ]• 下記の記録の中でが世界記録に公認しているのはU20記録だけである。 8 18歳 35歳以上世界最高記録 9秒87 -0. 3 36歳 40歳以上世界最高記録 10秒99 -1. 2 マリーン・オッティ 40歳 U20世界記録 [ ]• 樹立年の12月31日時点で年齢が20歳未満選手のみが対象となる。 6 () 3 10秒01 0. 2001年8月4日、(当時18歳)がエドモントン世界陸上2次予選で9秒97を記録したが 、風速計故障によるデータ不備で参考記録となり、世界ジュニア記録としても公認されなかった。 2008年6月28日に(当時18歳)が2次予選で10秒01を記録したが、ゼロコントロールテストが行われなかったのでジュニア世界記録として公認されていない。 2013年4月29日に(当時17歳)が織田記念予選で10秒01を記録したが、世界記録の条件となる風速計の設置がなく、ジュニア世界記録としては公認されなかった。 6 () 4 10秒01 0. 6 ユース世界最高記録 [ ]• 樹立年の12月31日時点で年齢が18歳未満であるユース選手のみが対象となる。 2 9 10秒24 0. 7 -0. 9 キャンディス・ヒル 4 11秒08 0. 7 -0. 5 () マスターズ記録 [ ]• 各年齢別の世界記録。 8 桐生祥秀 6月11日 0. 7 4月29日 2 11秒23 -0. 3 福島千里 北海道ハイテクAC 鳥取 2010年6月27日 -0. 5 福島千里 北海道ハイテクAC 2010年10月2日 9 11秒27 -1. 0 福島千里 北海道ハイテクAC 2009年11月11日 -0. 8 宮澤有紀 -0. 6 中村水月 ジュニア日本歴代10傑 [ ]• 樹立年の12月31日時点で年齢が20歳未満であるジュニア選手のみが対象となる。 男子 タイム 名前 所属 日付 1 10秒01 2 10秒05 東京陸協 3 10秒23 6 10秒24 7 10秒25 田村和宏 8 10秒27 竹田一平 女子 タイム 名前 所属 日付 1 11秒43 2 11秒46 3 11秒54 4 11秒56 石堂陽奈 5 11秒57 齋藤愛美 6 11秒60 三浦由奈 8 11秒61 青山華依 10 11秒62 高校歴代10傑 [ ] 男子 タイム 名前 所属 日付 1 10秒01 2 10秒22 3 10秒23 宮本大輔 5 10秒24 6 10秒27 7 10秒28 9 10秒29 女子 タイム 名前 所属 日付 1 11秒43 2 11秒46 3 11秒54 埼玉栄高等学校 4 11秒56 石堂陽奈 5 11秒57 齋藤愛美 6 11秒60 三浦由奈 7 11秒61 青山華依 9 11秒62 10 11秒64 玉城美鈴 高校学年別歴代記録 [ ] 男子・高校1年歴代10傑 タイム 名前 所属 日付 1 10秒45 2 10秒47 3 10秒48 4 10秒49 宮本大輔 5 10秒51 6 10秒52 7 10秒53 平野智也 9 10秒54 永田駿斗 井上直紀 女子・高校1年歴代5傑 タイム 名前 所属 日付 1 11秒60 2 11秒66 3 11秒71 木村茜 4 11秒81 齋藤愛美 男子・高校2年歴代10傑 タイム 名前 所属 日付 1 10秒19 2 10秒28 4 10秒30 5 10秒31 宮本大輔 6 10秒33 北村和也 7 10秒34 8 10秒37 9 10秒39 女子・高校2年歴代5傑 タイム 名前 所属 日付 1 11秒43 2 11秒56 石堂陽奈 3 11秒57 齋藤愛美 4 11秒61 青山華依 5 11秒63 男子・高校3年歴代10傑 タイム 名前 所属 日付 1 10秒01 2 10秒22 3 10秒23 宮本大輔 5 10秒24 6 10秒27 7 10秒28 8 10秒29 10 10秒30 女子・高校3年歴代5傑 タイム 名前 所属 日付 1 11秒46 2 11秒54 3 11秒59 4 11秒60 三浦由奈 5 11秒61 中学歴代10傑 [ ] 男子 タイム 名前 所属 日付 1 10秒56 宮本大輔 2 10秒62 中山智貴 3 10秒64 4 10秒67 5 10秒68 楊井佑輝緒 綱川隼人 立新津中学校 9 10秒69 太田貴裕 塚本ジャスティン惇平 女子 タイム 名前 所属 日付 1 11秒61 立朝霞第一中学校 2 11秒73 竹内彩華 立御影中学校 野林祐実 立桜木中学校 4 11秒79 鈴木くるみ 立上富良野中学校 6 11秒82 鈴木咲子 立大中山中学校 7 11秒86 田路遥香 立中央大学附属中学校 8 11秒87 大竹佑奈 浜松陸上 高須鮎香 立城北中学校 10 11秒88 第五中学校 中学学年別歴代記録 [ ] 男子・中学1年歴代5傑 タイム 名前 所属 日付 1 11秒16 2 11秒19 平野智也 2015年8月26日 3 11秒20 鈴木祐太 2007年10月26日 4 11秒26 立第二中学校 5 11秒28 宮本大輔 立周陽中学校 女子・中学1年歴代5傑 タイム 名前 所属 日付 1 11秒98 ハッサン・ナワール 立第五中学校 2 12秒01 天城帆乃香 立天竜中学校 3 12秒19 北祐子 立蒲原中学校 4 12秒25 須川真衣 5 12秒29 村松麻美 税田ジェニファー璃美 男子・中学2年歴代5傑 タイム 名前 所属 日付 1 10秒75 宮本大輔 立周陽中学校 2 10秒80 高柳靖 立毛野中学校 3 10秒83 田子大輔 立八幡東中学校 4 10秒86 立修善寺中学校 5 10秒87 藤井清雅 立君津中学校 女子・中学2年歴代5傑 タイム 名前 所属 日付 1 11秒88 第五中学校 2 11秒89 立朝霞第一中学校 3 12秒00 君嶋愛梨沙 立麻里布中学校 4 12秒01 鈴木咲子 立大中山中学校 5 12秒05 竹内彩華 立御影中学校 男子・中学3年歴代5傑 タイム 名前 所属 日付 1 10秒56 宮本大輔 立周陽中学校 2 10秒62 中山智貴 3 10秒64 立修善寺中学校 4 10秒67 立流山南部中学校 5 10秒68 楊井佑輝緒 綱川隼人 立新津中学校 女子・中学3年歴代5傑 タイム 名前 所属 日付 1 11秒61 立朝霞第一中学校 2 11秒73 竹内彩華 立御影中学校 野林祐実 立桜木中学校 4 11秒79 立大谷中学校 鈴木くるみ 立上富良野中学校 五輪・世界選手権における日本人入賞者 [ ] 五輪・世界選手権における日本人男子入賞者 [ ] 年 大会 開催国 選手名 成績 記録 1932 6位 10秒79• においてが6位入賞を果たした。 この種目では日本人初のファイナリストであり、アジア勢では初の快挙だった。 なお、これを最後にオリンピック・世界選手権を通じて男子100mで日本人ファイナリストは誕生していない。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• IAAF 2009年8月19日. 2009年8月23日閲覧。 IAAF. 2008年8月17日閲覧。 - IAAF• - IAAF• athletix. org. 2011年10月6日閲覧 2011年09月28日, at the. apulanta. 2012年2月13日閲覧• athletix. org. 2011年10月6日閲覧 2008年09月19日, at the. apulanta. 2012年2月13日閲覧• - www. alltime-athletics. - www. alltime-athletics. - IAAF• - IAAF• 2017年5月1日. 2017年5月1日閲覧。 2017年. 2017年8月26日閲覧。 2014年3月29日. 2014年11月7日閲覧。 - IAAF• - IAAF• - IAAF• - IAAF• 参考文献 [ ]• 記録年鑑2014、『月刊陸上競技』第49巻第5号、講談社、2015年4月号別冊付録。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• IAAF• JAAF• WMA• (スポーツコメンテーター) 2017年9月22日. 2018年4月8日閲覧。

次の