鼻 を つまむ と 臭い。 鼻の中が臭い原因!病気か?または汚れか?

鼻をつまむと臭いです。

鼻 を つまむ と 臭い

自分の鼻から嫌な臭いがする、皮脂のような汚れのような臭いが気になるという時には蓄膿症になっているかもしれません。 ここでは鼻が臭う原因や解消法、そして考えられる病気について触れていきたいと思います。 鼻が臭う? 鼻が臭うのはなぜでしょうか? ここでは原因や臭いの特徴について説明します。 鼻が臭い原因は? が臭いと感じるとき、原因は鼻だけでなくその周りの口や喉、そして内臓までも関係していることがあります。 鼻水が奥に溜まって膿が出てくると臭いが出るようになり、皮脂が酸化して毛穴につまることで臭いを発することもあります。 また、鼻だけでなく口の環境も影響してきます。 虫歯ができているために、虫歯菌が原因で鼻の奥に溜まって膿となることもあります。 また、 歯槽膿漏によっても口臭が鼻から出てくる時に臭いと感じます。 その他に、鼻の臭いは喉や内臓の状況も関係していると言われています。 喉に膿栓が溜まっていると悪臭が発生するため、鼻にまで臭いを感じるようになります。 内臓については腎臓や肝臓の機能が低下した時に臭いの元となる成分が血液の中に混じることがあり、肺に入ったあと口臭へとなっていくため、鼻で臭いを感じることになります。 このように、鼻の臭いの原因は鼻だけでなくその周りの口や喉、内臓などとも深い関係があるんです。 においの特徴は? 鼻で感じる臭いには原因がさまざまになるわけですが、においの特徴はどのようになっているのでしょうか? 鼻から息を吐いたときや唾をごくりと飲み込んだときに以下のような臭いを感じることがあったら、何か病気が隠れているサインと思ってよいでしょう。 ドブのような臭い• 腐敗臭• チーズのような臭い• 酸っぱい臭い• 生ゴミのような臭い• 硫黄のような臭い どの臭いも自分の鼻からは感じたくないと思ってしまいますが、鼻が臭いと感じる時にはこのどれかの臭いの特徴に当てはまる場合が多いです。 どんな臭いなのかよく確認して、原因を突き止めることが大切です。 解消法は?? 鼻の嫌な臭いを解決するための方法も紹介しましょう。 原因がはっきりとわかっている場合にはそれに適した解消法が良いですが、鼻に臭いを感じたときに試してもらいたい解消法をここでは説明していきたいと思います。 解決方法を紹介! 鼻の病気を治す 鼻の病気によって臭いが出ているケースが多いです。 そこで、どんな病気にかかっているのかを知り、正しい治療を行うことが大事です。 蓄膿症やアレルギー性鼻炎、風邪などが原因で鼻から臭いを発することがあります。 耳鼻科に行って鼻の状態をよく診察してもらいましょう。 その上で薬を処方してもらうなどして病気をしっかり治すことが大事です。 病気が原因の鼻の臭いなら、きちんと治療をすることで臭いは解消されます。 鼻を清潔にする 鼻から悪臭を出さないためには、鼻を清潔にすることも大事です。 鼻の奥に皮脂やゴミが溜まっていると、そこから臭いが発生することがあります。 鼻うがいという方法もあり、食塩水を使ってうがいをするのも有効です。 鼻から食塩水を吸い込むので痛みを心配する人も多いかと思いますが、痛みは感じずにできるといいます。 片側の鼻から食塩水を吸い込んでそれを口の中に溜めて吐き出すというものになります。 鼻で吸ったものを口から出すという流れになります。 これを行うことによって、鼻の奥にある臭いの原因も除去できるでしょう。 うがいをまめに行う 鼻うがいを行うと鼻の中の汚れをすっきり除去できますが、慣れるまでがちょっと難しいです。 そこで、普通のうがいをまずはまめに行うことから始めてみましょう。 喉の粘膜の部分や口内にある菌や食べかすをきれいに取り除くためにうがいを行います。 外出から帰ってきたときだけでなく、食後や気がついたときにうがいを心がけるだけでも鼻の悪臭対策ができます。 歯の治療をしておく 鼻の臭いは歯にトラブルが起きている時にも発生することがあります。 そこで、虫歯や歯槽膿漏は早めに治療をして治しておきましょう。 歯の病気を治すだけで口臭が予防できるので、鼻に感じる臭いも少なくなります。 サプリメントを摂取 鼻の臭いは原因や臭いの特徴を追求して改善することが大事ですが、サプリメントの力を借りることで効率よく対策ができることがあります。 サプリメントもたくさん種類がありますが、 口臭予防ができるタイプのサプリメントにすると鼻の奥の臭い対策にもつながります。 口臭対策のできるサプリメントはタブレットタイプもあればスプレーになっているものもあるので、日頃の生活の中で使いやすいものを選んで利用しましょう。 カテキン高配合の緑茶を飲む 気軽に始めれるのが、カテキンが配合された緑茶を毎日飲むことです。 カテキンには不快なネバネバをスッキリさせてくれる働きがあります。 強い実感力を求めるなら高品質なカテキンがたっぷり配合された「 白井田七。 茶」がおすすめです。 「白井田七。 茶」は茶葉を丸ごと粉末にしているので、栄養素をそのまま摂取できます。 また、農薬を一切使用していないので、とっても安全です。 カテキンもただのカテキンではなく、TVでも注目されているネバネバ対策成分「エピガロカテキンガレート」や優れた吸収性に持続性がある「メチル化カテキン」が配合されているので、実感力が全然違います! 病気も考えられることも忘れないで! 鼻の中の臭いが対策を行ってもなかなか改善しないという時は、鼻の病気が関係しているかもしれません。 ここでは鼻に臭いを感じる病気を2種類紹介します。 蓄膿症 鼻の悪臭でよく言われるのが、この蓄膿症です。 鼻の奥で炎症が起きている場合になる病気で、風邪や鼻炎がきっかけでかかることが多いです。 副鼻腔という空洞の部分に膿がたまることで蓄膿症になります。 膿から悪臭が出るようになるので膿を取り除くことが肝心になります。 副鼻腔の膿が鼻の奥を通ってくるので臭さを自分でも感じるようになります。 蓄膿症の症状としては、 常に鼻詰まりを起こしている、黄色や緑色の鼻水が出ることが多いといった点が挙げられます。 このような症状が感じられる場合には早めに耳鼻科を受診しましょう。 耳鼻科では鼻にカメラを挿入するなどして、鼻の奥の状況を診察してくれます。 その後膿が溜まっているとわかったら膿の吸引や副鼻腔部分へ薬を送り込んだり鼻水や菌の増殖を抑える薬を処方されます。 それでもしょっちゅう蓄膿症を繰り返すということになると、鼻の粘膜を焼くという治療法もあります。 臭鼻症 蓄膿症は鼻からの悪臭として有名な病気ですが、臭鼻症と呼ばれる病気によっても鼻から臭いを感じることがあります。 臭鼻症自体あまり聞きなれない症状ですが、別名では萎縮性鼻炎とも呼ばれています。 鼻の粘膜が薄くなることで乾燥し、かさぶたのような塊ができることで雑菌が繁殖して臭いを発するといった病気になります。 この臭鼻症は耳鼻科にいくと医師の目視によってすぐにわかると言われているので、不安に感じたら早めの受診がおすすめです。 臭鼻症は主に10代の人がかかりやすい病気で、40代以降にもなると発症する確立は非常に低くなると言われています。 若い人がかかりやすい病気の1つと言えるんです。 肉の腐ったような臭いを鼻で感じるようになり、呼気とともに外にも出てしまうので周りにも悪臭に気づかれてしまうことが多いです。 また、悪臭に自分が慣れてしまっている場合は周りの人に言われて気づくというケースもあるので、できるなら自分で気づいて早めに治療を行いたいです。 臭鼻症の症状としては、鼻の奥にかさぶたができることで鼻詰まりを感じる、頭痛がする、鼻からよく出血するようになる、嗅覚が鈍くなるといったものがあります。 悪臭とともに上のような症状を感じたら、臭鼻症を疑ってみましょう。 まとめ 鼻の中から臭いがするという場合には、自分が気づかないうちに病気が潜んでいるケースもあります。 臭いの特徴を見ていると、どれも自分の鼻から発したくない臭いとなっていますがトラブルが起きていると本当に悪臭を放つようになります。 それに自分で気づいてケアができるようにしたいです。 そして、日頃から鼻や口、喉、内臓系で異常を起こさないように健康管理をすることも大切です。 鼻の臭いは鼻からきているだけでなく、その他の部位が関係していることもあります。 鼻の臭いが皮脂や汚れによる臭いかな? と思って見過ごしていると、うっかり蓄膿症などの病気になっていることもあるので早めのケアが大事です。

次の

鼻の横をこすると臭い!その理由と原因を紹介するから直ちにニオイを消すべし

鼻 を つまむ と 臭い

先祖代々続くワキガ家系に生まれ先日『 腋窩多汗症・腋臭』と診断された ワキガサラブレッドの太郎です。 今回は鼻の横をこするとなんか臭い!変なニオイが気になるあたなに関する記事 鼻の横(小鼻)の部分で油が出やすいですよね。 何気なく触って「やば…油出てるからティッシュで落としとこう…」と思った時、小鼻を触った指が臭うことに気付いたんです。 もうホントにびっくりでしたよ。 「…コレって鼻の横のニオイ?なんでこんなに臭いの!?」衝撃でした。 どうしてこんなにも匂うのか! こんな経験をしたことのある方、あるいは今まさに自分の鼻のくささに衝撃を受けてこの記事にたどり着いた方。 これからあなたの鼻の横がめっちゃ臭い理由や原因から対処方法についてまとめましたので、ぜひ臭い鼻の対策にご活用ください。 脂くさい• 便のようなニオイ• 物が腐ったような、酸っぱい臭い など、あたなと同じように不快な臭いを感じいます。 人によってニオイの感じ方は違うもの。 とはいえ、こんなニオイを出しながら日常生活を送っているなんて考えたくないですよね。 では、どうして独特のニオイを発するのでしょうか? 小鼻の臭いニオイを発する理由や原因はなに!? 小鼻のニオイの原因には『 皮脂の酸化』と『 アポクリン腺』が大きく関係しています。 それでは、これから一つずつ詳しく解説していきます。 皮脂の酸化によって臭いニオイを発する理由や原因 小鼻が臭いなんて私だけ…!?と思っていたのですが、調べてみると意外と多くの人が同じ悩みを持っています。 これだけでもちょっとは救われた感じです。 では、ニオイの原因は何なのでしょうか? 毛穴の中にある皮脂腺から分泌されるのが皮脂。 もっと簡単に言えば顔の油です。 皮脂は皮膚に含まれている水分が蒸発して肌が乾燥することを防ぐとともに、空中にあるチリやほこりなどの外敵からも守り、皮膚の常在菌であるアクネ菌や表皮ブドウ球菌などのエサになることで弱酸性の状態を保ち、雑菌が繁殖しにくくするなどの働きがあります。 こうして挙げてみると、皮脂が肌にとって大切なものであることが分かります。 問題なのはこの 皮脂が過剰分泌をしたときです。 必要以上に皮脂が分泌されると余分な脂が毛穴に溜まります。 皮脂は空気や紫外線の影響によっても酸化するため、皮脂を放っておくとニオイの原因になります。 ちなみに、小鼻に角栓はありませんか?角栓は、毛穴の中で剥がれた角質と皮脂が混ざり合って酸化し、固くなったものです。 角栓の酸化がさらに進むと脂臭い酸化した臭いを発生させます。 これがニオイのもとになるのです。 アポクリン腺からの分泌物 ワキガ=アポクリン腺となるぐらいワキガ界では有名な言葉。 汗を分泌する汗腺には『エクリン腺』と『アポクリン腺』の2種類があります。 エクリン腺からの汗はほとんど水で構成されていてニオイがありません。 逆にアポクリン腺から分泌される汗には脂肪酸やたんぱく質、アンモニアなどの成分が混ざって含まれています。 この成分は常在菌である表皮ブドウ球菌などによって分解・代謝されるのですが、このときにニオイが発生してしまいます。 アポクリン腺は主に脇に存在しているのですが、実は小鼻にもあるんです。 しかも指などでこすると摩擦熱が起きてさらに強いニオイに変化してしまうという話も。 皮脂の酸化したニオイや常在菌から発せられるニオイが混じって、さらに強力なニオイを放っていることも考えられます。 どうすればこのニオイは消える!?臭い鼻のニオイ解決する対策方法をご紹介 ニオイの原因をご理解いただいたところで、これからこの臭いニオイを解決する方法をご紹介していきます。 鼻の横ニオイを消す一番の方法は何と言っても洗顔ですが、それ以外に当サイトでは3つの方法をご紹介しています。 あなたは正しい洗顔は出来ている?• 洗顔後の保湿は忘れていない?• ささっと濡れたタオルで拭き取ろう• 生活習慣を改善は鼻だけではなく体全体の臭いを抑える効果も それでは一つずつ上記の臭いニオイを改善する方法をご紹介していきます。 あなたは正しい洗顔が出来てますか? 小鼻のニオイをなんとかしたいと思うなら、まず 一番に正しい洗顔をすることをおすすめします。 最初はクレンジングで皮脂を落として、洗顔料を細かな泡になるまで泡立てたら、力を入れずに肌を包み込むように優しく洗ってあげましょう。 もし時間があるなら、 洗顔の前に蒸しタオルで肌を温めてください。 こうすることで毛穴が開いて奥まで洗うことができますよ。 お風呂で洗顔するなら一番最後に洗うのがおすすめです。 ただし、 皮脂を落としたいからと力を入れて洗ってしまうと、皮脂腺を刺激することになり逆効果。 「さっき洗ったのにもう油が出てる…」なんてことになるので注意が必要です。 また、皮脂を落とすために1日に4回、5回と洗顔をするのもご法度。 最初にお話した通り、皮脂は肌にとってなくてはならない存在です。 取り過ぎてしまうと 乾燥や小じわなど肌トラブルの原因となります。 ほかにも皮脂を取り過ぎてしまうと皮膚が肌を保護しようとして皮脂の分泌をさらに促進させ、過剰分泌の原因にもなります。 洗顔は1日に2~3回に止めておきましょう。 洗顔後は保湿を忘れずに 洗顔も大切ですが、洗顔後の保湿も大切です。 せっかくきれいに皮脂を洗い流しても、保湿をしていなければ肌の水分の蒸発を防ぐために皮脂を大量に分泌してしまい、結果的に過剰分泌に繋がります。 これでは意味がありませんよね。 洗顔後に化粧水をつけて保湿をすることで肌に与えた水分がそのまま留まるので、 皮脂が必要以上に分泌されることを防ぎます。 また、ハリのある柔らかい肌にもなるので一石二鳥ですね。 濡らしたタオルでふき取る 水やぬるま湯で濡らしたタオルで小鼻だけでなく顔全体を拭くだけでもニオイを軽くすることができます。 皮脂がふき取られるのでニオイの源を除去することになり、顔のべた付きも取れてサッパリしますよ。 なかには『いやいや、仕事の合間に化粧全消しみたいなことできないし』という女性はたくさんいますよね。 そんな人はミスト状化粧水を顔に吹きかけて、ティッシュなどを軽く押し当ててふき取ってください。 皮脂が浮き上がるのでニオイはもちろんのこと、その後の化粧直しも納得の仕上がりになりますよ。 油っこい食事やお肉が主食。 野菜やキノコ類、海藻類などはあまり食べない• ファストフードやコンビニの弁当、カップラーメンをよく食べる• お菓子にジュースなどの甘いものもよく食べる• ストレスを溜めがち• 日ごろから運動はあまりしない 当てはまる項目はいくつありましたか? これらの習慣はすべて皮脂の分泌を促すことばかりです。 油っこい食べ物や炭水化物、糖を多く含んだ甘い物ばかりを摂取していると大量の脂肪が体の中で作り出されてしまい、過剰な分は皮脂としても体外に排出されることになり、過剰分泌に繋がります。 また、ヒトの体はストレスを感じると男性ホルモンが活性化します。 男性ホルモンは皮脂の分泌を活性化させる効果をもっているため、 必要以上の皮脂が分泌されることになります。 また、運動をせずにあまり汗をかかない生活を続けていると、体の代謝が落ちてしまい糖質や脂質など皮脂のもととなる成分が余ってしまい、皮脂の分泌を増やす要因にもなります。 いろいろ試しても臭いが取れないという人は、食生活や生活習慣を見直しましょう。 まとめ 鼻の横が臭い原因は皮脂の酸化が主な理由です。 角栓は剥がれた角質と皮脂が混ざったものですが、これが酸化することで独得のニオイが発生ます。 また、皮脂腺の一つであるアポクリン腺からの分泌物には脂肪酸やたんぱく質、アンモニアなどの成分が含まれていて、肌の常在菌が代謝・分解するときにも強いニオイを発します。 鼻の横のニオイはいろいろなニオイが混じって、さらに強い悪臭を放っていることもあります。 このニオイを解決するためには正しい洗顔のあとに化粧水・保湿をしっかりと行う必要があります。 洗顔が難しいときには、水やぬるま湯などで濡らしたタオルで小鼻や顔全体を拭きましょう。 余分な皮脂を取ることができますよ。 その他にもミスト状化粧水を顔に吹きかけてティッシュで軽く抑えるように取るだけでも過剰に分泌された皮脂を取り除くことができます。 それでも臭いなら、生活習慣が影響して皮脂をたくさん出している可能性があります。 食生活やストレス、運動の有無などを中心に考え、改善点を模索しましょう。

次の

鼻をつまむと臭いです。

鼻 を つまむ と 臭い

鼻が臭いのは皮脂が原因? それでは病気以外ではどうでしょう。 鼻の周り、または鼻の中の 皮脂が原因、ということも考えられます。 皮脂は酸化すると、臭いを発します。 その臭いが強烈なんですね。 鼻の中の皮脂が 酸化する場合もあれば、外の皮脂が酸化する場合もあり、どちらも考えられます。 鼻を伸ばすと臭いんですけど!!これは何で? 鼻を伸ばすと臭いが強くなる!そんな声を聞くことがあります。 鼻を伸ばすと、鼻の中の表面積が広がって臭いを感知しやすくなるからではないかと言われています。 その臭いの原因は上記した皮脂であったり、鼻の奥に溜まった膿である可能性が高いでしょう。 余分な皮脂の発生を身体の中から抑える方法 鼻をつまんだりこすったりすると臭うのは何で? 私がよく感じるのは、 鼻をつまむと臭いが強くなるということ。 皆さんも感じませんか?これは恐らくその指についた皮脂の臭いではないかと思います。 また、こすったりつまんだりして鼻の中の酸化した皮脂が皮膚から少し離れると、そこに隙間ができます。 その離れたことによって麻痺していた嗅覚が復活するからではないかとも考えられます。 これは鼻を伸ばしたときに皮脂が離れた場合にも考えられますね。 風邪のときに臭くなるのはなんで? 風邪を引いたときに臭いが強くなるということもあります。 風邪のときって、最初サラサラした鼻水なんですけど、治りかけになると黄色くなりますよね? そして、さらさらはあまり臭わないんですけど、あの黄色いのが臭い!! 風邪を引くと 鼻の粘膜が炎症します。 その炎症が鼻の奥の副鼻腔まで達すると副鼻腔炎となり、膿がたまるようになります。 その膿が臭っているんですね。 そして風邪を引かなくても黄色い鼻水が出る場合は慢性副鼻腔炎という、いわゆる蓄膿症になります。 私も子供の頃蓄膿症になりました。 あれ、辛いんですよね。 臭いもそうだし、何よりも耳鼻科で吸われるのが怖かった・・・(泣) いまでも若干トラウマです。 これは鼻血が原因でしょう。 粘膜が薄い方は鼻を噛むだけで出血して大変ですよね。 私は軽く鼻をぶつけただけでだらーっと出てしまう程薄く、あだ名がは鼻血まんでした。 ひどい話ですよね・・・笑 血の臭がした際にティッシュを入れても血がつかない場合は、 鼻の奥の方で出血していることもあります。 その場合喉のほうに血が落ちてくることがありますが、その血を飲み込むと胃に負担をかけるのでなるべく吐き出したほうが良いでしょう。 また、鼻血は重大な病気の可能性も考えられるのであまりに頻繁に起きたり、止まらなかったりする場合は病院へ行ったほうが良いでしょう。 鼻の臭いがわからない!! 今までとは違った悩み、詰まっているわけではないのに鼻の臭いがわからない原因はなんでしょう。 一つに皮脂(鼻くそ)がびっしり張り付いてしまうと臭いを感じる細胞が外気の臭いを感じられなくなるということがあります。 ただ重大な病気であったり、栄養不足が原因であることも考えられます。 脳や神経の異常 頭部を強く打つなどした場合、臭いを感じる嗅細胞と嗅球の間が断絶してしまうと臭いを感じられなくなってしまいます。 嗅細胞異常 風邪のウイルスにより嗅細胞が攻撃されると臭いが感じられなくなってしまいます。 また亜鉛不足やビタミンが不足してしまうとその攻撃された嗅細胞が回復できなくなってしまい、慢性的に臭いが感じ辛くなります。 ニオイ分子が届かない 上記の皮脂が溜まっている場合に近いですが、こちらは蓄膿症やアレルギー性鼻炎のために鼻腔の奥までニオイ分子が届かないために引き起こされます。 こちらも素人目で判断するのは難しいことがあります、長期的に改善されない場合は専門的は医療機関の受診をおすすめします。 鼻がタバコ(煙)臭い これは吸ってしまったタバコ(煙)が鼻の皮脂に付着してしまっているのでしょう。 私は非喫煙者ですが、飲食店にいってまれに喫煙席に通されたときは鼻の中が煙草臭くなってしまい、しばらく取れません。 ティッシュなどで鼻掃除をすると消えることがあるので、そーっとですが、汚れを取っていくと良いでしょう。 対策 蓄膿症、副鼻腔炎・・・軽度の場合は以下のツボ押しなどで対策もとれます。 ただ、こちらは耳鼻科などの専門的な医療機関の受診をおすすめします。 鼻の中の皮脂、タバコ・・・やさしく鼻掃除をするか鼻うがいがおすすめです。 鼻うがいについては下記動画で詳しく解説しています。 小鼻の皮脂・・・洗顔や、専用の化粧水などがおすすめです。 まとめ.

次の