石田 純一 コロナ 経緯。 石田純一の感染経緯がヤバすぎる⁉宿泊したとみられる那覇市のホテルも臨時休業へ 場所はどこ?

石田純一のコロナ感染経路や病状は?入院先病院と沖縄宿泊ホテルも!

石田 純一 コロナ 経緯

【芸能 覆面座談会】志村けんさんに続いて岡江久美子さんが新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなりました。 長年、お茶の間で愛された2人の訃報に大きな悲しみが広がっています。 今回もおなじみのメンバーがコロナ禍の話題を中心に振り返ります。 ワイドデスク 石田純一が新型コロナウイルスに感染した。 リポーター いきなりの発表で驚いた。 本紙デスク 経営する沖縄県の冷麺屋の今後を話し合うため、現地入りし発病したと発表したのが先月15日。 ところが現地でゴルフ場に行っていたという情報が発表翌日に入り、所属事務所に確認を入れたところスタッフも把握しておらず、大慌て。 必ずしもゴルフが悪いわけではないが軽率ではあった。 リポーター 行動に批判が起こりました。 ワイドデスク 気持ちは分からなくもないが、結局石田が行ったとみられるゴルフ場や滞在したホテルは、臨時休業や消毒などの対応に追われたからね。 週刊誌記者 その数日後、石田が5日に訪れた北関東のゴルフ場内で感染した疑いを報じたのはスポニチだったね。 本紙デスク 石田と一緒にラウンドしていた男性が、石田と同じ時期に体調不良になり入院したと情報が入った。 調べると、プレーの後の「寿司を食べる会」にわざわざ呼ばれた女性が2人いて、うち1人が石田らより早い段階でPCR検査を受けていたことが分かった。 もう1人の女性も高熱を出していて、2人とも当日の体調は見るからに優れなかったという話もあった。 ワイドデスク 女性の影がちらつくのが、若かりし頃に名うてのプレーボーイとして鳴らした石田らしいというか、何というか。 本紙デスク 入院中は、妻でプロゴルファーの東尾理子には、マメにLINEで連絡してたみたい。 リポーター さすがに、頭が上がらないんですかね。 その姿が目に浮かぶようです。 週刊誌記者 体調はどうなのかね。 本紙デスク 入院直後に「アビガン」の大量投与を2度受けたのがよかったのか、症状自体は早くに治まっていたという。 ワイドデスク 23日にフジテレビの電話生出演をドタキャンして心配されたけど…。 本紙デスク 実のところは、その前後に頻繁にメディア取材に応じていたことを医師から怒られたそうだ。 根はいい人だから、サービス精神でやってたんだろうけど、ちょっとやりすぎちゃった。 リポーター やっぱりどこか憎めない人。 反省すべき点は山ほどあると思うけど、何はともあれ、無事な復帰を願いたいです。

次の

坂上忍、石田純一をインタビュー 新型コロナ感染経緯、症状などを聞き出す

石田 純一 コロナ 経緯

新型コロナウイルスに感染したことを公表した俳優の石田純一(66)が、23日放送のフジテレビ系『直撃!シンソウ坂上』(毎週木曜 後9:00)に出演。 MC・坂上忍のインタビューに応じ、治療中の現状を告白する。 感染後のテレビ初インタビューとなった今回、石田がこれまで知られていなかった感染までの経緯や、どのような症状に襲われたのかなどを報告。 新型コロナ感染の不安と戦う視聴者に伝えたいこととは。 新型コロナウイルス感染者の増加で、医療崩壊の現実が迫っていると指摘される中、番組では実際に感染症病棟で働く医師と看護師7人を独自で取材。 医療現場のリアルな声とエピソードをもとに、新型コロナウイルスに立ち向かう最前線の現場をオリジナルドラマで描き出す。 感染の疑いがある患者とほかの急患が同時にきた時に、現場はどのような判断をしているのか、足りない医療物資をどう使っているのか、そして医療従事者はどのような生活を強いられているのか。 そして「もしも自分が感染したら」という不安。 そこには、限界を迎えつつある、医療従事者しか知らない過酷な現実があった。 さらに、新型コロナ感染では、その感染経路を追い切れないケースが続々報告されており「もしも、同居している家族に感染の疑いが出たら」という疑問は多くの視聴者にとって切実な問題となっている。 番組では、もし身近な人に疑い症例が出た場合に「家庭内感染を防ぐために何をすればいいのか?」という視点で感染症の専門家たちに緊急アンケートを実施。 意外と知られていない対策と身近な疑問を独自のドラマで描き出す。

次の

石田純一が新型コロナウイルス闘病を語り炎上 「体験談でひと稼ぎとか舐めてんのか」|ニフティニュース

石田 純一 コロナ 経緯

新型コロナウイルスに感染したことを公表した俳優の石田純一(66)が、23日放送のフジテレビ系『直撃!シンソウ坂上』(毎週木曜 後9:00)に出演。 MC・坂上忍のインタビューに応じ、治療中の現状を告白する。 感染後のテレビ初インタビューとなった今回、石田がこれまで知られていなかった感染までの経緯や、どのような症状に襲われたのかなどを報告。 新型コロナ感染の不安と戦う視聴者に伝えたいこととは。 新型コロナウイルス感染者の増加で、医療崩壊の現実が迫っていると指摘される中、番組では実際に感染症病棟で働く医師と看護師7人を独自で取材。 医療現場のリアルな声とエピソードをもとに、新型コロナウイルスに立ち向かう最前線の現場をオリジナルドラマで描き出す。 感染の疑いがある患者とほかの急患が同時にきた時に、現場はどのような判断をしているのか、足りない医療物資をどう使っているのか、そして医療従事者はどのような生活を強いられているのか。 そして「もしも自分が感染したら」という不安。 そこには、限界を迎えつつある、医療従事者しか知らない過酷な現実があった。 さらに、新型コロナ感染では、その感染経路を追い切れないケースが続々報告されており「もしも、同居している家族に感染の疑いが出たら」という疑問は多くの視聴者にとって切実な問題となっている。 番組では、もし身近な人に疑い症例が出た場合に「家庭内感染を防ぐために何をすればいいのか?」という視点で感染症の専門家たちに緊急アンケートを実施。 意外と知られていない対策と身近な疑問を独自のドラマで描き出す。

次の