片栗粉 餅とり粉 違い。 上新粉の代用は片栗粉・白玉粉・米粉どれが一番いいの?

餅とり粉とは?片栗粉の違いは?代用品はコーンスターチでも出来る?

片栗粉 餅とり粉 違い

スポンサーリンク 餅とり粉とは?片栗粉の違いや代用品は 餅とり粉とは? (画像引用元:) 餅とり粉は手粉とも呼ばれ、お餅が手や台につかないようにする粉です。 主要な成分はでんぷんです。 昔から上新粉や片栗粉が使用される事が多かったようですが、最近ではコーンスターチが用いられる事も多いようです。 片栗粉との違いは? 現在「餅とり粉」として市販されているものは コーンスターチが主流なので、片栗粉とは原材料がちょっと違います。 コーンスターチはとうもろこしからでんぷんを抽出したもの。 片栗粉は馬鈴薯をはじめとしたじゃがいもから取ったでんぷんです。 スポンサーリンク 代用は可能? 実は餅とり粉・コーンスターチ・片栗粉はそれぞれ代用する事が可能です。 アジア圏ではあんかけなどのお料理のとろみ付けに片栗粉を使用する事がほとんどですが、これもコーンスターチや餅とり粉でも代用ができます。 (画像引用元:) カスタードクリームを作る時にはコーンスターチが欠かせませんが、これもまた片栗粉や餅とり粉で代用ができます。 (画像引用元:) 同様に、お餅をくっつきにくくするために片栗粉やコーンスターチを使う事ができるそうです。 (画像引用元:) ただし、厳密には精製の度合いや性質が少しずつ違うので完全な代用という訳にはいかないかもしれません。 コーンスターチは少し苦味があり、ザラつき感があるので本格的な和菓子などを作る時の餅とり粉として使うには不向きです。 とは言っても、主原料の1つではなく表面に少しまぶす程度なので、一般家庭で使用する上では代用しても問題がないのではないでしょうか。 特に欧米諸国や東南アジアでは餅とり粉や片栗粉が販売していない事も多いようです。 そんな時はコーンスターチで十分だと覚えておくといいですね。 餅とり粉と片栗粉の原料に違いがあるが代用が出来る 私の実家では年末に、親戚総出で各家庭分の御鏡とお正月のお餅をついていました。 その時は餅とり粉も何kg単位で使っていたようですが、今ではそこまで使う事もありません。 片栗粉やコーンスターチで代用できるとなってしまうとなると、ますます餅とり粉を個別に買わなくなってしまうなぁと、少し感傷的になってしまいました。 みなさんも餅とり粉の存在意義が無くなりそうですが、うまく活用していきましょう! せばな~.

次の

上新粉の代用は片栗粉・白玉粉・米粉どれが一番いいの?

片栗粉 餅とり粉 違い

以前和菓子教室に通っていましたが、そのような疑問を持たずに材料を使っていたので、この機会に調べてみました。 参考URL 確かに粉の種類って多いですよね。 ですが大別すれば分かりやすいと思いますよ。 小麦粉=強力粉(生地が固くねばりがでる)中力粉(強力粉より下)薄力粉(一番弱い) 片栗粉=でんぷん質であり水と溶けにくい・熱を加えるとのり状になる=あんかけとかとろみをつける時 上新粉・もち粉・団子粉=もち米から作られますが歯ごたえがあり、比較的コシのある硬めの生地になる 白玉粉=もち米・うるち米が原料で肌理が細かい。 柔らかくなめらかな生地に仕上がる 大雑把に分けるとこんな感じになるでしょうか? 粉の性質を考えながら料理・お菓子に利用すると言えますが、あれがダメならこれで・・・という代用品 としてもそれぞれ使えますよ。 ちなみに麺は小麦粉やそば粉のイメージがありますが、東南アジアの ベトナム」に「フォー」という麺を使った麺料理があります。 ほぼ一年通して熱帯気候なので小麦の生産 には向きません。 ですので「フォー」は米粉を利用しているのだそうです。 私もあまり粉に閑して詳しいことは分かりませんので・・・・・この程度ですみませんでした。 白玉粉、団子粉、上新粉・・・。 お団子を作るための粉は色々ありますが、その違いをご説明します。 和菓子に使われる粉は上新粉や白玉粉のほか、道明寺粉、みじん粉、わらび粉、片栗粉、きな粉など、たくさんあることは、すでにご存知の通り。 その違いは原料と製法です。 【上新粉】 上新粉はうるち米が原料です。 うるち米を精米、製粉したもので、月見団子のほか、端午の節句のかしわ餅などに使われます。 原料のうるち米は、普段私たちが食べているご飯のお米のことです。 蒸してから良くこねることで、軟らかくつややかに仕上がります。 (ぬれ布きんで包んで捏ねると、捏ねやすいです) ご飯もそうですが、冷めて乾燥すると硬くなるし、美味しさ半減してしまいますよね。 また、なめらかさではもち米に劣るので、お団子に白玉粉を少し混ぜたり、山芋粉を加えたりして、食感、風味をupするというワザもあります。 みたらし団子のようにはじめにコーティングしてあげると美味しさが長持ちします。 【白玉粉】 白玉粉はもち米が原料です。 もち米を粉にして水に浸し、さらして乾燥させたものです。 軟らかくて弾力のあるお団子は、もちもち感が特徴です。 ぜんざいだけでなく、フルーツと合わせるなど色々なデザートにも使われます。 ただ、白玉団子は冷めるとダラーンと型崩れしてしまうので、お供えの団子には不向きですね。 白玉粉での団子作りは、捏ねて丸めて茹でるだけなので簡単です。 ただし、軟らかくなり過ぎるのが弱点です。 茹であがったら即、冷水にちょっと浸すと、食感が引き締まります。 【団子粉】 団子粉はうるち米ともち米のブレンドです。 うるち米やもち米の弱点を補い、団子を作りやすい粉になっています。 白玉粉と同様に捏ねて丸めて茹でるタイプですね。 蒸さずに団子が作れるので、簡単にきれいな団子を作るには、団子粉がお奨めです。 茹でた後は、上新粉と同じように自然に冷まします。 ちなみに、もち米よりリーズナブルなうるち米を使うので、価格はもち米より安めです。 余談ですが、もち米を原料とした粉にはこの他にも、求肥粉、道明寺粉(桜餅など)、みじん粉(落がんなど)もあり、それぞれ製法が違います。 どれも日本の自然から生まれたものばかりです。 上新粉はお米から、片栗粉はジャガイモから作られていますので、上新粉=片栗粉とはなりません。

次の

白玉粉・上新粉・もち粉・だんご粉の違いと代用について

片栗粉 餅とり粉 違い

A ベストアンサー リンク先のページの真ん中あたり誕生祝 満一歳の誕生日 の欄に書いていますが、一升餅は一升のもち米でついたお餅で良いですよ。 実際にお餅をついたりするとわかると思いますが、お餅はつきたてすぐ 熱いうち に形を整えないときれいな型に仕上がりません。 例えば重さが足りないからといって、後からついた餅をもってきて引っ付けても、そこに境目が出来てきれいな丸になることはありません。 ですから、現実的に考えてもつくときにどれだけのお米を使ったかということになってきます。 たまたまなんでしょうけど一升 1. 8L:重さでなくて体積です の米を使うと、重さが2kgぐらいのお餅が出来るみたいなので悩ましいとことですね。 nishi. htm A ベストアンサー 餅の原料のもち米はほとんどデンプンから出来ています。 もち米に水分を加えて加熱すると、「糊化」という現象が起こってデンプン質が柔らかく消化が良い 状態に変化します。 これが餅です。 しかし、時間が経つと餅のデンプン質が(もち米の時の)元の固い状態に戻ろうとします。 これをデンプンの「老化」と言います。 古くなったご飯やパンが固くなるのも同じ現象です。 ですが、餅の中に砂糖を入れてやることで「老化」現象が起こるスピードを遅くすることができまして、 やわらかさが長く持続します。 市販の大福が長期間柔らかいままなのはそのためです。 他にもORUKA1951さんの言われるようにある種の添加物や、砂糖以外の糖類(トレハロースなど)を 加えることによっても老化を遅らせる(柔らかさが長持ちする)ことができます。 osaka-kyoiku. html A ベストアンサー 筍のえぐみは筍が大きかったり、採ってから時間が経っているからだと思うのですが。 スーパーマーケットなどで買ったんですよね?朝堀りと名前がついていても、時間がずいぶん経っていたりしますよね。 ということで、えぐみのある筍は元々に問題があるのでは。 私もyokorinさんと同じようにして下処理しますが、えぐい筍はこういうものだとあきらめてしまいます。 実はえぐい筍はバターで仕上げると、えぐみが独得の風味に変っておいしくなるんです。 えぐみの強い筍を薄くスライスして、塩、胡椒を振り、小麦粉を付けて、バターで焼きます。 筍のムニエルですね。 これ、ほんとおいしいですよ。 もう、煮物にしてしまったのであれば、筍ご飯にしてしまいましょう。 こうすれば、えぐみも気にならなくなるはず。 にんじんと油揚げを用意して、一緒にご飯と炊きこんで、木の芽を飾りましょう。 木の芽は筍のえぐみを感じにくくさせてくれますよ。 そうだ、煮物に山椒を振りかけてみてください。 少しはえぐみが気にならなくなりませんか?それで食べられるようになれば一番簡単ですよね。 小さめに切って、かつお節、山椒をからめてみたらどうでしょうか? 筍のえぐみは筍が大きかったり、採ってから時間が経っているからだと思うのですが。 スーパーマーケットなどで買ったんですよね?朝堀りと名前がついていても、時間がずいぶん経っていたりしますよね。 ということで、えぐみのある筍は元々に問題があるのでは。 私もyokorinさんと同じようにして下処理しますが、えぐい筍はこういうものだとあきらめてしまいます。 実はえぐい筍はバターで仕上げると、えぐみが独得の風味に変っておいしくなるんです。 えぐみの強い筍を薄くスライスして、塩、胡椒を振り、小麦...

次の