横山やすし 死因。 横山たかしさんが死去!死因・理由は腸腰筋膿瘍?入院してた病院はどこ?

横山たかしさん死去 相方ひろしが最後の会話明かす

横山やすし 死因

「毎度っ! 横山や。 日本一の天才漫才師・横山やすし(享年51)は波乱の後半生を送り、玉砕するかのように早世した。 今なお関西を中心に人気は絶大。 デビュー前からの「恩師」であるプロデューサーの澤田隆一氏が追想する。 澤田 いや、もっと早くて彼が中学1年生の時。 僕がやっていた「漫才教室」(ABC)というラジオ番組に、本名の木村雄二で応募してきたけど、すでに天才だったね。 彼の相方が何にもできない子だったから、木村君が1人で「ツッコミボケ」をやって、ネタも自分で書いていたよ。 ラジオ、テレビともにお笑い番組を多く手がけ、特に「てなもんや三度笠」は60%以上の視聴率を獲得。 以降も「新婚さんいらっしゃい!」や「花王名人劇場」など、ヒット作を量産した。 澤田 ところが最初は「コンビ別れの名人」と言われるくらい、相方が定着しなかった。 西川きよしさんに白羽の矢が立った時も、周りは「やめとけ」言いよったけど、きよしさんもヘレンさんに子供ができて、金が必要。 それで組んだら、あっという間にトップに立った。 澤田さんが手がけた「花王名人劇場」も、ブームに大きく貢献した。 澤田 だけど、最初はやすきよを推していない。 当時は「プロポーズ大作戦」など司会ばっかりで、漫才はほとんどやってなかった。 番組で「激突!漫才新幹線」という企画を立てた時も、東は星セント・ルイス、西は圧倒的におもしろかったWヤングに決めていた。 澤田 ところが、Wヤングの中田治雄が野球賭博の借金苦から命を絶った。 誰か代わりを探さないといけない。 そこで、やすきよにって話になったんです。 やっさんは野球なんか知らへん。 ボートはやるけど、賭けるんじゃなくて乗るほうやと。 澤田 それまで1桁だった視聴率が10%を超えて、以来、漫才と「裸の大将」が両輪となって長寿番組になりました。 久米宏と組んだ「TVスクランブル」(日本テレビ系)では酔って暴言を吐いたり、ドタキャンをしたために降板。 86年に相方が参院選で当選すると、さらに荒れていたように思います。 澤田 ボタンの掛け違いはあったでしょうね。 結局、スポーツ紙で出馬が明らかになると「自分に言わんと新聞に先に言うた」とキレた。 実際は西川さんがリークしたんじゃなく、別のルートから入ってきた話だったんですが。 澤田 医者から「このまま飲んだら死にますよ」と。 ただ「ビールならええでしょ」と言われて、ずっとビールばっかり。 それから息子(木村一八)の件もあって謹慎を繰り返し、たまたま私と作家の小松左京さんがホテルで打ち合わせていたら、やっさんが通りかかった。 酔った小松さんが「お前は正しい」と言うと、やっさんは「酒飲んで言わんでください」と照れくさそうに言った。 ところが、その3日後にビール飲んで車を運転して、バイクに乗った男をはねてしまった。 澤田 あれでやっさんは糸が切れてしまった。 何者かに殴られて、ロレツも回らんようになったけど、電話をかけてきては「キー坊と漫才やりたい」と言い続けてた。 人生の前半でラッキーを使い果たしたけど、亡くなってもやっぱり人気があるのはやっさん。 あれだけの天才というのは二度と出てこないでしょうね。

次の

横山やすし

横山やすし 死因

1970年代を代表する大阪の漫才コンビ「やす・きよ」で 知られる横山やすし(本名:木村雄二)は、不祥事の相次いだ1989年に 吉本興業を解雇され、しばらくはVシネなどのフリーランス活動で再起を目指した が、1992年8月6日、自宅前で何者かに急襲され重体に。 そのまま完全な復帰を 果たせないまま1996年明けに52歳の生涯を閉じた。 吉本興業からの除名が事実上、芸能界からの追放を意味することを考えても、 横山の多難な前途は想像に難くなかったが、この暴行事件はそれからの横山の 芸人活動の殆ど全てを奪ってしまったといっても過言ではなく、事実上の殺人で あった。 1992年、8月6日。 選挙落選の自棄酒を浴びた横山はタクシーで大阪の自宅へ 戻る。 降車して家に入る前に待ち伏せした何者かに襲われ、金属バットのようなもので頭部を連打され重体に。 それに気付いた長男の木村カズヤがドアの外で介抱し、 横山は救急病院に運搬された。 つまり、タクシー運転手と別れ、木村カズヤに起こされる、その間に横山に接近した 何者(ミスターX)かが犯人というわけである。 タクシー運転手と木村カズヤの間に入った人物といえば過去に 相楽ハル子がいたが無論別件、別の意味である。 インターネットでは、次の2説がとりあげられている。 1.犯人木村カズヤ。 横山は自宅前の路上でなく、帰宅したあと、息子のカズヤに 暴行を受けた。 木村カズヤは、その4年近く前、タクシー運転手に路上で瀕死の 重傷をおわせており、3年後にもアメリカ人相手にやはり路上の障害事件を起こして いる。 カッとなって暴力をふるう習性があるのでホシである可能性は大。 2.犯人星山家にまつわる人脈の誰か。 木村カズヤに瀕死の怪我をおわされた タクシー運転手は、在日朝鮮人の星山英俊氏である。 朝鮮人は家族、特に親のためには 犠牲を払わない献身的な性質をもつ民族である。 チベットよわー 2010年7月13日 17:24:33: Xy93FIMaJupUQ: aX0Rknmpng 小林信彦は著書の中で、 「犯人は横山に深いコンプレックスを持つチンピラ」だと 断言している。 つまり遺恨が原因の犯行だということ。 チンピラが木村カズヤを示していることは明らかである。 高信太郎は著書の中で 「飲み屋で勃発した喧嘩でヤクザにやられた」と書いている。 つまり、やられてから前後不覚の状態でタクシーに乗り たどり着いたところを木村カズヤや家族が病院に転送したということ。 これは怪我の程度からしてまず考えられないだろう。 横山の元弟子や、芸人関係(横山に将来を奪われたり、業界を追われたりした 者やその周囲の人間)のしわざとすれば、警察の取調べで黙る必要はない。 選挙での やはり、木村カズヤか、星山(在日朝鮮人の李)一家かしかありえない。 当時、木村は助演したメジャー映画「いつかギラギラする日」が大々的な 宣伝の元、公開されている真っ最中であり全国的な注目を意識していたものと 思われる。 いわば更正後はじめて煌びやかなスポットの当たった人生絶頂の 時に家庭暴力をおこしてまたもや人に瀕死の重傷を負わせることは確かに 考えがたくはある。 星山氏のほうはといえば、全国進出に成功し企業株を上昇させているころの 吉本興業から十分以上の慰謝料を受け取っており、ある程度の鬱積は解消されて いたのではないかと考える。 92年のあの段階で仕返すだけの意志が働いたか? どうしても暴行事件との関連が疑われる選挙落選についていえば、 もし選挙での横山の立ち振る舞いをよく思わない人間(伸介の東大受験のときも 横から批判をする者がいたが、芸人が上層社会を目指すにはよっぽどの摩擦が あることは覚悟しないといけない。 吉本を追われた横山には何のサポートも なく酒で勢いづくだけの丸腰であった。 )のしわざだとしたら、これも 黙秘することがありえない。 チベットよわー 2010年7月14日 14:45:07: Xy93FIMaJupUQ: aX0Rknmpng 木村カズヤは、石原真理子や藤あや子らとの交際でもわかるように いわゆる「トラブルの多い相手役」に引かれる、引き合うことが容易に 予想される男だ。 ずばり、「いつかギラギラする日」で共演した荻野目慶子に 惚れていた可能性は高い。 しかし、木村x荻野目のエリート子役の成れの果てカップルが誕生することは なく、かわりに実ったのは監督と荻野目の不倫であった。 「いつかギラギラする日」の監督である深作欣二と荻野目慶子が人目を 忍んでハメあう仲になったのは、撮影中のことであるという。 この恋愛が共演者に与えたインパクトは絶大だったはずである。 慶子にココロを奪われていた22歳の木村カズヤにとっては大変な ハートの痛手だったことは容易に予想される。 「このオッサン、殺したろか」 木村カズヤは壮年の監督に対する敵意、自分を裏切った(主観的には) 慶子への殺意をつのらせた。 そして1992年8月6日、酔っ払った木村カズヤは深作に似た裏社会の 匂いがする眼鏡にロマンスグレーの小男と自宅で遭遇した。 男は息子である 木村カズヤなど目にもとめずにこういったのだ。 「ケイコ〜、帰ったぞ」 出迎えようとする蛍子夫人を押しのけ木村カズヤは横山におどりかかった。 ・・・・・・・・・これが事件の真相ではないのか。

次の

横山やすしの芸人生命を奪った暴行事件の犯人とは??? チベットよわー

横山やすし 死因

1970年代を代表する大阪の漫才コンビ「やす・きよ」で 知られる横山やすし(本名:木村雄二)は、不祥事の相次いだ1989年に 吉本興業を解雇され、しばらくはVシネなどのフリーランス活動で再起を目指した が、1992年8月6日、自宅前で何者かに急襲され重体に。 そのまま完全な復帰を 果たせないまま1996年明けに52歳の生涯を閉じた。 吉本興業からの除名が事実上、芸能界からの追放を意味することを考えても、 横山の多難な前途は想像に難くなかったが、この暴行事件はそれからの横山の 芸人活動の殆ど全てを奪ってしまったといっても過言ではなく、事実上の殺人で あった。 1992年、8月6日。 選挙落選の自棄酒を浴びた横山はタクシーで大阪の自宅へ 戻る。 降車して家に入る前に待ち伏せした何者かに襲われ、金属バットのようなもので頭部を連打され重体に。 それに気付いた長男の木村カズヤがドアの外で介抱し、 横山は救急病院に運搬された。 つまり、タクシー運転手と別れ、木村カズヤに起こされる、その間に横山に接近した 何者(ミスターX)かが犯人というわけである。 タクシー運転手と木村カズヤの間に入った人物といえば過去に 相楽ハル子がいたが無論別件、別の意味である。 インターネットでは、次の2説がとりあげられている。 1.犯人木村カズヤ。 横山は自宅前の路上でなく、帰宅したあと、息子のカズヤに 暴行を受けた。 木村カズヤは、その4年近く前、タクシー運転手に路上で瀕死の 重傷をおわせており、3年後にもアメリカ人相手にやはり路上の障害事件を起こして いる。 カッとなって暴力をふるう習性があるのでホシである可能性は大。 2.犯人星山家にまつわる人脈の誰か。 木村カズヤに瀕死の怪我をおわされた タクシー運転手は、在日朝鮮人の星山英俊氏である。 朝鮮人は家族、特に親のためには 犠牲を払わない献身的な性質をもつ民族である。 チベットよわー 2010年7月13日 17:24:33: Xy93FIMaJupUQ: aX0Rknmpng 小林信彦は著書の中で、 「犯人は横山に深いコンプレックスを持つチンピラ」だと 断言している。 つまり遺恨が原因の犯行だということ。 チンピラが木村カズヤを示していることは明らかである。 高信太郎は著書の中で 「飲み屋で勃発した喧嘩でヤクザにやられた」と書いている。 つまり、やられてから前後不覚の状態でタクシーに乗り たどり着いたところを木村カズヤや家族が病院に転送したということ。 これは怪我の程度からしてまず考えられないだろう。 横山の元弟子や、芸人関係(横山に将来を奪われたり、業界を追われたりした 者やその周囲の人間)のしわざとすれば、警察の取調べで黙る必要はない。 選挙での やはり、木村カズヤか、星山(在日朝鮮人の李)一家かしかありえない。 当時、木村は助演したメジャー映画「いつかギラギラする日」が大々的な 宣伝の元、公開されている真っ最中であり全国的な注目を意識していたものと 思われる。 いわば更正後はじめて煌びやかなスポットの当たった人生絶頂の 時に家庭暴力をおこしてまたもや人に瀕死の重傷を負わせることは確かに 考えがたくはある。 星山氏のほうはといえば、全国進出に成功し企業株を上昇させているころの 吉本興業から十分以上の慰謝料を受け取っており、ある程度の鬱積は解消されて いたのではないかと考える。 92年のあの段階で仕返すだけの意志が働いたか? どうしても暴行事件との関連が疑われる選挙落選についていえば、 もし選挙での横山の立ち振る舞いをよく思わない人間(伸介の東大受験のときも 横から批判をする者がいたが、芸人が上層社会を目指すにはよっぽどの摩擦が あることは覚悟しないといけない。 吉本を追われた横山には何のサポートも なく酒で勢いづくだけの丸腰であった。 )のしわざだとしたら、これも 黙秘することがありえない。 チベットよわー 2010年7月14日 14:45:07: Xy93FIMaJupUQ: aX0Rknmpng 木村カズヤは、石原真理子や藤あや子らとの交際でもわかるように いわゆる「トラブルの多い相手役」に引かれる、引き合うことが容易に 予想される男だ。 ずばり、「いつかギラギラする日」で共演した荻野目慶子に 惚れていた可能性は高い。 しかし、木村x荻野目のエリート子役の成れの果てカップルが誕生することは なく、かわりに実ったのは監督と荻野目の不倫であった。 「いつかギラギラする日」の監督である深作欣二と荻野目慶子が人目を 忍んでハメあう仲になったのは、撮影中のことであるという。 この恋愛が共演者に与えたインパクトは絶大だったはずである。 慶子にココロを奪われていた22歳の木村カズヤにとっては大変な ハートの痛手だったことは容易に予想される。 「このオッサン、殺したろか」 木村カズヤは壮年の監督に対する敵意、自分を裏切った(主観的には) 慶子への殺意をつのらせた。 そして1992年8月6日、酔っ払った木村カズヤは深作に似た裏社会の 匂いがする眼鏡にロマンスグレーの小男と自宅で遭遇した。 男は息子である 木村カズヤなど目にもとめずにこういったのだ。 「ケイコ〜、帰ったぞ」 出迎えようとする蛍子夫人を押しのけ木村カズヤは横山におどりかかった。 ・・・・・・・・・これが事件の真相ではないのか。

次の