沖縄 旅行 ブログ 2019。 初めての沖縄旅行!2泊3日夫婦旅の計画とスケジュール

2018夏休み 沖縄子連れ旅行記 まとめ編

沖縄 旅行 ブログ 2019

沖縄旅行~前半~ 出発、羽田空港は大混雑でした。 朝8:30出発の便を取ったので、5時に起きて羽田に移動。 7時半頃に羽田に着きました。 羽田に到着したら、すごい人の数で圧倒されます。 受付カウンターがとっても混んでて一瞬焦りましたが、JALのJGC会員専用カウンターで受付、すぐに搭乗口まで移動できました。 那覇便は、満席です。 ほとんど家族旅行の人でした。 小さなお子さん連れも多く、にぎやかな空の旅です。 機内では、子どもたちにプレゼントも配られました。 飛行時間が2時間半、あっという間に那覇空港に着きました。 移動は全てレンタカーを利用 那覇空港に到着した後は、レンタカーを借りにオリックスへ向かいます。 事前の調査によると、繁忙期の沖縄はレンタカーを借りるのも時間がかかるとのこと。 実際に空港からレンタカー屋さんへ向かうバスにたくさんの人が流れていました。 我が家は、空港到着から30分でレンタカーで出発できるという「ファースト25」(現在休止中)を利用しました。 同じコンセプトの「」を見つけたので、こちらも参考にしてください。 いよいよ、沖縄現地の旅スタートです! JALマイルをもらいに、イオンモール沖縄ライカムへ レンタカーを借りて、まず行ったところは「イオンモール沖縄ライカム」。 空港から恩納村へ向かう道の途中にあります。 (高速は恩納村手前で降りることになります。 ) 那覇空港からは距離がありましたが、恩納村に行く途中だったのでちょうどよかったです。 スーパーで飲料やお菓子を買い込んだ後に寄りましたが、スーパーからツーリストインフォメーションはかなり距離があるので要注意です。 夫と子供は車に先に戻って私だけで行きました。 ツーリストインフォメーションにあるJALカウンターで手続きします。 反映まで2カ月ほどかかるとのことでした。 沖縄のファーストフード、食べてみたかったんです。 冷え冷えのコークと一緒にハンバーガーやポテトをいただきました。 お腹を満たした後は、ホテルへ出発~! 最初の2泊はモントレ沖縄 モントレ沖縄は、2013年に開業したホテルなので、とてもキレイです。 真っ白なホテルの外壁を見つけてテンションアップ! お部屋は普通のツインですが、広くて快適。 なんといっても部屋から眺めるオーシャンビューの景色が最高です。 プールは我が家のような幼児、小学生が喜ぶプールや、大人向けのプールが充実しています。 今回は利用しませんでしたが、海のアクティビティもあって、もう少し大きい子どもたちも楽しめると思います。 とても人気ホテルで夏休みは満室になってしまいますので、早めの予約をお勧めします。 もっと詳しく部屋やプールの様子をレビューしています。 hotelmonterey. 沖縄料理を食べたいところですが、子どもが食べられなかったら困るなぁと思って、皆が好きなトンカツを選びました。 今回旅行の1週間前に予約を取ろうと思ったら、事前予約の分は埋まっていました。 当日早くにお店に行って、運よく食事できました。 気になる方は早めに予約してくださいね! トンカツめちゃくちゃ美味しかったので、リピート決定です。 沖縄とんかつ食堂しまぶた屋(恩納村店) 住所:沖縄県国頭郡恩納村字前兼久96-1 電話:098-923-1518 ランチ:11:30~16:00 ディナー:17:00~23:00 URL: 恩納村周辺で食べた美味しい食事をこちらで詳しく紹介しています。 暑い日のかき氷は最高!道の駅でマンゴーかき氷 おやつにはマンゴーかき氷を食べに、道の駅へ。 家族4人で1つをシェア。 マンゴーが甘くて美味しかったです。 暑い中食べるかき氷、最高! 2日目の夜は、「琉球ビーフ&ビア」でステーキディナー こちらのお店では、コースを予約して行きました。 夫が追加でステーキをお願いしてしまい、デザートにたどり着く前にかなりお腹いっぱいになってしまいました。 こちらのデザートは、マンゴーかき氷を選択。 (今回の旅行でマンゴーかき氷が大好きになりました!) 普段子連れだとささっと食べてお店を出ることが多いのですが、ゆっくり食事できて良かったです。 オキナワマリオット 住所:沖縄県名護市喜瀬1490-1 電話:0980-51-1000(総合インフォメーション) 公式URL: 最終日は首里城を見学 最終日は午前中にホテルを出発して、飛行機の時間まで首里城観光とTギャラリアに行ってきました。 免税店「Tギャラリア」に寄り道 首里城を見学した後、時間が余ったので、私だけ免税店、Tギャラリアに寄り道しました。 夫と子どもはその隣のスーパーでお土産を買っていました。 (またの名を時間つぶし。 ありがとう!) セール中って書いてあったのですが、FENDI、シャネルなどの高級ブティックは、セールしてなかったです。 コーチ、フルラ、トリーバーチなどはセールしていました。 普段使っている化粧品を2つ購入して退散しました。 注意Tギャラリアで買い物する場合、航空券の情報が必要になります。 また出発の2時間前までに買い物が終わっている必要がありますので、お気をつけください。 バッグはセールしてません。 」とのことでした。 バッグ類は国内百貨店よりも2割安いとのことでしたが、元値が高いからなぁ…と退散しました。 シャネルは1点1点在庫が少ないので、欲しいものがあればラッキー!らしく、沖縄は豊富に在庫がありますよ。 とのことでした。 それとビックリしたのが、外国人観光客の方のアグレッシブさ。 私に商品を紹介している途中でも、「How much?? 」と話しかけて、バックをさらっていきました。 そして、そのバックをさらに別の外国人の方と奪い合ってました。 どうなってるの?!状態です(笑) … と、ウインドウショッピングだけして、家族と合流して帰途に着きました。 今回の旅行のために調べた耳より沖縄観光情報 旅行前は美ら海水族館に行くつもりだったのですが、実際はほとんどプールで遊んで過ごしました。 美ら海水族館など観光したい人向けのお得なチケット情報はこちら。 沖縄旅行まとめ 天気に恵まれたことも大きいですが、とても楽しい沖縄ステイになりました。 来年も沖縄行きたい!という熱烈リクエストがあったので、また来年も行けるように色々計画を練りたいと思います。 ここでひとまず2018年夏休みの沖縄旅行記は終わります。 沖縄家族旅行を考えている方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。 お付き合いいただき、ありがとうございました。 沖縄関連記事はこちら 沖縄旅行で役立った便利グッズ紹介 沖縄旅行の航空券でデルタマイル申請 沖縄旅行の往復の搭乗券は捨ててはいけません! 帰宅したらデルタ航空のニッポン500を申請しました😉.

次の

【宿泊記】沖縄家族旅行:ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート子連れ宿泊 2019年8月

沖縄 旅行 ブログ 2019

Q&A回答 0件• 2,320アクセス• 夏の沖縄は家族では初めて! 色んなマリンアクティビティをしたい!と気合い充分だったのに、、、台風が接近。。。。。 す 残念ながら、天候に恵まれなかった今回の沖縄。 それでも、海に癒され、美味しい沖縄料理に満たされて、沖縄の人の温かさに触れた旅でした。 旦那さん、私、息子6歳、3人家族の旅行の記録です。 ~3日目~ 朝からプール パパは肩背中痛でほぼプールサイド…。 息子はほんとプールが好きらしい。 とことん遊ぶ! 1人っ子には惜しいな! 昼は宿泊プランについてきたランチバイキングのチケット使う。 意外に美味しくて嬉しい。 午後、私の行きたかった「やちむんの里」にやっと行ける。 突然雨に打たれ、やちむんの里内のカフェに入る。 息子、かき氷をちゃっかり注文。 カフェのおばちゃん、いい人でたくさん話しかけてくれる。 おばちゃんの孫とその友達といった感じの小学生が、店のカウンターで水張った入れ物に小魚いれて、ずっと何かしてる。 とにかく平和。 沖縄っていいな、ゆったり。 食器にすぐ飽きる息子。 ゆったりしてよ、あなたも。 いいお値段だから、ゆっくり考えたいのに。 結局、踏み切れず、小さな小さな壺みたいな花瓶買う。 ジェラート屋に寄りテイクアウト。 宿に戻り、お風呂~ 肩痛いパパがゆっくり入りたがるので、息子も私と。 肩痛いのなかなか治らない… 夜は雨が激しくなってきたので、ホテルにある居酒屋、「島唄」に行く。 初めて行った。 何より近くて楽! ジョッキも運転手に遠慮せず飲め いつもあまり遠慮してないけど 、幸せ幸せ。 こうしてマリンアクティビティを全く出来ないまま日々が過ぎていった。 楽しいが、どこか物足りない。

次の

沖縄旅行記2019 1日め: ブログはやの素

沖縄 旅行 ブログ 2019

2日めは朝から快晴! 部屋の窓からは夜明けが見えて神々しい景色に。 昨日は雨の沖縄もいいもんだ的なことほざいていた私ですが、やっぱり雨と晴れじゃ天と地ほども違うな!と思いました。 朝食は妹のダンナのKさんが「味噌汁が飲みたい」というので和食を選びました。 ビュッフェではなく御膳として出てきます。 魚は鯵の干物かシャケかを選べて、この世の魚でシャケが一番好きな私は迷わずシャケ。 こんなにちゃんとした朝食も久しぶりだなー…と小鉢に至るまで、きっちり全部完食しました。 大変美味しかったです。 9時ちょい過ぎにホテルを出て、ビオスの丘へ。 私と妹は三度めのビオスだけどKさんは初めて。 ビオスの丘は植物園のなかに生き物もラフにいるという感じで、そのラフさが私は大変に好きだ。 ビオトープ的というか。 駐車場の小川にもメダカやアメンボがわさわさいる。 アメンボを捕まえようとしている妹。 園内にある大きな池。 いろんな種類のトンボがぶんぶん飛んでる。 ふいに妹が「わー!ヤゴちゃんが日向ぼっこしてるー」と言うので「え?」と思い見ると、睡蓮の葉の上にヤゴの抜け殻が。 「これ葉っぱの上で羽化したんだよ!抜け殻じゃん!」と私が言うと妹は「えー! チエには身が入ってるように見える」などと言い張る。 「入ってねえよ!抜け殻だって!」と言って私は手すりのヒモを掴みつつ身を乗り出して抜け殻を指でつつく。 「ほら! スカスカスカじゃん!」と私が言うと「 なんでスカがひとつ多いの!」とウケる妹。 よく見るとあちこちの睡蓮の葉の上にヤゴの抜け殻があり、やっと妹も納得してくれました。 「まったく…ヤゴが日向ぼっこしてるとか小学生かよ」となおもずけずけ言う私。 こんな愚にもつかない会話をわざわざブログに書き出す意味は…?と思われそうですが、こういう何でもない会話があとあと振り返るといい思い出になったりするんですよ…。 その後、ビオスの目玉である湖水観賞船に乗ったり、ヤギにニンジンあげたりして楽しみました。 カキ氷屋を営んでいる妹は、新商品のインスピレーションを得るために、あちこちでカキ氷を食べたりしていますが、沖縄でもカキ氷を食べたいとのことで、へと向かう。 私と妹は、旬の県産果実氷4種盛り。 Kさんは紅芋と黒蜜ぜんざいにしました。 4種盛りはフルーツが美味しいものの、マジでフルーツの甘みとアイスの甘みで氷を食べるという感じで、少し氷の甘さが足りないかなと思いました。 意外にKさんのたのんだのが美味しかった…。 黒蜜ぜんざいの上に紅芋パウダーをバサッとふりかけてて、ちょっと見た目がサイケなのも面白いし、黒蜜と紅芋の味が絶妙にマッチしていました。 カキ氷で身体を冷やしたあとは、読谷村のやちむんの里へ。 やちむんの里はやちむんの工房がいっぱい集まった村のような場所。 のどかで本当に島時間が流れているような空間。 やちむんのお店もいっぱいあってよりどりみどりではあるんですが、私と妹はいっつもここでやちむんを買ってしまう。 ここの色使いが好きすぎる…。 青の使い方が他にない感じでー! 今回は友人のお土産にどんぶりを買う約束をしていたので、はりきって選びました。 はああ…かわわ! ぶっちゃけて言うと、やちむんはちょっと割れやすいところがあるんですが、だからこそ新陳代謝が活発というか、新しいものが買えるというか…。 そしてやちむんの里のもうひとつのお楽しみは…猫ちゃんです。 何故かやちむんの里には猫がいっぱいいるのです。 沖縄の猫ちゃんはみんなシュッと細い…。 Kさんにまっすぐ向かっていく猫ちゃん…。 可愛い…。 私はアレルギーがひどいので、すぐに手が洗える場所でないと触れないのです…。 目で愛でるだけ…。 そしてやちむんの里を出て、2日めのホテル、 ここは二度めなんですけど、若干建物が古いけどそのぶんリーズナブルだし、それでも老舗の風格を感じるいいホテルです。 ただ今回の部屋、ツアーがお安いせいもあって、グリーンビューなうえに狭い部屋だった…。 とはいえ、この日はすごい早々に寝てしまったから、いいっちゃいいけど。 正直、ちょっと電池が切れかけていたものの、頑張って妹と泳ぎました! ここのプールは目の前がビーチで、泳いでいると海とプールの境目がなくなるような気分になれます。 私はラッシュパーカーを着て泳ぎました。 気温は高かったものの、けっこう風が強く、風が当たるとちょっと寒い…。 それでも大変気持ちがよかったです。 そしてシャワーを浴びて、ぶらぶら歩きながら近くの居酒屋で飲み食いし、疲れと酔いで爆睡した私たちでした。 3日めに続く。

次の