国民 健康 保険 口座 振替。 国民健康保険料の口座振替

国民年金保険料の払い方!現金、口座振替、クレジットカード

国民 健康 保険 口座 振替

ページ番号1002484 更新日 平成30年4月1日 国民健康保険料を口座振替で支払いたいので、内容を知りたい。 金融機関及びゆうちょ銀行の預貯金口座から振替(引き落とし)できます。 ただし、楽天銀行を除くネットバンクの口座からの振替(引き落とし)は、お取り扱いしておりません。 振替(引き落とし)方法 次の1、2からお選びください。 口座依頼書にご記入のない場合は、2の毎月振替となります。 一年前納 1年度分の保険料を、6月末日に1回で引落しとなります。 年度途中でお申し込みいただいた場合は、翌年度から一年前納での引き落としとなります(それまでは毎月末日の引き落としです)。 割引制度はありません。 毎月末日 1カ月分ずつ引き落としとなります。 口座振替開始月前の保険料を、振替開始月の保険料とあわせて引き落とすこともできます。 口座振替依頼書の所定欄(振替方法の右下段)にマル印(〇)を記入してお申し込みください。 振替(引き落とし)日 6月から翌年3月までの毎月末日です(ただし、4月、5月末に引き落としする場合もあります。 その際は、保険料額通知書が届きます)。 ご希望により年1回(6月末日)の引き落としもできます。 なお、末日が土曜日・日曜日・祝日など金融機関休業日の場合、翌営業日の引き落としとなります。 口座名義人 振替口座は一世帯で一つしか登録できません。 お申し込みいただいた名義人の口座から、世帯全員の保険料を引き落としますので、同一世帯に複数の国民健康保険の加入者がいるときは、世帯でよく話合いお申し込みください。

次の

国民健康保険料の口座振替|杉並区公式ホームページ

国民 健康 保険 口座 振替

掲載開始日:2019年4月1日 最終更新日:2020年4月1日 国民健康保険料の口座振替によるお支払い 口座振替(自動払込)を利用すると、納め忘れもなく大変便利です。 ぜひご利用ください。 申込方法 口座振替の申込みは2つの方法からお選びいただけます。 (1)• (2) 1世帯1口座のみお申込みいただけます。 「ペイジー口座振替受付サービス」とは、 第一庁舎2階23・24番窓口で、サービス対象金融機関のキャッシュカードを専用の端末機に読み込ませ、暗証番号を入力するだけで国民健康保険料の口座振替の手続きが行えるサービスです。 手続きの流れ 第一庁舎2階23・24番窓口で、• [ 1]保険証・納入通知書・納付書などで、国民健康保険の記号番号の確認を行います。 [2]受付用紙に住所・氏名等を記入していただきます。 [3]専用端末機にサービス対象金融機関のキャッシュカードを読み込ませ、暗証番号を入力していただきます。 [4]端末機から出力された「確認書(お客様控え)」をお渡しします。 以上で口座振替の登録が完了します。 ペイジーによる口座振替の開始時期 原則として、 「申込みをした月の翌月から」口座振替を開始します。 口座振替が開始になる月の中旬に「口座振替開始のお知らせ」をお送りいたしますので、必ずご確認ください。 口座振替が開始される前までの保険料は、納付書でのお支払いをお願いします。 サービス対象金融機関• 銀行 みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、きらぼし銀行、ゆうちょ銀行• 信用金庫 東京シティ信用金庫、城北信用金庫、瀧野川信用金庫、巣鴨信用金庫 上記以外の金融機関の場合や、口座名義人以外の方が手続きをする場合は、従来の口座振替依頼書(口座届出印が必要)での申込みとなります。 申込みに必要なもの• [1]サービス対象金融機関のキャッシュカード 利用できる口座種別は、普通預金、通常預金(ゆうちょ銀行)です。 法人カード、代理人カード、生体認証ICキャッシュカード等、一部利用できないカードがあります。 [2]国民健康保険の記号番号がわかるもの 「保険証」や、区から送付された「納入通知書」「納付書」をお持ちください。 口座振替依頼書は第一庁舎2階23・24番窓口、区民事務所にございます。 郵送も承りますので、ご希望の方は国保資格係までご連絡ください。 金融機関 申込み可能な金融機関については、下記添付ファイル「公金収納取扱金融機関」をご確認ください。 ゆうちょ銀行• 北区役所第一庁舎2階23・24番窓口 口座振替の申込みに必要なもの• [1]預 貯 金通帳またはキャッシュカード• [3]納付書または被保険者証(保険証) 口座振替の開始 口座振替のお申込みをいただいてから開始されるまでの期間は、手続きの関係上、おおむね 1ヶ月~2ヶ月かかります (金融機関によっても多少前後いたします)。 口座振替が開始になる月の中旬に、「口座振替開始のお知らせ」をお送りいたしますので、ご確認ください。 口座振替が開始される前までの保険料は、納付書でのお支払いをお願いします。 振替日のご案内 振替日は、 6月~翌年3月までの 毎月末日 金融機関が休業の場合は翌営業日 となります。 また、前年度・前々年度の国民健康保険料が発生した場合は4・5月にも引き落としいたします。 なお、一括での引き落としはできませんので予めご了承ください。 口座振替済のお知らせ 1年間で引き落とした金額については、12月中旬発送の「口座振替済のお知らせ」にて通知いたします。 確定申告等の際に、参考資料としてお使いください。 なお、納付書でお支払いいただいた金額は記載されませんので、ご注意ください。 振替ができなかった場合は 残高不足などで引き落としできなかった場合、翌月再振替は行いませんのでご了承ください。 その場合、後日お送りする「督促状兼納付書」でお支払いいただくことになりますので、引き落とし日前日に必ず残高の確認をお願いします。 登録している口座の変更・停止など 既に登録済みの口座を変更したい場合や、やむを得ない事情などにより口座振替を停止したい場合については、以下の方法により申込みをお願いします。 登録口座の変更 依頼書をお送りしますので、ご希望の場合はご連絡ください。 変更には、おおむね 1ヶ月~2ヶ月かかります (金融機関によっても多少前後いたします)。 口座変更するまでのお支払いについては、ご連絡の際にご相談ください。 口座振替の停止 依頼書をお送りしますので、ご希望の場合はご連絡ください。 世帯員の追加加入があったとき 保険料は世帯ごとに計算・請求されるため、すでに口座振替の登録をしている世帯は、新たな加入者の保険料についても、同じ口座からの振替となります (1世帯1口座のみの登録となります。 口座の変更または取消の申込みがない限り、同じ口座からの振替が継続されますのでご注意ください。 口座の変更等が必要な場合にはご連絡ください。 現在の口座を継続する場合、ご連絡は不要です。 口座名義人が国保をやめたとき 口座名義人が、何らかの理由 (社会保険の加入、後期高齢者医療制度への該当、北区外への転出等)によって国民健康保険をやめても、同一の世帯に国民健康保険の加入者がいる場合は、 口座の変更または取消の申込みがない限り、同じ口座からの振替が継続されます。 口座の変更等が必要な場合にはご連絡ください。 現在の口座を継続する場合、ご連絡は不要です。 世帯主変更・世帯分離・世帯合併などがあったとき 世帯主変更・世帯分離・世帯合併があった場合、旧世帯でご使用の口座は、新しい世帯に自動的には引き継がれません。 ただし、ご希望であれば、引き継ぎができる場合がありますので、世帯主変更・世帯分離・世帯合併等があった場合は、お早めにご連絡をお願いします。 添付ファイル• 関連リンク•

次の

国民健康保険税/佐野市

国民 健康 保険 口座 振替

国民年金は強制加入なため、を受けなければ20~60歳までの40年間、保険料を納付する必要があります。 この時、(会社員・公務員)は、会社等が厚生年金保険料を納付するので問題はなく、(第2号被保険者の配偶者)も国民年金保険料を納付する義務がないので問題ありません。 しかし、(自営業者等)は、自分で納付しなければなりません。 中には、「銀行に行くのが面倒」「納付し忘れた」との理由で、国民年金保険料を払わない人もいるのです。 そこで、生活の多様化に応えるべく、国民年金保険料の払い方がいくつか用意されています。 それぞれのメリット・デメリットを理解し、自分に合った国民年金保険料の払い方を選びましょう。 国民年金保険料の納付単位と納期限 国民年金保険料の納付単位は、次のとおりです。 それぞれ、納期限が定められているので、注意してください。 毎月納付 翌月末まで• 早割(1ヶ月早く口座振替) 毎月月末まで• 6ヶ月前納 4月~9月分は5月1日まで、10月~翌年3月分は10月31日まで• 1年前納 5月1日まで• 2年前納 5月1日まで 前もって納付することで、政府と日本年金機構には国民年金保険料をより確実に徴収できるメリットがあり、第1号被保険者には納付し忘れ防止や割引のメリットがあります。 そして、2年前納は、「納めた年に全額控除」「それぞれの年で控除」のいずれかを選択できるので、でお得になることがあります。 なお、前納後に猶予や免除に該当した場合、前納保険料の内、申請した月以降の分については還付を受けることが可能です。  納付書による現金払い 最も一般的な国民年金保険料の払い方が、納付書による現金払いです。 毎年、4月上旬になると1年分の納付書がまとめて送られてくるので、これに現金を添えて、金融機関等で納付します。 国民年金保険料を現金納付できる金融機関等 銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合、漁業協同組合、コンビニ 現金納付した場合の割引(平成29年度) 6ヶ月前納(上期・下期) 800円 1年分の前納 3,510円 2年分の前納 14,400円 メリット• あらかじめ手続きが必要ない デメリット• 毎月納付の場合、その都度、払いに行かなければならない• 納付し忘れの可能性がある 口座振替 口座振替は、時期になると自動で口座から国民年金保険料が引き落とされる払い方です。 国民年金保険料を口座振替する手続き 【書類】 国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書 【書類の入手先】 金融機関、年金事務所、納付書に入っている、ネットからプリントアウト 【書類の記入に必要なもの】 基礎年金番号がわかるもの(年金手帳)、通帳またはキャッシュカード、届出印 【書類の提出先】 金融機関か年金事務所の窓口に提出、年金事務所への郵送も可 口座振替した場合の割引(平成29年度) 6ヶ月前納(上期・下期) 1,120円 1年分の前納 4,150円 2年分の前納 15,640円 メリット• 口座に十分な残高があれば、納付し忘れがない• 金融機関等に払いに行かなくて良くなる• ごくわずかですが、現金納付よりも割引になる デメリット• あらかじめ手続きが必要である• 口座振替を止める時も手続きが必要である  クレジットカード クレジットカード会社を通じて国民年金保険料を納付することが可能です。 国民年金保険料をクレジットカードで納付する手続き 【書類】 国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書 【書類の入手先】 年金事務所、ネットからプリントアウト 【書類の記入に必要なもの】 基礎年金番号がわかるもの(年金手帳)、クレジットカード 【書類の提出先】 年金事務所の窓口に提出、年金事務所への郵送も可 クレジットカードで納付した場合の割引 と同じ割引が適用されます。 メリット• 口座に十分な残高があれば、納付し忘れがない• 金融機関等に払いに行かなくて良くなる• クレジットカードのポイントが貯まる デメリット• あらかじめ手続きが必要である• 口座振替を止める時も手続きが必要である• クレジットカードの利用限度額や有効期限に注意が必要である Pay-easy Pay-easy(ペイジー)とは、ネットバンキング、モバイルバンキング、ATMで、税金や公共料金などの支払いをできるサービスです。 Pay-easyは、納付書の真ん中辺りに印刷されている数字を利用して納付するため、特別な手続きは必要ありません。 Pay-easyで納付した場合の割引 と同じ割引が適用されます。 メリット• あらかじめ手続きが必要ない• 24時間365日、いつでも払える• パソコンやスマホを使えば、金融機関等に払いに行かなくて良くなる デメリット• 納付書が必要である• パソコンやスマホが必要である• ATM使用なら、余計に面倒になる 以上、国民年金保険料の払い方について説明してきましたが、ポイントが貯まるクレジットカードが一番お得であることは間違いありません。 しかし、そのためだけにクレジットカードを作るという方は少ないでしょうから、クレジットカードを持っていない人は、自分の払いやすい方法を選びましょう。 割引額はそれほど違いがないので、あまり気にする必要はないと思います。

次の