翔んで埼玉。 『翔んで埼玉』地上波で初放送 フジテレビ『土曜プレミアム』でノーカット

翔んで埼玉 感想つまらない。地元ネタの意味がわからないから。関東以外育ちなので。

翔んで埼玉

解説 「パタリロ!」で知られる漫画家の魔夜峰央が1982年、当時自らも居を構えていた埼玉県を自虐的に描いたギャグ漫画として発表し、30年以上を経た2015年に復刊されるとSNSなどで反響を呼んだ「翔んで埼玉」を、二階堂ふみとGACKTの主演で実写映画化。 かつて東京都民からひどい迫害を受けた埼玉県民は、身を潜めてひっそりと暮らしていた。 東京都知事の息子で、東京のトップ高校である白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美は、ある日、アメリカ帰りで容姿端麗な謎の転校生・麻実麗と出会う。 百美は麻実に淡い恋心を抱き、互いに惹かれあっていく。 しかし、麻実が埼玉県出身であったという衝撃の事実を百美が知ってしまい、2人は東京と埼玉の県境で引き裂かれることとなってしまうが……。 二階堂が男性である百美役をGACKTが麻実役をそれぞれ演じる。 監督は「のだめカンタービレ」シリーズ、「テルマエ・ロマエ」シリーズの武内英樹。 2019年製作/107分/G/日本 配給:東映 スタッフ・キャスト 埼玉県ってそんな駄目なとこだろうか。 なんでそんなに自尊心が低いのかよくわからない。 自分は神奈川県民なのであまり埼玉県に行かないのでよくわからないな、と思っていたのだが、本作を見てなるほどと思った。 行かないのは要するに行っても見るものがないということだと。 無個性であることが自尊心の低さになっているのだが、本作はそんな無個性を揶揄することで逆に埼玉に強烈な個性を与えることに成功していると言えるかもしれない。 この映画を観れば、「埼玉県民おもしれーなー」とやっぱり思うわけだし。 クライマックスに提示される「全国総埼玉化計画」は現代社会に対して皮肉が効いている。 どこに行っても同じお店が並び、同じような風景ばかりになってしまった。 確かに日本は埼玉化しているのかもしれないと思った。 GACKTと二階堂ふみのハマり具合は素晴らしかった。 GACKTは画面にいるだけでそこが異空間のようになる。 この映画に欠かせない存在だった。 2019年の興収ランキングで8位、日本アカデミー賞で優秀賞12部門、最優秀を監督賞・脚本賞・編集賞の3部門で獲得するなど、大変な話題作だけに期待して鑑賞。 だが見かけの軽薄な印象を覆すほどの意外性や深みは感じられず。 逆に、ギャグ漫画の世界観を忠実に実写化する商業映画が、興行的にも批評的にも大成功を収めた事実に、邦画の作り手側と受け手側、双方のガラパゴス的独自進化を痛感してしまう。 まず埼玉県のローカル性を首都東京と対比してけなす笑いの質が、弱者をいじめながら「いじってあげている」「相手も喜んでいる」などと開き直る精神性に似て居心地悪い。 魔夜峰央の「パタリロ!」はコミックで読んで好きだったので、本作の原作は未読ながらきっと面白いだろうと想像するが、映画化に値する主題かどうかは疑問。 百美を二階堂ふみに演じさせることでBL要素をオブラートに包んだ点には、したたかな戦略を感じたが。 魔夜峰央の荒唐無稽なギャグマンガがまさかのリバイバルヒットなり、まさかの実写映画化。 正直、ここまでちゃんとやってくれるとは思っていなかった。 なんとも失礼な話だが。 観終わって何かを残す映画もあるが、全力でバカげたことをやり切っていて、深みみたいなものを一切感じさせないのがいい。 それも出演している役者陣が求められていることをきっちりとこなしているからで、終始、職人芸を愛でるような気持ちで鑑賞していた。 中でも得難い人材だと感心したのがGACKT。 よくもまあマンガでしか成立しないような生き物をかくも完璧に演じることができるものだと感動すら覚えた。 ただしその感動も後を引くようなものでなく、サラサラと脳から滑り落ちていく。 その気楽な塩梅も、普通に力の入った熱演では醸し出せるものではない。 GACKTが提示する非現実な佇まいが最良の形で活かされた稀有な企画だったのではないか。 いや、GACKTについて詳しくないので、実はこんなことは朝飯前なのかも知れませんが。 田舎者をばかにするのは有史以来あったことだけど、80年代に新しい待遇になった。 よくわかってないかもしれないが、魔夜峰央や江口寿史は田舎者に自虐というしのぎ方をもたらしたんじゃなかろうか。 東京でなければ、どこだってぜんぶ田舎なのに、やり玉になる県が東京近隣に限局されていることで、その裏付けができる。 通勤圏なら、日々そのカーストを被る。 ただし、80年代のシフトから、これらは耳にタコができるような常套ネタになった。 嶽本野ばらみたいに、楽しいのもあったけれど、もういいんじゃなかろうか。 個人的には下妻物語で卒業した昔のネタである。 そして、これも事実上2020年の現在から見ると魔夜峰央の38年前のネタである。 ようするに虐めを助長するような、卑下をもたらしているに過ぎない。 インスタとかで、おまえはこんな奴だぜとか、じぶんはこんなボディイメージなんだとか、繰り返しインプットされた人が、それを現実に反映させている。 だいたい、日々、ダサいところに住んでいるダサいじぶん、を念頭している人間が、いったいどんな人間になれるっていうんだろうか。 おちゃらけている映画に、律儀な持論を展開してしまうレビューは、柔軟性の欠如を露呈してしまうのであって、つねづね映画の温度に適応しなきゃいけないと思ってきたが、これはできなかった。 地方の風物や、会社の人間関係や、合コンの言動や、公共のパターンについて、定型に陥ってしまいがちな様式を笑うやつだ。 笑えても、笑いがひきつる。 魔夜峰央の漫画には、そんな意図はぜんぜんなかった。 映画は人の寛容をはかっていて、観衆は、受け容れることのできる自分の度量に満足しているわけだが、こういうのって、ぜんぶ面と向かって言われてみろよ。 いや、それ以前に、ほかの地域がぜんぶ関係ない。 九州や北海道や四国やその他数多の人々がこの映画に頭がはてなマークだらけになっているとき、それを驕りというんじゃなかろうか。

次の

【ロケ地まとめ】翔んで埼玉の撮影はほぼ北関東!知ってたら映画がもっと面白くなる|ホッと一息

翔んで埼玉

魔夜峰央 (まや・みねお) マンガ家 1953年、新潟県生まれ。 73年に「デラックスマーガレット」(集英社)でデビュー。 78年、「花とゆめ」(白泉社)で代表作「パタリロ!」の連載を開始。 82年にはテレビアニメ化され大ヒット。 現在まで続く長期連載となり、正編・スピンオフ含めると、コミックスは120巻刊行されている。 現在、「別冊花とゆめ」「MELODY」(ともに白泉社)にて「パタリロ!」を連載中。 また、「まんがライフ」(竹書房)では年に1回「眠らないイヴ」を掲載している。 それをベースとした実写映画版も原作の面白さをしっかり踏襲していて、観ている間中ずっと笑いっぱなしでした。 先生が映画を最初にご覧になった時の感想はいかがでしたか? 率直に言って面白いなと思いました。 ただ初めての試写会だったので、自分はおかしいと思うけれども、お客さんはどう感じるだろうかという心配もありました。 しかも後ろには二階堂ふみさん、GACKTさん、京本政樹さんをはじめとした、制作側の人たちが座っていましたし。 でも後でいろいろな方の声を聞くと、やっぱり面白いんだなあと思って。 不思議なことに「泣いた」という人が結構いるんですよ。 ネタバレになるので詳細は言えませんが、加藤諒くんのあるシーンで。 ずっと笑っていました……。 いや、それでいいと思いますよ。 泣ける方がおかしいと思う(笑)。 とにかくこの映画は、監督(武内英樹)のセンスが素晴らしいんです。 たまに、ツボを器用に外す下手なマッサージってあるでしょう?「違う違う、そこじゃない!」という。 でも監督はその逆で、押さえてほしいところを全部押さえてくれているから、観ていて気持ちがいい。 そう、それ以外のなにものでもないです。 やっぱり似ているんですよ、感じ方が。 まったく別の感性を持ってる方だったら、こういう作品にはならなかっただろうし、そもそも私の原作を選んでない(笑)。 共通するところがあるから、この原作で映画を作りたいと思われたんじゃないでしょうか。 あとは「馬鹿馬鹿しいことをどれだけ真面目にやるか」ということですね。 コメディは真面目にやればやるほどおかしくなるものだから。 あそこが一番ツボでしたね。 私だったらUFOを飛ばしたかな。 どっちかでしょうね、UFOか恐竜か。 私のマンガと一緒で小ネタが多い(笑)。 千葉と埼玉で決起するシーンでは、本当なら大宮なら大宮、浦和なら浦和で、地元出身の役者さんを使いたかったと聞きましたが、さすがにそれは無理だったと言っていました。 実は上海でも試写会をやっているんですけど、スタッフも最初は「中国では理解してもらえないだろうな」と思っていたんですって。 ところが実際にやってみたらバカウケで、日本での試写会よりウケたと聞きました。 つまり中国には中国の「埼玉・千葉問題」があるということですよね。 「ここの都市とここの都市は仲が悪くて、こっちの都市はエラそう」というような。 そういう地域格差は世界中どこの国にもあって、それで笑えたんじゃないかと。 あそこで若い薄っぺらなイケメンが出てきていたら、もう終わってます。 あのシーンだけで、この映画の世界観に引きずり込まれるわけですよ。 大げさでなくGACKTさんの登場シーンは秀逸だと思います。 阿部寛さんをローマ人だと言い切る人ですからね(笑)。 GACKTさん自身もマンガやアニメが好きで、実写化された作品をいろいろ観てきたそうなんです。 ところが原作は面白かったのに、映画になるとつまらないものがたくさんあると。 だから自分が演じてそうなったらどうしようと、一旦は依頼を断ったんだとか。 それでも監督は再度オファーして、「ならばやってみよう」という流れになった。 結果、見事にハマっていましたね。 まさにGACKTさんだから成立した作品だったと思います。 その後、30年以上が過ぎた2015年にコミックスとして宝島社から出版されたわけですが、そこにはどのようないきさつがあったのでしょう? 事情に詳しい宝島社の編集者が来ているので、彼に説明してもらいましょう(笑)。 宝島社・薗部真一さん 僕は『このマンガがすごい!』という媒体をやっているんですが、魔夜先生のお嬢さんがSNS上で魔夜作品を紹介されていたんですね。 そうしたらそれを見たあるサイトが取り上げてネット上で盛り上がったんです。 それを見た『このマンガがすごい!』の複数の選者さんから「『翔んで埼玉』を復刊すべき」と薦められたのがきっかけです。 先生にご相談したら快諾していただけたので、あらためて単行本として出すことになりました。 なるべくしてなったという感じですね。 目に見えない何かに導かれたというか。 今年の5月か6月あたりには、『パタリロ!』の実写映画の公開も予定されています。 本当は『翔んで埼玉』も『パタリロ!』も去年公開されるはずだったんですが、いろいろあって今年にずれ込んでしまった。 運気的に「2019年は私の最強の年」というのは3年前からわかっていたので、うまい具合にまわってるなと思っています。 まず「1つあるぞ」という声が聞こえて、何だろうと思っていたら『翔んで埼玉』の単行本が大ヒット。 続けて3日後に「今度はすごいぞ」と聞こえたんです。 漠然と「3年後に何かあるのかな?」と思っていたら、『翔んで埼玉』と『パタリロ!』の映画化が決まった。 その声のとおりになっています。 その一方で、リーマンショック後の景気低迷期には、マンガが売れず生活が困窮した時期もあったとか。 愛用の腕時計まで生活費のために売ってしまい、これからどうしようと思っていた矢先に『翔んで埼玉』が出て、生活を立て直すことができたんです。 まさにそうです。 私は運だけで生きている人間なんですよ(笑)。 先生は1973年にデビューしてから、執筆に行き詰まったことはありますか? ありません。 特に『パタリロ!』の場合、主人公が勝手に動いてくれるので。 他の作品を描いていてキツイなあと思うことはありましたが、それでも行き詰まったことはないです。 もうまったく動かない。 マネキンの背中を押しているような感じです。 歩いてくれないんですもん。 そういうのを描いている時はやっぱり辛いというか、楽しくない。 でも今はそういう仕事は一切なくして、『パタリロ!』だけでやってますから。 楽なもんです。 パタリロの動きは最初から紙の上にあるので、私は自動書記のように記録しているだけ。 あとは他の人の目に見える形にしていけばいいんです。 最初からそこにあるものだから行き詰まりようがない。 ただこちらの手が追いつかないだけです。 過去に、マンガ家以外の仕事に就こうと考えたことはありますか? ないですね。 これしかできないので、脇目を振っている暇がないんです。 ただ美術大学に通っていた頃に学内の求人票を見ていたら「ジュエリーデザイナー」という仕事があり、一瞬ですが「これはちょっと面白そうだな」と思いました。 ほかの職業を考えたのは、その一度だけです。 その後、宝石が好きになりましたから、もともと光りものが好きなのかもしれません。 そうです。 まず、ファンブック『翔ばして! 埼玉』が発売になりました。 これは私の画業45年を振り返る作品年表や、映画『翔んで埼玉』公開記念の描き下ろしマンガの他、娘の山田マリエによる映画の撮影レポなどが収録されています。 まあ『翔んで埼玉』の便乗商法ですね(笑)。 あとは2月14日に『けい君とぼく』という、世界初のBL絵本が出ます。 でしょう? 私も世界中の絵本を調べたわけではないので確実ではないですが、おそらく世界初だと思います。 絵本で真面目にBLをやっています。 実はこの絵本のお話をいただいたのも去年の7月くらい。 やはり神様の声のとおりなので、こちらに関しても今後何らかの展開がありそうな気がしています。 では最後に、これから映画を観る読者に向けてメッセージをお願いします。 監督もおっしゃっていたんですけど、試写会の様子を見ていると「ここで笑っていいんだろうか?」と躊躇する人が非常に多いんですね。 おそらく「笑ってしまうと、この県の人たちを馬鹿にすることになるんじゃないか」と気を遣ってのことなのでしょう。 でも『翔んで埼玉』は、あくまでもファンタジーであり、フィクションです。 映画館では一切遠慮はいりません。 心の底から思いっきり笑って、楽しんでください。

次の

映画 翔んで埼玉はHulu,wowow,Netflix,UNEXT,dTVのどれで動画配信しているの?

翔んで埼玉

World Now 2020. 近年は映画「翔んで埼玉」の大ヒットを始め何かと注目され、愛郷心が高まる。 世界を見渡せば、両都県のような関係は各国にあり、こうした愛郷心こそが国に多様性をもたらし、魅力を増すカギとなる。 南側が東京都と接し、JRや私鉄などが上野や池袋、新宿、渋谷といった都心と結ぶ。 通勤や通学で都内に通う県民も多く、愛郷心が弱いとされてきた。 だが近年、県出身で埼玉大学卒の梶田隆章さん(61)がノーベル物理学賞を受賞。 同じく県出身で「日本資本主義の父」と称される実業家の渋沢栄一(1840~1931)が新しい1万円札の肖像画になることが決まり、県をネタにしたコメディー映画「翔んで埼玉」が興行収入37億円を超える大ヒットとなるなど、勢いづいている。 映画「翔んで埼玉」は興行収入が37億円を超える大ヒット。 映画「翔んで埼玉」は、埼玉を徹底的にディスる漫画が原作だ。 監督でフジテレビゼネラルディレクターの武内英樹さん(53)は、3月に日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞した。 漫画「翔んで埼玉」単行本の表紙。 作者の魔夜峰央さんは新潟市出身で、埼玉県所沢市に住んでいたときに作品を描いたという 企画段階で埼玉の地元関係者に企画書や台本を説明したところ、「全然大丈夫。 みんなもっといじられているから」「まだまだディスり足りない」と逆に背中を押された。 作品中で東京都民は埼玉県民を虐げる存在として描かれるが、都庁前でロケもできた。 「漫画の原作が出た40年ほど前だったら考えられなかった」ような、地域格差をネタにした作品の大ヒットに、「日本もある意味だいぶ成熟してきたのかな。 笑って許せる風土ができてきた」と考える。 大ヒットした「翔んで埼玉」を監督した、フジテレビゼネラルディレクターの武内英樹さん。 3月に日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞した=東京都港区、大室一也撮影 意外だったのは、海外での評価が高かったことだ。 イタリア北部の都市ウディネやアメリカのシカゴ、ドイツのフランクフルトといった欧米の映画祭に招かれ、観客賞などを相次いで受賞した。 「埼玉と東京みたいな関係は世界のどこにでもある。 イタリアでもウディネと、ウディネがある州の州都トリエステ。 アメリカでニュージャージーはハドソン川対岸に住むニューヨーカーから田舎くさいと馬鹿にされる。 「どこの国でも、正面から地域間差別に切り込んだことに対する勇気みたいなものをたたえてくれた。 イタリアは日本より地域格差が激しい。 ウディネでは『イタリアでやられたらしゃれにならないぞ』みたいなことを言われました」。 国を問わず、愛郷心は世界に普遍的なテーマであることに気づいたという。 たとえば旧武蔵国は、明治維新後に今の埼玉県と東京都(島しょ部を除く)、神奈川県(川崎市および横浜市の大部分)に分割されたが、今でも経済的・文化的に一体性が強い。 隣接する東京都板橋区と埼玉県和光市の類似性に比べれば、同じ都内でも港区と近世まで旧下総国だった下町(隅田川以東)の方が雰囲気が違うと語る。 「『翔んで埼玉』人気の背景には、そうした『実体としての違いのなさ』を無視した、都内だけをブランドとする昨今の風潮への違和感があるのでしょう」 「愛郷心」について語る日本総合研究所主席研究員の藻谷浩介さん=東京都渋谷区、大室一也撮影 日本の全市町村と世界114カ国を自費で旅して回った経験から、「世界のどこでも国境は、東京都と埼玉県の境にも似て、最近定められた怪しい存在。 そんな中で日本は、歴史、文化、言語と国境線が一致している、例外中の例外」と言う。 文字記録が残るようになって以降、元寇以外に外国からの大規模な侵略はなかった。 戦国時代にも、日本から独立しようとした大名はない。 明治維新時の薩摩藩も、独立など夢にも考えずはるばる江戸に出て幕府を倒した。 均質性の高い社会の中で、愛郷心は同調圧力に対する「息抜き」として存在していると評価する。 「愛郷心の副作用である国家分裂の危険が、歴史的にも文化的にもまったくない日本だからこそ、もっと郷土の個性を競ってよい。 琉球文化からアイヌ文化まである多様性を、愛郷心で強化することが、日本の魅力アップにつながる」.

次の