決まり手 褄取り。 大相撲の決まり手とは?どこよりも詳しく解説!

決まり手概説

決まり手 褄取り

コメント: 使用感やいたみは少しありますが、中古品としては概ね良い状態です。 説明に無いものは付属しないものとお考えください。 また、日時指定や急ぎの出荷にも対応しておりませんので、お急ぎの場合にはPRIME対象商品からお買い求め下さい。 完璧なものをお求めの場合には新品商品をご検討下さい 大相撲の全ての決まり手がビジュアル付きで紹介されている冊子です。 決まり手は「基本技」「投げ」「掛け」「反り」「捻り」などのカテゴリごとに82手全てが収録され 勇み足やつき手などの非技も全て写真付きで紹介されています。 また、それぞれの決まり手がどのくらいの頻度で出るか、過去にその決まり手が出たのはいつか、 その技を得意とする力士は誰か等のデータも技ごとに書かれています。 ビジュアル的には、技の一連の動きを4枚の連続写真で表示していて、 ほとんどの技についてはわかりやすいですが、一部の技は4枚では動きがよくわからないものもありました。 その分、文章で細かく動作の流れを説明しているので、それと合わせて脳内でイメージしやすくなっています。 また、似通った決まり手はどこが違うのかも説明されています。 最新のデータを積極的に収録しているので、これから期待の力士なども紹介されていますが その辺は数年後には内容的に古いものとなってしまうでしょう。 【生年月日】どひゃー はまるゼ 大相撲の決まり手。 「押し出し」や「上手投げ」や「寄り切り」といったメジャーなものはわかるが、あまり頻出度が多くないものも含め、どんなものがあって、どういう技で、どう見分けるのだろう、と一度ならずとも思ったことがある人は多い筈だ。 このムック本は、そいういう人にピッタリの内容になっている。 相撲の決まり手は自然発生的に生まれ、使われてきたものらしい。 しかし、マスコミなどがバラバラに適用したり報道して紛らわしくなってきたことから、日本相撲協会が昭和30年に68手に統合。 同35年に70手+非技2つに、平成13年には12手+非技3つを加えて現在は82手になっている。 平成13年になってさらに増やした理由は、モンゴル出身力士が増えてユニークな技が増えたことがあるそうだ。 本書は、そういった決まり手の全てと、それ以外の勝負の決まり方が紹介されている。 それぞれの決まり手の紹介は、頻出度別にA~Eまでに分離されている。 なんといっても面白いのは、滅多にみられない「D難度」と「E難度」の決まり手である。 特に「E難度」は目を引く。 「撞木反り」は、まるで俵のように相手を横にして担いでしまう技で、こんなマンガみたいな技をやった人がいるのかと思ったが、昭和以降では昭和4年9月に一度だけあったという。 「大股」も昭和33年名古屋場所で福乃里が決めて以来60年以上も幕内では出ていない。 「たすき反り」も昭和以降の幕内で唯一決めたのはのちに横綱となる栃錦だけで、その昭和26年夏場所3日目の貴重な写真が載っている。 「居反り」も50年以上出ていないが、昭和39年夏場所でこれを決めた岩風は、「勝ったけど変な気分。 やろうと思ってやれるもんじゃない。 ちょっとした弾みだよ」と語っていたという。 「掛け反り」にいたっては、幕内でも十両でも、昭和以降一度も登場していない。 「褄取り」は記録に残る中では平成に入って曙が一度だけ決めているが、これは現在の分類では平成13年に追加された「小褄取り」とする方が正確だという。 82手の他にも、決め手ではない(非技)勝負結果がある。 「勇み足」「腰砕け」「つき手」「つきひざ」「踏み出し」の5つである。 他には、禁じ手反則があり、一番多いのはマゲをつかんでの反則負け。 平成26年の改正で「故意に」の文字が外されて、マゲに手が入っていると見なされれば反則負けになった。 データで見る決まり手というのもある。 寄り切りが不動の1位なのはどの時代も変わらないが、昭和35年と平成27年を比べると、平成27年は「吊り出し」と「打っ棄り」が上位から消え、逆に「叩き込み」「突き落とし」「引き落とし」の引き技3つで2割を占めるようになったという。 これは、力士の平均体重が50年で50kg近くも増えたことが影響している可能性があるようだ。 巻頭にある現役時代に「技のデパート」と呼ばれた舞の海秀平氏のインタビューと、巻末にある現在5人いる決まり手係の一人である甲山剛(元前頭11枚目大碇)氏のインタビューも面白かった。 まず、舞の海氏は、平成4年に決めた「三所攻め」が当時幕内で41年ぶりの決まり手だったと、このインタビューで初めて知ったそうである。 「まずは軽量のときに、どうすれば大きな相手を倒せるのかを考えて、技を磨く。 そこから必要な分だけ体を大きくしていく。 それが理想形だと思います」と語っているのが印象的だった。 一方、甲山氏は、決まり手をどのようなプロセスで決めているのかを中心に話している。 決まり手係はビデオ室にいて、同じくビデオ室にいる勝ち負けを決める2名の審判委員とは別の係。 決まり手の訂正はその日の結びの一番が終わるまでは可能でそれが公式記録となり、翌日以降に訂正されることは無いということだ。 感想として、力士の大型化が進んで「決まり手が単調になっているというのは感じますね」と述べている。 「なぜ、この決まり手になったのかと問われたときに、きちんと説明付けができるようにする、それが決まり手係として大事なことだと思います」と語っているのが印象的だった。 なにげなく手にとったムック本だったが、決まり手という視点から、相撲の奥深さに触れることができた。

次の

決まり手概説

決まり手 褄取り

比較的に小柄な力士のほうが相手の懐に潜り込み、上手く自分の肩に乗せて膝のバネを使って後ろに反り返っているのが分かるでしょうか? 体格さがあり、さらに自分の大腿筋と背筋に自信があればこその技ですね。 力士の中では小柄どうしの対戦だと繰り出されるダイナミックな技のひとつです。 実際は土俵の下に5人の審判委員いて、その5人がローテーションで場所を変わり勝負の裁定を下しています。 その中で決まり手を決めるのが「 決まり手係」と呼ばれる親方で、放送席と連絡を取り合いながら場内にアナウンスをしてもらうという形になっています。 パッと見てすぐに分かるようであれば行司さんが決める場合もありますが、基本的にはこの審判委員の親方が決めることになっているようですね。 どんな反則があるの? 相撲は身体ひとつでぶつかり合う激しい実質的に格闘技ですから、反則技ももちろんあります。 どんな反則技があるのかを見ていきましょう。 実際にこの中で大相撲などにおいて反則負けとしてたまに出るのは「のどをつかむ」「まげをつかむ」くらいでしょうか。 これも 取り組み中に攻撃をされていて劣勢側の力士が熱くなってしまい、視界が狭い状態で手を出したら結果としてのど元に反撃してしまったというような形なのであまり故意に反則技を繰り出すということはありません。 まとめ 相撲の決まり手や反則技について見てきましたがどうでしたか?珍しい決まり手がたくさんありましたね。 あまり知られていない技の中には相撲とは思えないようなアクロバティックなものもありとても興奮します。 意外にも相撲の審判は5人いるということが分かっていただけたかと思いますが、基本的には行司さんが進行をして判定が難しいところや際どい勝敗の場合にこの5人の審判委員の出番というのが実際のところのようです。 動画でご紹介した技以外にもたくさんの珍しい決まり手がありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

次の

足取り

決まり手 褄取り

比較的に小柄な力士のほうが相手の懐に潜り込み、上手く自分の肩に乗せて膝のバネを使って後ろに反り返っているのが分かるでしょうか? 体格さがあり、さらに自分の大腿筋と背筋に自信があればこその技ですね。 力士の中では小柄どうしの対戦だと繰り出されるダイナミックな技のひとつです。 実際は土俵の下に5人の審判委員いて、その5人がローテーションで場所を変わり勝負の裁定を下しています。 その中で決まり手を決めるのが「 決まり手係」と呼ばれる親方で、放送席と連絡を取り合いながら場内にアナウンスをしてもらうという形になっています。 パッと見てすぐに分かるようであれば行司さんが決める場合もありますが、基本的にはこの審判委員の親方が決めることになっているようですね。 どんな反則があるの? 相撲は身体ひとつでぶつかり合う激しい実質的に格闘技ですから、反則技ももちろんあります。 どんな反則技があるのかを見ていきましょう。 実際にこの中で大相撲などにおいて反則負けとしてたまに出るのは「のどをつかむ」「まげをつかむ」くらいでしょうか。 これも 取り組み中に攻撃をされていて劣勢側の力士が熱くなってしまい、視界が狭い状態で手を出したら結果としてのど元に反撃してしまったというような形なのであまり故意に反則技を繰り出すということはありません。 まとめ 相撲の決まり手や反則技について見てきましたがどうでしたか?珍しい決まり手がたくさんありましたね。 あまり知られていない技の中には相撲とは思えないようなアクロバティックなものもありとても興奮します。 意外にも相撲の審判は5人いるということが分かっていただけたかと思いますが、基本的には行司さんが進行をして判定が難しいところや際どい勝敗の場合にこの5人の審判委員の出番というのが実際のところのようです。 動画でご紹介した技以外にもたくさんの珍しい決まり手がありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

次の