ゴキ キャップ。 ブラックキャップはいつ頃に設置するとゴキブリに効果的なのか調べてみた

ゴキキャップ最強!

ゴキ キャップ

いや、マジで効くぜコレ!!!! 最強だぜ!!!! 騙されたと思って設置しなよ!!! ホント!! ゴキブリホイホイとかホント意味ないですから。 なんなんアレ。 むしろあれ処理するのが苦痛だわ、しかも諸説によるとあれでGを呼び寄せてるらしいわ。 まさかの墓穴。 設置してる人はすぐ撤去しよう 煙で燻す奴もあって、あれはそれなりに効果あると思うけど何よりもメンドイ! だってあれのために色々覆ったりとか隠したりしないと駄目だし、1部屋だけやっても他の部屋に一時的に逃げるだけだからねアレ。 一斉にやんないと駄目。 そんで卵とかの関係で何ヶ月かおきにやる必要がある。 やけにデカイクモ。 ゴキブリをめっちゃ食う)を2,3匹けしかけりゃ余裕よ、ってアホか! そのクモが怖いわ!! ってわけでそこら辺をふまえた上でコンバットとブラックキャップの良いところ箇条書き!• とにかく効く• 死骸の処理の必要が無い(何か勝手に死ぬ)• 巣もろとも破滅させる• 中の子供(卵)も全滅させる• 袋から取り出して設置するだけでオッケー• 効果は6ヶ月だから1年に1回の設置で良し!• 容器入りだからペット等が間違って食べる心配も無し!(小動物の場合は気を付けてあげてね!)• 最強!! ホンマ効くで!! むしろこれの抗体とか持った奴が現れたら人類はおしまいだ。 主に我が家とかもうおしまい! どっちがオススメなの!? そんで2種類あるんだけど、どっちが良いのー? って疑問があるよね。 僕はね、もうどっちも使いまくってますから。 その辺は任せてくださいよ 結論から言うなら どっちでもいいよ!!! 主な効果は一緒なんだ だからぶっちゃけどっちでも効くんだよね 形状に違いはあるけど、基本的には一緒。 明確な差は無いよ 強いて言うならコンバットの方がシールが付いてて壁にも張れるから自由度高いよ。 ダブルアタックです。 実家暮らしなので一軒家なのですが、明らかに多いです。 オーバーキル! 普通の人はどちらか1つで良いでしょう ちなみに去年はコンバット、一昨年はブラックキャップ使ってましたがいずれも効果めっちゃありました。 つまり両方使う意味はないけど、その、何か、買っちゃった! どちらも半年間効果は持続するんで、今設置しとけばとりあえず今年は大丈夫ですね。 南国から閲覧している読者の方はごめんなさい あくまで半年何で、去年の奴とか置いてる人はすぐ取り変えようね ちなみに新しいの買って「こことか良さそう!」って設置しようと思って戸棚開けたら去年のコンバットが設置してあって「当時も同じ思考したんやなぁ」って思い出にも浸れるぞ! 楽しい! G。 猫がいれば、ある程度は仕留めて食べてくれますが。 全滅はまずできませんしねぇ翅やら肢やらが残ってたりもしますし。 個人的な話で恐縮ですが、当方の家族はGを怖れず粛々と仕留めます。 なので、余所の人々の阿鼻叫喚ぶりに戸惑うのですよ。 「いきなり飛び立ったので反射的に蠅叩きを横に払ったら真二つになった。 あんなペラペラなプラスチック素材なのに…」とか何気なく話した時には大変でした。 そもそも、Gは我家では発生しないので。 「今年の1号が上陸した」と台風なみの扱いです。 因みに、ツィッタ上ではG対処法として 《冬に、家中のドアや窓など開けれる場所を全開にして、換気扇をまわして、3時間以上放置する。 これでGの卵が全てダメになる。 その卵を見て、Gは他所へ移動》 とやらがリツィートされてますね。 160611.

次の

ブラックキャップは逆効果で実は呼び寄せるって本当?効かない理由を実体験から考察してみた!

ゴキ キャップ

ゴキブリ対策には毒エサタイプが良い理由 ゴキブリ対策には様々な種類があります。 毒エサタイプ、燻製剤タイプ、乳剤タイプなど(詳しくはをご覧下さい。 ) その中でも毒エサタイプが総合的に優れている理由は1回の設置でゴキブリを仕留め、また長期にわたって効果を発揮するためです。 毒エサ 1回の設置で全てのゴキブリを死滅させる可能性が最も高い。 また、効果が数ヶ月にわたって続く為、設置数ヶ月後にゴキブリが出たとしても再対策が不要で、 手間・コスト面でも優れている。 乳剤 効果は毒エサに非常に似ており、ゴキブリ駆除の面で比較すると毒エサと遜色はない。 しかし、乳剤ゆえ添付箇所や添付方法は素人には難しく、効果も毒エサと比較すると1~3ヶ月程度と短い。 燻製剤 1回の施行でその場にいるゴキブリに有効。 逃げられたり、煙の届かない場所に隠れられると面倒だが、 即効で大量のゴキブリを駆除するには最も効果が高い。 超音波 効果の測定が難しく今だ科学的根拠が不明瞭である。 待ちぶせ 殺虫剤の即効性と駆除剤の残効性を併せ持つオールラウンダータイプ。 いくつかの欠点はあるものの、逃げられた時には最も頼りになる。 忌避剤 ゴキブリを遠ざけるにはこれしかない。 最近人気の忌避剤。 しかし、ゴキブリを殺す効果はないため、一度室内に侵入されると効果は薄い。 少し簡単な説明となりましたが、駆除剤の中では毒エサタイプが最もお手軽で効果的です。 たくさんある毒エサタイプの中で、なぜブラックキャップが最も優れているのかについて以下詳細に紹介しています。 ブラックキャップの効果 ブラックキャップの有効成分はフィプロニル(フェニルピラゾール系)です。 この成分はゴキブリの神経系にダメージを与え、死に至らしめます。 この毒は ゴキブリ本体はもとより、卵さえ死滅させます。 これが燻製タイプや乳剤タイプの駆除剤、また他の毒エサと異なり、 ブラックキャップが優れている大きな理由です。 また、ゴキブリ本体はもとより、ゴキブリのフン(=性ホルモンを出す物質)にもこの毒が働く為、 巣に帰ったゴキブリが死滅した後、巣ごと全滅させることができるのです。 そして、効果に かなりの即効性があるためブラックキャップはゴキブリ対策グッズの中でも最も評価が高くなっています。 また、このフィプロニル(フェニルピラゾール系)タイプの毒エサは他メーカーも開発していますが、先行メーカーゆえ他メーカーより値段を安く抑えることができているのも優れている点です。 (この点については今後変わってくるかもしれません。 ) 以下、ブラックキャップの特徴一覧です。 大型ゴキブリもイチコロ ブラックキャップはチャバネゴキブリなど、日本の一般的なゴキブリはもとより、 黒ゴキブリなど日本では大型とされるゴキブリを含め、 日本のあらゆるゴキブリに有効とされています。 卵にも効果を発揮 ブラックキャップはゴキブリの中にいる卵にも効果を発揮します。 また、薬剤抵抗性のあるゴキブリにも効きます。 即効性は5時間後から1日後 ブラックキャップの餌に食いついてからゴキブリが死ぬまでの時間は、 チャバネゴキブリで5時間、クロゴキブリで1日くらいとされており、 これは他の毒エサと比較すると即効性が高いと言えます。 ブラックキャップ設置場所 一般的には以下の場所に置くのが有効とされています。 冷蔵庫の裏• 台所など棚の中• ベランダ• 洗面台の中、隅• 電子レンジの裏 ゴキブリの好む「温かい場所」、「暗い場所」、「水のある場所」の近くが効果的なようです。 使用期限は6ヶ月? ブラックキャップの使用期限は6ヶ月とされています(アース製薬公式より)。 ゴキブリを殺す有効成分であるフィプロニル(フェニルピラゾール系)は揮発性が低く、 半年で効果がなくなる可能性は極めて低いです。 そのため有効期限が6ヶ月とされる理由は誘引物質(ゴキブリをおびき寄せる匂い)の効果が薄れるため、または、 ゴキブリの嫌うほこりがブラックキャップ本体内に侵入する為だと推測できます。 半年後もほこりをかぶっておらずきれいなら、誘引物質(焼肉のタレを数滴など)を入れることで再利用できます。 ゴキブリ対策として誘引物質を入れる場合はをご参照下さい。 また、未開封(アルミパックから未開封)の場合は4~5年使えます(アース製薬公式より)。 ブラックキャップは夏の終わりに ゴキブリ対策グッズの売れ時は夏です。 ブラックキャップも例外ではありません。 その結果、夏場は他の季節に比べてゴキブリ関連グッズの値段が高くなることがあります。 しかし、シーズンが過ぎると在庫調整のため特売で売られます。 なるべく夏場以外の時期に買うのがおすすめです。 地域によっては1割~程度値段が違います。 2013年3月 外用ブラックキャップ発売 ブラックキャップシリーズで唯一これまで未発売だった外用が発売されました。 これで商品ラインナップはコンバットと同じになったようです。 外用ゴキブリ駆除剤の最大の売りは、外でも効果を発揮できるよう、 防水、耐水、風に対してしっかりと対策されていることです。 特に有効成分が水に溶けにくいよう設計されているようで、少々の雨が当たる場所でも気にせず置けるため、 これまで置けなかった場所でのゴキブリ対策が可能になりました。 参考 ブラックキャップシリーズ 通常・外用・広い範囲用・隙間用) ブラックキャップは総合力では非常に優れた商品です。 とはいえ、全ての目的に対して万能なゴキブリ対策グッズは存在しません。 例えば、ゴキブリを発見した場合は毒エサよりもすぐに殺せる殺虫剤の方がすぐれているのは明らかです。 また、玄関には誘引物質を含む毒エサよりもゴキブリを遠ざけるやの方が優れているかもしれません。 旅行で長期に家を空けるような場合は、ゴキブリ駆除も兼ねて燻製剤がいいかもしれません。 赤ちゃんがいたり、動物を飼っているようなら毒エサでも安全性を重視すべきです。 (詳細はをご参照下さい。 ) 幼虫には?卵には?考えだすときりがありません。 つまり、ゴキブリ対策グッズは目的や用途、制限事項などにより、最も良いものが異なります。 それでも一般家庭において何か1つだけゴキブリ対策をするのなら、ブラックキャップを置くべきです。 それほど総合力では優れています。 ゴキブリ対策グッズの選び方 ゴキブリ対策グッズを判断する場合、様々な観点で考えることができます。 目的(駆除が目的なのか、遠ざけることが目的か)• 施行回数(卵まで含めて何回の施行で全滅できるか)• 期間(効果は何日持続するか)• 対象となるゴキブリの種類• 手軽さ(作る手間、設置の容易さ、回収の手間など)• 即効性(施行してからどれくらいで効果を発揮するか)• 害(人間、動物など他に危害を加えないか)• その他 何が目的か、どこに設置するのかなど十分にご検討頂き、あたなにピッタリのゴキブリ対策グッズを発見して下さい。

次の

ゴキブリ対策 ~一生見ない技~

ゴキ キャップ

その仕組みは・・ タマネギやピーナッツ成分などでゴキブリを誘因し、ゴキちゃんが食べたらホウ酸で死んじゃうというもの。 いわゆるホウ酸団子ってやつですね。 直径 3センチくらいのプラスティック容器(中にエサが入っていて、サイドが開いている)を、部屋の隅など、あちこちに配置するだけです。 ポイントは、毒を食べたゴキブリが脱水状態になり、水を求めて(その場で死んだりせず)外に出て行ってくれること。 なので、誘引剤が入っていてもゴキちゃんを見なくて済むわけです。 すんばらしい! ちなみに前のバージョンはこういうパッケージだった気がする。 10年くらい前からゴキキャップを使い始めた我が家ではそれ以来ゴキブリを見ることもなくなり、夏や梅雨時でも心の平安を得ることができました。 有効期限は箱に書いてありますが、最低でも 1年は持つので、こまめに替える必要もありません。 我が家では毎年、6月の梅雨入りあたり、蒸し暑くなってきたタイミングで家じゅうのゴキキャップを新しいものに取り替えます。 1年前に置いた古いのを回収し、新しいのを置いて回るという作業をすると、ちょうど「一年ごとに部屋の隅々まで大掃除ができる」ので、それも気に入ってます。 15個入りと30個入りがあるので、家の広さに応じて選んでください。 置く場所ですが、 台所だと、冷蔵庫の裏、戸棚の下(排水溝の近く)、食器棚と壁の間など 3個くらい。 洗面所だと洗濯機の脇、洗面台の下の戸棚の中、トイレの裏側など、やはり 3個くらい。 リビングではソファの下や、部屋の角の家具の裏に置きます。 ベッドの下、チェストの裏側など暗くて狭いところにも。 他には、玄関ドアのすぐ近くや窓&ベランダのサッシ上など、出入り口に置きます。 そうすると、外部から入ろうとした Gがこれに引っかかり、家に入らず撃退できます。 私のように「ゴキちゃんなんて一切、見たくない」という方には、とってもお勧めの商品です! Chikirin.

次の