ワイモバイル paypay 連携。 ソフトバンク・ワイモバイルスマホユーザーならPayPay残高ご利用額の+2%相当戻ってくる

【PayPay】ソフトバンクまとめて支払い(携帯料金支払い)に連携しチャージする方法

ワイモバイル paypay 連携

この記事の目次• ワイモバイルはソフトバンクがサブブランドとして展開する格安SIMのひとつです。 ソフトバンク回線を利用しているので、他の格安SIMと比べて音声品質や通信速度に優れているワイモバイルは、他の格安SIMとは一線を画す存在といえるかもしれません。 ソフトバンクはキャッシュレス決済で勢いのあるPayPayも運営しています。 キャッシュレス決済といえば、多くのサービスがあるので「どれを使えばいいか分からない」という人は多いのではないでしょうか。 実は、ワイモバイルユーザーがキャッシュレス決済を始めるならPayPayがお得です。 ワイモバイルユーザーが、数あるキャッシュレス決済の中でPayPayを使った方がよい理由を解説します。 ワイモバイルとPayPayの相性がよい理由 ワイモバイルユーザーがこれからキャッシュレス決済を始めるなら、PayPayがおすすめです。 なぜなら、もPayPayも運営はIT企業のヤフーとだからです。 IT業界は今、大きな変革期にあります。 各社ともこれまでのように1つのサービスではなく、ショッピング、金融、携帯電話、電気など生活にまつわる様々なサービスを展開するようになりました。 競争環境が激しさを増すにつれて、顧客の囲い込み競争も激しくなっていることがうかがえます。 このように考えると、ワイモバイルユーザーがソフトバンクとヤフーが出資するPayPayを使うと多くのメリットがあるのは容易に想像できるでしょう。 これからワイモバイルへの乗り換えを検討する人のために、簡単にワイモバイルの特徴を解説します。 ワイモバイル5つの特徴 ワイモバイルには、次の5つのメリットや特徴があります。 ソフトバンクの回線を使える ソフトバンクの回線を使えるワイモバイルは、他の格安SIMと比べて通信品質がよいといわれています。 一般的な格安SIMは、ドコモやauソフトバンクなどの大手キャリアから回線を借りてサービスを提供しています。 しかし、ソフトバンクの回線をそのまま利用しているワイモバイルは、混雑しやすい時間帯でも安定したデータ通信ができるのです。 月々の料金はソフトバンクよりも安価なのに、通信高品質な通信ができるワイモバイルは人気があります。 料金プランがシンプルで分かりやすい ワイモバイルの主な料金プランは、S・M・Lの3種類です。 スマートフォンの料金体系は様々なオプションや特約があって分かりにくいものですが、ワイモバイルはスマホに詳しくない人もストレスなく理解できるのが特徴です。 シンプルで分かりやすく、自分の使い方に合わせて最適な料金プランを選べるのも大きな魅力となっています。 全国約4000の実店舗がある ワイモバイルは日本全国に約4,000店舗を展開しています。 格安SIMはコスト削減のために店舗を持たないところがほとんどです。 格安SIMに興味はあるものの対面でのサポートが少ないので、乗り換えをためらっている人も多いのではないでしょうか。 その点、ワイモバイルはサポートも大手キャリア並の充実ぶりです。 新規契約や乗り換え時の手続きに不安を感じる人や、初期設定が苦手な人も心強いでしょう。 SIMだけの単体契約ができる ワイモバイルは、SIMカードのみの契約もできるのが魅力です。 端末とのセット契約しかないところもありますが、ワイモバイルはSIMカードだけでも契約できるので手持ちの端末をSIMロック解除してワイモバイルが使えます。 ワイモバイルのSIM単体契約では、データ通信専用SIMも選択可能です。 最低利用期間がないことも嬉しいポイントでしょう。 ワイモバイルでPayPayを使うとさらにお得 ワイモバイルでPayPayを使うメリットを具体的に紹介します。 PayPayモール・Yahoo! ショッピング・LOHACOがお得 ワイモバイルユーザーはPayPayモール、Yahoo! ワイモバイルユーザーなら月額462円のYahoo! プレミアムの無料会員になり、様々な特典を受けられるのが魅力です。 5%の内訳は、Tポイント1%、PayPayボーナスライトが4%となっています。 1万円分の買い物をしたら1000円分が戻ってくるので、10%の還元率は無視できません。 Enjoyパックは有料ですが、特典にはPayPayモールとYahoo! ショッピングで使える500円クーポンと500円分のパケット0. 5GBが毎月もらえるので実質無料で使えます。 PayPay残高でワイモバイル料金の支払いができる ワイモバイルの契約回線とPayPayアプリの設定を連携していると、PayPay残高を毎月の携帯電話料金の支払いに充てられます。 すでにPayPayアプリを登録している場合の設定方法は以下のとおりです。 PayPayアプリを起動して「アカウント」を選択• 「外部サービス連携」を選択• 「ソフトバンク・ワイモバイル」を選択 注意点は、PayPay残高を電話料金の支払いに充てられるのはPayPayアプリと連携している電話番号の請求だけであることです。 1つの請求で複数回線を契約している場合でも、利用申し込みをした電話番号の請求以外には適応できません。 また、1回に申し込める上限金額は1万円までとなっている点も認識しておきましょう。 Yahoo! プレミアム会員が無料 ワイモバイルユーザーは、Yahoo! プレミアム会員を無料で利用できます。 プレミアム会員特典の内容を一部紹介します。 いつでもYahoo! ショッピングで5%還元• いつでもLOHACOで5%還元• いつでもYahoo! トラベルで5%還元• Yahoo! オークションの手数料優遇• 動画サービス(プロ野球・バスケットなど) プレミアム会員は毎月5のつく日に行われるキャンペーンを利用すると、さらにお得度はアップします。 Yahoo! のキャンペーン実施期間中は、店舗側もポイントアップ商品など重複してキャンペーンを実施することもあります。 ワイモバイルユーザーはYahooやPayPayのサービスを活用すれば、年間数万円の節約もできるということです。 キャンペーン情報はよくチェックすることをおすすめします。 ネットショッピングをよく利用する人なら、ワイモバイルの契約をきっかけに買い物をYahoo! ショッピングやPayPayモールに変えてみてもよいのではないでしょうか。 PayPayチャージをスマホ料金とまとめて支払える ワイモバイルユーザーなら、携帯料金とPayPayチャージをまとめて支払えるのもメリットです。 まとめて支払いをする方法は簡単です。 PayPayでチャージするときに、支払元を「ソフトボールバンク・ワイモバイルまとめて支払い」を選ぶだけでまとめて支払いが可能になります。 PayPayのクレジットカードチャージは、これまでYahoo! JAPANカードのみとなっていました。 しかし、まとめて支払いからPayPayにチャージをすると、実質的に好きなクレジットカードでチャージをできることと同じになります。 まとめて支払いを上手に活用すれば、ワイモバイルの支払いに設定しているクレジットカードにチャージ分のポイントが還元されるため、年間数万円がお得になる計算です。 さらに、まとめて支払いでチャージされるPayPayの残高は、利用制限がないPayPayマネーライトであることも魅力です。 送金や割り勘の精算にも使えるため、使い勝手がよく様々なシーンで利用できます。 キャッシュレス決済でPayPayを使うメリット QRコード決済や電子マネーなど様々なキャッシュレス決済がある中で、PayPayを使うメリットはどのようなところにあるのでしょうか。 加盟店が増加中で将来性が大きい キャッシュレス決済は、現在乱立状態にあります。 今後ユーザーの支持を集められるものとそうでないものがはっきりするにつれて、淘汰されるものも出てくると考えられます。 PayPayはLINEとの経営統合で、モバイルサービスでも有利な立場となりました。 スマホ決済で一歩進んだPayPayは、今後も金融事業だけでなく様々な生活サービスに事業を拡大していくでしょう。 すでに、PayPay銀行、PayPayでんき、PayPay証券、PayPayカードなどの商標登録も済ませているといわれていますので、ユーザーの囲い込みが一気に加速することも予想されています。 PayPayはシェアの伸びが大きく、加盟店も増加中です。 PayPay経済圏の広がりにつれて、将来性も見込めるPayPayは将来性が大きなキャッシュレス決済といえるでしょう。 現金チャージまたはヤフーカードでの決済で最大1. 5%還元 PayPayは2020年4月1日から、前月の利用状況に応じて0. 5〜1. PayPayステップの概要は以下のとおりです。 PayPay加盟店や請求書払いサービス利用時の基本付与率:0. 100円以上の決済を50回以上:+0. 利用金額が10万円以上達成:+0. 5% ボーナスの還元で利用特典の対象となる支払い方法は、PayPay残高またはYahoo! カードのみです。 PayPayは銀行口座からのチャージもできますが、銀行口座はすべての銀行が対応しているわけではありません。 いつも自分が利用しているメインバンクが対応していないこともあります。 また、残高チャージ払いでは1円単位の端数が常に残ってしまうので、それが気になる人もいるでしょう。 現時点でPayPayのチャージに対応しているのは、Yahoo! カードのみです。 今後PayPayが使い勝手を改善するにしても、Yahoo! カード以外の他社のクレジットカードまで同じ条件が適用される可能性は低いかもしれません。 そのため、PayPayを使うなら、必要な金額だけ決済できてお得に使えるYahoo! カードでの決済がおすすめです。 毎月加盟店で還元キャンペーンが開催されている 加盟店増加中のPayPayでは、毎月各店で還元キャンペーンが開催されています。 キャンペーン情報はPayPayアプリの「PayPayからのお知らせ」に表示されていますので、定期的にチェックしてみてください。 PayPayのデメリット ここからはPayPayのデメリットを解説します。 PayPay残高は他の支払い方法と併用不可 頻繁にキャンペーンを行っているPayPayは、気がついたらポイントが付与されているということもめずらしくありません。 しかし、PayPay残高は他の支払い方法と併用不可である点がネックです。 たとえば、PayPay残高に200円分あるので、コンビニでコーヒーとお菓子を一緒に買うケースを考えてみます。 そのようなとき、PayPay残高を使い切るにはチャージをするしかありません。 PayPayは1度の決済で残高とクレジットカード決済、残高と現金との併用はできず、残高以上の買い物はできないようになっているようです。 一方、残高を使い切るためにチャージすると端数が残ってしまいます。 それを嫌う人は他のキャッシュレス決済を利用するか、現金で買い物するかのいずれかを選択するしかありません。 他社のキャッシュレスサービスの中には、他の支払い方法と併用できるものもあることを考えると使い勝手の悪さを感じるでしょう。 そのため、PayPayでの支払いの際はPayPay残高にチャージせず、Yahoo! カード払いにすることをおすすめします。 クレジットカード払いはYahoo! カード以外のカードも登録できますが、キャンペーンの優遇を受けられないことに注意してください。 ワイモバイルとPayPayのコラボキャンペーン ワイモバイルとPayPayのコラボキャンペーンを紹介します。 300円分のPayPayボーナスライトがもらえる PayPayは2019年10月から、ワイモバイルのスマートフォンやタブレットを契約して期間内にY! mobileサービスの初期登録を完了すると、PayPayモールやYahoo! ショッピングなどで使える「PayPayボーナスライト」300円分がもらえます。 対象は、新規契約または他社から乗り換えた人です。 現在実施中のワイモバイルとのキャンペーン 2020年4月1日から、ワイモバイルユーザーはPayPayモールで買い物すると最大15%相当戻ってくるキャンペーンを実施中です。 この機会にワイモバイルユーザーは、PayPayモールで買い物してみてはいかがでしょうか。 PayPayのダウンロード・設定方法・使い方 PayPayのダウンロードから使い方までを解説します。 PayPayに登録 PayPayアプリはiOSとAndroidのどちらでもダウンロード可能です。 アカウントの登録手順は以下の通りです。 PayPayアプリをダウンロード• アプリを起動して電話番号とパスワードを入力• SMSで認証コードを受信する• 受信した4桁の認証コードを入力• 登録完了 PayPayの3つのチャージ等の支払い方法を設定する アカウントを登録したらチャージ方法などの支払い方法を設定します。 PayPayの支払い方法は3種類あります。 自分に合った支払い方法を選びましょう。 銀行口座を登録 銀行口座からPayPay残高にチャージする方法は以下のとおりです。 ホーム画面の「その他」を選択• 「銀行口座登録」を選択• 登録する銀行を選択• 支店名、口座番号、口座名義などを入力• 登録内容確認して「登録手続きする」を選択• 各銀行の手順で登録を進めると、口座の登録が完了 セブン銀行ATMから現金チャージ セブン銀行ATMに口座がない人でも、全国約2万5000台のセブン銀行ATMから現金チャージできます。 現金チャージの手順は以下の通りです。 セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」を選択• PayPayアプリで「チャージ」を選択• 「セブン銀行ATM」を選択• ATMに表示されたQRコードを読み取る• アプリに表示された番号をATMに入力• ATMにチャージする金額分を入金• 金額を確かめて「確認」を選択• 残高表示を確認して、チャージ完了 クレジットカード登録 PayPayはPayPay残高へのチャージのほか、クレジットカードでの支払いもできます。 クレジットカードの登録方法は以下の通りです。 ホーム画面の「その他」を選択• 「カード追加」を選択• クレジットカード情報をカメラで読み取るか「カード番号を直接入力する」を選択• クレジットカード情報を入力し「追加する」を選択• クレジットカードの登録完了 PayPay2つの支払い方 PayPayの読み取り方式はお店によって異なります。 QRコードを見せる お店がUQコードを読み取る場合の支払い手順は以下のとおりです。 ホーム画面の「支払う」を選択• 画面を店員に見せ、バーコードを読んでもらう• 支払い完了 お店のQRコードを読み取る お店のQRコードを自分で読み取る場合の手順は以下の通りです。 「スキャン」を選択• お店に置かれたQRコードを読み取る• 金額を入力後、画面を店員に見せ「支払う」を選択• 支払い完了.

次の

Yahoo!モバイル

ワイモバイル paypay 連携

「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」とはソフトバンクとワイモバイルのユーザーは、チャージ金額を毎月の携帯電話料金と合算して後払いにできます。 申し込みは不要で、月額料金なども一切かからず、ソフトバンク・ワイモバイルを契約している人であればだれでも合算後払いを使うことができます。 近年では「キャリア決済」という名目で様々なサービスの支払いを行うことができるようになっているので、使ったことがあるという人も多いのではないでしょうか。 普段からPayPay(ペイペイ)を頻繁に使う人は事前にチャージしておいた方が便利ですが、万が一の時でも連携させておくことで、スムーズに支払い手続きができます。 この方法であれば、PayPay(ペイペイ)残高が足りない状態でもわざわざチャージしてから支払いを行う必要がないので手間がかかりません。 PayPay(ペイペイ)とは、ソフトバンクとヤフーが設立した「PayPay株式会社」が運営する、スマホを使って支払うサービスです。 PayPay(ペイペイ)に対応しているお店で、現金でなく、スマホのPayPayアプリで支払いができます。 PayPay(ペイペイ)はモバイルSuicaのように、スマホ端末がおサイフケータイの機能に対応している必要はなく、スマホにインストールしたアプリに表示されるQRコードやバーコードを使って決済をするため、誰でも気軽に利用することができるのが特徴です。 最近では、キャッシュバックキャンペーンを実施していることもあり、PayPay(ペイペイ)に興味がある方も多いと思います。 でも「ダウンロードしてみたものの使用方法がわからないので、使っていない」、「使ってみたいけどどこのお店で使えるかわからない」といった方もいらっしゃると思います。 利用可能額はほかの対応サービスと共有される。 締め日は携帯電話料金の締め日と同一で、ソフトバンク・ワイモバイルブランドでは「毎月末」、「毎月10日」、「毎月20日」のいずれか、Y!mobileブランドでは「毎月末」となる。 なお、ご利用可能額の変更やサービスの利用自体を制限できる「使いすぎ防止機能」を使うことができます。 お子様がPayPay(ペイペイ)アプリを利用する場合でも、保護者があらかじめ機能を設定しておくことで使いすぎを防止することができます。 設定は「My Softbank」、「My Y!mobile」で手続きができるので、お子様がスマートフォンを利用している場合は覚えておきましょう。 いかがでしたでしょうか。 2019年7月29日より、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いでPayPay(ペイペイ)へのチャージが可能の解説をしてきました。 今までは銀行口座を登録したりクレジットカードが必要だったPayPay(ペイペイ)ですが、 ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いが使えるようになりました。 毎月のスマホ代とまとめてPayPay(ペイペイ)へチャージすることができるので、便利さがアップしたと言えるでしょう。 また、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを利用して、PayPay(ペイペイ)へのチャージをする方法は非常に簡単で、使い方もシンプルで分かりやすいです。 まだPayPay(ペイペイ)を使ったことが無い人は、この機会にPayPay(ペイペイ)を使ったスマホ決済サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

次の

ソフトバンク・ワイモバイル連携方法(携帯電話回線での連携)

ワイモバイル paypay 連携

ワイモバイル Ymobile でPayPayを利用すると、以下4つのメリットがあります!• 支払額の0. 新規登録でもれなく500円プレゼント• 支払方法の設定でさらに500円プレゼント• ワイモバイルユーザーは全額還元の当選確率が他社ユーザーの4倍 ワイモバイル Ymobile ユーザーでなくても、『1. 支払い額の0. 新規登録で500円プレゼント』『3. 支払方法設定で500円プレゼント』の恩恵は受けられます。 しかし、これらに加えて、 ワイモバイルユーザーであれば『100億円あげちゃうキャンペーン』の全額還元の当選確率がなんと4倍なんです! つまり、 ワイモバイルユーザーなら、例えば10万円のiPadをPayPayで支払ったら、10人に一人は無料ということです。 10人に一人というのはかなり高い当選確率のようで、実際にTwitterやInstagram上で、10万円の還元を受けたワイモバイルユーザーが続出しました。 ただ、残念ながら、現在『100億円あげちゃうキャンペーン』は、100億円が還元されてしまい早期終了しています。 でも、PayPayを提供している大元のソフトバンクが「今後もPayPayはお得なキャンペーンをやっていく」と公式発表している為、PayPayが今後盛り上がることはほぼ確定です。 そして、ソフトバンクグループ唯一の格安SIMである ワイモバイルユーザーが、そんなPayPayのキャンペーンの恩恵を受けられる可能性はかなり高いです! というわけで、このお得なPayPay ペイペイ の恩恵を最大限に受けるべく、スマホをワイモバイル Ymobile にしておくのはとてもオススメです! ただ、 ワイモバイルの月額料金がPayPayで支払えるかというと、残念ながら支払えません。 ワイモバイルの月額料金の支払い方法は、『クレジットカード』『デビットカード』『口座振替』の3つに限られます。 でもなぜ、PayPay ペイペイ はワイモバイルに契約しておくとお得と言われているかというと、PayPayを一気に普及させようとするソフトバンクグループの動きがあるからです。 ソフトバンクグループは、これまでも、『Yahoo! BBのモデム無料配布キャンペーン』や『iPhoneの大幅割引販売』など、商品を普及させるために、がっつりユーザーに還元する戦略を取ってきました。 PayPay ペイペイ もこれと似た雰囲気があり、ソフトバンクのグループ会社であるワイモバイルのユーザーも、PayPayのキャンペーンの恩恵を今後受けることになるはずです! 具体的には、これからPayPay ペイペイ が商戦時期などに合わせて、還元キャンペーンが行われるのではと噂されています。 19年2月:Yahoo! ショッピングとヤフオク!でPayPayが利用可能に• 19年3月:学割商戦• 19年10月:消費税増税、楽天モバイル参入• 20年夏:東京オリンピック そして、上記のようなイベントに併せて、ワイモバイルとPayPayのコラボキャンペーンが開催される可能性は十分あります! というわけで、No1レベルの還元率を誇る支払い方法であるPayPay ペイペイ とワイモバイルを徹底活用する方法について、詳しく解説していきます! でも、これまでソフトバンクグループは、インターネットモデムを無料で配ったり、ヤフオクの手数料を無料にしたりと、大体的なキャンペーンはがんがんやってて、今回のPayPayのキャンペーンを見る限り、かなり本気のようです。 今後PayPayのキャンペーンは不定期で行われるはずなので、絶対またお得に利用できる時が来ます! なので、キャンペーンをやっていない時期でも、PayPayのアプリだけはダウンロードしておくといいですよ。 そして、ワイモバイルはソフトバンクグループで、キャンペーンでとても優遇される可能性が高いので、PayPayを利用するなら、最もワイモバイルがオススメできます。 PayPay ペイペイ とは、 実店舗でスマートフォンを使って支払ができるサービスです。 対象のお店にPayPayアプリを使って、QRコードやバーコードを提示したり、お店にあるQRコードを読み取るだけで、電子マネー(PayPay残高)や登録したクレジットカードから支払いができます。 登録方法は? まず、 をダウンロードしましょう。 携帯電話暗号・パスワードを入れて新規登録します。 続いて、電話番号を入力し、「電話番号を確認してSMSを送信」を押します。 そして、SMSで届いた認証コード4桁を入力しましょう。 以上で、PayPayの登録は完了です。 アカウント開設時限定のPayPayボーナスが500円分もらえるので、登録しておいて絶対損はないです。 使い方は? 「PayPay(ペイペイ)」の使い方は簡単です。 バーコードリーダーがあるコンビニ等のお店では、 アプリを立ち上げて画面上部のバーコードを見せてスキャンしてもらうだけです。 金額は入力する必要がありませんので、簡単です。 しかし、スキャンする機械を持っていない店舗では利用できませんので注意が必要です。 もしくは、バーコードリーダーのないレストランのようなお店の時は、お店側がバーコードを表示させますので、「PayPay(ペイペイ)」アプリの下の 「スキャン支払い」というところを押して、お店側のバーコードを読み取ります。 コード支払と違って全店舗で利用可能です。 QRコードを読み取ったら金額を入力して支払いをします。 注意点としては支払を確定する前にお店の人に必ず金額を確認するようにしましょう。 「PayPay(ペイペイ)」残高があれば残高から支払われますが、不足している場合は「Yahoo! マネー」から支払われ、「Yahoo! マネー」が足りなければ、登録している「クレジットカード」から支払代金が充当されます。 利用時に手数料はかかる? PayPay(ペイペイ)は、ユーザーがアプリをダウンロードして使う分には 無料です。 支払いの時も無料で、手数料は一切かかりません! また、お店側にとっても現在「PayPay(ペイペイ)」は初期導入費・決済手数料・入金手数料が無料です! ただし、2019年10月から有償の可能性があるようです。 PayPay(ペイペイ)は、20%還元キャンペーンが始まった12月4日にテレビのニュースでも頻繁に取り上げられましたし、これだけ話題になった電子決済サービスは今までありませんでした。 PayPay(ペイペイ)をお店に導入すれば売り上げがアップするのは間違いないですし、2019年9月までは手数料が一切かかりませんのでお店が、PayPay(ペイペイ)を導入するメリットも十分にあります。 PayPayはどのチャージ方法を選んでも、チャージ手数料がかかることはありません。 無料で始められて、無料で利用できるのもPayPayの魅力的な点です。 還元率の高いクレジットカードでチャージすれば、チャージ分のポイントもつくのでお得ですよ。 PayPayが使えるお店は? PayPay ペイペイ あ、比較的新しいオンライン決済サービスということもあり、まだまだ加盟店は少ないですが、2018年12月4日から全国のファミリーマートで利用可能になり、ミニストップや松屋、ビックカメラ、ジョーシン、エディオン、ヤマダ電機、ソフマップ、HISなど大型店や有名チェーンで利用可能になっています。 PayPay ペイペイ を利用できる主な店舗は下記の通りです。 ミニストップ• ポプラ• 養老乃瀧• ジーンズメイト• ラコステ• 眼鏡市場• ビッグエコー• ゲンキー• てもみん• 三和交通• ALOOK• 家電量販店やコンビニで利用できるようになったのは大きいと思います。 また、上記のように現在地から検索することも可能です。 支払方法には何がある? PayPayでの支払いは、以下の3パターンあります• PayPay残高• Yahoo! マネー• 登録クレジットカード PayPay残高に支払い額以上の残高があればPayPay残高から支払い、残高が足りていない場合は、Yahoo! マネー、登録クレジットカードから決済されます。 現在「PayPay(ペイペイ)」にチャージできる方法は、 「Yahoo! ウォレットの預金払い用口座に登録されている金融機関口座」か クレジットカードの「 」だけです。 「Yahoo! ウォレットの預金払い用口座に登録されている金融機関口座」は、現在60以上の金融機関に対応しています。 残高に表示されている「+残高にチャージ」を押す• チャージしたい口座もしくはYahoo! JAPANカードを選択• チャージしたい金額を入力し「チャージする」を押す で、チャージができます。 PayPayは、QRコードやバーコードを提示したり、お店にあるQRコードを読み取るだけで、電子マネーや登録したクレジットカードから支払いできるアプリ• スムーズにいけば1分ほどで登録可能• クレジットカードまたは、Yahooマネーでチャージ可能 ワイモバイルでPayPayを利用するメリットは? PayPay ペイペイ を立ち上げると、一瞬で決済ができます。 アプリ立ち上げから支払までトータルで30秒ほどです。 これはPayPay ペイペイ だけではなく、キャッシュレス決済の利点ではありますが、クレジットカード払いよりも時間はかからないです。 さらに、ワイモバイル Ymobile ユーザーはPayPay ペイペイ を利用することでいろんなメリットがあるので、紹介していきます! 支払額の0. 5%が還元されます。 キャンペーンでサービス開始を記念して20%還元されることもあります。 月に5,000円までが上限となっていますが、使うたびPayPay残高が増えていきます! 付与されたPayPayボーナスの有効期限は、PayPay残高の変更日から2年間です。 支払い額の0. 還元率は決して高くありませんが、使うたびにPayPay残高が増えていくのはうれしいところ。 お得なキャンペーン中はより高い還元率になるので、PayPay残高を増やしたいときはキャンペーン期間中が狙い目です。 厳密には、PayPayの有効期限は「最後に使った日」もしくは「最後に残高をチャージ、またはPayPayボーナスを進呈された日」から2年間利用できます。 ですのでPayPayを利用し続ければ、実質的には有効期限はないということになるので安心です。 新規登録でもれなく500円プレゼント PayPayアプリをダウンロードし、 登録するだけで500円分が即チャージされます。 ただ登録するだけでも、PayPay残高が500円分もらえるのでお得です。 PayPayに新規登録してPayPay残高がもらえる方法は以下の通りです。 Yahoo! JAPAN IDで新規登録する PayPayに登録して、バーコードをタップすると、もらった500円分の残高が表示されます。 さらに、5,000円以上チャージすると1,000円分もらえるので、 合計1,500円分が手に入る計算です。 使うかどうか悩んでいるけど、先に登録だけ済ませておくというのもありです。 なお、すでにPayPayに決済方法やチャージ方法を登録してしまっている場合は、今回のキャンペーンの対象外になります。 追加で別の銀行口座やクレジットカード、Yahoo! マネーを登録しても、500円分のPayPay残高はもらえないので注意しましょう! ワイモバイルは全額還元の当選確率が他社ユーザーの4倍 すでに終了したのですが、「100億円あげちゃうキャンペーン」で、ワイモバイル Ymobile ユーザーはものすごく優遇されました。 100億円あげちゃうキャンペーンは大きく二つのメニューに分かれます。 20%戻ってくるキャンペーン• 抽選で全額(10万円相当まで)戻ってくるキャンペーン キャンペーン期間は18年12月4日~19年3月31日まで。 もしくは100億円に達した時点で終了となっています。 なんと、10万円までの買い物なら文字通り全額、10万円以上の買い物でも10万円分が還元されます。 還元分は翌月10日ごろにPayPayアプリにチャージされます。 抽選は決済ごとに行われるので、何回も当選する可能性も十分にあります。 当選確率は一般のユーザーは40回に1回です。 ですがワイモバイル Ymobile ユーザーは10回に1回の高確率に優遇されるという特典が付いていたのです。 ワイモバイル Ymobile ユーザーとソフトバンクユーザーは、全額(10万円相当まで)戻ってくるキャンペーン」の当選確率が10回に1回と大幅優遇されています。 他社ユーザーは40回に1回の当選確率なので、なんと4倍の確率で当選する計算になります。 ワイモバイルでPayPayを利用するメリットは、登録や支払い方法を設定するだけで残高が増えること• とにかくキャンペーンが多くて、使うほど残高が増え、還元率No1の決済方法 ワイモバイルでPayPayを利用するデメリットは? 続いて、PayPay ペイペイ のデメリット 注意点 です。 PayPay ペイペイ のデメリットとしては、• 対応店舗数が少ない• チャージ方法が限られる• 他の支払い方法と併用できない• 出金できない の4点になります。 ただ、まだPayPay ペイペイ は出始めたばかりのサービスなので、今後改善される可能性は全然あります。 対象店舗がまだまだ少ない 現状PayPayは後発のコード決済サービスとなります。 そもそも使える店舗もまだまだ限定的すぎるため、オススメレベルとまでは言っていません。 1クラスにお得となるため、このタイミングだけは逃さないようしましょう。 チャージ方法が限られる PayPay残高にチャージする方法は 銀行 or Yahoo! JAPANカードのどちらかです。 しかも銀行からのチャージは残念ながらメガバンクの三菱UFJ銀行に対応していません。 ここに対応していないのはかなり痛いです。 また、クレジットカードがYahoo! JAPANカードしか対応していないのも残念です。 現金化できない 残念ながら、PayPay残高を現金化する機能はないです。 決済方法がクレジットカードであれば、支払いはその都度行われますので問題ありませんが、銀行口座からチャージした場合やキャンペーンでもらったPayPayボーナスは、有効期限内に利用するようにしましょう! でも、PayPayは使うたびに残高が5%返ってくるので、同じ支払いであれば現金よりもお得です! 私もPayPayを利用していますが、スマホだけで簡単に支払いが完了するので気に入っています。 また、クレジットカードが使えない小さなお店でもPayPayは使えた!ということが何度かありました。 手軽にキャッシュレス決済が出来るのでとても便利です。 他の支払い方法と併用できない PayPay残高と他の支払方法は併用ができませんので注意してください。 PayPay残高は優先的に利用されると記載されていたので、自分としてはクレジットカード払いをしてもPayPay残高分は先に消費されて、残りの分をクレジットカード払いで払えばいいと思っていました。 しかし、PayPay残高は残高以上の支払には利用できないようです。 つまりキャンペーンで500円もらったとしても、501円以上の支払には充当できません。 PayPayのデメリットは、使えるお店がまだ少ない、 それぞれの支払い方法は併用できないといった点• ただ、PayPayの利用可能店はこれからもどんどん増えていく予定• とりあえず登録しておいて、対応店が増えたら使ってみるというのもあり ワイモバイルの月額料金をPayPayで支払える? ワイモバイル Ymobile ユーザーだと、還元キャンペーンでお得になるPayPay ペイペイ ですが、残念ながら、 月額料金はPayPayでは支払えません。 ワイモバイル Ymobile での月額料金の支払い方法には、以下の3種類があります。 クレジットカード• デビットカード• 口座振替 銀行引き落とし 格安SIM MVNO は、クレジットカードのみでしか支払いができない場合もあり、契約自体を断念される方もいらっしゃいます。 でも、ワイモバイルは、支払い方法が他の格安SIM MVNO に比べて豊富なため、クレジットカードを持っていない方や利用したくない方でも、安心して契約することができます。 なお、ワイモバイル Ymobile の月額料金の支払い方法は上記の通りなのですが、契約をする際には、店舗とオンラインストアで設定できる支払い方法が以下のように異なるので気をつけてください。 オンラインストアで契約する場合• 一旦、ワイモバイルを契約をしてしまえば、後で月額料金の支払い方法を、口座振替 銀行引き落とし に変更することは可能ですが、 オンラインストアでの契約する際には、クレジットカードもしくは、支払いが可能な一部のデビットカードがどうしても必要になってきます。 ワイモバイルでは、コンビニ払いでの月額料金の支払いは不可• PayPay ペイペイ 自体はどこのスマホキャリアでも利用可能ですが、Y! mobileユーザーはすごく優遇されます。 ワイモバイルユーザーは、「100億円あげちゃうキャンペーン」の当選確率がなんと4倍です。 買い物10回につき1回がタダになる高確率になっています。 ワイモバイル Ymobile とPayPay ペイペイ を上手く活用するには、このキャンペーンを徹底活用していくことに尽きます。 残念ながら、すでに「100億円あげちゃうキャンペーン」は終わってしまったのですが、ワイモバイルは、公式に今後もキャンペーンは行っていくということを匂わせているので、 次のキャンペーンに合わせてワイモバイルに契約しておくのはオススメです。 ワイモバイル Ymobile に契約して、PayPay ペイペイ の還元キャンペーンを徹底活用していきましょう! ワイモバイルとPayPayに関する口コミは? PayPay ペイペイ リリースに合わせて、ワイモバイル Ymobile も盛り上がっています。 Twitterの口コミを見ていくと、状況が分かると思います。 やばいやばい!! 全額当選確率を上げようとY! mobile契約を考えている自分がいる。。。 冷静にならねば・・・。 — ニノ FatherLogの中の人 fatherlog ワイモバが一番リーズナブルに当選率を上げることができるので。 100億円が残っている間はそう思われる方が必ず多くなります。 Yahooプレミアムへの加入がベストかと。 10万円当選した人もいる 中には、10万円相当の当選をしたワイモバイル Ymobile ユーザーもいます。 これは結構話題になりました。 Yモバで全額還元確率上げてPayPayクジ三連打の結果! iPadProとPencil会計したらペンのほうが当たってしまって(逆だったら10万還元)得したのにスッキリしないからswitchも買ったら連続当選!PayPayありがと~~~!射幸心に壊された脳が次買うものを探しだしている まずい — みんじ 仮 mingkkkr 今後のキャンペーンに備える 「100億円あげちゃうキャンペーン」は終わってしまったのですが、今後PayPay ペイペイ では、商戦時期に合わせて、還元キャンペーンを行ってくる可能性は十分あります。 年末年始• 19年2月:Yahoo! ショッピングとヤフオク!でPayPayが利用可能に• 19年3月:学割商戦• 19年10月:消費税増税、楽天モバイル参入• 20年夏:東京オリンピック 特に、19年2月には、Yahoo! ショッピングに出店しているすべてのお店でペイペイが使えるようになるわけです。 しかもオンラインで使えるわけですから、ペイペイの利便性が一気に高まります。 さらにYahoo! ショッピングで付与されるポイントも期間固定Tポイントから、PayPayに切り替わることが決定しているので、PayPay ペイペイ がますます盛り上がり、ワイモバイル Ymobile とコラボキャンペーンがされても全然おかしくありません。 ワイモバイルとPayPayを上手く活用する方法は、PayPayのキャンペーンに併せてもしくは見越して、ワイモバイルに契約しておくこと• 100億円が全部一気になくなってしまったようです。 PayPayを使って買い物するたびに、支払額の20%が還元• PayPayを使って買い物すると、抽選で40回に1回は支払額が全額還元 というもので、これが私もこれはすごいと思い、ものすごいインパクトを残したキャンペーンで、ワイモバイル Ymobile ユーザーは他の人よりもお得になっていました。 一旦終わってしまって残念ですが、「PayPay」は、今後も新しいキャンペーンを準備しているようです。 【追記】19年2月5日 PayPayの100億円キャンペーン第二弾が開催されました。 全額還元の確率は第1弾よりも高く、 抽選で10回に1回。 Yahoo! プレミアム会員の場合は5回に1回へと上がります。 ただし、この全額還元キャンペーン、上限が1,000円までというのがちょっと悲しいところです。 でも、ワイモバイルなら、Yahooプレミアムに無料で加入することになるので、当選確率はかなり高くなります。 なお、Yahoo! JAPANカード以外のクレジットカードによる支払いは、全額還元キャンペーンの抽選の対象外となります。 また、全員に付与される最大20%のPayPayボーナスについては、支払方法によって還元率が変わります。 PayPay残高またはYahoo! マネーで支払った場合は20%、Yahoo! JAPANカードで支払った場合は19%、その他のクレジットカードで支払った場合は10%となります。 【追記】19年1月21日 PayPayは、2018年12月に案内していた本人認証サービス(3Dセキュア)への対応をすることになりました。 2019年1月21日以降、3Dセキュア対応のクレジットカードをPayPayに登録する場合は、クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードの入力後、各クレジットカード会社の認証ページで3Dセキュアによる認証を行うようになります。 また、既に3Dセキュア対応のクレジットカードをPayPayに登録済の場合、設定画面から同様の認証を行えます。 また、PayPayでは2018年12月21日以降、クレジットカードでの利用金額について、30日間で5万円までという上限を設けることになっています。 3Dセキュアによる認証を済ませた場合は上限が引き上げられ、30日間で25万円までの決済が可能ととなっています。 年末年始• 19年2月:Yahoo! ショッピングとヤフオク!でPayPayが利用可能に• 19年3月:学割商戦• 19年10月:消費税増税、楽天モバイル参入• 20年夏:東京オリンピック などなど、今後PayPay ペイペイ のキャンペーンがされる時期はとても多いと思われ、その際は必ずワイモバイルユーザーは何かしらの恩恵が受けられるはずです。 「100億円あげちゃうキャンペーン」を見ても分かるように、今回PayPay ペイペイ に対するソフトバンクの力の入れようはかなり本気に見て取れ、ソフトバンクグループ唯一の格安SIMであるワイモバイルは、PayPayを絶対お得に使えるチャンスが来るに違いありません!.

次の