試練を与える人。 「神様は乗り越えられない試練は与えない」・・は本当か?

神が人に試練を与えるのは人を清めるため

試練を与える人

人生に苦悩は付き物です。 しかし西洋の思想を見ると、「神は乗り越えられる試練しか与えない」と言いますよね。 自然災害、虐待問題、事故、人災。 「乗り越えられずに」死に至る人の多さを鑑みるとその真偽に疑問を抱かざるを得ません。 「神は乗り越えられる試練しか与えない」とはキリスト教の経典、聖書からの引用文章を日本語に翻訳したものなのですが、意訳の過程で本来の意味から変異している可能性があります。 歴史的に最も多くの人類に信仰されてきた宗教の教義をより深く考察すれば、人生の苦悩、「試練」の本質が理解できるかもしれませんよ。 「コリント人への第一の手紙10章13節」より 本来の文節は、「コリント人への第一の手紙10章13節」に記載されています。 最も原点に忠実とされる日本語訳によると、以下のような内容です。 「人間的な試練以外の試練があなた方をとらえたことはない。 (中略)神はあなた方が耐ええないような仕方で試練に合うようにはせず(中略)試練とともに出口をも作ってくださるであろう」 この「試練」や「出口」の訳し方が問題で、英語ではescapeのための出口、道と記載されているようです。 原典では「試練のただなかを通り抜けて初めて到達する出口」を意味する言葉が用いられており、英訳でも日本語訳でも根本的な意味を違えていることが分かりますね。 キリスト教で言うところの「神」が人間に与える救いは、「耐えられないようなやり方で試練を与えないこと」と「出口を用意してくれること」の2つ。 死をも救いを考える思想の中では、確かにこれは正しいと言えるのかもしれません。 では、もう一つの問題、「試練」は結局どういうことなのでしょうか。 「試練」こそが「道」である 試練という言葉の純粋な意味は、「信仰や実力、決心のほどを厳しく試すこと。 また、その苦難」とあります。 コリント人への第一の手紙10章13節には「試練のただなかを通り抜けて初めて到達する出口」とありました。 つまり、試練は人生の前提であり、たとえその結果命を失うとしてもただなかを通り抜けざるを得ないもの。 さらに言うならば、人生そのものなのだと考えられます。 キリスト教における「耐え得ないような仕方」とは魂が堕落し、次の生に至る可能性をつぶすようなやり方と解釈していいでしょう。 そうであるとするなら、人生の苦難、試練には救いなどないようにも思えてしまいますよね。 ですが、実は考え方次第で「生き方」と、降りかかってくる試練、苦難を変えることができるのです。 日本人に深く浸透している「輪廻転生」という考え方があります。 これは現世を来世に至るひとつの段階とする思想で、今の自分が目的を達成できなかったり、希望を叶えられなかったりすれば、来世の自分にその業が課せられて新たな「目的」になるのです。 つまり、現世の自分をいかに高みに押し上げるか。 それによって、存在する地点が変わってきます。 位相が変われば降りかかる試練や苦難も異なるので、もしも今の運勢、状況に不満があるのであれば、自分自身を磨き上げ、より高次元に上るように努力すればいいのです。 邪念、邪気を拭い去り、自分自身に還ってその道を探すことをおすすめします。

次の

「神様は乗り越えられない試練は与えない」・・は本当か?

試練を与える人

これは私の師匠に教えてもらった 非常に大切な考え方なのですが、 「何かを成し遂げようと決断した後に、 試練がこなければ諦めた方が良い」 …というもの、 この運気と試練と成功には 深い関係があります。 誰しもが成功を望みますが、 残念ながら試練に耐える気力がなく、 途中で諦めてしまいます。 しかし、そこを乗り切る 意志の力が必要なのです。 たいていの成功者は 自分の過去を振り返ったときに、 成功するきっかけとなった ターニングポイントがあったと言います。 これは成功者じゃなくても 誰でも経験する事でしょう。 「あのとき、あの人に出会わなければ 今の自分はなかっただろう。。 」 「あの時病院に入院する経験がなければ きっとこんな決断はしていなかっただろう」 それぞれの人生において、 いろいろなターニングポイントを 経験していると思います。 いろいろな試練を乗り越えた経験がある と思うのですが、 成功者の話を聞くと 普通の人が捉える「試練」というものを 変わった見方をしている事に気づきます。 彼らは記憶に強く残る決断の ターニングポイントでは、 その前に必ず不運や試練が訪れたとの事、 その試練を成功の足がかりにします。 つまり彼らは試練を成功に変える人なのです。 運気は決断の大きさに比例して 大きな試練を与えるようなのです。 神様は試練を与えるのか? 成功者に話を聞くと 目を覆いたくなるような苦しい試練を みな乗りこえている事が分かります。 まるで運気の神様に 「お前は本気でそうなりたい と思っているのか?」 と試されているかのごとくです。 そして決断した内容が重大であるほど、 試練も比例するように彼らを苦しめた と言います。 私の知人で2000年ごろの ITバブルと呼ばれていた時代、 インターネットを使った斬新なアイデアで 資本の大小を問わず 財をなした人たちがいます。 彼らは一様にまだ若く、 IPO(新規株式公開)によって 一夜にして億万長者になる人もいて 当時のIT業界では誰もが夢を追い、 IPOをひたすら目指して、 昼夜を問わず働いていました。 私の友人の中にも、そんな会社に勤め、 周りは大企業で安定的に働く中、 貧乏生活を強いられ、 食事や睡眠を削りながら 必死に働いていました。 だった彼の学生時代の友人は 官僚や大企業に行き、 出世して安定した家族を作っており、 そんな姿を見ると惨めな思いを していたそうです。 「彼らはマイホームを購入しているのに 俺はまだぼろアパートで一人暮らし」 …と同窓会には恥ずかしくて行けず… それでも夢を追いかけていました。 そんな話を聞いていた数年後に 彼は数十億と言うレベルの 資産家になっていました。 会社が上場し、一気に 財を手に入れたのです。 当時はそういう事 も珍しくなかったのですが、 こう言った一発逆転のストーリーを 表面上で捉えると 「運がよかったんだ、 時代の運気とマッチしていた」 「羨ましい、一気に大金を手にして」 …な夢物語、、だと感じてしまいがちですが、 そうして資産家になった彼らにも いくつもの不運、試練があったと言います。 そしてその試練を成功の 足がかりとしていったのです。 試練を成功に必要なもの? そうして財を成した人の話を じっくり聞いてみると 仕事上の試練はもちろん 山のようにありますが、 プライベートで 絶望的な不幸があったり、 自分の命が脅かされる ほどの大病をわずらったり、 信頼している人に 裏切られ、だまされたり、 刑務所に入るはめになって しまった人もいました。 普通の人の精神力ではとうてい 耐えられそうのない試練を乗り越えています。 私も師匠から口酸っぱく 「願望の大きさと、そのときに降り掛かる 苦難、試練の大きさは比例する。 大きな願望を抱くのは良いが、 それなりの覚悟で臨みなさい。 」 と教えられていたので、 苦難なく成功はあり得ないという 彼らの実体験を素直に感じていました。 そういった経験を通じ、 私はなお一層この教えを肝に 命じながら、願望や目標を設定する ように心がけていました。 試練や困難にまで 感謝できるようになれば 覚悟も変わります。 それまでは 「棚ぼた式で幸運がつかめれば嬉しい」 と心のどこかで感じていたのですが、 願望をもち前に進むと決断するときは それなりのコミットメントをする ようにします。 運気は試練を乗り越えたものに訪れます。 時々、何の苦労もなく 夢が叶ってしまう事もありますが、 不思議なもので必ずと言っていいほど そういった夢は長続きせず、 あれほど欲しかったものも 早々にその手を離れ、 憧れのステージにようやく立てても、 その活躍の場は早期に無くなってしまいます。 試練を成功に変える人、諦めに変える人 むしろ成功するためのは 「何か成し遂げた後に試練がこなければ それは諦めた方が良い」 とも言えます。 多くの人は、 試練がなくて結果が出れば それはずいぶん好都合だし、 試練が来たなら諦めれば良いじゃないか、 と思ってしまいがちですが、 そうではないのです。 夢や目標を設定して 動き出し始めたのに、 苦難や試練が自分の前に訪れない場合、 運気にはまだ次期尚早と相手にされていない と言う証拠とも考えられます。 言い換えれば「本気でやるんだ」 と言うコミットメント(決断)に 切実や緊迫感が足りずに、 運気の器にエネルギーがまったく 満たされていないような状況です。 つまり、こう言うときは もう一度我に返って、 自分を見つめ直してみた方が良いのです。 目標をも直してみましょう。 逆に苦難や試練に道を閉ざされたときほど、 これは運気の神様からの 成功のパスポートを渡されたサイン、 どれだけ険しく大変な試練であっても 喜んで受け入れるべきでしょう。 試練を前に立ち向かう人、逃げる人 苦難や試練が訪れたときは 「これは神様がするなと言っているんだ」 と捉えてしまい、 志半ばで自ら諦めてしまう人は、 の特徴です。 試練を前に運気が なかったと諦める人の特徴です。 こう言う性格では成功は難しいです。 何度も訪れるチャンスをつぶし続け、 気がついたら人生は 既に折り返し地点を大きく過ぎ、 終盤にさし向かっている、、 そんな残りわずかとなった自分を 悲観するように 「自分には運気がなかった。。 これと言ってチャンスもこなかった」 と嘆いている人はたくさんいます。 行動を起こすにはなぜ勇気が必要なのか? それは恐怖に目を背けているからです。 「俺だってやろうと思えばやれた」 そんな愚痴は、 ビジネス街の夜の居酒屋では たくさん見られそうな光景です。 苦難や試練の存在意味をはき違えて 解釈している限り、 いつまで経っても成功する事はできないのです。 不運、試練を前にして は悲しみ、諦めます。 しかし成功する人は、 苦しみの表情をみせても ここでは喜び、 受け入れて立ち向かうのです。 恐怖に直視して、試練を 受け入れる覚悟を決めるのです。 このように考え方ひとつで 同じ岐路に立たされたとしても それぞれが向かう道は全く 違ってくるのです。 ぜひ参考にしてください。

次の

神様からの贈り物 大成する人には 神は試練を与える

試練を与える人

「天のまさに大任をこの人に 降 ( くだ )さんとするや、必ずまずその 心志 ( しんし )を苦しめ、その筋骨を労し、その 体膚 ( たいふ )を餓えしめ、その身を 空乏 ( くうぼう )にし、行いにはその為すところを 仏乱 ( ふつらん )す」(『孟子』) 名経営者には、倒産や病など幾多もの逆境や試練を乗り越えて事業にまい進した人が少なくありません。 いやむしろ、それらをバネにしたからこそ、名経営者と呼ばれるほどの成功を収めることができたのだといえるでしょう。 ビジネスにおいて、また人生においても予想もしないような大きな困難に遭遇することがあります。 そんなとき不遇や不運を嘆き、前に進むのを諦めてしまいがちです。 しかし、そんな壁を乗り越える意欲を与えてくれる言葉を紹介します。 大きな壁を前にして、落ち込む我々を勇気づける言葉が、『論語』『中庸』『大学』と並ぶ四書の一つ、儒教の必読書とされた『孟子』にあります。 「天のまさに大任をこの人に 降 ( くだ )さんとするや、必ずまずその 心志 ( しんし )を苦しめ、その筋骨を労し、その 体膚 ( たいふ )を餓えしめ、その身を 空乏 ( くうぼう )にし、行いにはその為すところを 仏乱 ( ふつらん )す。 心を動かし、性を忍び、そのよくせざるところを 曽益 ( ぞうえき )するゆえんなり」 (訳)天が人に重大な任務を与えようとするときには、必ずまずその人の精神を苦しめ、その筋骨を疲れさせ、その肉体を飢え苦しませ、その行動を失敗ばかりさせて、空回りするような大苦境に陥らせるものである。 それは、天がその人のこころを鍛え、忍耐力を増大させ、大任を負わせるに足る人物に育てようとしているからである。 天が人に大きな仕事を任せる場合には、必ずその人を奈落の底に突き落として厳しい試練を与える。 それは大きな仕事を成し遂げる人物に育てようとしているからだ。 こう考えればくじけそうな困難にぶつかったときでも、それは次のステップへの試練であり、逆に成長のチャンスなのだと前向きに捉えられるでしょう。 世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を開発した日清食品創業者の安藤百福さんも、何度もの苦難を乗り越えて成功を収めた名経営者の一人です。 逆境や試練は乗り越えられる人にしか訪れない 幼い頃に両親を亡くした安藤さんは、商売を営む祖父母のもとで育ちました。 独立心旺盛な安藤さんは、22歳のときメリヤス販売会社を立ち上げ大成功。 その後、炭焼き事業やバラック住宅の製造、学校の設立などさまざまな事業に乗り出します。 しかしそうした事業は、大阪大空襲によってすべての事務所や工場を焼失し頓挫します。 戦後、安藤さんは製塩事業などを手がけて復活を果たします。 ところが1957年、理事長を務めていた信用組合が破綻。 弁済のため全個人資産を失い、再びドン底に突き落とされてしまうのです。 このとき安藤さんは、「失ったのは財産だけ。 その分、経験が血や肉となって身についた」と前向きに考え、自らを奮い立たせます。 そしてある光景を思い出したそうです。 終戦直後の混乱期、戦地から多くの人が帰還し、人々は争うように食べ物を探し求めていました。 大阪駅近くの屋台では、一杯のラーメンを食べるために長蛇の列ができたのです。 この光景を思い出し、日本人は無類の麺好きであると考えた安藤さんは、即席メンの開発に取り組みました。 試行錯誤の結果、「チキンラーメン」を生み出しました。 安藤さんは「事業と財産を失い裸一貫、絶対の窮地からの出発であったからこそ、並ではない潜在能力が発揮できたのではなかろうか。 逆説的に言えば、私に事業失敗がなければこれほどの充実した瞬間は持てなかっただろうし、即席メンを生み出すエネルギーも生まれなかっただろう」と振り返っています。 天が人に大きな仕事を任せる場合には、必ずその人を奈落の底に突き落として厳しい試練を与える。 しかもそれは、大きな仕事を成し遂げる人物に育てようとしているから。 言葉を換えれば、逆境や試練は乗り越えられる人にしか訪れないとも考えられます。 大きな困難にぶつかった際こう思えば、どんな苦しみも乗り越えるパワーが湧いてくるはずです。 「天のまさに大任をこの人に 降 ( くだ )さんとするや、必ずまずその 心志 ( しんし )を苦しめ、その筋骨を労し、その 体膚 ( たいふ )を餓えしめ、その身を 空乏 ( くうぼう )にし、行いにはその為すところを 仏乱 ( ふつらん )す」(『孟子』) 名経営者には、倒産や病など幾多もの逆境や試練を乗り越えて事業にまい進した人が少なくありません。 いやむしろ、それらをバネにしたからこそ、名経営者と呼ばれるほどの成功を収めることができたのだといえるでしょう。 ビジネスにおいて、また人生においても予想もしないような大きな困難に遭遇することがあります。 そんなとき不遇や不運を嘆き、前に進むのを諦めてしまいがちです。 しかし、そんな壁を乗り越える意欲を与えてくれる言葉を紹介します。 大きな壁を前にして、落ち込む我々を勇気づける言葉が、『論語』『中庸』『大学』と並ぶ四書の一つ、儒教の必読書とされた『孟子』にあります。 「天のまさに大任をこの人に 降 ( くだ )さんとするや、必ずまずその 心志 ( しんし )を苦しめ、その筋骨を労し、その 体膚 ( たいふ )を餓えしめ、その身を 空乏 ( くうぼう )にし、行いにはその為すところを 仏乱 ( ふつらん )す。 心を動かし、性を忍び、そのよくせざるところを 曽益 ( ぞうえき )するゆえんなり」 (訳)天が人に重大な任務を与えようとするときには、必ずまずその人の精神を苦しめ、その筋骨を疲れさせ、その肉体を飢え苦しませ、その行動を失敗ばかりさせて、空回りするような大苦境に陥らせるものである。 それは、天がその人のこころを鍛え、忍耐力を増大させ、大任を負わせるに足る人物に育てようとしているからである。 天が人に大きな仕事を任せる場合には、必ずその人を奈落の底に突き落として厳しい試練を与える。 それは大きな仕事を成し遂げる人物に育てようとしているからだ。 こう考えればくじけそうな困難にぶつかったときでも、それは次のステップへの試練であり、逆に成長のチャンスなのだと前向きに捉えられるでしょう。 世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を開発した日清食品創業者の安藤百福さんも、何度もの苦難を乗り越えて成功を収めた名経営者の一人です。 逆境や試練は乗り越えられる人にしか訪れない.

次の