ペン 回し の 仕方。 ペン回し

ペン回し資料室

ペン 回し の 仕方

ペン回し(ペンまわし、Pen Spinning)とは、手指を用いてペンを操る芸当のこと。 狭義には、後述する「ノーマル」「ソニック」などの個々の技を指す。 また広義には、ペンを指で弾くなどして飛ばすものや、手指以外を用いるアクロバティックな動作も含めてペン回しと呼ぶことがある。 wikipedia:ペン回し というわけです。 2本の指で挟んでくるくるさせたり、親指の周り一回転させるだけがペン回しではありません。 今のペン回しはすごいんです。 ただこのサイトに来たのも何かの縁。 せっかくなので多くの人ができる一般的なペン回しくらいは覚えていってみてはどうでしょうか。 ペン回しにはそれぞれ技名が付けられています。 よく見かける、2本の指で挟んでくるくるさせたり、親指の周り一回転させるペン回しにも技名がついています。 ノーマル 名前からも分かるように、ペン回しの技の中でも最も基本的かつ代表的な技です。 ソニック ソニック系統の基礎的な技です。 ペンが軸移動します。 フェイクトソニック 基本的な技というわけではないですが、見た目の良さと簡単にできることから広まっていると思われる技です。 まずは最も基本的なペン回しの技「ノーマル」から習得していきましょう。 図1のように親指、人差し指、中指、薬指でペンを持ちます。 ノーマル時のペンの持ち方 薬指の支えはあってもなくてもいいですがあったほうが安定します。 ここで重要なのが親指はペンの中心より上の方に、中指はペンの中心に添えることです。 このように持ったら手首を固定します。 ノーマルは手首を一切動かさないので注意。 そして人差し指を離し中指をでペンを押し出すようにして弾きます。 このとき親指は反らせてください。 親指の周りを一回転してキャッチできたら成功です。 詳しい説明はを御覧ください。 ソニック系統の基礎である「ソニック」という技を習得してみましょう。 図2のように中指と薬指でペンをはさみ、親指をストッパーのようにします。 このとき手のひら側の方がペンが長くなるように持ってください。 ソニック時のペンの持ち方 親指と薬指でペンが動かないように抑えつつ、中指にほんの少し力を入れます。 親指を離すと同時に手の甲側で薬指と人差し指でペンをはさみ、ペンを人差し指と中指の間に持っていきます。 できない場合は逆の手で補助を付けて感覚を掴みましょう。 詳しい説明はを御覧ください。 ペン回しの練習をするときは、他人に迷惑のかからないところでやりましょう。 掲示板やチャット、Twitterなどで初対面の人には敬語を使いましょう。 掲示板やチャットなどで絵文字は文字化けの原因になるので控えましょう。 掲示板でのマルチポスト 複数の場所で同じ書き込みをすること やTwitter等で複数人に同じ質問をすることはやめましょう。 その他一般的なネットマナーを守りましょう。 お疲れ様です。 以上で入門者向けのペン回し講座は終了になります。

次の

ペン回し資料室

ペン 回し の 仕方

ペン回しのやり方を画像で解説します。 ここではノーマルのやり方を示します。 次に、親指でペンを押して弾きます。 このときに人差し指の抵抗を感じながら弾くのがポイントです。 そして、ペンは親指の上を回転して、 最後に、親指と人差し指でキャッチします。 ノーマルのやり方はこれだけです。 これはあくまで私のやり方なので、他の人のやり方とは異なっているかもしれません。 親指ではなく、中指でペンを動かすやり方のほうが一般的かもしれませんが、 私は親指ではじく感じのほうがやりやすいですね。 みなさんは、ご自由にどうぞ。 もちろん、やり方が異なれば、コツも異なります。 私が作成しました。 完全無料でダウンロードできます。

次の

高校受験で試験中にペン回し

ペン 回し の 仕方

ペン回し用ペンの材料と作り方の1つ目は「おすすめ!簡単改造ペン」です。 カラーペン2本とエアフィットというペンを使用して作ります。 こちらのペン回し用のペンは左右対称ペンになります。 作り方に慣れたら、グリップのサイズを調整したりペンの長さを変えたりしながら自分好みに仕上げていきましょう。 カラーペンの本体部分に色がついているタイプであれば、好みの色でカラフルに仕上げることもできます。 簡単改造ペンの詳しい作り方は、以下の手順と動画を参考にしてください。 おすすめ!簡単改造ペンの材料• Super Tips(カラーペン)…2本• エアフィット…2本• はさみ• ペンチ おすすめ!簡単改造ペンの作り方• カラーペンは上下のキャップを外して、ペン部分の芯を抜き取ります。 2本のカラーペンはカットして組み合わせて左右の重さ・バランスを揃えます。 エアフィット2本はペン先(チップ)とグリップを外します。 エアフィットから外したペン先(チップ)をグリップにはめ込んだら、出来上がり! ペン回し用ペンの材料と作り方の3つ目は「紙の改造ペン」です。 材料費があまりかからない、紙で作るペン回し用のペンの作り方になります。 材料はシグノのペン先(チップ)2個と紙、グルーガンです。 ペン先がない場合は、両端の重さが対称になればOKなのでパチンコ玉などでもいいでしょう。 本格的にペン回しを始めたい方には物足りないかもしれませんが、まずはお試しで作ってみてもいいでしょう。 可愛い折り紙などで作ってもいいですね。 紙の大きさで重さの調整ができるのもポイントです。 紙の改造ペンの詳しい作り方は、以下の手順と動画を参考にしてください。 紙の改造ペンの材料• 紙(折り紙などでもOK)• ペン先(チップ)…2個• はさみ• グルーガン 紙の改造ペンの作り方• 紙を横18㎝使用にカットします。 重い方がいい方は縦の長さを長くして調整してください。 ペンの太さを意識しましょう。 この時5㎜くらいはみ出すように巻き付けるのがコツです。 こちらのペン回し用のペンは、ペン回しに慣れてきた方におすすめのペンになります。 ペンの長さがあり重厚感もあります。 こちらの改造ペンの材料は、市販されていないのでAmazonなどの通販をご利用ください。 左右対称の対称ペンですが、長さがあるため遠心力を強く感じるペン回し用のペンで最初は回しにくいかもしれません。 ペン回しの大技用のペンだといわれています。 BusterCYL(バスター)の詳しい作り方は、以下の手順と動画を参考にしてください。 BusterCYL(バスター)の材料• エアフィット…2本• com-ssa(コムサ)…1本• Super Tips(カラーペン)…1本 BusterCYL(バスター)の作り方• Super Tips(カラーペン)の上下のキャップを外して、ペン部分の芯を抜き取ります。 com-ssa(コムサ)のペン尻にテープを巻いて、カラーペンの端に入れ込みます。 少しきつめですがしっかり固定してください。 コムサのキャップにエアフィットのグリップを半分にカットしたものを付け、その先に輪フィットのペン先(チップ)を付けたら、出来上がり!• この時、左右の重さに差が出ないようにしを付けてください。

次の