デューク エナジー 株価。 【DUK】米国公益電力企業デュークエナジーは配当利回り4.3%の株価安定の公益電力株

【DUK】デューク・エナジー 業績と配当情報

デューク エナジー 株価

SO(サザンカンパニー)、JNJ(ジョンソンエンドジョン)に続き、DUK(デュークエナジー)から配当金を受け取りました。 この3銘柄は私のポートフォリオの中で配当金に期待できる銘柄です。 デュークエナジーという会社はアメリカなどの海外に住んでいた経験がないと知らない人が多いのではないでしょうか? 実は、デュークエナジーはアメリカ最大の電力会社(公益企業)なのです。 日本で言うと東京電力にあたる大企業になります。 私自身、アメリカに住んでいた経験がありますが恥ずかしながらこの会社のことを投資を始めるまで知りませんでした。 本記事では、2019年9月にデューク・エナジー(DUK)から受け取った配当金について紹介します。 【DUK:デューク・エナジーとは?】 デューク・エナジー(英: Duke Energy Corporation)は、アメリカ最大の電力会社。 ノースカロライナ州・シャーロットに本拠を置き、アメリカの公益企業としては最大規模の売上を有する。 【DUK:デューク・エナジーの配当利回りは?】 DUK:デューク・エナジーの配当利回りは、4.01%です。 4%を上回る高配当株です。 デュークエナジーはアメリカ最大の電力会社ということもあり安定性も非常に魅力です。 月当たり3千円ほどの配当額ですが、少しは生活費の足しになるのではないでしょうか?。 もともと配当狙いで購入した3つの株ですが、 SOとDUKに関しては株価の値上がりも順調のためこのまま長期ホールドを継続していきたいと考えています。 JNJについては投資額が少ないのを理由に株価の値動き次第は売却も検討しています。

次の

デューク・エナジー[DUK]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

デューク エナジー 株価

3 78. 1 91. 3 86. 7 84. 9 77. 5 71. 2 83. 3 63. 6 53. 2 51. 95 4. 95 3. 95 4. 95 4. 93 4. 93 4. 93 4. 93 4. 89 4. 89 4. 89 3. 89 4. 4 配当性向の推移もモーニングスター(MS)社のデータで確認してみましょう。 21 2. 7 84. 1 89. 49 2. 82 113. 3 114. 91 97. 83 2. 97 77. 5 71. 07 3. 03 98. 7 100. 76 3. 09 82. 2 93. 66 3. 15 118. 4 71. 05 3. 24 80. 0 93. 11 3. 36 108. 0 83. 36 3. 49 80. 0 88. 8 3. 6 96. 5 87. 1 3. 8 74. 1 77. 8 四半期決算(2020予想など) さらに、四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。 データの主な出所は英語版のヤフーファイナンス。 ただ、2019年6月までのデータ出所はロイター)。 5 決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。 そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。 通年決算(GAAP基準) 最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。 EPS=希薄化後EPS)。 通常、売上高>営業CF>純利益となる。 営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。 21 47. 49 48. 83 36. 07 32. 76 42. 66 44. 05 40. 11 40. 36 42. 76 44. 06 45. 期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。 上記DSOの出所はモーニングスター社。

次の

[DUK]デュークエナジー 企業概要・株価・配当金・利回り・増配状況

デューク エナジー 株価

デュークエナジーの発電所は主に中西部に位置する。 米国外エネルギー部門は、中南米を中心に電力と天然ガス事業に従事する。 全米最大と電力会社であるデュークエナジーは2011年にプログレスエナジーを買収しアメリカの電力事業として首位のシェアを持つ。 ノースカロライナ、フロリダ、インディアナなど6州の740万顧客 利用人口は2400万人 に電力を供給している。 ガス事業も展開し2016年10月にピートモントナチュラルガスの統合により従来の3倍増、4州の150万顧客にガスを供給している。 2016年12月までにラテンアメリカ事業 ペルー、チリ などを米国企業に、ブラジル事業を中国企業に相次ぎ売却。 米国内での事業に資源を集中するため国際事業から撤退した。 2016年通期は好天による増益効果やピートモントの買収完了の前倒し効果があるも、暴風雨被害の復旧コストと金融費用の増加で減益。 2017年通期はピートモントの通年寄与と、国際事業部門の売却効果で増益を見込む。 デュークエナジーの同業他社は【NEE】ネクステラエナジー【D】ドミニオンリソーシズ【SO】サザン【AEP】アメリカンエレクトリックパワー【EXC】エクセロンなど。 採用インデックス• ラッセル1000 Duke Energy Corp株価指標 2017年7月23日時点 PER:22. 87倍 配当利回り:4. 39ドルから77. 【DUK】デュークエナジーの企業業績 10年 【DUK】デュークエナジーのEPS・配当 2007年から過去10年平均のEPS-4. 2016年のEPSは3. 11ドルで前年比-23. 今後のデュークエナジーEPSは2017年に4. 62ドル、2018年に4. 83ドルをアナリストは予想している。 2007年から過去10年平均の配当は3. 2016年の配当は3. 2017年8月に4. 2016年は前年の93. 【DUK】デュークエナジーの営業成績 2007年から過去10年平均の売上高は4. 2016年の売上高は前年比-3. 人口増加傾向にあるアメリカなので大きな問題が起きなければゆっくりではあるが売上げは伸びるだろう。 2016年の営業利益は前年比-0. 2016年の純利益は前年比-23. 2016年のグロスマージンは前年の66. 2007年から過去10年平均の営業利益率は19. 2016年の営業利益率は前年22. 電気ガス料金は大きな変動はなく、他社への乗り換えも少ないため営業利益率は毎年安定している。 先が読める業種と言えよう。 【DUK】デュークエナジーのROAとROE• ROA Return On Assets :総資本利益率• ROE Return on Equity :株主資本利益率• Financial Leverage:財務レバレッジ 2007年から過去10年平均のROAは2. 2016年のROAは前年2. 発電設備には相当の維持コストがかかるためROAは低い。 2007年から過去10年平均のROEは6. 2016年のROEは前年7. 【DUK】デュークエナジーのキャッシュフロー• OCF:Operating Cash Flow 営業CF• OCFM:Operating Cash Flow Margin 営業CFマージン• FCF:Free Cash Flow フリーCF• FCFM:Free Cash Flow Margin フリーCFマージン• Cap Spending:設備投資 2007年から過去10年平均の営業キャッシュフローマージンは28. 2016年の営業キャッシュフローマージンは前年29. 2007年から過去10年平均のフリーキャッシュフローマージンは-1. 2016年のフリーキャッシュフローマージンは前年-0. フリーキャッシュフローがマイナスなのはいただけない。 事業拡大と比例して設備投資も増大していることが要因だろう。 事業としては安定しているがキャッシュを生み出すという意味では難しい業界なのではないだろうか。 【DUK】デュークエナジーの株価チャート 過去15年 、株価パフォーマンス 過去10年 電力提供という公共事業系というだけあり、ボラティリティも小さく安定した株価上昇をしている。 ただ、キャッシュを生み出すことは難しいため大きな株価上昇は厳しいだろう。 あくまでポートフォリオに入れるならディフェンシブとして組み込むくらいが妥当なところではないだろうか。

次の