韓国 反応 アンテナ。 韓国の中小企業は地獄だ!最低賃金上昇で人件費に耐えられない韓国の中小企業が大量に連鎖倒産する懸念高まる 韓国の反応

韓国の反応 総合アンテナ

韓国 反応 アンテナ

リチウムイオン電池(電池)を開発し、商品化に寄与して別名「充電する世界」を開いた米国・英国・日本人科学者3人が今年のノーベル化学賞を受賞し、ノーベル科学賞歴代最高齢者の97歳の受賞者が出た。 27番目の日本人ノーベル賞受賞者も誕生した。 ノーベル科学賞に限定すると、日本人の受賞者は、今回が24回目だ。 スウェーデン王立科学アカデミーノーベル委員会は9日(現地時間)、2019年のノーベル化学賞受賞者で、アメリカ人のジョン・グッドイナフ(97)テキサス州オースティン大学教授、マイケル・スタンリー・ウィッティンガム(77)、ニューヨーク州立大学教授、日本人吉野彰(71)、日本名城大教授兼旭化成フェローを選定した。 今度の受賞者のうちジョン・グッドイナフ教授の年齢は97歳で最高齢者ノーベル賞受賞者になった。 今まで最高年齢の受賞者は2018年度ノーベル物理学賞受賞者のアーサー・アシュキン米国ベル研究所博士だった。 受賞当時、アシュキン博士は96歳だった。 また、日本人受賞者がいるという点も目を引く。 日本国籍者のノーベル賞受賞は今回が27番目だ。 吉野氏は化学賞を受賞した8人目の日本人となった。 これまで日本は物理学賞11人、生理医学賞5人、化学賞の7人を輩出している。 ノーベル科学賞では24人目の受賞者が誕生しだ。 京都大学大学院卒業後、1972年に世界1位のリチウムイオン電池メーカーである旭化成に入社し、吉野は学界ではなく産業界出身という点で注目される。 大阪大学で博士号を取得したことも、かなり後の2005年だ。 企業で下積みしてきた吉野は2017年から名城大学名誉教授職もしている。 ノーベル委員会はこの日、「現在携帯電話、ノート型パソコン、電気車などすべての分野に使われているリチウムイオン電池は化石燃料がなくても 「充電が可能な世界」を切り開いた」と評価した。 今年のノーベル科学賞の受賞者に900万スウェーデン・クローナ 約1億円相当 の賞金とメダル・証書を授与し、授賞式は、アルフレッド・ノーベルの命日の12月10日、スウェーデンのストックホルムで開催される。 技術のギャラは出ているが、むしろ私たちが利点であるわけだ。 韓国は基礎科学を研究しようとする人が多くない。 本当に興味がなければ。 お金がなければ。 本当に痛ましい民族である。 この方のおかげで、バッテリーの心配がなく携帯用家電が使用できて感謝しています。 そもそも科学史は百年以上の差がであり、基礎科学は産業のように短期間で模倣できる分野ではないのに。 日本の高等科学教育は、20世紀初頭にはすでに開始したが、韓国はせいぜい70年代からだ。 naver. nhn?

次の

パンコリ

韓国 反応 アンテナ

日本政府が、米国政府に対して、韓国がG7首脳会議に参加することに反対する意向を伝えたという報道に、韓国大統領府は「日本政府の公式立場発表でもなく、日本のマスコミによる報道」として特別な立場を明らかにしなかった。 日本の共同通信は前日 27日 、複数の日米外交消息筋を引用して、日本政府高官が、米国政府側に「韓国は中国と北朝鮮に対する外交姿勢がG7と異なる」とし、既存の枠組みを維持することを要求したと報道した。 これに対して、米国政府は「ドナルド・トランプ大統領が最終的に判断する」と反応した。 メディアは、日本政府のこのような対応が、アジアで唯一G7に参加する日本の外交的優位を守ろうとする意図があると分析した。 また、韓国が強制徴用被害者の賠償問題などで日本と対立している最中にG7に参加する場合、日韓関係がより悪化する可能性があると予想した。 これに対して、韓国大統領府の関係者は28日午後、記者たちに「それについては、立場がなく、確認することもない」と述べた。 でも日本のパヨメディアと韓国政府の言い分が食い違うと笑う。 去年のG20を大阪城でやるって話も、朝日が秀吉の城だから韓国が反発するとかの記事を書いたけど、それは逆に韓国側に、反日のためにG20を欠席するか、反日を一時的にでも止めて参加するかの選択を迫るという韓国に都合の悪い効果を呼んだわけで、売国というのとは違う原理で動いていたし。 もう米韓同盟なんて破棄しちまえよ、自由になって良いんだぜ? ムンムンがいい気になってるのを見ると凄く断交の励みになるから、是非ともがんばってくれ!• 珍しく賢い選択だったな。 ほとんどの日本人が、中国人は来ていないと思っているにもかかわらずだ。 こういう議員たちの無責任さで、特段の事情でくる外国人人数の国籍が隠蔽され続ける事態が肯定され、今は中国人を含む特段の事情でくる外国人は一日900人を超える毎日となった。 北京、武漢を含む中国人が一番多いと思われ、今中国でウイルスが悪変、中央軍事委員会幹部80人以上が発病中。 新たに北京で2千人以上亡くなりで、隔離施設を3つ建設中。 中国から今も特段の事情で平均人数の半分としてっも毎日約5百人前後が日本に来ている。 空港等からどんどん入って来るのに放置状態。 特段の事情で来る外国人の国籍開示を求めると同時に、中国人には特段の事情を適用禁止する要望を官邸メールしよう。 ・個人への誹謗中傷 ・特定の民族に対する差別的表現 ・根拠なき在日、朝鮮人認定 ・殺害を示唆するコメントなど ・NGワード回避 上記に該当するコメントはご遠慮ください 悪質な場合は書き込み禁止措置等が取られることもあります.

次の

共同通信のフェイク報道に韓国大統領府が意外すぎる反応を見せてしまう

韓国 反応 アンテナ

リチウムイオン電池(電池)を開発し、商品化に寄与して別名「充電する世界」を開いた米国・英国・日本人科学者3人が今年のノーベル化学賞を受賞し、ノーベル科学賞歴代最高齢者の97歳の受賞者が出た。 27番目の日本人ノーベル賞受賞者も誕生した。 ノーベル科学賞に限定すると、日本人の受賞者は、今回が24回目だ。 スウェーデン王立科学アカデミーノーベル委員会は9日(現地時間)、2019年のノーベル化学賞受賞者で、アメリカ人のジョン・グッドイナフ(97)テキサス州オースティン大学教授、マイケル・スタンリー・ウィッティンガム(77)、ニューヨーク州立大学教授、日本人吉野彰(71)、日本名城大教授兼旭化成フェローを選定した。 今度の受賞者のうちジョン・グッドイナフ教授の年齢は97歳で最高齢者ノーベル賞受賞者になった。 今まで最高年齢の受賞者は2018年度ノーベル物理学賞受賞者のアーサー・アシュキン米国ベル研究所博士だった。 受賞当時、アシュキン博士は96歳だった。 また、日本人受賞者がいるという点も目を引く。 日本国籍者のノーベル賞受賞は今回が27番目だ。 吉野氏は化学賞を受賞した8人目の日本人となった。 これまで日本は物理学賞11人、生理医学賞5人、化学賞の7人を輩出している。 ノーベル科学賞では24人目の受賞者が誕生しだ。 京都大学大学院卒業後、1972年に世界1位のリチウムイオン電池メーカーである旭化成に入社し、吉野は学界ではなく産業界出身という点で注目される。 大阪大学で博士号を取得したことも、かなり後の2005年だ。 企業で下積みしてきた吉野は2017年から名城大学名誉教授職もしている。 ノーベル委員会はこの日、「現在携帯電話、ノート型パソコン、電気車などすべての分野に使われているリチウムイオン電池は化石燃料がなくても 「充電が可能な世界」を切り開いた」と評価した。 今年のノーベル科学賞の受賞者に900万スウェーデン・クローナ 約1億円相当 の賞金とメダル・証書を授与し、授賞式は、アルフレッド・ノーベルの命日の12月10日、スウェーデンのストックホルムで開催される。 技術のギャラは出ているが、むしろ私たちが利点であるわけだ。 韓国は基礎科学を研究しようとする人が多くない。 本当に興味がなければ。 お金がなければ。 本当に痛ましい民族である。 この方のおかげで、バッテリーの心配がなく携帯用家電が使用できて感謝しています。 そもそも科学史は百年以上の差がであり、基礎科学は産業のように短期間で模倣できる分野ではないのに。 日本の高等科学教育は、20世紀初頭にはすでに開始したが、韓国はせいぜい70年代からだ。 naver. nhn?

次の