立川志らく 子供。 立川志らくの嫁は酒井莉加!離婚?子供は?病気?嫌いの声多数!

立川志らくが離婚しない理由は?酒井莉加の不倫は許す?元妻との関係は?|凛のTAKARA箱

立川志らく 子供

立川志らくはバツイチで再婚相手の年齢差がヤバい!? 現在立川志らくさんは元アイドルの酒井莉加さんとご結婚されておりますが、実は酒井さんとは2度目の結婚。 立川志らく:初婚は? 立川志らくさんは日本大学芸術学部演劇学科に通っていた大学生時代に同じ年ごろの女性と 学生結婚をされていたのです。 元奥さんとの間には 3人のお子さんを授かったそうです。 一般人の方のため、お名前や年齢、画像といった詳細は分かりませんでしたが、芸人の水道橋博士の2000年11月6日に投稿されたブログに少し記載がありました。 水道橋博士と志らく氏が楽屋で話をした時のことをブログに掲載されているのですが、会話の中で志らく氏に離婚歴があり、子供が3人もいたことを聞いて驚いているようでした。 立川志らく氏は大学4年生の1985年(22歳の時)に大学を退学されています。 学生結婚も凄いですが、子供3人も凄いですね。 そして 2000年に元奥さんとは離婚されています。 前述の通り一般人の方なので元奥さんに関する情報はあまりないのですが体が弱い方だったようです。 立川談春さんのエッセイ 「 赤めだか」に少しだけ記述がありました。 体の弱い奥さんと学生結婚をしていた志らくは、早く二ッ目になって生活を安定させなければならず必死だった 学生結婚で貧乏な中、子供3人の子育てとなると生活大変だったことが簡単に予想できますね。 そして体の弱い奥さんを安心させるためにもがむしゃらにお仕事を頑張られていたのではないでしょうか。 離婚原因は分かりませんが、忙しさによるすれ違いだったのかもしれませんね。 立川志らく:再婚は? 立川志らく氏は 2006年に今の奥さんで元アイドルの酒井莉加さんと再婚されています。 なんと立川志らく氏とは 18歳の年の差婚! 4年間の同棲生活を経て結婚に至ったようなので、2002年頃から同棲していたと考えられます。 ということは離婚されてから2年後なので、略奪愛という訳ではなさそうですね。 さて、気になる奥さんの酒井莉加さんですが、1981年5月26日生まれの現在38歳。 酒井莉加さんは15歳の時から芸能事務所に所属しており、18歳の時に「 Link Link Link(リンクリンクリンク)」というアイドルグループに所属し、CDデビューを果たされます。 元アイドルだけあり、綺麗な方ですよね~! なんと同じ時期にAKB48やPerfumeと同じステージで活動されていたそうなので、驚きですよね?! しかし、事務所がまさかの倒産で以降活動ができなくなった時、志らく氏主宰の劇団『下町ダーニーローズ』に入団。 そして2002年に志らく氏監督の映画『SF小町』のヒロインに酒井莉加さんが抜擢され、それがきっかけで交際がスタートしたそうです。 撮影中は恋仲にはならなかったそうですが、撮影後に酒井莉加さんから食事に誘うなど積極的にアプローチをし交際し、2006年に結婚。 18歳差ってすごいと思いますが、酒井莉加さんからするとやはり年上の男性は包容力もありとても魅力的に見えたのかもしれませんね。 結婚した当時は酒井莉加さんのツイッタープロフィールには以下のように「落語家、立川志らくの妻。 」と記載。 また、結婚当初は 「立川志らく依存症」と書かれていた時期もありました。 奥さんの酒井莉加さんが志らくさんに べた惚れなのが伺えますね。 その他にも、志らくさんが家にいらっしゃる時はいつも一緒に料理してパスタ対決やカレー対決をしたりととても夫婦仲が良さそうです。 長女:小弓(さゆみ) 2012年生まれ 次女:雪奈(ゆきな) 2017年生まれ 名前の由来については、 長女は小弓(さゆみ)。 小さい弓を持っているのはエンジェル。 次女は雪奈。 奈の由来は神事に用いる果樹。 そして雪。 つまり家の中はエンジェルの白と雪の白に覆われ弓と果樹に溢れている。 こりゃ幸運が舞い込むわけだ。 — 志らく shiraku666 と語られています。 命名だけでも父親の愛情を沢山感じますね! そしてSNS上ではご家族で出かけている投稿も・・・。 家ではとても良いパパでの様子が分かりますね。 そして娘さん達を恋人だと思って接しているみたいですよ! とても微笑ましいですよね?! さて、上記娘さん2人の他に志らくさんは前妻の方との間に子供が他に3人いらっしゃいます。 冒頭でも述べた通り前妻の方は一般人なので、3人のお子さんについても情報は見つかりませんでした。 志らくさんは大学生の時に学生結婚をされたとのことなので1981年以降に1度目の結婚と考えるのが妥当です。 「できちゃった婚」の可能性を考慮すると、 第1子は既に30代後半になっているかもですね。 そして2000年に離婚されているので、 第3子は20歳以 上。 酒井莉加さんとの間の娘さん達とは 親子並みの年の差の異母兄弟になります。 現在志らくさんはこの3人のお子さん達とはどういった関係なのか、そして幼い異母姉妹とはどうやって接しているんでしょうか。 余計なお世話でしょうが、気になりますね・・・。 再婚相手の酒井莉加さんとは18歳差で少し驚きはあるものの、それ位の年の差婚は昨今多くなってきたのでそこまでの衝撃はありません。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

立川志らくの離婚歴!過去に学生結婚した元嫁とは?子供は何人?!

立川志らく 子供

・立川 志らく(たてかわ しらく) 本 名:新間 一弘(しんま かずひろ) 生年月日:1963年8月16日(55歳) 出身地:東京都世田谷区 師 匠:立川談志 名 跡:立川志らく(1985年 - ) 出囃子:鳩ぽっぽ 活動期間:1985年 - 活動内容:落語家 :映画監督 :映画評論家 配偶者:酒井莉加 家 族:長女、次女 所属:落語立川流 :ワタナベエンターテインメント(マネジメント) 備考:落語立川流理事 :日本映画監督協会会員 立川 志らく(たてかわ しらく)さんは東京都世田谷区出身の落語家で映画評論家、映画監督です。 父親がギタリスト、母親が長唄という芸人の家庭で育ち、小学校高学年の頃から落語に親しみ始めます。 そして日大三高から日本大学芸術学部演劇学科に進学し落語研究会に所属します。 1985年10月、4年生の時に同サークルのOB 高田文夫さんの紹介で7代目立川談志に入門し、前座名立川志らくを名乗ります。 seesaa. これについては立川志らくさん本人が「真似をしている」と述べています。 どうやら真似をすることが大事であるというお考えのようですね。 真似から入ってオリジナルを得るということだと思います。 偉そうと評判? 立川志らくさんはネット上では「偉そうだ」「何様のつもり?」などと、あまり評判がよくありません。 テレビでのコメンテーターとしての発言や態度から、そう受け止められてしまったようです。 これについて立川志らくさんはツイッターなどで「慣れない現場で緊張していたことが原因」「不愉快にさせて申し訳ない」と反省の念を表明されています。 個人的には歯に衣着せぬ物言いが、立川志らくさんの持ち味だと思うので、これまでのスタイルを崩してほしくはないんですが・・・。 高学歴との関係は? 立川志らくさんは日本大学芸術学部演劇学科に進みましたが、4年生の時に中退をしています。 ですから学歴は高卒となりますから高学歴とは言えないでしょう。 落語はもちろん、映画にも造詣の深い方ですから、頭の中に引き出しがたくさんあるんだろうと思います。 その引き出しから色々発言をすると、偉そうに聞こえてしまうのかも知れません。 そもそも師匠は7代目立川談志です。 あれだけ偉そうな態度をとっていた落語家も珍しいでしょう。 そしてその師匠を真似ていると公言しているわけですから・・・。 {画像有}嫁はタトゥーあり? 立川志らくさんの妻は酒井莉加さんです。 プロフィールを確認しておきましょう。 ・酒井 莉加(さかい りか) 生年月日:1981年5月26日(37歳) 出 身:兵庫県神戸市 血液型:O型 職 業:元「Link Link Link」メンバー :女優 所 属:劇団「下町ダニーローズ」 その他:劇団「謎のキューピー」主宰 酒井 莉加(さかい りか)さんは元アイドルで現在は女優をしています。 夫の立川志らくさんとは 18歳の年の差があります。 嫁との馴れ初めは 立川志らくさんは映画監督としても活動しています。 二人は2002年に立川志らくさんが監督をした「SF小町」という作品に、酒井莉加さんが出演したことで知り合います。 立川志らくさんによると撮影中は恋愛感情はなかったそうですが、撮影後に酒井莉加さんから度々食事に誘われるようになり交際に発展。 4年後の2006年に結婚しました。 嫁はタトゥーあり? 酒井莉加さんはタトゥーを入れています。 そしてそれを隠していません。 こちらがツイッターで公開されたタトゥーとなります。 謎のキューピー第9回公演『ゲルニカ狂騒曲』ツイート83。 景気付けにと朝からフットネイルしに行った。 まどかちゃんにキラキラにしてもらいました!! でも一枚目、ネイルより刺青が派手過ぎて刺青に目がいくねっ!! — 酒井莉加 rika2626 確かに入れ墨の方に目がいきますね。 子供は? 立川志らくさんと酒井莉加さんの間には二人の女の子がいます。 そして立川志らくさんは自身のツイッターで子供の名前を公表しています。 長女は小弓(さゆみ)。 小さい弓を持っているのはエンジェル。 次女は雪奈。 奈の由来は神事に用いる果樹。 そして雪。 つまり家の中はエンジェルの白と雪の白に覆われ弓と果樹に溢れている。 こりゃ幸運が舞い込むわけだ。 — 志らく shiraku666 酒井莉加さんは家族で出かける様子をツイートしています。 誕生日の日。 これから狂人になっていくだろうと家元から言われた立川志らくとどうやって生きて行こうかを考えました。 私までどんどん狂っていって2人で狂人落語家一家になる覚悟はあるよ。 娘まで狂って家までグルグル回りながら暮らしてもいいね。 w — 酒井莉加 rika2626 仲のいいご家族なんですね。 終わりに いかがでしたでしょうか。 立川志らくさんは子煩悩な方のようですね。 奥様とも仲が良さそうです。 本業の落語の方でも大勢の弟子がいるそうです。 その数20人以上なんだとか。 慕われているんでしょうね。 さて今回はここまでにしたいと思います。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

立川志らくが嫁と離婚しない理由は?2度目の不倫を許す訳とは

立川志らく 子供

Contents• 志らくの妻で、19人の弟子を取り仕切る「おかみさん」の酒井莉加(38)が、弟子と不倫関係に陥っていることが、「週刊文春」の取材で分かった。 酒井は18歳の頃から3人組のアイドルグループ「リンクリンクリンク」で活動。 2002年に志らくが監督を務めた映画「SF小町」への出演がきっかけで、2006年に結婚した。 劇団関係者が語る。 「劇団の主宰者である酒井さんは、志らく師匠の弟子で落語家を休業している25歳の劇団員といつも一緒にいます。 今や2人の仲は公然の秘密で、子どもを連れてランチや遊びに行くなど、もう夫婦同然の関係です」 「週刊文春」取材班は、2人のデート現場をたびたび確認している。 2月7日、2人はスーパーへ食料品の買い出しに行き、志らくが地方公演のために不在の自宅で夜を共にした。 以降、連日、2人はコンビニやスーパーの駐車場で1時間以上もの逢瀬を重ねていた。 こそこそ隠れながらというよりは、堂々としている印象を受けます。 離婚することも1憶%もございません』とコメントされました。 それから 「おはようございます。 本来ですと重要な話題をすぐにお届けしなくてはいけないのですが、志らくごときで、大変申し訳ないのですが、一言だけお時間をいただきます」と切り出すと、「実は、私のプライベートのことで、ちょっとゴタゴタがございまして、某週刊誌に私の妻と元弟子の不貞関係ということが掲載されました」 「それに関しては、 私は妻のことを信じております。 まぁ、このことで夫婦の絆が壊れることもございません。 離婚することも1億%ございません」 「なぜ、私がそういうことを言うかと申しますと、 家族だから。 この程度のことで絆が切れるということはない。 あとは、私のかけがえのない妻を世間の目から守る。 命がけで守る。 それだけでございます」 「 私が悪い事というか、監督不行届でございますので。 お酒を飲むとわけがわからなくなっちゃうんですよ。 だから、これ以上酒を飲むなと。 弟子にも愛情をかけすぎるなと。 弟子にも子どもみたいなものだから、お前いい加減にしろと、小言を言いました」 「こんなこと言うと、全然知らない人が『文春』買っちゃおうかって本が売れちゃうんですけど。 文春砲を食らってしまったわけです。 皆さん、立ち読みでいいですから」と呼びかけ「本当にお騒がせして、私ごときの話題で申し訳ございません。 ありがとうございました」 提供元:ORICON NEWS とコメントされました。 お弟子さんは破門されずに済みそうです。 これを聞いて、『このことで夫婦の絆が壊れる事もない』『妻を信じている』との立川志らくさんの発言。 これについて私は、立川さんが 自分がそう思っているだけ・そう思うようにするしかないんだろうなと思いましたし、そしてそれで良いと思っている部分もあるのでしょう。 しかし奥さんも大の大人です、すべてがお酒だけのせいでないことは明白、 奥さんは立川志らくさんと同じ気持ちではないような気がします。

次の