荒野行動iphone配置。 荒野行動のiPadの操作(配置)。猛者向けの設定とは?

【荒野行動】【議論】iPhoneだからって言い訳するやつ多すぎwwww

荒野行動iphone配置

Contents• 『荒野行動』iPadボタン設定変更 荒野行動は、スマホ向けに開発されて、その後、家庭用ゲーム機向けやIpadやタブレット向けに改良されたゲームです。 家庭用ゲームの場合は、それぞれのコントローラーで快適に遊ぶ事ができますが、スマホに近い存在のIpadやタブレットでは、 スマホの初期設定と同じ状態になっています。 スマホと同じ初期設定の場合、使用するとIpadの 画面サイズによっては、指が届かないなど、操作に不都合が出てくる可能性があります。 筆者もIpadで遊び初めた頃、「操作がやりづらいのは最初だけ」だと信じて初期設定のまま遊んでましたが、1回遊ぶだけで、疲労感がすごく溜まりました。 4本指で操作を行うのが良い 荒野行動の初期設定では2本指で操作する設定になっています。 Ipadなどの大きい画面で2本指だけでは、疲れが溜まるだけではなく、 操作性が非常に悪くなるので、 スマホで強いプレイヤーでもIpadでは活躍できないという可能性も非常に高いです。 スマホと変わらない理想的なボタン設定を行うポイントは、 3指もしくは4本指で操作するような設定に変更すると、スムーズに行えます。 一部のボタン設定だけ変更する 荒野行動で遊ぶためのボタン配置や設定を全て変更する必要はありません。 主に変更するボタンはキャラクターの 移動や行動、攻撃などに関係するボタンです。 ミニマップや拡大マップなどは、初期設定のままでも問題ないので、好みで触るか触らないか検討して下さい。 キャラクター移動関係 最初に設定を変更しておきたい項目は、 キャラクター移動に関するボタンです。 探敵する時も一次撤退する時も、素早い動きを求められる荒野行動では、 キャラクター移動に関係するボタンは、最初に行うべきです。 スムーズに動けるように、移動ボタン設定について紹介します。 移動 移動ボタンはダッシュしたり思った場所へ、素早く移動するために必要なボタンです。 移動ボタンの設定は、勝率にかなり影響するので、慎重に設定を行う必要があります。 移動ボタンの設定を変える時のポイントは、 『左手の親指が疲れない程度に動かせる範囲におく』という部分に意識して下さい。 ジャンプ 移動ボタンより重要ではないので、 好みの配置で問題ありません。 人によっては『ジャンプをしながら射撃する人する』ので、そういう場合は、 移動・射撃・ジャンプの動作をスムーズに出来る位置が好ましいです。 筆者おすすめのボタン配置は、『右手人差し指でジャンプ』するようにすると狙う・撃つ・移動が行いやすかったです。 ジャンプボタンは好みが別れると思うので、実戦で細かい調整を行ってみてください。 しゃがみ・ほふく 場所によっては、素早く行う必要がありますが、頻繁に使用するボタンではないので、 初期設定のままでも問題ありません。 筆者の荒野行動仲間に聞いたところ、初期設定以外には、 左右どちらかの人差し指で、操作できる位置に配置する人が多いようです。 射撃系 キャラクターを移動しながら上手く隠れてながら行動すると、確かに生存率は上がり最後の2人なるまで、生き残る事はできますが、 それだと楽しくありません。 荒野行動の醍醐味である戦いをスムーズに行うには、移動同様、慎重に設定を行う必要があります。 リーン リーンとは、物陰から少し体を出す事です。 体を少しだけ反らして、 自分の身を守りながら攻撃することは大切です。 リーンボタンの位置は、 右スコープと近い位置に設定して、構えと防御を素早く行えるようにすると、銃撃戦の中でもスムーズ戦えるはずです。 射撃 射撃ボタンを適当に配置すると慌てたときに、操作が追いつかず、やられてしまうので、しっかりと配置する必要があります。 射撃ボタンは ipadを手に持って、右手人差し指で、楽にタッチできる場所がおすすめです。 また、素早く撃てるように 射撃ボタンのサイズも少し大きくすると、慌てた時でも射撃可能になります。 リロード 装填されている弾を全て撃つと、自動的にリロードされますが、ほとんどの方は、いつ敵プレイヤーに遭遇しても良いように、 少しでも撃つとリロードをするはずです。 頻繁に行う動作なので、右手親指が楽に届く位置に設定して、素早くリロードを行えるようにしましょう。 スコープ 至近距離で攻撃する場合、スコープを使わない方が射撃精度が向上する場合もありますが、 中距離・長距離で戦うプレイヤーの場合、スコープは必須になります。 また 至近距離での撃ち合いでも『リーン動作』を行いながら射撃する場合、スコープを頻繁に使うはずです。 おすすめの位置は 右手人差し指が楽に届く範囲におくとスムーズに色んな操作が同時に可能です。 スコープで覗く・リーン動作は同時に行う事も多いので、 スコープとリーンボタンの距離も意識しながら設定を行って下さい。 アイテム系 次にアイテム系のボタンですが、 HPを回復するアイテムやその他のアイテムなどをスムーズに取り出せる状態にしておく必要があります。 またアイテムを取り出す際は、アイテム一覧が画面上に表示されるので、 一時的に視野が狭くなり非常に危険な状態です。 可能な限り、素早く開いて、素早く閉じれるようなボタン設定が必要になってきます。 アイテムリスト すぐアイテムリストを開ける位置に設定しておくと、開閉を素早く行う事ができます。 おすすめの設定は、 Ipadを両手で持ったまま、右手親指で操作可能な位置です。 初期設定の場合、素早く行う場合、片手を離す必要があり隙ができます。 奇襲を受けたときに片手を離している状態だと、対応する事が難しいので、射撃ボタン以外に被ってもアイテムを、すぐ取れる状態にするのがおすすめです。 バック バックボタンは頻繁に使うボタンではないですが、荒野行動で遊ぶ際、1試合に数回は必ず開きます。 あまり使用頻度は高くないですが、重要なボタンの1つです。 荒野行動では様々な部品を取得します。 臨機応変にスコープを取り替えたり、必要のない道具を捨てたり、行う必要があるので、 素早く取り出せるように、画面右側に置くのがおすすめです。 『荒野行動』iPadボタン設定例 これまで紹介した、ボタン設定を考慮した一例を紹介します。 この方法が、正解という訳ではないので、自分なりのオリジナル配置を探してみて下さい。 荒野行動ボタン配置設定 参考例 『荒野行動設定iPad』ネットでの反応・口コミ iPadで銃声の方角分からんから一々ミュートしてやってて、昨日初めてディスコード使ってやったんやけど自分の声ミュートしても方角わかんなくね?謎い。。 設定のせいなのか。。 — 寝不足くん.💋 SP36936402 iPadで銃声の方角分からんから一々ミュートしてやってて、昨日初めてディスコード使ってやったんやけど自分の声ミュートしても方角わかんなくね?謎い。。 設定のせいなのか。。 今回の要点をまとめると• ジャンプ・ほふく以外の移動のボタンは左側• 射撃ボタン関係は右側• バックなどのアイテム関係は画面右側(画面下部分)に配置 上記3つを意識すると良いです。 1つ注意点があり、今回紹介した内容は、 右利きの方を対象にした、Ipadでのボタン設定です。 左利きの方は、紹介した内容を左右逆に設定するなどを行って下さい。 スマホと比べてIpadは画面が大きく、見やすく、迫力もあるのでIpadを購入する機会があった場合は、ぜひ荒野行動を遊んでみてください。 操作に慣れるまで多少、戸惑うこともありますが、荒野行動がさらに楽しくなるはずです。 今回は『荒野行動をIpadで遊ぶ場合のおすすめボタン設定』について紹介しました。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 あなたも有利に荒野行動を攻略していってください!.

次の

【荒野行動】おすすめ設定の紹介と変更方法|ゲームエイト

荒野行動iphone配置

なぜ4本指のほうが有利か 通常の2本指操作よりも4本指操作が有利な点は大まかに以下のとおりです。 人によって左右どちらの人差し指で射撃するかというところは異なるのですが、この記事では左手の人差し指で射撃というやり方をスタンダードとします。 エイムから射撃の速度が速い 2本指だと通常操作の時は「左手親指は移動」、「右手親指はエイム」に従事しているため左右の「射撃ボタン」を押すためには必ずどちらかの親指を移動する必要がありました。 4本指操作では左手の人差し指が常に射撃ボタンの近くにあるため瞬間的に発砲できる。 実際の銃で例えるなら2本指操作の場合は人差し指が銃のグリップを握って移動しているのに対して、4本指操作ではつねにトリガーに指がかかっている状態といえます。 移動しながら射撃できる 2本指操作では移動とエイムは同時に出来ても射撃の時にはどうしても一瞬遅れてしまいます。 しかし4本指で操作することによって移動しながらエイムを合わせつつ射撃という一連の動作を同時にこなすことが可能になります。 この動きが威力を発揮するのは中距離での打ち合いの時で、常に移動することによって相手のエイムを合わせずらくすることができます。 画面がすっきりするので視野が広くなる これはある意味副産物的なメリットなのですが、後述する画面カスタム設定にすることによって画面上(特に右側)の余計なボタンがなくなりすっきりとします。 索敵をする時に「視野がすっきりした」と実感するはずです。 ここでのポイントは以下の4つです。 筆者は「 iPhone SE」を使用しているのでその他の機種を使用している方はご自分用に微調整して下さいね。 左射撃ボタン ボタンサイズを最大にして左手人差し指が届く場所に配置してください。 注意点としてはプレイ画面時に花束と重ならない場所に置くということです。 移動ボタン 移動ボタンの場所、サイズは概ねデフォルトで問題ないかと思いますが、機種によっては変更する必要があります。 左で人差し指に添えたまま親指を動かせる場所に移動ボタンを設置して下さい。 スコープボタン スコープボタンを配置する前にまずマップ部分を最小サイズにすることをおすすめします。 その後で右手の人差し指で押しやすい場所に移動しましょう。 ボタンサイズが小さいまま動かしてから最大にすると画像のように上が隠れるくらいの場所に設置することができます。 右射撃ボタン 今回の記事の一番の目玉がこの右射撃ボタンの配置です。 ボタンサイズを一番小さくしてマップに重ねることによって視野が広くなり、エイム時の誤射もなくすことができます。 これは僕だけかもしれませんが、右の射撃ボタンがあることによって一瞬どっちで撃とうか迷いが生じてしまうんですね。 甘えを絶つためにも右射撃ボタンは隠すことをおすすめします。 左手射撃に慣れてきたら手榴弾用、瞬殺モード用として小さくした右手射撃ボタンを中央、または隅っこの(誤射がなく)押しやすい場所に設置するといいでしょう。 4本指(3本指)での操作方法 基本的には4本指も3本指も変わりません。 違うのはスコープを覗くという動作のみです。 4本指操作をやってみると一週間くらいはなかなか慣れずに辛い時期が続くかもしれません。 しかし人間とは慣れる生き物なのでずっとこれでやっているといつの間にかそれが当たり前のように出来るものです。 射撃場で練習するなどして、まずは1キルを目指しましょう! 手首が腱鞘炎になりそうな時はプレイを自粛して下さいね。 スマホコントローラー どうしても4本指操作に慣れないという方はスマホコントローラーを使用してみるのもいいですよ。 こちらは補助器とも言える程度のものですが、スマートフォンに取り付けることによってプレイステーションのLRボタンを押すように射撃ができるようになるというものです。 視野が少し遮られるのが難点ですが、それと引き換えに快適な射撃をすることができるようになります。 使用する時は左側だけ取り付けるのがおすすめですよ。

次の

荒野行動のiPadの操作(配置)。猛者向けの設定とは?

荒野行動iphone配置

スポンサーリンク 最近、ゲームアプリの 荒野行動にハマっています! 暇なときフレンドとボイチャをしながら楽しくやっているのですが、 プレイスキルは全然上達しません。。。 笑 フレンドで一緒にやってくれている仲間たちに申し訳ないぐらいのプレイスキルなので、 なんとかして上達したい!と思い試行錯誤していました! 設定でボタン配置をいじってみたり、 3本指でのプレイを試みたりしてみました(難しい、、、)が、イマイチどれもしっくりきません。。。 2つのコントローラーの違いは、 「単発撃ちの精度」と「誤射の頻度」だと思います。 単発撃ちの精度は感知式のコントローラーの方が良いと思います。 感知式の場合、単発撃ちでもコントローラーを付ける前の感覚で出来るのですが、 ボタン式だと小銃(AKや95式など)で単発撃ちする時に2,3発出たり、押し込む動作の分だけ発射が遅れそうな感じがします。 続いて、 誤射についてですが、 感知式の場合、指が当たってしまうと発砲するので、慣れてないうちは誤射しがちです。 ボタン式の場合は押し込むことで発砲する仕様なので、指が当たっても誤射しません。 上記に点を参考にどちらが良いか判断してみてください。 (私は現在押しボタン式コントローラー使用中) 荒野行動用コントローラー用にボタン配置を調整してみた! Amazonで買った、荒野行動用コントローラーが届いたので、iPhone8に付けて使ってみました! まず 装着前にボタン配置の設定をします! 射撃場に行き、ボタン調整をこんな感じにしてみました! このボタン配置に、コントローラーを付けるとこんな感じです。 私はコントローラー装着直後に毎回この一連の流れをするようにしています。 コントローラーが梱包されていた袋にも書いてありました。 左のコントローラーは出来るだけ中央に置く理由は、 シングル以外でやるときに 左に寄せてコントローラーを配置すると ボイスブロックしてしまうことがある事と、 パラシュートで降りる時に、 「出る」ボタンが押しにくい事があるためです。 パラシュートの「出る」ボタンの位置は調整できませんので、「出る」ボタンの位置を確認しながらコントローラーの位置を調整しましょう! 物資を拾う時のアイコンは中央付近に移動させる理由は、 デフォルトのボタン配置では、物資を拾うときに中央右上あたりに落ちてるアイテムが表示されるようになっています。 私は使ってみて、 デフォルトの位置だと、右上のコントローラーと被ってアイテムが拾いにくいと感じました。 このアイテム表示の位置は調整できるので、中央周辺に移動させておきましょう。 [追記] しばらくiPhoneにコントローラーを装着して荒野行動をプレイしてみました。 今は左のコントローラーのみを付けてプレイしています。 右のコントローラーを付けていると、リュックの中身が整理しにくい&視界が狭まるので、スコープボタン用の右コントローラーは外しました。 他の変更点はコントローラー用の左上の射撃ボタンを索敵しやすいように色をほぼ透明にしました。 コントローラーを押すと、力んだ時に、一緒に下にあるスリープや音量ボタンを押してしまうことがあります。 みなさんも注意して配置するようにしましょう! 実際にiPhoneにコントローラーを装着して荒野行動をやってみた感想 ボタン配置が終わったらシングルで実践開始です! やってみて一番思ったのは 「慣れが必要」ということですね! 最初は少し視野が狭くなった気がして違和感がありましたが、 3回、4回と使っているとだいぶ慣れてきて、視野の狭さも気にならなくなってきました。 コントローラーを2つ使って、 射撃ボタンを左上に、スコープボタン右上に設置していたのですが、 射撃ボタンを右上に、スコープボタンを左上にしてみたり、 コントローラーを片方外して、射撃ボタンを左上や右上にコントローラー1個でやってみたりと、 色々試行錯誤して自分に合ったのを見つけられるようになるまで、少し時間がかかるな(3日ぐらい)と思いました。 あとコントローラーで射撃ボタンを使うようになって、 右下の射撃ボタンを使用することがなくなったので、右下の射撃ボタンは極力小さく調整しました。 もともと、 右下の射撃ボタンの利点は、射撃しながらエイムを動かせる、連射時の反動をコントロールできることですが、 人差し指で射撃することにより、右手親指でエイムを合わせたり、連射時の反動をコントロールすることができます。 これにより、 開始時すぐの超近距離戦での勝率がかなり上がりました。 また、コントローラーを使うことで、 左手親指で移動しながら、右手親指でエイムを調整して、人差し指で射撃やスコープを行うことによって、中距離、長距離で撃ち合いをする時に、くねくね動きながら敵を狙えるようになりました。 これによって、外(木の裏VS木の裏とか)での中距離、長距離で撃ち合いで 被弾する事が少なくなり、打ち勝つことが増えました。 荒野行動を上手くなりたい!たくさんキルできるようになりたい!という人は、コントローラー試してみてください! 実際使ってみて感じますが、 1日2日慣れるまで練習が必要ですが、マジで上達する近道だと思います。 スポンサーリンク コントローラー以外の荒野行動用オススメグッズ 実は荒野行動をやる時、他にもiPhoneに付けているものがあります。 あと、iPhone用でゲームに特化したフィルムも販売されていますよ! 指さわりが良くなるので、iPhoneに貼っているフィルムを変えることでエイムが良くなるかもしれませんね!.

次の