トゲキッス 素早さ。 【ポケモン剣盾】トゲキッス強すぎて頭おかしいし、環境にクソほどいるんだが【種族値と育成論】

【ポケモン剣盾】トゲキッスの対策とおすすめポケモン

トゲキッス 素早さ

トゲキッス しゅくふくポケモン ガラルNo. 259 ぜんこくNo. 468 高さ 1. 5m 重さ• 0kg• けたぐり威力60 タイプ• 英語名• Togekiss タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 5倍になるが、物理攻撃の命中率が0. 8倍になる。 /レベルの高い野生のポケモンと出会いやすくなる。 技の追加効果の発生率が2倍になる。 ダブルバトル用。 どの状態異常になるかはランダム。 ただし、そのポケモンが交代されると効果は消える。 交代しても効果は続く。 そのターンの相手の技をすべて自分が受ける。 ただし、全体技には効果がない。 ダブルバトル用。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『ちょすい』『よびみず』の味方は特性が発動するため、この技の効果は無効。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 どの状態異常になるかはランダム。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし、PPが0になると解除される。 ダイマックスしているポケモンには無効。 なお、ダイマックス技や第7世代のZワザは影響を受けずに使うことができる。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。 タイプ相性の影響を受ける。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 通常攻撃。 25 USUM〜BW ,トゲチック:Lv. 相手が道具を持っている時は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 技の対象が「1体選択」の場合は技を使用したポケモン 味方を含める を攻撃し、それ以外の場合は、自分がその技を使用した場合に本来取りうる対象に攻撃する 「相手全体」「自分以外」など。 ただし、技の対象が「自分」や「場」の場合などは失敗する。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 相手が『ゴースト』タイプの時、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が当たるようになる。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 音系の技。 味方が『みがわり』状態でも効果が発生する。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 跳ね返す技の命中率は、『マジックコート』を使用したポケモンで計算される。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』『キョダイコウジン』、さらに第8世代からは『エレキフィールド』『グラスフィールド』『サイコフィールド』『ミストフィールド』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。

次の

トゲキッス

トゲキッス 素早さ

トゲキッスの基本データ HP 85 タイプ フェアリー こうげき 50 ひこう ぼうぎょ 95 特性 はりきり とくこう 120 てんのめぐみ とくぼう 115 夢特性 きょううん すばやさ 80 トゲキッスの特徴 高い耐久と豊富な補助技 トゲキッスはHP、防御、特防がすべて高水準であり、 HP振りだけでドリュウズの「アイアンヘッド」やウォッシュロトムの「10まんボルト」などのタイプ一致弱点技を耐えることができるほどです。 加えて補助技も豊富で、 「このゆびとまれ」、「てだすけ」、「しんぴのまもり」などで味方を守ったり強化する技や、「 あくび」、「でんじは」、「アンコール」などの相手を妨害する技を使えるため、サポート役として優秀なポケモンです。 裏をかいたアタッカー型も強力 「このゆびとまれ」などの補助技を使うことで有名なトゲキッスですが、 特攻の種族値が120もあるためアタッカーとして使うのも強力です。 厄介なトゲキッスを処理するために 弱点を突こうとしてきたところに、じゃくてんほけん持ちのトゲキッスをダイマックスさせて反撃することができます。 トゲキッスの技 有用な攻撃技 マジカルシャイン タイプ一致技。 全体技なので削りとして優秀。 エアスラッシュ タイプ一致技。 特性のてんのめぐみと合わせることで相手を6割の確率で怯ませることができます。 かえんほうしゃ 苦手なはがねタイプへの打点。 命中安定なのが強み。 だいもんじ かえんほうしゃでは火力が足りない場合に。 ねっぷう 相手2体を攻撃可能なほのお技。 かえんほうしゃ、だいもんじと選択。 はどうだん かくとう打点が欲しい場合に。 対バンギラスピンポイントになりがちなので優先度は低め。 しんそく 先制技。 火力は低いがきあいのタスキ潰しとして優秀。 あくび ダイマックスポケモンや積み技を使うポケモンなどの交代したくない相手に打つのが強力な技。 てだすけ 味方の火力を上昇させる、汎用性の高い補助技。 しんぴのまもり 「おにび」や「あくび」の対策として。 わるだくみ アタッカー型の選択肢として。 まもる 耐久が高く集中攻撃されやすいため、そこに「まもる」を合わせられると強力です。 「このゆびとまれ」で相手の攻撃を引き寄せている隙にドラパルトの「りゅうのまい」 やドリュウズの「つるぎのまい」 といった強力な積み技を使い、全抜きを狙います。 「あくび」は相手のダイマックスポケモンに打つのが強力で、相手にダイマックスターンが残ったポケモンを引っ込めるか眠らせるかの二択を迫ることができます。 はがねタイプのドリュウズの使用率が高いため、ドリュウズの「ダイスチル」を耐えるために持ち物は リリバのみを持つのが主流になっています。 パーティや好みに合わせて選択しましょう。 そこで刺さるのがこのじゃくてんほけん型トゲキッスです。 相手が弱点を突いて倒しに来たところをダイマックスの耐久上昇によって耐え、じゃくてんほけんを発動させて返り討ちにします。 また、このときに 「ダイジェット」を打って素早さを上げることで、圧倒的な制圧力を誇ります。 無対策だと何もできずに負けてしまうため、 対策必須の並びです。 ドリュウズ 「このゆびとまれ」をしながら「つるぎのまい」を積み、ドリュウズで全抜きを狙う並びです。 トゲキッスが飛行タイプであるため「じしん」が打ちやすいこと、トゲキッスが苦手なはがねタイプに対してドリュウズがじめん技を打てることなどタイプ面でも相性がいいです。 相手のダイマックスポケモンに対してあくびを入れられる他、苦手なかくとうタイプのポケモンに対して打点があるためカビゴンを動かせる隙を作りやすいです。 トゲキッスの対策 ドリュウズ トゲキッスに有利なはがねタイプであり、素早さもドリュウズのほうが上です。 現在のトゲキッスはリリバのみorダイマックスじゃくてんほけん型のどちらかがほとんどであるため、 「つるぎのまい」で攻撃を上げてから「ダイスチル」で確実に1発で倒すのがおすすめです。 ヒヒダルマ いじっぱりヒヒダルマの「つららおとし」はずぶといHBトゲキッスを1発で倒すことができます。 ただし、ダイマックス型には耐えられてしまうため注意が必要です。 トリックルーム役には サマヨールがオススメです。 型がわかりづらい トゲキッスの持ち物を特性の「おみとおし」で確認することができます。 さいごに トゲキッスの育成論と対策について紹介しました! 非常に強力で使用率の高いポケモンなので、より強い使い方や対策の仕方などの考察に役立てば嬉しいです。 ダブルバトルメイン。 ウインディ、ウツロイドが好き。 ポケモンカードもプレイしており各地のチャンピオンズリーグに遠征しているが、毎回敗退しているため「旅行が趣味」という設定にしている。 <ゲーム部門> 全国大会 2017~2019出場 WCS2017 Day2出場 WCS2019 Day1出場 <カード部門> 2019シーズン:住所を登録し忘れてプレイヤーズセレモニーが届かない 関連する記事• 2020. 19 6月20日 土 ・6月21日 日 の2日間、海外の公式オンライン大会「Players Cup」のVG […][…]• 2020. 16 目次 1. はじめに2. 概要3. 大会結果3. 上位入賞者3. KP3. KP所感4. […][…]• 2020. 10 目次 1. はじめに2. 構築紹介2. ラプラス(キョダイマックス)2. エルフーン2. […][…]• 2020. 18 目次 1. ウォッシュロトムの基本データ2. ウォッシュロトムの特徴2. でんき・みずタイプが耐 […][…]• 2020. 29 レンタルチームID:0000 0005 18M7 FB 目次 1. はじめに2. 構築経緯2. […][…].

次の

【ポケモン剣盾】トゲキッスの対策とおすすめポケモン

トゲキッス 素早さ

常に急所ランクが1段階上がった状態となり、自分の攻撃が急所に当たりやすくなる。 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 85 50 95 120 115 80 545 合計種族値が545と剣盾環境では8番目に高く、さらに使用しないステータスである攻撃が低く、実質種族値 使用されない部分の種族値を除いた合計種族値 はなんと600族であるサザンドラと同じです。 素早さも1段階上昇すればドラパルトをも抜くことができ、よくトゲキッスの強みと言われる特性「てんのめぐみ」関係なく 数値だけでもハイスペックなポケモンです。 採用率 2019年12月前半 7位(23. 一般的にはトゲキッスは特性「てんのめぐみ」で採用され、技「エアスラッシュ」の怯み確率を上昇させるコンボが有名ですが、 ダイマックス状態では技の追加効果が発生しないためダイマックスの使用を前提としたこのポケモンとは相性があまり良くないことに気付きました。 また、「てんのめぐみ」はダイマックスが切れた後にもある程度の突破力を与えてくれるという考えもありましたが、実際は 相手もダイマックスを行使してくるため"ダイマックスポケモンは怯まない"という仕様により発動機会が少ないと感じました。 加えて、技が急所に当たった場合そのダメージは相手の場の 「リフレクター」や「ひかりのかべ」を無視するという仕様により、ランクマッチ環境で大流行していたオーロンゲ始動の 壁構築への対策となります。 以上により「てんのめぐみ」よりも「きょううん」の方が優れているのではないかと考え、今回のような型が生まれました。 持ち物:ピントレンズ 持たせたポケモンの急所ランクを+1します。 急所ランクを上げることで攻撃を急所に当てる確率が上昇する。 パーティにフェアリータイプがトゲキッスしかいない場合、容易にその交代は読まれてしまうため、このようなケアも必要となってきます。 追加効果の怯みも優秀で、これにより威力期待値はおよそ102まで跳ね上がり、ダイマックスが切れた後でもその突破力を確保してくれます。 95 0. 浮いているせいで「ダイフェアリー」の追加効果であるミストフィールドの恩恵を受けられないためあまり相性が良くないですが、環境にバンギラスや水ロトムなどフェアリー技を撃つ必要がある相手があまりに多いため使わざるを得ないです。 ダイマックス時の 「ダイバーン」はH振りのアーマーガアすら急所にさえ当ててしまえば1撃で倒せてしまうため、ダイマックスターンを無駄に消費せずに突破することも可能です。 「ダイジェット」に対して受け出してきた場合、その後の「ダイロック」を急所に当ててしまえば強引に突破することができるため、ヒートロトムに対策を一任している相手には簡単に勝つことができるかもしれません。 ただし、ダイマックス技にした時に威力130と140の差はアーマーガアへの確定数などを考えるとかなり大きいため、慎重に選択する必要があります。 「じゃくてんほけん」型と違って条件が揃わなくとも常に火力が上昇する可能性を持っているため、あまり相性が良いとは言えないです。 「はねやすめ」を没収されたトゲキッスに唯一残された回復技です。 ダイマックスを前提としたポケモンはダイマックスした時のHPの上昇幅を最大限活かすためにサイクルに参加しにくいですが、この技があることで体力管理ができるようになり、ある程度サイクルを回した後にダイマックスして全抜きを狙うといった立ち回りも可能になります。 ただし、攻撃範囲を広げるよりも大きな恩恵を受けられるとは考えにくいです。 強運トゲキッスの対策 殴り倒す• 上記のポケモンはタイプ相性上有利かつ高い数値を誇るため、自身もダイマックスすれば殴り勝つことができます。 また、「こだわりハチマキ」を持ったヒヒダルマならば対面から「つららおとし」で倒すことができ、「こだわりスカーフ」を持てば「ダイジェット」で素早さが1段階上昇したトゲキッスを上から倒しきることもできます。 状態異常で流す• ダイマックスポケモンへの常套手段です。 カビゴン、ニンフィアは「あくび」で、ドヒドイデは「どくどく」でごまかします。 また、ストリンダーはトゲキッスのメインウェポンの両方を半減できるため、「とつげきチョッキ」を持って「ほっぺすりすり」で麻痺らせ足止めします。 初心者が勝つのが難しい 壁構築への回答にもなり、かつ現在トゲキッスメタとして蔓延している ロトムに対してのカウンターともなるため、今のランクマッチ環境で間違いなく活躍できる型だと思います。 これからも新しい型や調整などを紹介していきますので、公式Twitter のフォローをよろしくお願いします! 主催:ポケモンソルジャー 主催Twitter: 開催場所:関東 予定時刻:未定 12 2020年7月12日 13 2020年7月13日 14 2020年7月14日 15 2020年7月15日 16 2020年7月16日 17 2020年7月17日 18 2020年7月18日 19 2020年7月19日 20 2020年7月20日 21 2020年7月21日 22 2020年7月22日 23 2020年7月23日 24 2020年7月24日 25 2020年7月25日 26 2020年7月26日 27 2020年7月27日 28 2020年7月28日 29 2020年7月29日 30 2020年7月30日 31 2020年7月31日 1 2020年8月1日.

次の