ノクターン 攻略。 【モンスト】ノクターン【轟絶】攻略と適正キャラランキング

月夜に響くノクターンRebirth攻略

ノクターン 攻略

9998倍 受けるダメージ:0. 500ダメージ 敵移動 - 攻略の手順• 1:左下の反射制限と左上の魔導師を2体同時処理• 2:右上の反射制限と右下の魔導師を2体同時処理 第1ステージは、制限1体と魔導師の同時処理が必要。 上記のルート通りに弾くことで3体同時処理ができる。 ビットンの8ターンは即死攻撃のため、それまでに必ずステージを突破すること。 第1ステージの動画と立ち回り 第1ステージ雑魚処理のルート集 — お手 記事投稿用 ote07030711ote どの配置でも一定の角度を維持最初は目印をつけ、固定撃ちで突破も可能だが、初期位置のズレにより微調整が必要な場合もある。 この後のステージでも共通だが、雑魚処理に失敗して配置が崩れてしまった場合でも、基本的な角度を一定にしておかないと雑魚処理が難しいので、それぞれの場面で適正な角度を覚える様にしよう。 1手抜けをする際の目印 初期位置 かなり高い 初期位置 高い 初期位置 真ん中 初期位置 低い 目印は矢印を伸ばしきった状態で判断。 キャラの高さの判断はイラストではなく1Pなどの出番の文字で判断しよう。 第2ステージ!4体の同時処理が必要 ノクターン第2ステージの攻略概要 攻略の手順• 1:ユニットでトリケラを同時処理 ボールユニットのみダメージが通るトリケラ4体が、毎ターン相互蘇生する。 魔法陣とユニットを矢印で結ぶと、4体の同時処理がしやすい。 トリケラの上攻撃は全体32,000ダメージの白爆発で、2体分なら受けられる。 第2ステージの動画と立ち回り 第2ステージ雑魚処理のルート集 — お手 記事投稿用 ote07030711ote 第1ステージを早めに突破できた場合は一定の角度で対処可能ここのステージは第1ステージを早めに突破できた場合、キャラが下に集まっているので、似たような角度で突破しやすくなっている。 ボールユニットに直接当たる場合と、一度壁を経由した後に当たる場合で、適した角度が異なる場合もあるので覚えておこう。 攻略の手順• 1:ギャラクシーサーペントの同時処理• 2:輪っかを倒す(ボスの防御ダウン)• 3:防御ダウン時にボスを攻撃 ギャラクシーサーペントは相互蘇生する。 ユニットの貫通のボールでの同時処理が必要。 またサーペントの下に撃種変化パネルがあるので、弾く際は踏まないように注意しよう。 輪っかの攻撃に注意 輪っかは倒すとボスが防御ダウンをするが、攻撃でボスの防御力がアップする。 輪っかの攻撃が1の時 or ボスが防御ダウンしていない時は輪っか処理、それ以外はボスへの攻撃を優先しよう。 ボスへは反射で頭上に挟まる 防御ダウン後のボスは、ユニットでも直殴りでもダメージが通る。 ボスと上壁の隙間が狭いので、撃種変化パネルで反射になりつつ弱点と壁の間で大ダメージを狙おう。 第3ステージの動画と立ち回り 第3ステージ雑魚処理、中ボス削りのルート集 — お手 記事投稿用 ote07030711ote 画面の上半分の配置だと雑魚処理しやすい このステージは撃種変換パネルの配置上、上にキャラが集まっていると、突破しやすくなっている。 トリケラトプスをあえて倒さず、地震攻撃を利用すれば、上にキャラがズレる場合もあるので、各キャラの配置を確認しておこう。 攻略の手順• 1:輪っかを倒す(ボスの防御ダウン)• 2:防御ダウン時にボスを攻撃 ステ3と同じ輪っかが出現する。 輪っかに攻撃させないように処理しつつ、ブロックを利用してボスのHPを削っていこう。 中央が即死攻撃なので、間に合わなければSSを使用しよう。 第4ステージの動画と立ち回り 第4ステージ雑魚処理、中ボス削りのルート集 — お手 記事投稿用 ote07030711ote ボールユニットの下に当たる際は直前に右壁に触れるかどうかを意識 ここの雑魚処理でボールユニットの下に触れる前に、右壁に触れる場合と、触れない場合でボールが発射される方向が変わってくるので、適した角度が異なる。 配置により微調整をするようにしよう。 中ボス削りで弱点が右側の場合は、縦カンで削りにくい場合も 攻略の手順• 1:トリケラトプスを倒す• そのため2体以下にまで倒さないと、数が減らない。 縦軸よりも横軸に弾いたほうが隅のトリケラを処理しやすいが、スピードが足りなさそうならSSも選択肢にいれよう。 第5ステージの動画と立ち回り 第5ステージ雑魚処理のルート集 — お手 記事投稿用 ote07030711ote トリケラトプスの白爆発のターンを意識ここはトリケラトプスが毎ターン1体につき2体蘇生をしてくる。 1度の攻撃で2体以下になるようにしないと、同じ事の繰り返しになってしまう。 基本的に ボールユニットの内側に水平に近い薄い角度で当てて、跳ね返って逆方向に進めるルートが望ましい。 トリケラトプスの地震攻撃で画面中央に押し出されてしまうが、その場合は動画の様に壁に2反射以上させてボールユニットに触れる様にしないと雑魚処理は厳しい。 ノクターンのボス戦攻撃パターン ノクターンのHP 約2億2,000万 攻略の手順• 1:カチリん2体&トリケラ2体を同時処理する• 2:輪っかを倒してボスを防御ダウン• 3:防御ダウンしたボスを攻撃• 4:2&3を繰り返してボスを倒す 最初の雑魚4体は同時処理が必要。 角度を大き目につけて、撃種変化パネルを先に踏むルートで弾くと同時処理がしやすい。 ボスは下の隙間に挟まる 第3・第4同様に、輪っかを倒すとボスの防御力がダウンする。 ボスと下壁の隙間が狭いので、防御ダウン後は反射になりつつ隙間に挟まってダメージを稼ごう。 ボス1の動画と立ち回り ボス第1戦の雑魚処理とボス削りのルート集 — お手 記事投稿用 ote07030711ote 雑魚処理は30度〜40度前後がおすすめ ここの雑魚処理は垂直に近い角度や、水平に近い角度の場合、雑魚処理が出来ない場合がほとんどなので、 角度を30度〜40度前後まで広げる様にしよう。 撃種変換パネルを利用しないと雑魚処理がしにくいので、画面中央付近の配置の場合は、適正角度を維持しながら撃種変換パネルを踏める軌道が望ましい。 ボス削りは配置と残りターンにより攻撃方法を判断ボス削りに関して、基本的に反射化してボスの下側に入り込むとダメージを稼ぎやすいが、判定が分かりにくい場合は、下に配置させて貫通状態のまま弱点を往復するのが手堅い場合もある。 大ダメージは出しにくいが、残りターンに余裕がある場合はおすすめ。 ボス第2戦!ボスはブロックを使って削る ノクターンボス2の攻略概要 ノクターンのHP 約1億3,000万 攻略の手順• 1:トリケラを4体同時処理• 2:ギャラクシーサーペントを同時処理• 3:輪っかを倒してボスを防御ダウン• 4:防御ダウンしたボスを攻撃• 5:3&4を繰り返してボスを倒す ボス1と同様に、まずは輪っか以外の雑魚を順に処理していこう。 ボスが防御ダウンしていないor輪っかの攻撃が1の時は、輪っか処理を優先。 それ以外はボスを集中的に攻撃しよう。 ブロックを利用して横に薄く攻撃するとダメージを稼ぎやすい。 ボス2の動画と立ち回り ボス第2戦の雑魚処理とボス削りのルート集 — お手 記事投稿用 ote07030711ote 雑魚処理は色んなルートで可能 ここの雑魚処理は第5ステージの様に、ボールユニットの内側に触れて倒すルートも可能だが、角度を広げて処理する事も可能なので、配置関係により臨機応変に判断しよう。 場合によってはギャラクシーサーペントは無視可能 ドクロボスはユニットで倒す ドクロボスはユニットのボールで倒すことができ、ボスの防御力がダウンする。 毎ターン蘇生されるので、攻撃されないように、2ターン以内には確実に再度倒そう。 ボス3の動画と立ち回り ボス第3戦の雑魚処理とボス削りのルート集 — お手 記事投稿用 ote07030711ote 倒しやすいペアから確実に処理 ここは各配置関係により倒しやすいペアから確実に倒せる様にしよう。 距離が近い上のペアが比較的倒しやすいので、動きやすくする為にも早めに倒す様にする事。 分身はボールで倒し、ボス本体は直殴りで削る ボスを削るためにまずは分身から攻撃するが、分身はボールでしかダメージが入りにくいので、角度を調整する必要があるが、 ある程度強化したキャラなら、ボールユニットで横カンさせるだけでも倒せるので、柔軟に対処しよう。 分身を倒して防御ダウンさせた後は、撃種変換パネルで反射化した状態でボスと分身の間に挟まるか、ボスの右側に入り込んでダメージを出す様にしよう。 弱点の真横なら、貫通状態で往復するのも良い。

次の

【モンスト攻略】ノクターンのギミックと適正キャラランキング【轟絶】

ノクターン 攻略

書籍は既刊4巻まで刊行済。 3巻は ぶーた氏の多忙・体調不良による療養、作者の意向等で 発売延期、その後しばらく音沙汰が無かったがイラストレーター変更で発売された。 コミカライズ版はウェブコミック配信サイト「」にて配信中。 コミックス4巻が2020年7月25日発売予定。 ぼっちなのは序盤だけでほとんどを誰かと一緒に行動するため、所謂タイトル詐欺ではある。 称号やその影響によるパーティーに入れない制限や、女子達を現世に戻すべく異世界を攻略しようとしているのが主人公だけである、と一応の説明付けは用意されている。 WEB版は非常に誤字・脱字が多く、指摘により随時修正を行っているが未だに直しきれていない さすがに書籍版では修正済み。 主人公の発言や思考が非常にエキセントリックであり、誤魔化そうとして「みたいな?」等を多用する文体により全体に非常に読みづらい文章となっている。 同時に複数人が発言するのを「「「セリフ」」」のように表現したり、ツッコミなどでセリフの途中に他の人物のセリフが入る「」の入れ子も常態的に行われる。 会話シーンでは全ての発言が記されている訳ではなく、地の文でも主人公が周囲の人間だけでなく説明などで読者をも騙すような表記が度々なされ、後々になって実はあれはこういう事だったという展開が幾度かある。 書籍版1巻を読んで肌に合わなかった人にはお勧めできない小説となっている。 コミカライズ版ではその辺りかなりとっつきやすくされている。 WEB版は1700話を超えた現在でも更新ペースが非常に早く 毎日更新 、感想にはほぼ全レス、活動報告でも同様とかなり活動的である。 ただし、話数の多さの割には話の進行ペースはかなり遅めである。

次の

メルヘンノクターン(メルノク)攻略 Wiki

ノクターン 攻略

クロスドクロを優先して倒す 「クロスドクロ」を倒すことで「ドクロ」が召喚されます。 「ドクロ」を倒さなければボスにダメージを与えられないので、各ステージで優先して「クロスドクロ」を処理しましょう。 ドクロを倒すとボス防御ダウン 召喚された「ドクロ」を倒すことで、ボスの防御力をダウンさせることができます。 「ドクロ」は直殴りでは倒せないので、 必ず「ボールユニット」を利用して倒しましょう。 新ギミック「ボールユニット」が登場 新ギミックの「ボールユニット」が登場します。 「ボールユニット」には赤と青の2色存在し、 赤に触れると反射の、青に触れると貫通のボールが進行方向に発射されます。 ニワトリ状態であれば「ドクロ」と「トリケラ」に友情が通る。 SSでユニットを無視した立ち回りが可能。 貫通タイプ4体で固めることで、立ち回りやすくなります。 左の反射制限と魔道士2体を倒す• 「ブロック」は対策不要で利用する立ち回りをするのがおすすめです。 「地雷」は1発約56,000と痛く、「魔法陣」も多く配置されているので、この2つの対策をしたキャラ4体で挑みましょう。 ステージ1では、まず右の「反射制限」と「魔道士」2体のセットを倒します。 貫通タイプで「反射制限」を倒してから赤の「ボールユニット」で「魔道士」の間にはめましょう。 同様に左の3体も同じ流れで倒すのがおすすめです。 クロスドクロ3体を同時に倒す• ギャラクシーサーペントを2体同時に倒す• 「クロスドクロ」発動後は、「ギャラクシーサーペント」と「ドクロ」が2体ずつ召喚されます。 どちらも青の「ボールユニット」を利用して倒しましょう。 「ドクロ」は攻撃ターンで「ノクターン」を防御アップさせるので、ターンまでに倒し「ノクターン」を防御ダウンさせるのが必須です。 なお、「ドクロ」は倒しても蘇生されるので防御ダウン状態を継続させることができます。 クロスドクロを4体同時に倒す• ステージ3と違い、この「ドクロ」2体は、赤の「ボールユニット」で倒すことができます。 「ドクロ」を倒して「ノクターン」を防御させながら、弱点を攻撃してダメージを与えましょう。 できるだけ多くトリケラを倒す• そのため、1ターンでできるだけ多くの「トリケラ」を青の「ボールユニット」で処理しましょう。 少なくとも1ターンで6体以上倒しておくのが理想です。 反射変化して貫通制限を全て倒す• ドクロを倒してノクターンを防御ダウンさせる• まずは、「撃種変化パネル」を利用して反射タイプになり、「貫通制限」を直殴りで倒します。 また、この際に同時に「ボールユニット」に触れてボールを発射し2体の「トリケラ」も倒しましょう。 「クロスドクロ」を全て同時処理できればブロックが起動し、「ノクターン」へ攻撃を与えることが可能です。 この際も「ドクロ」を先に倒して「ノクターン」を防御ダウンさせることを忘れないようにしましょう。 魔道士を2体ずつ倒す• 呼び出されたドクロを倒す• 「クロスドクロ」が発動すると、「ドクロ」が出現するので最優先に「ボールユニット」で倒しましょう。 「ドクロ」を倒すと「ノクターン」が防御ダウンし、ダメージを稼ぎやすくなります。 また、「ドクロ」は毎ターン蘇生されるので、被ダメージを軽減させるためにも攻撃ターン数までにこまめに処理をすることがおすすめです。

次の