バブルチャートと円グラフの複合グラフ。 比較・分析に最適!バブル・レーダーチャート|Excel標準グラフ活用術⑤

【10選】ビジネスで使い分けできるグラフとチャート総まとめ

バブルチャートと円グラフの複合グラフ

広告 複数項目の比較に最適!「レーダーチャート」 レーダーチャートは、学生時代に摸試の成績表で目にした方が多いと思います。 クモの巣のように見える、正五角形等で表されるグラフです。 各頂点を各項目の数値として点を打ち、それぞれ隣の点を結び、形を作ります。 そして、その数値を表現しながら全体のバランスも表します。 バランスが目に見えてわかりやすいです。 (以下、Excel2010で作成。 散布図と並んで分析向け!「バブルチャート」 バブルチャートはと並び、分析資料によく使われます。 その名の通り、複数のバブル(円)で表現されるグラフです。 (以下、Excel2010で作成。 「凡例項目(系列)」の「編集」を選択し、「系列名」に「A支店」と入力し「OK」 続いて、B支店のバブルチャートを追加します。 「系列名」に「B支店」と入力し、「系列Xの値)にC12~C17セルを、「系列Yの値」にD12~D17セルを、「系列のバブルサイズ」にE12~E17セルを指定し「OK」 これで完成です。 例えばA支店(オレンジバブル)では構成比9. 5%の蝶野さん、B支店(赤バブル)では14. 5%の菊地さんや14. 1%の須々木さんのバブルが大きく、営業成績に貢献していることがわかります。 また、今回のグラフのように同時に2種類のバブルで比較する場合、バブルの大きさや点在している場所が視覚化されるので、A支店とB支店の差がわかりやすくなりますね。 A支店では、支店内で販売数の差が見られるのに対し、B支店では、販売数の差はあまりないのに売上高の差があります。 B支店の方が、単価が高いものを売り上げているのではないかということが推測できます。 バブルチャート応用編:PPM分析とは? PPM分析をご存知ですか?プロダクト・ポートフォリオ・マネジメントの略で、マーケティング手法の1つです。 製品や事業が下記4つのどこに位置するかで、今後の方針や方向性を分析します。 シェアの拡大・維持に努めて、金のなる木への移動を試みる。 今のところ問題がないので、ここで資金をためておく。 他からシェアを奪うことを考えないといけない。 資金の流入がなく成長が低いので、経営資源の回収をはかる。 この分析にExcelのバブルチャートを照らしあわせると、よりわかりやすくなります。 つまり、去年からどれくらい成長しているのかを表します。 どれくらい市場においてシェアしているのかを製品ごとに計算します。 例として下記に、ある企業の商品の分析をした例を挙げます。 横軸:利益率、縦軸:売上成長率、バブルを売上額とするバブルチャートにPPMの分析図を重ねてみましょう。 横軸には、基本的には占有率(市場シェア)の値を置きますが、シェア率がわからない場合は、利益率や売上構成比などで代用します。 問題児にある「商品F」は、負け犬にならないように利益率を上げる必要があります。 といったように「各領域で何が今後の手法として必要なのか」を分析する場合に、このようなバブルチャートとPPM分析の組みあわせが役に立ちます。 今回でExcel標準グラフをすべてご紹介し、最終回となりました。 今後お役に立ちそうな情報はありましたか? Excelのグラフの特徴を理解し、適材適所で用いて、わかりやすくて説得力のある資料を作成できるようになるとよいですね。 皆さんが、社会人として一歩でも二歩でも成長できることを祈っています。

次の

【10選】ビジネスで使い分けできるグラフとチャート総まとめ

バブルチャートと円グラフの複合グラフ

何か良い情報 ないかな? 企業リリース情報を見る• 便利ツール• 記事の内容カテゴリから探す• 記事の種別カテゴリから探す• 記事のタイプから探す• サービス情報をDBから検索• セミナー・ プレゼント• Web担に ついて• 記事を投稿してみる (メンバー登録が必要です)• メンバー• 「データで表現したいことを、効果的にひと目でわからせるための、グラフの種類の選び方、作り方」を紹介する本連載。 これまでに「」という考え方をベースにして、「」「」「」「」「」の作成ポイントと注意点を順に解説してきました。 今回は散布図とバブルチャートをご紹介して、本連載の最終回とします。 項目間・指標間の関係性を見るグラフ まずでご紹介したグラフを再掲載します。 これはある媒体のバナー広告のインプレッション数とリーチ(累積到達率)を広告素材ごとにプロットしたグラフです。 1つの点がそれぞれ1つの広告素材のインプレッション数とリーチを表しています。 たとえば、一番右上にある点として表現された広告素材だと、リーチ数が約320万人で約 1. 8億インプレッション表示されたということを意味します。 このように散布図は系列数が複数あるデータで、項目間あるいは指標間の関係性を見る場合に使います。 図1:散布図と回帰線(ある媒体のインプレッション数とリーチの関係) 散布図では、各データのプロットに加えて、回帰線(回帰直線)と呼ばれるものが引かれていることがあります。 図1の例では、縦軸のリーチと横軸のインプレッション数に高い相関関係がありそうなので、各地点との距離が最も短い線を引いくとどうなるかというものをあらわしています。 統計的に厳密な言い方ではありませんが、最も平均的な分布を1つの線にして表したものといってもよいでしょう。 さて、「高い相関関係」という表現をしました。 こちらも統計的に詳しい話はしませんが、図1の例では、各データの分布が全体にまんべんなくある訳ではなく、赤の楕円にほぼ収まっているのが分かるかと思います。 つまり右肩上がりの限定的な範囲に分布が集中していると判断できます。 このようなケースはこの2つの指標の間に正の相関があるといいます。 この例で言えば、ある広告が見られた延べ回数(インプレッション)が増えれば、その広告に接触するユニークな人数(リーチ)が増えるのは自然で、相関が高いのは常識的に考えても納得がいきます。 回帰線を使う理由とは? さて、なぜこのような直線(場合によっては曲線でも構いません)を引くのでしょうか。 図2をご覧ください。 ある広告主が次に使える予算額から計算すると、この媒体では1億インプレッション相当だったとします。 この場合、200万人くらいにはリーチできそうだと予測ができるわけです。 つまり回帰線を引く理由は、予測のためです。 だから回帰式は「Y=」となっているように、変数Xによって変動する結果を予測したいのです。 データ解析の1つの重要な役割は、予測です。 精度の高い予測ができれば、無駄な出費や、サプライズ(良くも悪くも)が生じにくくなります。 そのため過去のデータを蓄積して、このような基準値を作っていくことが、予測の精度を高めることにつながる訳です。 図2:回帰式と予測(ある媒体のインプレッション数とリーチの関係) 回帰線の間違った利用方法 図3は複数商品を取り扱っているあるサイトの例だとします。 縦軸は1訪問当たりの閲覧ページ数で、横軸は1訪問当たりの総閲覧(滞在)時間です。 各商品カテゴリーのWebページ群の閲覧データをそれぞれ別々に集計し、プロットしてあります。 このグラフを眺めていると、ある商品カテゴリーでは、イラストが多く、ページは多く見られるけど滞在時間は比較的短いとか、逆に文章が多く読ませるページの多い商品カテゴリーでは、見られているページの割には滞在時間が長いといった、コンテンツ(商品カテゴリー)別の特徴が分かってきます。 つまりこのような2つの指標をプロットすることで、商品別の特徴というものが理解しやすくなっているという訳です。 また逆に、仮説通りの特徴が出ているかどうかを確認するツールなります。 図3:あるサイトの商品カテゴリー別データ さて、図3にも回帰直線を引いておきましたが、これをあなただったらどう活用しますか? このケースでは各コンテンツの特徴把握や検証が目的なので、新しいコンテンツ作成前の予測に使うというのも変です。 ですから全体平均を表す線としての意味はあっても、回帰式まで計算するのはまったく意味がありません。 新規コンテンツを作るのであれば、意味のない予測をするのではなく、リリース後に、新規コンテンツと近い作りのコンテンツがあれば、それと実際はどのくらいの違いがあり、なぜそうなってしまったのかなどといったことに頭を使うべきでしょう。 3つの指標を1つに表現するバブルチャート 最後にバブルチャートを紹介します。 図4をご覧ください。 これは散布図の一種ですが、プロットしてあるのが点ではなく、「バブル」というように大きさを持っています。 つまり散布図が2つのデータ(縦軸と横軸)だけを表現しているのに対して、バブルチャートは3つのデータを3次元ではなく2次元で表現する手法と言えます。 恐らくほとんどの人は2次元の紙や画面上に、立体感を伴った表示をした場合に、正しく理解できる能力はまだありません(もちろん私にもありません)。 そういう意味でもバブルチャートは3次元のデータを2次元で表す優れた方法の一つといえます。 このチャートは複数のサイトの特徴を比較するために作成されたもので、縦軸が月間の一人当たりのページビュー数、横軸が一人当たりの利用頻度、バブルの大きさが月間利用者数を表したものです。 バブルチャートの問題点は、プロットした数が多くて、重なりが多くなると、表示が隠れて見にくくなることがあるという点と、円の大きさが直感的に相対比較が難しいという点があります。 図4の例では、ある1つ以外はどんぐりの背比べという感じになっています。 ですからあまり重要でない指標を、3つめのバブルの大きさの軸に持ってくるなどの工夫が必要となるでしょう。 図4:バブルチャートの例 まとめ 散布図は系列数が複数あるデータで、項目間あるいは指標間の関係性を見る場合に使います。 両者に相関関係が認められる場合は、回帰線を引くことで、予測モデルを作ることができます。 そのためデータを蓄積することで、予測の精度を高めることにつながります。 一方、プロットされた各データの特徴やポジショニングを確認するために散布図を利用することもできます。 この場合は予測モデルではないので、回帰線や回帰式を作る意味はなく、狙い通りの結果になっているのか、他と相対的に位置づけがおかしくないかなどをチェックするツールとして使うことが多くなります。 バブルチャートは3つの指標を2次元で表現する手法で、得られる情報量も多くなります。 一方でバブルの重なりが出てしまって一部隠れてしまったり、円の大きさが比較しにくいという難点もあります。 この記事が役に立ったらシェア!

次の

Excelでバブルチャートを作る方法|ferret

バブルチャートと円グラフの複合グラフ

Q 以下、お助けいただけたら幸いです!! バブルチャートの色を変えるマクロに悩んでおります。 具体的にコードをどうしたらいいのか 歯が立ちません。 全角スペースは半角に変換ください Sub PntClr Dim l As Long Dim NoPnt As Integer Dim CI As Integer Application. Points. Points l. Interior. ディズニーランドの入場者数と各人が購入したおみやげの個数を月別に バブルグラフで表したいと思います。 つまり、横軸に月、縦軸におみやげの個数、バブルの大きさで縦横軸に該当する 入場者数を表したいのです。 実際に以下のように表を作ってみました。 行1に月、列Aにおみやげの個数、各セルに入場者数を入力 しかし結果として 横軸におみやげ個数、縦軸に入場者数、バブルの大きさも入場者数 凡例が月になってしまいました。 どのように表を書くと 「横軸に月、縦軸におみやげの個数、バブルの大きさで縦横軸に該当する 入場者数を表す」事ができますか? ご存じの方お教えください。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 第3のデータが必要です。 下記URLのページをご参照下さい。 synapse. microsoft. google. そもそもグラフの概念が違います。 散布図は変数領域に対するもう一方の変数の領域を見るためのグラフです。 主に物の寸法バラツキに対する、出力される数値などの相関性を見るために使用するので、要素は全て変数なんです。 質問内容のグラフは、モノに対する物量をあらわすという考え方がありますので、X軸は必然的に固有名詞になります。 この場合、散布図ではなく折れ線グラフで表すのが普通ですね。 (2軸の折線でなくても可能) Y軸要素が2つまでなら、Y1軸とY2軸に分けて要素振り分けが可能です。 3つ以上ですと、EXCELでは不可能でしょう。 また、X軸の名称は同列の高い順に並びますので、連続性がある場合は、グラフの元データは上から順番に記入していかなくてはなりません。 Q 散布図で分散の傾向を見ているのですが、同じ(X,Y)が何度も出現しており、ポイントが重なる点を立体的に山高く視覚的に表現し たいと考えています。 良い方法があれば教えてください。 データとして X,Y 13,209 11,211 9,213 7,215 5,217 3,219 1,221 0,224 0,224 0,224 0,224 0,224 …… のようにあり、0,244を高く表現したいという感じです。 データ数が多く自力でカウントするには大変です。 Excel2007は手元にありますので、Excelかその他のソフト、もしくはjava言語でのプログラムで解決できると助かります。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー データをマトリックスで表すことで,等高線グラフを用いて立体的に表すことができますよ。 行にX,列にY,度数としてZを書き込んだ表をエクセルで作成します。 tacchonさんのデータを例に取りますと,データを表す X, Y に度数を表すZを加えて, 209 211 213 215 217 219 221 224 13 1 11 1 9 1 7 1 5 1 3 1 1 1 0 5 これを全部選択して,3Dの等高線を選べば3次元表示になるはずです。 また,kgu-2さんが書かれておられますが,エクセル2007ですとバブルで表現ができますよ 他のバージョンは未確認。 tacchonさんのデータを例に取りますと,データを表す X, Y に度数を表すZを加えて X, Y, Z 13, 209, 1 11, 211, 1 9, 213, 1 7, 215, 1 5, 217, 1 3, 219, 1 1, 221, 1 0, 224, 5 といった表をつくり, X,Y に対して散布図をまず作成し,グラフの種類の変更でバブルを選択してZの列をサイズとして指定することで,散布図のマーカーの大きさがZの値に依存したグラフをつくることができるはずです。 データをマトリックスで表すことで,等高線グラフを用いて立体的に表すことができますよ。 行にX,列にY,度数としてZを書き込んだ表をエクセルで作成します。 tacchonさんのデータを例に取りますと,データを表す X, Y に度数を表すZを加えて, 209 211 213 215 217 219 221 224 13 1 11 1 9 1 7 1 5 1 3 1 1 1 0... A ベストアンサー 1です。 補足ありがとうございます。 実際にやってみると確かに面倒な作業ですね --;。 バブルチャート自体も他のグラフとちょっ勝手が異なるのでなお更でした。 色々試してみましたが、(私が試した範囲では)現在のデータの並びでは7-samurai様が行っていらっしゃる手法以外はないと思われます(違っていたら申し訳ありません)。 グラフ作成用のデータシート(仮にSheet2)を別に用意し、sheet1(元のデータ)へのセル参照を用いてデータの並べ替えを行った上でグラフ描画をすればいくらかは楽になると思います(もっともSheet2の作成作業が発生してしまうので本末転倒かも)。 系列名1 X値1 Y値1 バブル1 系列名2 X値2 Y値2 バブル2 系列名3 X値3 Y値3 バブル3 としておいて系列名1でバブルチャート作成後に系列名2のデータをグラフ上へドロップ~を繰り返せば範囲指定作業はいくらか早いです。 Q エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。 両者の違いが良くわかりません。 宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。 (例) セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3. 89444、STDEVPでは3. 741657となります。 また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る 182 、これをデータの個数13で割る 14 、この平方根を取ると3. 741657となります。 では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。 A ベストアンサー データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。 また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。 で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。 公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。 まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。 AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

次の