20 メタニウム。 [20メタニウム使用感インプレ]初搭載機構ナシで感動無し!シマノ全部載せ小型軽量ベイトの逸品

20メタニウム インプレ追記!コアソリッドボディ+MGLⅢ+ブラスギアで上位機種キラーになり得るか?

20 メタニウム

上記のタックルセッティングで使ってみた使用感です。 軽くてコンパクト 20メタニウムは旧メタニウムと変わらず175gという軽さのまま。 スティーズに及ばないけど、めちゃくちゃ軽いです。 ボディーはコンパクトになりパーミングしやすく、しっかりと力が入るので投げやすい。 バンタムMGLに握った感じは似てるかな?って思いました。 後半もしっかり伸びる飛距離 飛距離はフロロカーボンの16lb. を巻いていますが 軽い力でよく飛びます。 19アンタレスのように初速が速すぎて自分の腕で対応できるのか?心配だったのですが、自分が20メタニウムを使うルアーは比較的ウェイトがそこそこあるものが多いので丁度いいくらいに感じました。 内部ブレーキシューは全てONでカバースキャットを投げても飛距離は抜群にでます!ぶっ飛びます。 19アンタレスでも驚きましたが、やっぱりマグナムライトスプールIIIは後半の伸びと軽い力でも良く飛ぶのは素晴らしいです。 サミングが上手にできる人はブレーキシューを2つOFFにすればさらにぶっ飛ばせると思います。 この感じは今まで使っていたスティーズSVTWとはまた違ってかなり気持ちいいです。 ラインを太くしていく程、スティーズSVTWより20メタニウムの方がその良さが顕著にあらわれると感じました。 ついにこの価格帯でスティーズSVTWを脅かすリールがきたかって感じです。 軽いのに強さを感じる巻き心地 ギア比8. 1のXGを選んで1番体感したかったのが巻き心地です。 主にイヴォーク1. 2〜3. 0等のクランクベイト、タイニークラッシュのクランキングという引き抵抗の強いものやハートテールやスイングインパクト、アンモナイトシャッドのウェイテッドリグで使いました。 もうめっちゃいいです。 巻き始めの重さとか感じないくらい。 これホントにXGか?ってくらい軽い。 しかもコアソリッドボディー採用でギアはブラスギア 真鍮 搭載になった事で 巻きに弱さを全く感じない! 想像以上に素晴らしい巻き心地になっていました。 XG買って本当に良かったです。 あらゆるアクションがつけやすい 20メタニウムはボディーの軽さ・巻き心地の良さからロッドワークによるアクションもリーリングジャークもどちらも凄くやりやすいです。 ジャークベイトやビッグベイトのリアクションの釣り、サカマタシャッドのリーリングジャークも完璧にこなしてくれますね。 タイニークラッシュやジョインテッドクロー178ではリーリングジャーくだけでなく、ロッドアクションも入れるのですが、20メタニウムの軽さはやっぱりメリットが大きいです。 ハンドルノブをバリアルに交換してみたが・・・ 20メタニウムのハンドルノブに不満がある訳では無いのですが、バリアルのハンドルノブの使用感が好きなので交換してしばらく使ってみました。 ハンドルごとバリアルに変えるとせっかくのボディーの軽さを犠牲にしてしまうので今回はハンドルノブのみ。 それでも自重はライン巻いた状態で217gまで増えました。 リトリーブに関してはいい感じなんですけど、 撃ちモノ等でロッドを縦に捌く時はやはりハンドル側にもたれる感じになるので余分な力が必要になると感じました。 結論から言うとバリアルのハンドルは外して、今はノーマルの状態で使用しています。 やっぱりバリアルハンドルは自重が200g以上のリールで使う方が個人的にはオススメですね。 他のリールとの使い分け 自分が20メタニウムと他のリールをどう使い分けるか? 2ozくらいまでの中量級ルアーの巻きに特化して使うならバンタムMGL 軽量級ルアーを中心に使用するならトラブルも少なく軽いスティーズSVTW バンタムMGLは巻き心地や強さはあるけど、ロッドアクションを入れる釣りにはやや重いですし、スティーズSVTWは軽くてトラブルも少ないけれどもう少し巻きとボディーに強さが欲しいと感じる事があります。 個人的には20メタニウムはこの2機種の中間的な位置付けで軽さ・飛び・強さのバランスが良くオールマイティーに使えるリールです。 20メタニウムXGのおすすめ用途 基本的にスプール径からしてもバーサタイル性が高く何でも使えます。 もう1台HGも追加したくなってきてます。 16メタニウムMGLから買い換えるべきか? ここは悩んでる人も多いのではないでしょうか? 自分は買い換える価値は十分にあると思います。 重さは据置きのままコアソリッドボディーとブラスギアで強さと安定感が増し、軽い力で伸びのある飛距離を出せるマグナムライトスプールIII搭載。 現在所有してらっしゃる同じギア比でもいいし、XG等を20メタニウムで試して見るのもいいでしょう。 迷っているなら是非この進化を体感してみてください。 20メタニウムの価格は妥当か? 20メタニウムはYahoo! のPayPayモールで¥31. 531-で購入しました。 PayPayボーナスライトの還元が¥2. 869-あったので 実質の購入金額は¥28. 662-でした。 この価格でこのクオリティーは凄く満足していますし、個人的にはめちゃくちゃお買い得のリールだと思います。 好みもありますが、自分は19アンタレスを買った時よりも20メタニウムの方がいい買い物をしたなと思っています。

次の

20メタニウム 最速レビュー まとめ

20 メタニウム

軽いのにカルカッタのような巻き心地 今まで13メタニウムを巻物用リールとして愛用してきたのですが、20メタニウムにチェンジしてみてまず驚いたのは巻き心地の良さですね。 抵抗のあるルアーを使っても巻いている感じがしない。 スルスル巻けてしまう。 感触的にはカルカッタコンクエストを使っているような感じですね。 金属一体成型のコアソリッドボディの高剛性と真鍮製のマイクロモジュールギアによって、滑らかな巻き心地を実現しているのだと思います。 巻き心地が良すぎて逆にルアーの抵抗感が感じられずに感覚が狂うこともありましたね。 13メタニウムの感覚に慣れすぎているので、ハンドルのノブから伝わる感覚に違和感があります。 スピナーベイトのビーブルを巻いていると13メタニウムの場合、巻いている手にブルブルする感覚があったのですが、20メタニウムだと何も感じなくなりました。 この感覚の違いは慣れていく必要があるなと思いました。 思った以上によく飛ぶ! キャスト性能は想像以上に凄かったですね。 抜けの良さがスゴイです。 19アンタレスを使ったことが無かったので、正直今まで別にたいした性能ではないだろうと思ってました。 「抜けの良さ」ってなんやねん?誇張されすぎているな、騙されないぞと思ってましたが、本当に凄かったですw 13メタニウムにベイトフィネススプールを付けてかなり快適に使ってましたので、これに勝るものはないと思っていたのですが、これとはまた違う使い勝手の良さがありました。 抜けの良さについては20メタニウムじゃないと味わえない感覚だと思いますね。 13メタニウムで抜けが良いと感じたことはないです。 抜けた時は思った以上に飛距離が出ます。 なかなか気持ちの良いフィーリングです。 軽いのに剛性感が半端ない 20メタニウムの自重は175gで軽い方の部類に入るベイトリールですが、にもかかわらずパーミングしているときに感じるカッチリ感は半端ないです。 かなり頑丈なリールに思えます。 マグネシウム製のボディでアルミニウムではないのだが、剛性感はかなりあります。 軽くて剛性感があるのでもうアルミニウムなんて重い素材使う必要ないんじゃね?と思うレベルです。 18バンタムはアルミニウム製で剛性感は凄いのだが、クソ重くて嫌になった。 20メタニウムはその欠点が解消されている。 剛性感はそのままで。 かなり素晴らしいです。 欠点は見た目とクラッチが重い 軽くて剛性感がありキャストフィールも素晴らしいリールで、もう20メタニウムさえあれば他のシマノリール要らなくね?と思うレベルで気に入りましたが、唯一欠点を上げるなら見た目ですかね。 見た目が地味すぎる。 デザインにも特徴がない。 一瞬クロナークと間違えてしまう。 色もダークグレー一色で地味。 逆に言うと無駄なものはすべて削ぎ落しているとも言えるが、もうちょい特徴が欲しかった。 インスタ映えしませんw あとクラッチがやけに重いです。 釣りで使っていると別にたいして気にならないが、他のリールと比べると圧倒的に重い。 重いのでクラッチを切ったときにカルカッタのような高級感が感じられない。

次の

【シマノ】20メタニウム実物ファーストインプレ&分解して内部構造公開│ナナブンノニブログ

20 メタニウム

普段はツイッターにいます。 毒多めで大変危険ですが、タカシマムザホルモンに 物申したい方にはオススメです。 では、記事へGO! 古池や 蛙飛び込む メタニウム かの松尾芭蕉も生涯愛したとか愛さなかったとか、辞世の句に詠んだとか詠まなかったとか 真相は謎だが、2020年フルモデルチェンジし 劇的進化を遂げたメタニウム。 シマノ公式HPでも発表されたので、タカシマムザホルモン的 気になるポインツ!をインプレしていきたい。 この記事はざっくりいうとこんな話 代々シマノベイトリール部門の中核を担い、バスアングラーで使ったことない人はいないのでは?と思ってしまうほど長年愛されているメタニウムシリーズ。 というか溺愛である。 そんな中かねてより噂されていた 2020年でのモデルチェンジは見事的中し、とんでも(なく欲しい)スペックで発表されたのであった。 軽快な操作性とタフな釣りへの適応力をアップし、巻きも撃ちもライトリグも、テクニカルにこなせます。 さらに軽量自重はそのままに、 超高強度真鍮ドライブギアを搭載し、 タフさにも磨きを掛けました。 メタニウムのメタニウムたる所ゆえん以、それは 誰もが扱いやすいボディサイズ、形状、軽さがもたらす 軽快かつシャープな操作性、そして汎用性の高さにあるといえます。 NEWメタニウムでは、さらなるタフさを追求して ドライブギアをアルミニウム製から超高強度真鍮製に変更。 コアソリッドボディの採用と相まって、従来よりも「強い釣り」に対する適応力をアップしていますが、剛性を高めながらも重量は前モデルと同様。 しかも サイズはコンパクト化していることから、定評のある操作性の高さはさらに切れ味を増しています。 オールウンダーとしての能力を 飛躍的に向上させたNEWメタニウム。 さまざまなシチュエーションで繰り出される、 アングラーの多彩なテクニックに応える一台です。 ふむふむ…。 そのためかどうしても使い道が撃ちもの系になっていってしまう。 現在の所有数は2台。 品番後ろのRJはラバージグスペシャル。 まさに専用。 もちろん国産。 もう20年以上前に販売されていたロッドだ。 物はもちろんいいのだが、破損が怖いのでいち早くコレクションに回したい筆頭。 またこの辺の話は長くなるので後日語りたい。 この2台にメタDCが加わった3台がフル稼働中 とまぁこんな具合に使っているメタニウム。 はっきしいって不満、ないです。 共にXGだが、巻きが重いなんてことは一切ない。 ノーマルのままでも十分に長く、それでいて使い勝手のいいロングハンドル。 ボディがデカい?そこも含めメタニウムじゃん。 といった具合の溺愛加減。 正直なところ、フルモデルチェンジ待ってました!!という側ではなかった。 が、発表を聞いてびっくり。 「いるかー?」から「買うためにどうやってお金を工面するか」を本気で考えるまでにコロッとフォルムチェンジしてしまったのだった。 コアソリッドボディ化 そもそもコアソリッドボディとはなんぞや 通常ベイトリールはフレーム、レベルワインドプロテクター、サイドプレートを別々で作りパーツとして組み合わせ作られる。 コアソリッドボディはこれらをパーツとして作るのではなく、金属素材(マグネシウム)からフレームそのものを一体形成して作っちゃおう、という技術のこと。 そうすることで各パーツを合わせるために設けられている余分なスペースを省くことができ、大幅な小型化が可能になるのだ。 イメージするなら 通常のリールがガンダム。 コアソリッドボディのリールがエヴァンゲリオンといったところ(伝われ) 小型化の恩恵マシマシ 16メタニウムMGLにはパーミングという概念は存在しなかった。 僕個人的にはアレ好きなんですけどね。 確かにピッチングでカバーに入れるときなんかはデカいなぁと思うことも多かったが (右投げ右巻きなので尚更) 今回このコアソリッドボディの採用により 16スコーピオン70より小さくなり、もはや アルデバラン並みという「超小型」に進化。 手返しもよくなり、より 撃つ釣りを展開しやすいサイズになっている。 あのデカさこそメタニウム。 という古参アングラーには少し寂しいかもしれない。 スプールのさらなる薄肉化に挑み、耐久性を損ねることなく、従来を上回る低慣性化を実現しました。 遠投性能はもちろん、従来を遥かに上回る軽やかな立ち上がりと、どこまでも伸びる爽快なキャストフィール、そしてトラブル回避性能の大幅な向上を実現しています。 つまりどういうことだってばよ!?って方、シマノ最高峰アンタレスと同じスプールが入っててよく飛ぶよ!立ち上がり早いからミスが減るよ!ってことです。 欲しいやん。 使用感がダイレクトに変わる部分なので16メタニウムMGLと同じ使用感で使えるのはめちゃくちゃありがたい。 特にブレーキ。 間違いない。 重いものは旧SVSが好きだけどね。 そこはちゃんとカルコンで残してくれたので僕はシマノに頭が上がらない。 唯一気になったギア比・巻上長の違い 実は20メタニウム、現行16メタニウムMGLとギア比が違う。 ノーマルギアは共通で一巻66cm HGモデルは16メタは一巻79cmに対して20メタは76cm。 XGモデルに至っては16メタ91cm、20メタ86cmと結構違う。 単純に同じ用途で置き換え、というのはことHG以上のモデルは慎重になった方が良いだろう。 特に近距離の撃ちものに使う場合は長く16メタを使っている人ほど気になるかもしれない。

次の