引き続き 何卒 よろしく お願い いたし ます。 「何卒よろしくお願いいたします」の意味や使い方、返信、「申し上げます」との違い

間違う人も多い「何卒」の正しい意味・使い方・例文

引き続き 何卒 よろしく お願い いたし ます

「何卒」の意味とは? 「何卒」の読み方は「なにそつ」ではなく「なにとぞ」 「何卒」は「なにとぞ」と読みます。 「なにそつ」と読まないように注意してください。 特に書き言葉ではなく話し言葉として使用する場合は、間違えることで敬意を示す相手へ失礼となってしまうため気をつけましょう。 「何卒」の意味は「どうか」「どうぞ」 「何卒」は強調を意味する「どうか」や、心から願う様子を表す「どうぞ」という意味で使われます。 「何卒」は目上の相手に適した表現であると言えるため、お願い事をするシーンでは「どうぞよろしくお願い致します」よりも「何卒」を使って「何卒よろしくお願い致します」とするほうが、丁寧で相手を敬った言い回しとなります。 「何卒」の使い方とは? 「何卒」はメール・手紙の書き言葉に使う 「何卒」という言葉は主にメールや手紙などの書き言葉として使われます。 メールの文末に結び言葉として「何卒よろしくお願い致します」と使うことで、文章がまとまるだけでなく相手へ丁寧な印象を与えることができます。 もちろん話し言葉としても使用されますが、相手や状況に構わず使ってしまうと堅苦しくなるため注意してください。 「以上、何卒」はメールの結びの挨拶 一般的なメールの結びの挨拶である「よろしくお願いします」をより丁寧に表現したのが「以上、何卒よろしくお願い致します」です。 何卒を使うことにより、最後まで相手に気遣っていることを表します。 「何卒ご容赦」は許しを請う際に使われる 目上の相手に許しを請う際や非礼を詫びる際に「何卒」を使った「何卒ご容赦くださいますようお願い致します」という文章があります。 「ご容赦ください」とは目上の相手に許しを請う際に使われる言葉で、「何卒」を付けることで強く許しを請う様子を表現できます。 「何卒ご理解」で強く理解を求める 「何卒」を使った言い回しの1つが「何卒ご理解~」です。 相手に強く理解を求める際に「何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます」と使うことができます。 例文の場合「何卒」は「どうぞ」ではなく強調を表す「どうか」として使われているため、「どうか理解してください」という意味の文章となります。 「何卒」の使いすぎに注意 強調する際や心から願う様子を表現する際に便利な「何卒」という言葉ですが、使いすぎには注意が必要です。 1つの文書に何度も「何卒」を使うと、重く堅苦しい文書になるだけでなく本来強調したい部分が薄れてしまう可能性もあります。 「何卒」の多用は避けて、強調したい部分や文末の締めの挨拶として使うようにしてください。 「何卒」をメールで使った文例 「何卒よろしくお願いいたします」を使った文例 メールの締めの挨拶として良く使われるのが「何卒よろしくお願い致します」という言葉です。 例えば、忙しい相手にメールの催促をする際にはこのように使います。 「お忙しいとは存じますが、ご連絡いただきますよう何卒よろしくお願い致します」 「何卒よろしくお願い申し上げます」を使った文例 「よろしくお願いします」「よろしくお願いいたします」よりも、さらに丁寧な表現にしたい場合は「何卒よろしくお願い申し上げます」を使います。 「申し上げる」とは、「言う」の謙譲語+丁寧語「ます」で成り立っている尊敬語で、目上の方や取引先、顧客への敬意が深く伝わる表現です。 例えば、休業することで相手に迷惑をかけることに対し許しを請う際は、以下のようになります。 皆様にはご迷惑をお掛けすることとなりますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます」 「何卒」の類語は? 「何卒」の類語は「ぜひ(是非)」 「ぜひ」や「ぜひとも」は「何卒」の類語です。 物事のよしあしを判断する際に「物事の是非を問う」と使われる「ぜひ」という言葉ですが、後に続く言葉を強調する際にも使われます。 漢字と平仮名の表記の違いについて明確な決まりはありませんが、強調をする際に使われるのが平仮名表記の「ぜひ」であり、物のよしあしとして使う際は漢字表記の「是非」が多く使われています。 例えば「どうぞよろしくお願いします」という言葉を、目上の相手に伝える際は「何卒よろしくお願い致します」の他にも「ぜひとも、よろしくお願い致します」と類語を使って言い換えることができます。 上記の例文では強調の意味として使われているため、平仮名で「ぜひ」と表記するほうがいいでしょう。 親しい相手には「どうぞ」「どうか」の言い換えも可 親しい目上の相手やかしこまった場面以外で「何卒」を使うと、過剰な敬語表現で堅苦しいと捉えられる可能性があるため、「どうぞ」や「どうか」と言い換えることも必要です。 状況によって使い分けてください。 まとめ 「何卒」とは「どうぞ」や「どうか」という意味があり、強調や心から願う様子を表す際に使われます。 締めの挨拶として使うことでまとまりのある文書になるだけでなく、相手に丁寧な印象を与えます。 ただし、使いすぎると仰々しく堅苦しく捉えられる場合があるため、使う際は相手や状況によって判断してください。

次の

「よろしくお願いします」だけじゃない!社外メールでの最後の結び言葉フレーズ集

引き続き 何卒 よろしく お願い いたし ます

Contents• 何卒宜しくお願いしますの英語表現 「何卒宜しくお願いします」は、実は 日本語に独特の表現です。 そのため、 正確にそのままの意味を持つ言葉は実はありません!! そのため英語にするときは、単に直訳するのではなく 「このシチュエーションではどんな表現が適切だろう?」 ということを常に考えながら、 「何卒宜しくお願いします」 に相当する表現に置き換えて行く必要があります。 たとえば、新入社員が新しい部署に配属された場合を考えましょう。 おそらく新入社員は短い自己紹介のスピーチをして 「何卒宜しくお願いします」でそのスピーチを終わるでしょう。 しかしこれが英語だとどうなるでしょうか?新入社員は同じように短いスピーチをした後、 「何卒宜しくお願いします」 ではなく、 Thank you for your continued support. (今後とも引き続きご支援を何卒宜しくお願いします。 ) もちろん、これもそのビジネスメールの内容によりますが。 そしてもちろん• Sincerely,(敬具)• Best regards, (敬具) といった部分に「何卒宜しくお願いします」という意味を含めることも可能です。 まとめ 今回は、 何卒宜しくお願いしますの英語表現を見ていきました。 そのため日本語の「何卒宜しくお願いします」あるいは「宜しくお願いします」を英語に訳すためには、• 日本語で使っているシチュエーションをまず考えて• 英語ならその場面でどのような言葉を使って表現するか という二段階のステップを踏んで意訳する必要があります。 よく「日本語脳」「英語脳」という言葉を聞くことがありますが、もし可能なら 、最初から英語で考えてしゃべるように(あるいは書くように)努力したほうが、このケースでは良いと言えますね!.

次の

「引き続きよろしくお願いします」の使い方と例文!目上の方に使って大丈夫?

引き続き 何卒 よろしく お願い いたし ます

例えば取引先の人へメールで連絡する場合を考えて見ましょう。 「この度は誠にありがとうございました」と結ぶこともできますが、通常は結びに、「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」、という言葉をつけ足します。 これは今後の関係性を示唆するもので、継続的に取引をお願いするための表現です。 次の取引へスムーズに繋がる表現として相応しいのです。 トラブル処理時の返信は省略しても良い 一回限りの取引の場においては、「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」を省略しても構わないでしょう。 例えば何らかのトラブルを処理してもらった場合、今後もトラブルがあると困るものです。 そのため結びの言葉としては「この度は誠にありがとうございました」という使い方が妥当と言えます。 もちろん「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」の言葉でも良いのですが適切な使い方にしましょう。 上司へは「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」より相応しい言葉がある 上司に対するメールにおいて「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」は良い結びですが、もっと相応しい表現もあります。 例えば「今後もご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します」という表現があります。 こちらの言葉の方が被指導者の立場を明確にする事ができるため良いかもしれません。 特に上下関係を重視する上司には後者の言葉が相応しいでしょう。 「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」は基本的にどこでも使える定型文 言葉として「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方が不適当な場面と言うのは余りありません。 より相応しい言葉はありますが、ほとんどの場合この表現を使っても構わないのです。 万能な結びの定型文ですので、上司から取引先まで様々な場面用いられる使い方といえます。 ビジネス文書における覚えておきたい言葉の一つです。 不適切な「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方もある 今まではより相応しい言葉について見てきましたが、使い方が相応しくない場面というのもあります。 例えば身内に対して「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」の言葉の使い方は適切ではありません。 こういったメールを受け取った身内は距離を感じてしまうでしょう。 この言葉の使い方は親しい人に対しては、向いていない表現と言えます。 親しい人にはビジネス文書自体の使い方が相応しくない 親しい人に「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方はしないのですが、これは何もこの文章だけに限ったことではありません。 ビジネス文書言葉全体を、親しい人には使わない方が良いのです。 例えば身内に「暖春の砌いかがお過ごしでございましょうか。 皆様方に置かれましてはますますご隆盛のことと存じ上げます」というビジネス的な使い方をすると冗談と捉えられるか、気味が悪いと思われる人も中にはいるでしょう。 「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」の言葉はビジネスの場面での使い方 「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」という結び言葉の使い方について見てきました。 この言葉は特に取引先の相手に相応しいもので「今後も継続して関係性を保ちたい」という意思を示しています。 上司や同僚、部下、取引先など、どの場面にも使える万能な表現です。 ですが親しい間柄に対しての使い方としては「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」は、相応しくありません。 身内に対しては使わないようにしましょう。

次の