ローソン フランス パン。 ローソン あんことバターのフランスパンの実食レビュー!うまいけど小さい・・・

濃厚ミルククリームにはまる! ローソンマチノパン『ミルクとバターのフランスパン』

ローソン フランス パン

ローソンは2月18日から順次、2019年3月に発売を開始したベーカリー新シリーズ「マチノパン」の新商品12品を、全国のローソン店舗 「ローソンストア100」除く で販売する。 ミルクとバターのフランスパン 税込150円 「マチノパン」は、"脱・コンビニ袋パン"として素材や製法にこだわり、食感と具材の美味しさを追求したベーカリーシリーズ。 2月18日には、「ミルクとバターのフランスパン」「あんことバターのフランスパン」「ふわふわやわらかミニブレッド」を発売。 「ミルクとバターのフランスパン」 150円 は、フランスパン生地に、ブルターニュ産バター・練乳・アーモンドリキュールなどを入れたミルククリームをサンドした。 「あんことバターのフランスパン」 150円 は、フランスパン生地に、小豆の食感と風味を活かしたあんと、コクがありながらもすっきりとした味わいのバターをはさんだパン。 「ミルクとバターのフランスパン」「あんことバターのフランスパン」とも、フランス産小麦の小麦粉を使用。 女性にも食べやすいように、フランスパンらしい噛 か みごたえの生地を、女性でも食べやすいよう細い形状に仕立てている。 新作パンの一部 「ふわふわやわらかミニブレッド」 180円 は、バターや生クリーム、はちみつの自然な甘みが感じられる食パン。 食べきりやすいミニサイズとなっている。 ふんわりとやわらかなしっとり・しなやかな舌触りが特長とのこと。 沖縄県での発売はなし。 2月25日には、塩気のあるデニッシュ生地に、バター・砂糖・練乳などを使用した生キャラメルのような味わいのあんをトッピングした「焦がしバターのクイニーアマン」 150円 、フランスパン生地に、トルコ産乾燥いちじくを練り込み、クリームチーズ入りのクリームをサンドした「いちじくとクリームチーズ」 150円 を発売する。 3月3日には、「フランスチョコのチョコフランス」「ラムレーズンのフレンチトースト2個入」「発酵クリームのデニッシュ」を発売。 「フランスチョコのチョコフランス」 150円 は、チョコ味のパン生地に濃厚なフランス産チョコレートを練り込んだ。 「ラムレーズンのフレンチトースト2個入」 165円 は、フランスパン生地に、ラム酒に漬けたレーズンを練り込み焼き上げている。 「発酵クリームのデニッシュ」 150円 は、バター風味のデニッシュ生地に、サワークリームやマスカルポーネが入った発酵乳入りクリームをトッピングした。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

ローソンから春の新作パン12商品が続々登場!

ローソン フランス パン

このページの目次• ガーリックバターフランスパンの詳細 まず最初に、ガーリックバターフランスパンのカロリーや消費期限などについてまとめておきますね。 E)、カロテノイド色素、酵素、(一部に乳成分、卵、小麦、大豆を含む) 消費期限 約2日(商品購入が9月18日の午前12時頃で消費期限が9月20日) 保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存する 製造者 山崎製パン(株) 東京都千代田区岩本町3-10-1 TEL:0120-811-114 栄養成分表示 熱量 310kcal たんぱく質 5. 5g 脂質 19. 9g 炭水化物 27. 2g 食塩相当量 1. 1g 開封と食べてみた感想 こちらが今回紹介していくガーリックバターフランスパンです。 袋の裏側には、原材料名、保存方法、カロリーなどの詳細が載っていました。 すぐに食べる場合は、ギザギザの部分を縦に引いて袋を開封していきましょう。 後はトースターで1200wで1分程度温めるだけですね。 菓子パンにしてはカロリーが特別高いものではないので、そういった意味では比較的気軽に食べれると思いますよ。 ということで実際に食べてみました。 今回はトースターで温めてから食べた訳ですが、やはりこれは温めずに食べたらあまり美味しくないと思います。 オーブントースターが家にない。 という人は無理して買う必要はないかと。 コンビニにもトースターは置いていないでしょうしね。 また、ガーリックの香りや風味がとても強いため、外で食べるパンにはおすすめできませんね。 特にお仕事の休憩中に食べたりしたら、ガーリック臭くなって周りの人を不快な気持ちにさせてしまうかもしれませんし。 これだけ強いと歯を磨いてもお洋服などにも染み付きそうなので食べるタイミングはよく考えた方が良そうです。 ものとしては、普通に美味しく食べやすいものでしたので、家にトースターがあり、すぐに人と会う予定がない人にはおすすめです。

次の

ローソン「マチノパン」3品発売、ミルクとバターのフランスパン、あんことバターのフランスパン、ふわふわやわらかミニブレッド(食品産業新聞社ニュースWEB)

ローソン フランス パン

コンビニブロガーのハルチカ )が、毎日コンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ! 今回は、ローソンの『 マチノパン ミルクとバターのフランスパン』を食べてみることに。 価格は150円 税込。 フランス産小麦の小麦粉が入った香りのよいパン生地に、練乳やバターを配合した濃厚なミルククリームをサンドしたとのこと。 パクッと食べやすいように、細長い形状になっている。 (1食あたり315kcal) さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。 実食レビューについて: 個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み 、すべての方に当てはまる内容ではありません。 あくまでも 筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。 ローソンの『マチノパン ミルクとバターのフランスパン』を食べてみた ミルククリームをサンドした、ながぁ~いフランスパン。 長さは約24cmほどで、大きめなお皿でも少しハミ出ちゃうサイズ。 生地の端から端まで、ミルククリームがぎっしり。 香ばしい小麦とミルクの爽やかな香りがふわっと漂う。 パリッと生地の表面が揚げたような油脂感と香ばしさ。 フランスパンにしてはソフトな硬さだけど、しっかりした歯ごたえで、小麦風味がとっても優しい。 中身はクリームたっぷりで、生地のほのかな塩気が、ミルククリームの甘さを惹き立てる。 きめ細かく、ふわっと泡立てたホイップのような柔らかさがあり、舌の上でとろ~っととろける舌触り。 ほんのりとした練乳の甘味で、スッキリとしたコクのあるミルク感たっぷりな風味。 バタークリームっぽい濃厚さがありながら、乳清感があるあっさりとした後味になっている。 歯ごたえがあって、中身はもっちりとしたフランスパンと、なめらかな口当たりのミルククリームは相性が抜群。 ボリュームがあるフランスパンだけど、甘すぎないのでペロッと食べれちゃう。 ガブッとかぶりつけば、フランスパンの小麦風味と心地いい嚙みごたえを感じ、むにゅっと乳清感たっぷりなミルククリームが口の中へ勢いよく飛び出してくる。 そんな甘美で幸せな味わいを楽しめるフランスパンってとこやね。

次の