ブラントン ゴールド。 ブラントンの味や種類。美味しい飲み方もご紹介

拘り厳選のバーボン3つをご紹介!バーボンを題材にした歌やジムビームの美味しい召し上がり方にも迫っていきます

ブラントン ゴールド

ブラントン・ゴールドは、ブラントン原酒の中から最高のクオリティの物に絞られています。 崇高な香りが堪能できるみたいで、気高く偉大なバーボンもお酒通に多大な感動を与えているかもしれません。 深い味わいもブラントン・ゴールドの特色であり、右に出る物が無い程の高い品質を誇っているんだとか。 その証拠に750mlに対して16,000円と高価なので、値段の高さが高品質なバーボンであることをこれでもかという程に見せつけているかのようです。 アルコール度数も51. 5%と高く、贅沢な飲み口に高いアルコール度数がお酒に強い方も満足させている気がします。 もう一つのブラントン・ブラックは、口当たりをマイルドにしており、ブラントン特有の切れ味抜群な味わいが備わっているみたいです。 お値段は5,000円と他のブラントンと比べて安くて、容量は同じく750ml。 コスパの良さが目を引きますが、中途半端なバーボンではないのか? と気にされている方もご心配なく。 深みもあるので、値段以上に美味しいお酒だと感じていただけるかもしれません。 アルコール度数は40%とやや控えめですが、その位ならばストレートでも十分にいけるとかえって人気があったりするのでしょう。 バーボンへの拘りが強い方は、ブッカーズにも手を出すおつもりではありませんか? 深い熟成感があり、フルーティーな飲み口が味わえます。 それでいてほろ苦さも備わっており、フルーツ特有の甘さと若干の苦みがバランス良く絡み合っていることをイメージさせますね。 バニラやキャラメルの香りがするので、一風変わったバーボンを嗜みたい方のおすすめ品です。 斬新な飲み口がお気に入りのバーボンになる場合もあるでしょうし、固定観念を打ち破る味わいがそのお酒の成せる業だと言っても過言ではないでしょう。 リッチな余韻が長く続くらしく、高級感溢れる余韻のバーボンが好きでたまらない方を優越感に浸らせてそう…。 忙しい日常の中で、せめてお酒を飲んでいるとき位贅沢な余韻に身を委ねたくなりますよね。 6年から8年掛けて熟成した樽から立派に熟成された原酒を選び抜き、モルト原酒同士を混和させています。 徹底したブッカーズの作り方により、バーボンの魅力を日本中に広めることにつながっているのではないでしょうか。 バーボンには色んな由来があって、アメリカのケンタッキー州で数多く製造されているウイスキーの1つです。 ウイスキーも蒸留酒の仲間なので、バーボンとの関連があるのが頷けます。 アメリカの郡の名称にもバーボンが充てがわれていて、カンザス州やケンタッキー州でバーボン郡と呼ばれているそうです。 こうしたことから意外と身近な言葉なのが理解できて、お酒だけがバーボンの専売特許ではないことを意味しています。 刑事ドラマのとある刑事の愛称にもバーボンが使われている位なので、本名以外の別の呼び方をしたいときの利用価値の高さも兼ね備えた言葉でもあるわけです。 少なくとも知名度が高いお酒なのは間違いないですし、流行語大賞に選ばれても可笑しくないのでは? と個人的に感じました。 2014年にバーボン・ダブルで…という歌がリリースされた影響で、そのお酒をダブルで注文するようになった方が急増したのではないでしょうか。 記憶に新しい歌なので、バーボンを片手にその歌を聴いている方が少なくなさそうですね。 辛い記憶を追い払うかのようにして、一人でバーボンを啜ることもお酒を嗜む者としての贅沢な時間の過ごし方だとされている気がします。 人は誰しも嫌なことを抱えながら生きていると言っても大げさではないですし、バーボン・ダブルで…が良いお酒の肴になっているかもしれません。 そのお酒と歌に拠り所を求めている方へのベストマッチが、心の隙間を埋める良き材料になっているでしょう。 ダブルは一杯約60mlであり、シングルの30mlでは満足できない方の切実な想いもバーボン・ダブルで…の歌詞に込められてそうです。 歌詞の最後に酔い潰れるまでバーボンをダブルで注文するのが印象的です。 極端な話、浴びるようにそのお酒をダブルで飲むことで、完璧な現実逃避ができると信じて疑っていないかも。 せめてこの一時だけでも俺の心を救ってくれ…と懇願しているバーボン通が日本の至る所に存在していても不思議ではないでしょう。 アルコール度数が高いバーボンは69度もあるので、ストレートで飲むのは控えるのが常識になっているかもしれません。 しかしストレートで飲むのがおすすめとのことで、意外な事実に驚きを禁じ得なかったお酒好きが数知れないでしょう。 バーボンは癖が強いため、チェイサーを付けるのが良いようです。 チェイサーとは口直しに飲む水のことでして、炭酸水や軽い酒も含まれています。 水や炭酸水ならばまだしも、強いお酒の後にアルコール度数が低いお酒がチェイサーに選ばれるのは予想外。 お酒であることに変わりはなくても、バーボンと比べたらスイスイ飲める分アルコールに慣れ易いメリットがあるからかもしれません。 どちらにしろ、チェイサーが楽しいお酒の嗜みに活用されているのは明白であり、バーボン通が長時間の飲酒を楽しむためによく利用する対策なのだろうと分析できます。

次の

王道プレミアムなバーボン、ブラントン・ゴールド

ブラントン ゴールド

独特なボトルが特徴的なウイスキー「 ブラントン」をご存知でしょうか?ボトルキャップには馬の彫刻が施されており、高級感さえ漂わせてくれます。 そんなブラントンの中でも、ブラントンゴールドは貯蔵している樽一つひとつの味を確認しながら、熟成のピークに達したもののみが選ばれる、とても厳しく作られたウイスキーです。 そのこだわりは輝かしい受賞歴に反映され、世界中のウイスキーマニアを虜にして止みません。 バーボン ブラントンゴールドとは そもそもバーボンってなに? ブラントンゴールドについて紹介する前、にバーボンとウイスキーの違いについて説明しましょう。 バーボンはアメリカで作られたアメリカンウイスキーの1つ。 様々な種類がある ウイスキーの中の1つのジャンルという認識で問題ないでしょう。 アメリカンウイスキーは世界5大ウイスキーに含まれていて、多くの人に消費され続けています。 アメリカのケンタッキー州バーボン群で生まれたものであるため「バーボン」と言われています。 ちなみにウイスキーで有名なスコットランドでも、大麦麦芽が原料のものをスコッチと別名で呼んでいたりします。 独特の製法 ブラントンは一般的なバーボンのようにさまざまな樽原酒をブレンドするのではなく、 一つの樽からのみボトリングしています。 一つの樽の原酒から、 わずか250本しか製造できない上に、厳しい職人の目を通過した樽だけが熟成されるため大変貴重なウイスキーだと言えるでしょう。 ブラントンゴールドの味と香り いくつかのグレードが分けられているブラントンの商品ラインナップ。 その中でもゴールドは 最高級品なんです。 原酒の中でも、最高のものだけを選別して作られており、その深い味と崇高な香りは何にも代えがたい魅力的な個性となっています。 重厚感のあるフルーティな甘さと卓越したなめらかな味わいに、胡椒のスパイシーさとオーク樽が混ざった複雑な香りが特徴です。 ブラントンゴールドのおすすめの飲み方 ブラントンゴールドの個性をしっかりと堪能したいのであれば、トワイスアップがおすすめです。 トワイスアップは 氷を入れずにウイスキーと同量の水を入れて度数を薄めたもの。 香りを引き立たせる役割を持っているので、ブラントンゴールドのような香り高いウイスキーにおすすめです。 ブラントンの歴史 アメリカ ケンタッキー州で生まれたブラントン 18世紀後半。 アメリカのケンタッキー州バーボン郡はとても自然が豊かで、樽にする木材やウイスキーの原料になる水やトウモロコシが豊富にありました。 ウイスキーの生産に適した地で生まれたのが、トウモロコシを原料としたウイスキー「バーボン」だったのです。 その後、1984年にケンタッキー州のフランクフォート市の市制200年を記念して作られたのがブラントンでした。 名前の由来は、エンシェントエイジ社のディスティラリーに40年間務めたバーボン造りの名人アルバート・ブラントンの名前からとったもの。 さらに、2018年にアメリカの種類コンペティション「 サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション SFWSC 」でも、「ブラントンゴールド」は特別金賞を獲得しているなど、数々の輝かしい実績をもつバーボンなのです。 ボトル・ボトルキャップへのこだわりもすごい! ブラントンと言えば、ユニークな形のボトルとブラントンを象徴するボトルキャップです。 ボトルには蔵出しの日付、ボトル番号、樽番号がなんと 手書きで書かれているんです!つまり、 世界で一つしかないラベル! そのデザインはとってもおしゃれ。 部屋に飾るだけでインテリアとして高級感を演出してくれるでしょう・・。 また、ブラントンのボトルキャップは 、アメリカンダービーをイメージしたようなサラブレットが乗っています。 実はこのボトルキャップは全て同じデザインではなく、 8種類あるんです。 それぞれには文字が刻まれており、8つを繋げると「BLANTONS」つまり「ブラントン」になるんだとか! なんだか、コレクション心をくすぐられるブランドですよね!.

次の

アメリカンウイスキーの最高峰!?「ブラントンゴールド」の魅力に迫る

ブラントン ゴールド

宝酒造 「ブラントンゴールド」「ブラントン」 宝酒造(京都市)が輸入・販売するバーボンウイスキー「ブラントンゴールド」と「ブラントン」がこのほど、国際的な酒類コンテスト「サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション2020」で金賞を受賞した。 同コンテストは米国で開催。 ホテルマンやバーテンダー、レストランのシェフ、流通バイヤー、ジャーナリストなど業界関係者が審査員を務め各賞を決定する米国最大の酒類コンテストだ。 20回目となる今回は世界各国から3000点以上の商品が出品された。 ブラントンゴールドとブラントンの二つの商品は、「シングルバレル・アメリカンウイスキー貯蔵10年以下」の部門で金賞に輝いた。 ブラントンゴールドはアルコール分51・5%。 高い香りと深い味わいが特徴。 参考小売価格は税別1万8500円(750ミリリットル)。 ブラントンはアルコール分46・5%。 豊かな香りと濃密な味わいが楽しめるという。 参考小売価格は税別1万2500円(750ミリリットル)。 宝酒造の親会社、宝ホールディングスは「今回の受賞を励みにブラントンシリーズのさらなるブランド育成に努めていく」としている。

次の