しそ 種まき。 大葉(シソ)の種まき準備 ~種を袋から出してそのまま蒔いてはいけません

プランターでOK、簡単すぎる!しそ(紫蘇・シソ)の育て方・栽培方法

しそ 種まき

大葉(しそ)は育て方が簡単でプランター栽培でもよく育ちます。 欲しい時にいつでも新鮮な大葉(しそ)をつまんで利用できるととにかく重宝します。 香りも採りたてならより一層素晴らしいので、ぜひ数本育てておきたい香味野菜です。 「大葉(おおば)」は青じその若葉の通称です。 しそは赤紫蘇、青紫蘇があり、赤紫蘇の葉は梅干しを漬ける時の色と風味付けに使われたり、薬味の芽紫蘇(めじそ)として利用します。 青じそは大葉、そして花が咲くと花穂、実がなると穂じそとして刺身のつまにしたり、しその実を醤油漬けや佃煮にしたりと利用する部位によって様々な料理に利用されています。 しそは抗酸化作用が高く免疫力を高めることが古くから知られ、漢方でも使われるほど薬効の高い香味野菜です。 しそに含まれる栄養素にはカロテンやカルシウム、カリウム、鉄分が豊富で、貧血やアレルギー、免疫力が低下している時などはぜひ積極的に取りたい野菜です。 プランターや地植えで大株に育てるのもいいですし、水耕栽培でも簡単に育てることができます。 直射日光よりも半日陰から日陰の方が柔らかい葉が収穫できますし、ベランダ菜園での栽培に適しています。 スポンサーリンク 目次• シソ科の植物について 大葉(しそ)はシソ科の植物です。 シソ科の植物には仲間がたくさんあります。 エゴマや東北地方の山菜の王様と言われるイラクサ、西洋ハーブのバジルもシソ科ですし、そのほかオレガノ、マジョラム、ミント、レモンバーム、セージ、タイム、ネトルの他ラベンダーやローズマリーもみんなシソ科の植物です。 ネトルは免疫力アップにとてもよいハーブで、ヨーロッパではハーブティが珍重されますが、このネトルと山菜のイラクサは近縁の植物でその姿、見た目もよく似ています。 ローズマリーやセージ、タイム、オレガノなどは古くから殺菌力があり防腐や消炎・鎮痛、解熱などに用いられてきました。 ラベンダーの精油やハーブティーはリラックス効果が広く知られていてとても人気があります。 どれも健康に一役かってくれる素晴らしい植物ばかりですね。 そうそう、おせち料理に使われるチョロギもシソ科の植物です! オレガノ、マジョラム、セージにタイム、ローズマリー。。。 どれもあると肉料理がぐんと引き立つキッチンハーブですのでこちらもまた育て方や収穫の仕方を紹介していこうと思います。 土を使って育てた方がその植物の性質、特徴がよくわかりますので、しそのプランターでの育て方を紹介します。 赤玉6、腐葉土や堆肥4の用土に苦土石灰を混ぜておいたものに元肥として有機質肥料を混ぜ込んたものをプランターや鉢に入れて準備します。 結構大株に育ちますので有機質をしっかり混ぜ込んで土作りをしっかりしておくのがおすすめです。 この適温と言われる温度、気温ではなくて地温なので気を付けて下さい。 昼間暖かくても夜冷え込みやすい春先は土の温度が十分に上がらないと発芽しません。 種から育てる場合は5月になってからプランターの土に種まきするか、室内の暖かい場所でポットに種をまきます。 室内でポットまきにした方が目が届き、こまめに管理できるのでおすすめです。 二つ目のポイントはしその種を一晩水につけておくことで発芽率をあげることができます。 しそは光好性の種子で種まき後、土をかけないか、かけるにしてもごく薄くしか覆土しないので種まき後、乾燥してしまうリスクがあります。 そのため事前にしっかり種に吸水させておくことで発芽を助けます。 三つ目目のポイントは、しその種はとても細かいことです。 スポンサーリンク しその種が土の奥の方に落ちてしまったり、水やりで流れてしまわないようにする必要があります。 そのためしその種まきの準備としてプランターの土の表面を平らなものでそっと押さえて鎮圧、ならしてから先に細目のジョウロで水をたっぷりやって十分に湿らせておきます。 土が平らになって十分に湿った後にしその種まきをします。 65cmのプランターで5〜6箇所、直径3cmくらいの範囲にパラパラと点まきします。 風通しがあまりよくない場所でしたら本数を減らしてその分間隔を取り、密植にならないようにします。 鉢植えの場合は6号鉢で2〜3株ほど育てられます。 種をまいたらそのままか、もしくはごくごく薄く土をパラパラとかけてから再び種が流れないように鎮圧します。 その後は発芽するまで土を乾かさないようにこまめに霧吹きで土の表面を湿らせます。 ジョウロで水をやるとしその種が細かくて流れてしまうので必ず霧吹きを使うようにしましょう。 しその芽が出て根が出るまでは土を乾かさないようにします。 しそは庭先などでこぼれ種でも増えるのですが、自分で種まきする時は注意深く準備して世話をする必要があります。 少しあればいい、という方はポット苗を買って育てるのもおすすめです。 双葉の時はまだ小さいので水やりは霧吹きでやる方がしその根への影響も少なくてオススメです。 本葉が2枚になったらよい株を残して1箇所1本立ちにします。 このくらいの大きさになったらジョウロでそっと水をやっても大丈夫です。 地植えにする場合は高さも1mくらいにはなりますし、摘芯することで株も横に広がりますから地植えの場合は株間を少なくとも50cmくらい取ります。 プランターの場合は土の量が限られることと深さもないので地植えほど大きくはなりません。 ベランダ菜園で育てる場合、環境にもよりますが2〜3本あればかなり楽しめると思います。 しその苗は価格も安いので近所で苗を見つけた時に買ってきて植えても良いでしょう。 小さな黒ビニールポットに植えられたしその苗は4月から5月にかけて出回ります。 自分で育てた苗、あるいは買ってきた苗で必要な株数を用意します。 ポット苗は植え付けの1時間前に前に水をやってそのまま置いておきます。 こうすることで土が締まり、ポットから 苗を抜く時に根鉢が崩れにくくなります。 スポンサーリンク 苗を抜く時は引っ張って苗を折ったり痛めたりしないようにポットを持ち上げ株の根元を指で軽く押さえながらポットをひっくり返して、ポットを上に向けてからそっと外します。 プランターにしその苗を植える位置を決め、移植ゴテで植え穴を掘ってそこに根鉢を崩さないようにしその苗をそっと置き、周囲の土をかぶせて埋め戻します。 軽く土を抑えて根鉢と活着させるようにしたら、ジョウロでたっぷり水やりします。 植え付けの時に葉に土がついて汚れてしまっていたら、病気の原因になったりすることもあるので葉の表裏によく水をかけて洗い流してやりましょう。 植え付け後から週1回は水やりの代わりに液肥をやります。 本葉が6枚(3段ほど)になって草丈が25cmくらいになったら頭頂部をカットして摘心します。 こうすることで上へ上へと伸びる力が脇芽の成長に使われるようになり側枝がよく育ちます。 側枝が育ったらまた同じように摘心して、どんどん枝数を増やしていきます。 枝数が増えることで収穫できる大葉の枚数も多くなります。 しその葉が茂り過ぎて過密にならないように、葉が大きく育ったものはどんどん収穫していきましょう。 葉の部分だけを摘み取って、定期的な追肥や水やりをしていると、再びまた新しい葉が育って収穫できます。 枝が混み合ってきたら、しその枝の間引き剪定をしてもよいでしょう。 特に何本か育てている場合、株と株の間の風通しが悪くなりがちなので、しっかり風通しを確保します。 葉を収穫するときは、下の方の大きく育ったものから収穫していきます。 そうすることで株元の風通しもよくなります。 大きな葉は栄養を吸収しますので、収穫することで新しい葉に栄養がまわって、新葉の成長を促すことにもつながります。 形の悪い葉や傷んだ葉はどんどん摘み取って風通しをよくして、栄養を新しく育ってくる葉に行きわたるようにします。 収穫、摘心したら追肥をパラパラとプランターの土の表面にまいて、たっぷり水をやっておきます。 子孫を残すために栄養が使われ、実がなるとやがて枯れていきます。 ですからできる限り花が咲く時期は遅らせたいです。 摘心を繰り返すことで花芽ができにくくなりますが、それでも夏になるとやはり花芽ができてきます。 花穂は穂紫蘇として利用できますが、葉を収穫したい場合は花芽はなるべくすぐに摘み取りましょう。 花穂やしその実を取りたい場合は摘心を繰り返し枝数が十分に増得てから最後に花穂を摘み取らずそのまま育て、花が咲き始めたところで花穂を収穫します。 しその実を収穫したい場合は、花が咲き終わって実がなるまで待ってから実を穂じその状態のまま収穫します。 あとでまとめて実をしごくようにして軸から外してしその実として使います。 ベランダは軒下で乾燥しがちなので、水切れに注意します。 水もちをよくする方法としては 1. 水切れしないように大きめの鉢で育てる 2.プランターや鉢に鉢皿をしいて常に1cmほど水を張っておく(底面給水) という方法があります。 おすすめは2の底面給水ができる状態にしておく育て方です。 しその葉は薄いのでしおれたりすると品質が落ちやすいので、なるべくしおれないようにいつでも十分な水分を吸い上げられるようにしておくと、枯れる心配もありませんし、質の良い柔らかい綺麗な葉が収穫できます。 十分な水分を安定して吸い上げることができることで、プランターで土の量が少ないデメリットもカバーしてくれます。 ただし水を張りすぎると、根が呼吸できなくなりますので水を張る深さは1cmくらいまでに留めます。 時々液肥を入れてやるとなおよいです。 スポンサーリンク 大葉に芽じそ、花穂、穂じそ、しその実 しそは利用部位によって様々な利用法があります。 大葉は青じその若葉です。 そのままの葉を天ぷらや、刻んでサラダや漬物、料理の風味づけ、刺身のいろどり、つまとして利用します。 芽じそは赤しそが料理の彩りに使われます。 花穂は花芽の花が咲き始めたところ、穂じそは花が実になり始めたところです。 どちらも料理の飾りや刺身のつま、料理の香りづけに利用します。 しその実は穂じその実が完熟したものです。 漬物や佃煮などに利用します。 芽じそだけはスプラウト用の種をまく必要があり、水耕栽培の方が向いています。

次の

赤紫蘇の種まきと育て方は?ジュースの作り方も

しそ 種まき

スポンサーリンク 赤紫蘇の種まきのやり方 1、まず、土を用意します。 私は、JAで注文した土をブレンドしますが、ホームセンターで売っている 野菜栽培用のブレンドされている土でもいいと思います。 2、園芸培土3に対して、みのり堆肥を1の割合でよく混ぜます。 3、土をセルトレーに詰めます。 4、全体にジョロで水を撒きます。 5、1つ1つのマスの中央に少し穴を開け、種を3粒ほどずつまいていきます。 種がとても細かいので、注意してまいてください。 紫蘇は明るくないと芽が出ないので、土は少しだけ掛けてください。 6、3月は寒いので、防寒のため、ビニールのトンネルをかけます。 7、氷点下になる夜は、シートで防寒します。 スポンサーリンク 赤紫蘇の育て方 3月から4月の霜が来なくなるまで、夜は防寒に気をつけてシートを掛け、朝になったらシートを外し日に当てるということを繰り返します。 しその育ち方はゆっくりなので、10日から20日ほどかけて芽が出てきます。 本葉が4枚くらいになったら、マルチを敷いて植え付けます。 畝の作り方は、こちらを参考にしてください。 マルチの張り方はこちら 植えてからは、1週間に1度ずつ肥料をあげます。 ハーブなので1000倍くらいの液肥をかけてあげるか、マルチとマルチの間に粒の肥料をあげてもいいです。 水はたっぷりあげてください。 紫蘇はそれほど虫もつかないし、病気にもなりにくいので、農薬は極力使いません。 たまに、青虫がつくこともありますが、それほどの被害でなければほっておいて大丈夫です。 6月末頃、収穫です。 赤紫蘇ジュースの作り方 私は酸っぱいのは大好きなので、クエン酸で赤紫蘇ジュースを作りますが、クエン酸の代わりに酢を入れると少しまろやかに仕上がります。 葉と茎は、ここまで丁寧に分けなくて大丈夫です。 葉もちぎるまでしなくていいです。 この分量で、赤紫蘇ジュースの濃縮液ができます。 これを、5倍くらいに水か炭酸で割って飲んでください。 赤紫蘇500gという事は、家の赤紫蘇だと10本くらいあればできると思います。 (赤紫蘇の種は小さくて袋にたくさん入っているので、作りすぎないように気をつけてくださいね。 でも、種の寿命も1年から2年と短いので、残しておくのもリスクかもしれません。 たくさん育ったら、ご近所におすそ分けもいかもしれませんね。 ) 私は、この4倍の量を大鍋で作り、10リットル出来るのでペットボトル数本に詰め、1本は冷蔵庫に後の数本は冷凍庫に入れて保存します。 冷蔵庫のジュースがなくなったら、冷凍庫から1本ずつ冷蔵庫に移します。 溶けるのも、それほどかからないのでオススメです。 まとめ 赤紫蘇には、血液サラサラ効果や疲労回復、風邪予防、アレルギー予防や、美肌効果など様々な効果があります。 クエン酸や酢で疲労回復効果も強まって、夏の暑い時期に取り入れるのは理にかなっています。 じめじめと憂鬱な梅雨の時期や、寝苦しい夏の時期、美味しく赤紫蘇ジュースを飲んで乗り切りましょう。

次の

シソ 青ちりめんそ 栽培方法

しそ 種まき

栽培の特徴 種類 科目 適正土壌pH 連作障害 栽培難易度 アカジソ シソ科 6. 0~6. 科名属名:シソ科シソ類• 原産地:ヒマラヤ地方、アジア (中国、日本、ベトナム北部、韓国 ビルマなど)• 草丈樹高:70cm~80cm• 日照条件:日なた 半日陰• 耐寒性:弱い(霜にあたると枯れる)• 耐暑性:やや弱い• 耐陰性:やや強い• 水やり:乾いたらたっぷり水やり(乾燥に弱い)• 種まき期:4月~6月初旬• 収穫期 6月初旬ごろから10月• 種播きから収穫までの期間 60日以上 豆知識 シソの原産地はヒマラヤ山脈、中国南部地方で、昔からアジアの各地で栽培され、日本には中国から伝わったとされています。 日本では古くは「イヌエ」と呼ばれていました。 イヌは似て非なるものの意味で、エとはエゴマのことを指し、エゴマに似ているがエゴマとは異なる植物という意味で呼ばれたものと考えられています。 葉の色によって赤ジソ・青ジソに大別され、葉のしわが多いものはチリメンジソと呼ばれています。 赤しそはシソニン等いい色素によって赤色に染まっています。 シソニンは酸と反応することで鮮やかな赤色になります。 アカジソのこもシソニンの特徴は、梅干しなどを赤く染めるのに用いられています。 また香り成分には、静物が腐ったり、最近の繁殖を防止する効果があります。 一般的にシソは、繁殖力が強く一度種をまいておくと、翌年もこぼれ種で増えるので、プランター栽培などでも、毎年、新しい株を楽しむことができます。 連作障害も気にせずに、同じプランターで何年も育ってくれる便利な野菜です。 シソは繁殖力が強くて毎年目を出してくれるのですが、唯一残念なのは、虫が付きやすいとゆうことです。 シソの葉そのものが大切な食用部分ですので、その葉に虫食いなどがあると食欲も低下してしまします。 きれいで、おいしく大きなシソの葉を収穫するには、結構大変な管理が必要になります。 シソの種類 青紫蘇 葉が緑色をしたシソの品種の総称を青紫蘇と呼びます。 赤しそ 全体に紫色をしたシソ。 「紫蘇」という漢字からもわかるように、本来の種は赤じそで、青じそはその変種になるそうです。 芽紫蘇(めじそ) 紫蘇の苗は成長段階に応じて、芽、葉、花、実まで、すべてが利用されます。 刺身のつまなどに用いられる芽紫蘇(めじそ)はシソの若い芽を収穫したものです。 花穂紫蘇(はなほじそ) 花が3割程度咲きかけたときに収穫したシソの穂です。 こちらも刺身のつまなどに使われます。 穂紫蘇(ほじそ) 花が落ちた後、シソについた実がまだ。 未熟なうちに穂先を収穫したものです。 てんぷらにしたり、刺身のつまとして添えられいます。 紫蘇の実 花が成熟して実になったものです。 よく塩漬けや佃煮に加工されたりしています。 栽培のコツ 栽培期間や適正気温 紫蘇の栽培期間は 150日前後です。 連作障害 連作障害はありません。 栽培スケジュール 紫蘇の栽培日程の目安 畑の準備 土つくり• 種まきの2週間ぐらい前に畑に苦度石灰をまき土壌を中和し、よく耕します。 適正土壌pHは6. 0~6. 5です。 さらに7日から10日前までに、元肥を施し深く耕します。 元肥の目安は 1㎡あたり約2kgの完熟たい肥です。 同時に 化成肥料を施肥(1平米あたり150g程度)しておくといいでしょう。 紫蘇は湿った土を好みます。 乾燥には注意してください。 畑の石や木片など根の障害になるようなものは取り除いておきましょう。 畝立て• 幅60cm高さ10cmほどの畝を立てマルチを張ります。 マルチを張ることで土の跳ね返りによる病気を防ぎ、土を保温し生育を促進んしてくれます。 マルチはなくても大丈夫です。 土寄せや、追肥の時はマルチがないほうが便利ですが、雑草が生えやすかったり、地温が上がったりで生育にはマルチがあったほうがいい場合が多いようです。 栽培管理 種播き・植え付けと株間 種まきはポットなどに5から6粒ほど播き、 軽く土をかぶせておきます。 紫蘇は、十分気温が上昇していないと発芽しません。 また、 好光性種子のため、 光がなければ発芽しません。 土を軽くかけるぐらいにして日の当たるところにおいて発芽させるのが大切です。 また、発芽まで、 水分を切らさないように注意してください。 通常発芽までに 10日から15日ほどかかります。 ポット苗の間引きは、 本葉が2枚ぐらいの時までに2本立ちにします。 (本葉2枚くらいの頃の 間引き苗は、 芽紫蘇として収穫できます) 植え付けは5月ごろ暖かくなってから、 条間45cm、株間 15cmから 30cmです。 追肥と土寄せ 背丈が15cm~20cmに成長したころから追肥します。 1回目の追肥と土寄せ 一回目の追肥は、背丈15~20cmになったころ行います。 一回の追肥量は、1平米当たり化成肥料で50gから60gぐらいを目安に株株元に与え。 追肥したら株元に軽く土寄せしておきます。 2回目以降の追肥と土寄せ 1回目の追肥から約2週おきに追肥します。 窒素系の肥料が多くなりすぎると、アブラ虫が付きやすくなるので、肥料の与えすぎには注意してください。 化成肥料が多き有機肥料の少ない土では、香りや品質が落ちてしまします。 摘芯 背丈が30㎝を超えたぐらいのころ。 主枝の先端を摘心します。 ちょうど3~5節目くらいの葉が2つに分かれている上のあたりではさみを入れます。 主枝の摘芯で脇芽が伸びだし、葉の数が増えていきます。 収穫 葉の収穫 本葉10枚程度になったころ、下の葉から収穫していきます。 芽紫蘇の収穫(めじそ) 種まきから発芽して、本葉2枚くらいの時に間引いたこども苗を収穫します。 花穂紫蘇(はなほじそ) 紫蘇は短日植物です。 9月ごろにトウ立ちし、開花します。 花穂紫蘇の収穫は開花30%九代のころに行います。 紫蘇の実(しそのみ) 種は、シソの実として収穫することができます。 シソの実は、醤油漬けにしておいしく召し上がれます。 コンパニオンプランツ 〇 混植に適している植物 good 野菜類• 赤紫蘇と青紫蘇の混植(互いに生育を助け合う)ただし種を取るときは、交配してしまうのでダメ• トマト(互いに生育エお助け合う 双方の味がよくなる)• ピーマン(互いに成長を助ける)• ナス(害虫を減らす効果がある).

次の