進研ゼミ チャレンジタッチ 変更。 チャレンジはタブレットと紙、どっちがいいの?実際に使ってみた感想

【体験談】結局チャレンジタッチ?進研ゼミの学習スタイル比較

進研ゼミ チャレンジタッチ 変更

写真が暗くて申し訳ない… 1つのテーマにつき、左から順に基礎・応用・発展の3つがあります。 チャレンジタッチでは1ヶ月のうちに、全教科の基礎を終わらせるよう指導しています。 画面を開きさえすれば「やったこと」になるので、 たとえ基礎が全問不正解でも「やったこと」になり、チャレンジタッチの目標はクリア。 時々開催される、プレゼントと交換できるポイントが2倍になるキャンペーンなどもこれでOKになります。 応用・発展はやってもやらなくても…の扱い。 今年からの教室の画面はこちら 今年からは 「メインレッスン」と 「実力アップレッスン」に分かれています。 実力アップレッスンは、演習と発展があるので、今までの応用・発展を受け継いだ問題作りがされているのでしょう。 今年からの違いは?• メインレッスンは間違えた問題を解き直して全問正解するまで、終わらない• 学習結果に合わせた「キミ専用まとめ問題」の登場• 実力アップレッスンのレベル設定が可能に でもこの実力アップレッスンのレベル設定って、なんなの? 2018年から新設! 実力アップレッスンとは? チャレンジタッチと比較されることが多い スマイルゼミでは、講座のレベルを「標準」と「発展」から選ぶことができます。 教科書レベルをしっかり理解したい場合は標準、応用力をつけたい場合は標準に歯ごたえのある専用の問題をプラスした発展を選べばOK。 ですが、チャレンジタッチにはこうした難易度はなく、全員同じ問題が配信され、教科書レベルでよければ基礎のみ、応用力をつけたいなら応用、発展の問題までやる、というように必要に応じて講座の問題を取捨選択する仕組みでした。 本人のやる気次第っていうか… しかし今年度からは「実力アップレッスン」とやらが創設。 しかもレベルを選べる、と? どうやら実力アップレッスンとは、従来の「応用」「発展」に相当する部分のようです。 で、レベルを設定しなかったほうの問題も「学習いちらんから選ぶ」から入ることができるのですが…。 保護者のページから実力アップレッスンのレベルを設定できますが、一方で「選択しなかったコースのレッスンにも「教室」の「学習いちらんから選ぶ」から取り組むことができます」 ここがスマイルゼミとの違いですね。 スマイルゼミの標準コースの子は、発展コースの問題には取り組めません。 一方の進研ゼミは、チャレンジタッチがおすすめする問題の難易度を設定できますよ、という機能が追加されたわけです。 しかも選んでいない方も解くことができる。 お得ですね! それはともかくとして、そもそも実力アップレッスンのレベルを選んだら何がどうなるのよ? わからかったので、進研ゼミに問い合わせてみました。

次の

【公式】進研ゼミ中学講座 中学生の通信教育|ベネッセコーポレーション

進研ゼミ チャレンジタッチ 変更

我が家の娘たちは進研ゼミをやっています。 春から小4になる長女は4月号からチャレンジを紙からタブレット チャレンジタッチ に変更しました。 それを聞いた春から小1になる次女は、5月からチャレンジを紙からタブレット チャレンジタッチ に変更。 チャレンジを紙からタブレット への変更の方法や価格についてまとめてみたいと思います!• 紙からタブレットへの変更手続き方法 ネットで紙からタブレットへの変更手続きできるのかな?と思ったのですが、私の場合なぜかできなくて… 一応ホームページでは『WEB・お問い合わせ窓口で変更可能』と書かれています。 時期やその他のことが関係しているのでしょうか?私はうまくできなかったので、進研ゼミのお問い合わせ窓口へ電話連絡してみました。 長女は2018年2月中旬に電話、次女は2018年3月中旬に連絡。 親切なスタッフさんがしっかりと対応してくれた。 手元に会員番号を用意しておくとスムーズに手続きできます! 長女は2018年2月中旬に電話の場合、すでに3月号の発送準備をしてしまったので4月号からになる!とのことでした。 次女の2018年3月中旬に連絡の場合は、5月号からになるとのこと。 『どうしても次回からがいい!』という場合には、送られてきた紙タイプのテキストやその他もろもろを、そのままベネッセに送り返せば対応してもらえるようです。 その際、送料はこちらが支払うことになります。 私はめんどくさかったので、発送準備してあるのもはそのまま紙で使い、その次の月からタブレットという形にしました。 チャレンジのタブレット代金はいくら? 紙からタブレット チャレンジタッチ には簡単に電話で変更できますが、保証の話なども合わせてしてくれるので助かります! チャレンジタッチの専用タブレット代金は無料ですが、半年以内に紙への変更や退会をする場合には14,800円のタブレット代がかかる。 なので、私は娘に『最低半年は続けてほしい。 その後、紙に変えるのは自由だと』よは伝えました。 新規で入会する場合にはタブレットのお試しもできるみたいです。 1カ月使用してみて合わないなら送り返せる。 聞いてみたらこのキャンペーンは新規の方のみで、すでに入会していて紙からタブレットへ変更する私たちは適応外とのことでした。 残念… チャレンジタッチサポートサービスとは そして、チャレンジタッチサポートサービスの加入も薦められました。 チャレンジタッチサポートサービスは、もしもタブレットが壊れてしまった場合、3240円でタブレットを交換できるというものです。 嬉しいのは自己破損の場合もOKということ。 電話で加入した場合には、しっかりと案内してもらえますが、WEBでの変更や入会の場合には気を付けてください!! 紙とタブレット チャレンジタッチ の価格 気になる進研ゼミの紙とタブレットの価格についてですが、どちらも同じです。 進研ゼミ4年生講座の場合は、どちらも4865円。 年払いにすると1月あたり4,094円になります。 価格が同じと言うのは助かりますね!わかりやすいです! チャレンジタッチの注意点 チャレンジタッチはインターネット環境がないと使うことができません。 入会や変更の際にスタッフの方が確認してくれますが、その点は気を付けましょう!我が家はWi-Fi環境があるので、その点は大丈夫でした。 我が家が紙からタブレットに変えた理由 約2年間紙タイプで進研ゼミをやっていました。 『勉強は書いた方が覚えるだろ!』と思っていたのですが、少し前に友人の子供にスマイルゼミを見せてもらいました。 スマイルゼミもタブレットでやるタイプの通信講座です。 そしたら、『なんじゃこりゃ!!!面白そうではないかー!』と私も娘も興味津々。 理科の実験的なものだって、図や写真、動画で説明してもらったほゆがわかりやすいよね! 学校に行っていれば実験とかやるのかもですが、おうち学習だと限界もあります…。 とりあえず半年やってみて、その後また紙に戻すか、タブレットのままいくかを娘と相談してみようと思います! ネットでも色々と検索したのですが、『紙とタブレット、どちらがいいか』、やはりこれは個人差がある、というかその子その子で違うように感じました。

次の

【進研ゼミ小学講座】チャレンジ(紙)とチャレンジタッチを比較して変更したよ。

進研ゼミ チャレンジタッチ 変更

チャレンジタッチ小学講座の特徴 専用タブレットを使用する チャレンジタッチを利用する際には、 専用タブレット(12か月継続利用で実質無料)を始めに購入します。 お勉強専用のタブレットを持つことになるので、ユーチューブなど触ってほしくない機能はなく安心です! しかも チャレンジタッチ解約後もタブレット端末として使用出来ます。 タブレットとペンの使い心地は? タブレットを使うなら、「動作がどのくらい早くてスムーズか?」や「ペンで書くときの反応の良さは?」などが気になるものです。 チャレンジタッチでは、 算数も国語もメモを書きたいときはノートに書くようにペンを使用できます。 例えば、算数で計算式を画面上に書いたり、図を書いたりできるんですね。 漢字を書くときも、 ペンの軌跡通りに滑らかに書くことができるほか、 書き順を間違えて書くとバツがつくという性能の良さもあります! 学習進捗を毎日把握できる その日に学習した項目や月間の勉強時間合計などを、登録アドレスへメールでお知らせしてくれます。 この点は、タブレット学習教材ならほぼすべての会社で提供している項目ですね。 チャレンジタッチでは、 学習の記録をリアルタイムで親にメールしてくれる機能も付いています。 メールやりとり機能 タブレット端末と登録したメールアドレスで、 メールのやり取りができる機能が付いています。 子供が初めてメールというITに触れる貴重な瞬間…! 思わずほっこりしちゃうメールが来たという人も多いですよ^^ アドレスを登録すれば、おじいちゃんおばあちゃんともメールのやり取りができます。 benesse. 小学校三年生くらいから学習に差が出てくるので、貴重な機能です。 お勉強以外にもお楽しみ講座がある タブレットオンライン学習教材ならではの、 お楽しみ講座。 夏休みなどの長期休暇には、 お勉強以外の講座も学ぶことができますよ。 本を借りることができる なんと タブレット上で本を借りることができます。 本のラインナップの中には名作もあるので、タブレットをきっかけに本好きになってくれたら…いいですね^^ お絵描きもできる これもタブレット・オンライン学習教材ならではの機能! 自由に絵を描いたりスタンプを押したりしてお絵描きができます。 付録が付く 進研ゼミチャレンジタッチでは、タブレットでの講座配信だけでなく 付録もつきます。 (毎月ではないです) 子供ってどうしても、付録大好きなので、うまいことモチベーションアップに活用できるといいですね。 教材も毎月ではないが届く 長期休暇の前などは、タブレットの講座配信だけではなく 紙の教材も届きます。 あの進研ゼミ独特のカラフルなテキストが久しぶりに届いたら、子供のやる気スイッチがオンになりそうです! うさぎキャラクターやチャレンジ編集部から応援される お子さんには、タブレット上でウサギのキャラクターこらしょから 応援メッセージが表示されたりします。 親御さんには、チャレンジタッチの学習状況などは細かくメールで知らせてくれるほか、「お子さん頑張ってますよ!」といった内容のメールも来ますので、「家庭学習頑張ろう!」と親のモチベーションまでもあげてくれますよ^^ 努力賞でプレゼントがもらえる お勉強を継続して頑張れば、 努力賞としてプレゼントがもらえます。 プレゼントは子供が自由に選ぶことができ、リアルな物品が届きますよ! チャレンジタッチのカバーや、ファッションのカバンなどいろいろな種類のものが用意されています。 料金追加でオンライン英会話講座もできる(チャレンジイングリッシュ) チャレンジタッチのタブレット端末「チャレンジパッド」を使って、 チャレンジイングリッシュができます。 (パソコン・タブレット端末でも受講可能)• 追加料金を払えば、そのまま英語もお勉強できます! フクちゃん 何度も問題を反復できるのがいい! オンライン・タブレット教材の良い点は、やはりなんと言っても【 反復して問題を解くことができる】点ですよね。 子供の学習は、これが一番の肝だと思います。 タブレット学習を始めてから、 何度でも問題を解くことができるのが良い!という口コミが目立ちました。 毎日の学習を習慣化できた! 楽しい音と音声で応援されながら、画面が動いて教えてくれながら、楽しく学習ができるチャレンジタッチ。 これなら子供もお勉強をするのに抵抗がなくなります^^ 少し声がけをすれば子供が進んで勉強するようになった、という声が多くありました。 忙しい小学生は時間の合間に学習できるのがいい! 最近の小学生って本当に忙しいですよね。 習い事にお勉強に…ってやることが毎日盛りだくさんです^^; チャレンジタッチを利用したことで、「 隙間時間にできるのが良い」という口コミが寄せられました。 テキストを広げる時間も問題を選ぶ時間も、短縮できる効率化ができます^^ 学習が効率的!暗記だってスイスイ! 社会の都道府県名を覚えるなどの暗記が多い科目で、 タブレットなら効率よく覚えられる!という声が多くありました。 わからない箇所があっても、カラフルで音声付きの解説があるので子供が自ら解き方を見ることができる点は大きいですよね。 カラーでうまくまとまっているので、暗記も効率的です。 やる気アップも簡単! 音楽を聴いたり、ランキングを競ったり、努力賞でプレゼントがもらえたり・・・ 自ら 学習させる仕 組み で 子供 のやる気につながった、という声がありました。 表彰機能や、努力した分だけ与えられるプレゼントの仕組みなど、お勉強を頑張ろうと思わせる仕組みが満載です! 苦手項目もわかりやすい! タブレット学習時の解答の正誤から、得意・苦手単元が割り出されるようになっている 点が復習の際に便利だという声がありました。 学習の記録が残るので、 どの項目が間違いが多かったかなどを確認することができます。 家事や下の子の面倒でなかなか子供のお勉強を見てあげることができない時も、 「ピンポン!」という丸つけの音を聞いてみてください。 間違いが続くと、「どんな問題を多く間違えているのかな?」と確認できますね^^ もちろん、タブレットの中にも記録されます。 子供の苦手項目を把握していれば、苦手問題を克服するための時間をとって教えることもできますよね。 フクちゃん お勉強よりも、お楽しみ項目やゲームに夢中… 勉強は少しだけして、あとはゲーム三昧・・・ 楽しい機能が満載ですが、 放っておくとお勉強以外のところに夢中になってしまうことも…^^; チャレンジタッチでは、 ゲームの時間制限をすることができません。 初めに子供と学習のルールを作ることが必要ですね。 姿勢が悪くてもできてしまう… タブレット一つでできてしまうので、 寝転んでいてもできてしまう、というのが心配だという声が。 理想は机に座って正しい姿勢で取り組むことですが、集中してやっているのならそっとしておくことも策だと思います^^; とりあえずタッチすれば学習したことになってしまう… わからない問題が出たら、とりあえずタッチタッチ!で進めてしまうのがモヤモヤする・・・という声がありました。 タブレット学習の中でも選択問題だと、 タッチするだけで問題は進めることができてしまうので、適当に回答して「はい、終わり〜!」もできちゃいますよね。 もしそう言ったさぼり癖があるお子さんの場合は、やはりお母さんが目を光らせておかなければいけません…。 学習の定着には定評があるが、個人差もある 長男は「やりなさい!」と言わなくても自ら進んで学習するのに、次男は言っても全然やらない・・・という声もありました。 「オンライン・タブレット学習教材だと子供の食いつきが違う」とはよく聞きますが、お子さんの中には、 それでも興味がわかないというケースもあるみたいです。 こういったケースは、お母さんが応援・介入してあげる必要がありますね^^; 1日の勉強時間が短いという不安も… チャレンジタッチの特徴として、 1日10分〜15分の勉強量を目安にして講座が配信されています。 そのため、 勉強量が少ないという口コミは多いです。 もし少ないと感じる場合は、 ハイブリットコースにしたり、 他の市販問題集と合わせて学習させるなど対策が必要になります。 紙はたまらないけどやってない講座は当然溜まる… 「月初に講座が更新されるから、今月分を早く終わらせなきゃ!」って焦るお子さんや親御さんもいます。 「紙教材と比べてテキストなどが溜まらない」って言いますけど、 学習をしていなければ当然やっていない講座は溜まっていくのです^^; 親が毎日学習を進めているかチェックする必要があるのは、紙の学習教材もオンラインタブレット学習教材も同じですね。 目に悪いんじゃないかしら…と心配の声も タブレットやパソコンで学習すること自体に抵抗がある親御さんも多いです。 でもこれからの時代、そうは言ってられないのかも?! ブルーライトカット保護シートを画面に貼って軽減するという方法もあります。 周りが塾などへ行きだしたら、タブレットだけだと不安になる… 小学生のお勉強としては、特に 小学校3年生から学習に差が出始めます。 中学受験をするお子さんなら、 塾に行き出す子もいるかもしれませんね。 そうなると、どうしてもタブレット学習教材で1日15分のお勉強だと不安に感じる親御さんも出てきますよね^^; やはり不安なら、他の学習方法と併用の選択肢も考えなければいけなくなります。

次の