シャドバ 進化 ネクロ。 【シャドバ】ネクロ新カード大妖狐・ギンセツの使い方を解説!【新カード紹介】

自然ネクロの役割を1枚1枚考えてみよう+自然ネクロが何故強いか考えてみよう[シャドバ/シャドウバース/shadowverse]

シャドバ 進化 ネクロ

4ターン目:酒呑童子(進化)• 5ターン目:セレス• 6ターン目:永遠の誓い• 7ターン目:ギンセツ という黄金パターンがあります。 「酒呑童子」は、 進化時効果のリーダー付与能力が強く、ターンごとに1回まで攻撃力or体力が1のフォロワーに疾走をもたせることができます。 カード 効果 大妖狐・ギンセツ 【アクセラレート】 2;一ツ尾狐1体を出す。 5;一ツ尾狐3体を出す。 ファンファーレ:一ツ尾狐4体を出す。 相手の横並べ展開を突進とドレインを持った「一ツ尾狐」で対応でき、 盤面処理&回復といったハイブリッドな能力が魅力的です。 ファンファーレ :破壊されたとき ラストワード能力を持っていた自分のカードが、このバトル中に10枚以上なら、自分のリーダーは下記の能力を持つ。 「トート」の役割は、主に ドローにあります。 酒呑童子・セレス・ギンセツなどを探しにいくパーツとして序盤に活躍してくれることでしょう! 一ツ尾狐がラストワードを所持していることにより、リーダー付与能力の条件の難易度が大幅に下がります。 交戦時:交戦する相手のフォロワーに 3ダメージ。 ファンファーレ:永遠の誓い1枚を手札に加える。 永遠の誓い 【スペル】 自分の手札のネクロマンサー・カードすべてのコストを-2する。 先攻・後攻を問わず 5ターン目に「セレス」を握っていたのなら、どのような場面でも必ずうちたいところです。 6ターン目に 「永遠の誓い」を発動したいためにそうなります! ギンセツを7コストまで下げて、相手がベストムーブをしてきたとしても対応できるようにしておきましょう。 vs進化ロイヤルではこう使う! ペインレスサムライに対して、あまり強く動けない点に注意です。 (交戦時3ダメージも通りません!) ただし、 デュアルブレイダーや猛虎の横並べに対しては強く動けます。 置ける 隙があるときに召喚していきましょう! また、 体力7点のシズルを倒し切れないため、前環境よりは出しづらい場面が多くなってしまいました。 しかし、 相手からもシズル1体では取り切れないので、不利というわけではありません! 盤面を制圧できるなら絶対に召喚だね! アグロ系デッキにもつよい! 「セレス」に関しては、どのようなデッキに対しても有効的に使うことができますが、 回復効果&交戦時3ダメというのがアグロデッキにかなり強い能力となっております。 1という低い攻撃力もこのデッキにおいては、アドバンテージになるので、5コストがあまり重く感じません。 ドローカードは3枚積み! カード 効果 百鬼夜行 【スペル】 葬送したなら、ネクロマンサー・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。 「元の攻撃力か体力が1のフォロワー」を葬送したなら、1枚ではなく 2枚手札に加える。 キーカードである 「酒呑童子」は後攻の場合は4ターン目に、先攻の場合では5ターン目に引いて進化を切るのが最も狙うべき行動になります。 自分の場にナテラの大樹があるなら、手札に加えるのではなく、場に出す。 ファンファーレ:エンハンス7;進化する。 「スカルクレイン」は、2コストの動きとして非常に有効です。 ラストワードで入手できる スケルトンは百鬼夜行の餌となるので、手札を回すという意味でも活躍してくれます。 永遠の誓いを発動後に0コストで召喚できるのも魅力的なポイントです。 「ヘリオ」のラストワード能力は非常に優秀で 序盤の盤面を支えてくれます。 エンハンス7で進化できますが、7ターン目はギンセツなどのパワーカードをきりたいため、 基本的には抱えず序盤に切り出していきましょう。 火車などがある場合は、百鬼夜行の餌として使うことも可能です。 悪意の憑依・雪女 カード 効果 悪意の憑依 【スペル】 相手のフォロワー1体に2ダメージ。 ゴースト1体を出す。 雪女に関しては、攻撃不能にするという能力が 式神ウィッチの横展開に対して非常に強力で、盤面ロックの役割を果たしてくれます。 また、エンハンス8で使うと6点疾走フォロワー&確定除去(守護をどかせる)となり、 フィニッシャーとしても活躍してくれるでしょう! 雪女でリーサルが決まるパターンは意外にもたくさんあります。 ファンファーレ: ネクロマンス8;進化する。 ただし、進化するにはネクロマンス8が必要なので 後半に切るカードといっていいでしょう。 ユニオンバースト10; プリンにしてやるの1枚を手札に加える。 Xは「このフォロワーの攻撃力の値」である。 ミヤコは基本的には ユニオンバーストが発動できるときに使用しましょう! 例外として、アグロヴァンプなどに対しては1ターン目からきるのはありだと思います! ラストワードなどの厄介な能力を消したうえで、敵をほぼ無力化することができます。 式神ウィッチのスペルブーストや守護ビショップの守護外しなど、多くの場面で活躍するカードです! よくあるミスとしてギンセツにプリンにしてやるのを使っても、一ツ尾狐によるバフ効果はかかってしまうため、処理する順番には注意しましょう。 「ソーラ」は、 2コストの動きの確保という狙いがまず1つです。 また、ネクロマンス効果が非常に強力で進化することで 盤面を2枚上からとれる可能性が高く、非常に使い勝手がいいでしょう。 Xは「破壊される直前の攻撃力の値」である。 ニコラはやられる度に強くなって手札に戻ってきてくれるため、 リソースが乏しいときにはかなり頼りになります。 実は機械フォロワーなので、グールとのシナジーがとれているのも面白いところです。 式神ウィッチとのリソース勝負で活躍してるわね。 選択したフォロワーの体力が(ダメージを与える前に)4以下なら、さらに、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに2ダメージ。 「シノブ」はミヤコと同様に 基本的にはユニオンバーストは発動させてプレイしていきたいカードです。 相手の横展開を1枚で処理できる可能性を秘めています。 早めに切るのもあり! 場合によっては後攻4ターン目に進化をきって盤面づくりを急ぐのもありでしょう。 「秀才の死神・ミーノ」を採用する型も増えてきました。 1コストから動ける速さは、 式神ウィッチに対するプレッシャーとして十分です。 攻撃時:体力2以下のフォロワーへ攻撃したなら(ダメージを与えあう前に)、ネクロマンス3;そのフォロワーを消滅させる。 ファンファーレ:エンハンス6;進化する。 8,11,14ターン目なら、相手のリーダーに4ダメージ。 」を持つ。 リーダーはこれらの能力を重複して持たない。 敵のクオンの召喚を遅らせることにつながるので、 非常に貴重な消滅を狙えるカードです。 「シヴァ」に関しては、 強力なリーダー効果に加えて守護をもっているので、敵のリーサルを大幅に遅らせてくれます。 また、ロングゲームになった際に、 直接与える4ダメージが決め手になることも多いです。 アマツエルフにはあまり相性のいいカードとはいえないので、2枚積みがいいと思います。

次の

【シャドバ】妖怪ネクロのデッキリストと立ち回り【UCLローテーション環境/デッキコード付き】

シャドバ 進化 ネクロ

デッキの特徴 エンネアの上方修正 が4コストに上方修正されたことで、4ターン目から盤面維持&の回収を行えるようになりました。 アディショナルで追加された2種も非常に強力です。 序盤の安定 、のアクセラレートでフォロワーを並べながら、からネクロマンス1で出すを用意することができます。 、は機械フォロワーなのでから出すことも可能です。 サンプルデッキ カード コスト 枚数 2 3 2 3 2 3 2 2 3 3 3 2 3 3 4 3 5 3 5 3 7 3 8 3 9 3 10 3 キーカードと詳細 カード 詳細 リアニメイト4,2,1orリーダー4回復&回収のどちらかをチョイスして発動するカードです。 ネクロマンス4の条件を満たせばどちらも起動することができるので、それを狙ってプレイします。 上方修正によって4コストとなりました。 4ターン目のプレイで盤面維持を狙っていきます。 使い勝手の良いリソースカードでありながら、回復&墓地も行うカードです。 エンハンスでのプレイも強力です。 立ち回りのポイント マリガン基準 基本キープ カード 詳細 4ターン目にプレイするためキープしていきます。 実質2コストフォロワーでありながらを生みのバリューを高めることができます。 実質3コストフォロワーでありながらを生みのバリューを高めることができます。 キーカードであると序盤を繋ぎながらを生むカードを探してマリガンします。。 状況に応じてキープ カード 詳細 後手では進化フォロワーとしてキープしていきます。 が見えていればそちらを優先はしますが、最低限の2コストとしてキープすることもあります。 先攻ではリソースカードとしてキープします。 手札がある程度整っている場合5ターン目の動きとしてキープします。 先後に合わせてマリガンしていきますが、を手に入れる意識はしておきましょう。 優先して2ターン目にプレイしておきましょう。 1コストフォロワーも出しておく のネクロマンス1をの無駄にしないように機械フォロワーのアクセラレートでを出しておきましょう。 そのために、が重要となります。 中盤の立ち回り エンネア展開 4ターン目にはをプレイしていきましょう。 生まれるは場持ちが良いので、と噛み合いが良いです。 ナイトメアイーターで盤面維持 はネクロマンス4で自身を生み続けるので、意識してネクロマンスを残しておきましょう。 盤面を取りながら、ラストワードでは回復か墓場を増やしてくれます。 終盤の立ち回り つかの間で展開 をエンハンスでプレイすると、、、、がデッキから出てきます。 は突進、はAOE、は守護、は疾走守護と能力を持つため、4枚の展開で盤面が返せる場合は積極的に狙っていきましょう。 ガブリエルでリーサルを 終盤盤面にフォロワーが残った場合はの強化で畳みかけることができます。 横展開を意識して処理を押し付けていきましょう。 その他の構築 生成コスト デッキコード シャドウバース主要記事.

次の

激安アグロネクロ

シャドバ 進化 ネクロ

はじめまして、しきぼぅです。 今回はこの記事を開いて頂きありがとうございます。 人生初、15連勝を越える連勝をできたため記事を書かせて頂きます。 最後まで まず始めに簡単な自己紹介から。 shadowveseをリリース当初からやってます。 以前から冥府エルフやイージス力比べ、スパルタクスロイヤル等、ソリティア寄りのデッキを好んで使用しているプレイヤーです。 今回解説する自然ネクロも上記に当てはまるでしょう。 今期は4月中旬より自然ネクロをひたすら回しており、実際にRAGE にも持ち込みました。 結果は2-2。 ネクロは一度も負けなかったのですが相方の秘術ウィッチが足を引っ張りました。 それではここから実際に自然ネクロを使い続けて感じた事を書いていこうと思います。 おかしな文章のところがあるかもですが、温かい目で最後まで読んで頂けたら幸いです。 僕はこのような認識で回しております。 実際に似てる部分がいくつか存在しております。 自然w 自然Nc ナテラカウント7を目指す ラスワ10目指す 平均7、8リーサル 平均8、9リーサル 上記に加えてOTKが可能、ナテラの大樹による尽きないリソース等。 初めて使う方は自然ウィッチみたいなイメージで回すと回しやすいかと思います。 自然ネクロを組む上で抜いてはいけない7種。 自由枠にトート確定サーチするために考えた19枚を採用。 ---まず抜いてはいけない7種について解説。 --- ・リヴァイブ・マナ3 以降マナ ・荒野の案内人3 以降案内人 ・荒野の休息3 以降休息 ・シープスピリット3 以降シープ ・獣の霊媒師3 以降霊媒師 上記5種はどれも、低コストでナテラの大樹を生み出すことができるカードです。 ナテラの大樹は奇数ターンに余ったコストでラスワを進めることができ、さらに後続のラスワ持ちカードをハンドに引き込むことが可能です。 よって序盤に複数枚ナテラの大樹をハンドに加えたいため全て3枚採用。 ・トート3 このカード引けないと勝てません。 フィニッシャーでもあり複数引いてもラスワ稼ぎに貢献するため3枚採用。 ・ネクログルーヴ・ルベル3 以降ルベル このデッキの最強カードです。 1試合で2枚以上プレイしたいため3枚採用。 詳しい使い方は後述します。 以上が確定枠になります。 残りの19枚はある程度その人のプレイスタイルや考え方、環境デッキによって変わってきます。 今回は僕の考えた19枚を解説します。 ---自由枠19枚--- ・百鬼夜行3 基本的にデッキ圧縮できるカードという認識で使用しています。 ゲーム序盤は終盤まで不要な雪女やアイアンツールドクター、複数重なった際の火車やトートを捨ててルベル等の確定枠カード21枚を探しにいきます。 また、終盤は体力2のフォロワーを捨てあえて1枚ドローすることによって、ハンドが溢れるのをケアします。 序盤に確定枠カードを確実に引きこみたく、複数重なっても余ったコストで使用できるため腐りにくいと感じ3枚採用。 ・アイアンツールドクター3 以降ドクター 主に機械ヴァンプ、機械ビショップ対面で使用します。 1枚ドクターが死ぬOR百鬼夜行で捨てれているとドクターからドクターを回収というループが可能です。 このデッキはトート起動後1ターンゲームを伸ばせられると勝てる可能性が一気にあがります。 そのため1枚で複数守護を張れるカードが欲しく、今回のコンセプトの関係上ギンセツを採用できないためこちらを採用。 2枚以上引かないと強さを発揮できないため3枚採用。 ・スカルクレイン2 主に2コストのラスワ持ちカードの嵩ましとして採用しております。 2,4ターン目にトート以外の2コストのフォロワーを計3枚プレイしたいため最低10枚以上ラスワ持ちフォロワーを採用したかったため採用。 後半は盤面を埋めてしまい弱いため2枚のみの採用。 ハンド枚数があまり気にならない方は百鬼夜行のサーチに引っ掛からないメカゴブリンにするのもアリ。 ・雪女3 このカードは主にトート起動後、次ターンにルベル、ナイトメアイーターをプレイする際に使用します。 ルベルやナイトメアイーターの当て先が欲しい時に除去するのではなく、敢えて止めておくといった使い方をします。 現環境では主に鋼鉄と大地の神に対して使用したく、7ターン目にトートと一緒に2枚出したいと感じたこともあったため3枚採用。 ・黒き死の騎士3 以降黒き死 基本的にはスカルクレインと同じ理由で採用しました。 また、このカードは進化することで4点回復できるため案内人以外の進化フォロワーとして3枚採用しております。 自然ウィッチ以外の対面では基本的にエンハンスは使用しません。 主に7ターン目に使用し、セットでサーチしてきたトートと雪女をプレイ。 トートがある際等は腐りがちであるため2枚のみの採用。 また、序盤では絶対出しません。 出すくらいなら百鬼夜行で捨てましょう。 序盤で使う試合はラスワ数が遅れてしまいだいたい負けます。 ・ナイトメアイーター3 以降イーター アディショナルで追加された新カード。 このカードのおかげで、トート起動までルベルを温存することが可能になりました。 また、自然ネクロは墓場がたまりやすいためトート起動後など簡単に4面展開でき盤面処理しながらダメージレースを逆転できます。 基本的に複数引いても腐ることが少なく最悪、百鬼夜行で捨てれば良いため3枚採用。 以上が僕が考えた19枠です。 実際に今の環境この40枚が使用しやすく、一番強い構築だと僕は考えております。 続いては不採用カード、採用候補カードについて解説していきます。 ----不採用カード,採用候補カード一覧--- ・コープスドック Twitterで見かける構築ではほぼ全てに採用されているカードです。 序盤の圧をかけれたり、大型フォロワーをとれたり一見抜く理由が見つからないように感じると思います。 ただ、 序盤で強いのは先行の場合のみ。 そもそも大型フォロワーはルベルの当て先として残しておきたい。 と言ってもアディショナル前まではネレイアを取れるため採用していましたが、それも今やイーターで十分です。 ラスワ持ちでもなく、百鬼夜行のサーチに引っ掛かるこのカードを採用するメリットが今のところ感じません。 ・鋼鉄と大地の神 以降 鋼鉄神 自然デッキなので相性良さそうに感じる方はいるのではないかと思います。 7tで鋼鉄神出す位なら7tでトート起動させましょう。 そっちのほうがリーサルターン早く勝率あがります。 ・永遠の花嫁セレス 5tにこれ出す位ならラスワカウント進めましょう。 永遠の誓いでナテラのコストが下がらないのもマイナスポイント。 回復は十分足りてます。 また、高ランク帯の相手はあえてセレスに当たり自爆することでルベルの的を減らしてきます。 ・紫紺の抵抗者エンネア 確かに先行4tで出すと強いです。 これ出す位ならラスワ進めましょう。 ドラゴン等のダメージカットが必要な対面増えたら素直に機械ネクロ使ったほうが良いと思います。 ・絆の共振 霊媒師が死んでる状態で5tに使用したら強いです。 ただ、5t以降打つ余裕ありません。 盤面埋めるのも弱いし、墓場使うのも弱いです。 ・酒呑童子 無くても勝てます。 トート引けない時の勝ち筋として採用するならおとなしく火車増やしてトートアクセス率上げましょう。 それと、進化切るタイミング終盤しかありません。 ・大妖狐ギンセツ 進化権温存できるし、ルベル温存できるし、一枚でラスワ3稼げるし採用したかった。 今回は確定サーチのため抜いているが火車不要に感じる方は是非採用してみてください!! 実際、アイアンツールより使い勝手良いです。 ・王墓の骸 3tで出したら強いです。 それ以降は出すタイミングありません。 終盤はハンド溢れます。 ・死期を視るものグレモリー ・レジェンダリースケルトン まず大前提として単体では採用する価値ないためセットで解説させて頂きます。 爆発力をあげることができ、ほぼ確実に8tにリーサル狙えるカードです。 ただ、確定サーチに引っ掛かる。 イーターによって墓場が減るため8tに起動する安定性が落ちる。 上記2つが使い辛く感じ不採用にしました。 ・魔拳法ソーラ ラスワ持ってない2コストを採用したくなかったため不採用。 また、中盤の除去もルベルとイーターで間に合っており終盤は雪女で良い。 ・秀才の死神ミーノ 余ったコストでラスワを稼げるし墓場も稼げるため弱くはないカード。 ただ、後半引くと凄く弱い。 百鬼夜行で捨てることも考えて、確定サーチにしないのであれば採用してよいと思う。 ・イグジストソードギルト 余ったコストでドローでき、後半に相手の盤面ロックしやすくなるため採用しても良い。 今回は火車と百鬼夜行を採用しているためドロソが嵩張るのを嫌い不採用。 この位でしょうか。 その他に気になるカードがある方は是非DMしてみて下さい。 基本的にラスワを稼げないという理由で採用してないカードばかりです。 これを分かっているか分かっていないかで勝率や使いやすさがだいぶ変わっていくと思います。 6tまでにラスワ10を達成する目安の動きについて。 黒き死に進化切っていれば体力が減るのもあまり気になりません。 ルベルは1枚まで他は2枚以上でも全てキープします。 また、案内人とセットでマナをキープ。 トートはこの構築ではキープしません 理由は単純で火車で確定サーチできるからです。 それでもトート引けないのが怖い方はオススメはしませんが最悪被っても2tで出せるのでキープしても良いかと思います。 諦めましょう。 ・機械ロイヤル 微有利 黒き死に進化を切り序盤の盤面を抑えることを意識したらわりと戦いやすい対面かと思います。 ・自然ウィッチ 微有利 この対面は中盤以降唯一ラスワよりライリー3枚受けきることを考えます。 エンハンスの黒き死に進化を切って両雄激突ケア。 アイアンツール複数で疾走ケア。 早期のキャル3連打は割り切ってプレイして良いです。 ・自然ネクロミラー 五分 先行取りましょう。 プレイに関しては、中盤以降は体力3以上のフォロワー イーターや霊媒師 を自分の場に残さないことを意識。 相手の6tまでに霊媒師を破壊しないようにし中盤のルベルのバリューを下げる。 ・機械ネクロ 有利 序盤さえ凌げば相手がつかの間で当て先を作ってくれます。 ちまちま削るのではなく、つかの間の返しにルベルで20点削るプラン立てが大事。 ・自然ドラゴン 微有利 序盤のテンポで体力削りつつ12点位をトートで削るイメージ。 終盤まで大型フォロワーを出してこない対面なので進化権が余りがち。 相手が悠長な動きを見せたらフェイス進化してプレッシャーをかけていきましょう。 ・機械ヴァンプ 五分 先行とりましょう。 早期の鋼鉄神着地ができないため、先行なら8tで鋼鉄神を当て先にルベルでのリーサルを狙えます。 ・機械自然ビショップ 微有利 6神させないように意識。 アイアンツール複数並べて面ロック等も視野に入れて回すと戦いやすいかと思います。 ・機械ネメシス 微不利 バリューの高いベルフォメットをプレイさせないように意識。 はじめに、ルベル算ってなんだ?と思う方もいるとは思いますがこのデッキで一番重要なことなのでしっかり理解して欲しい。 トート後、ルベルを使用した際の打点計算 総PPとナテラの枚数による瞬間打点を瞬時に計算できるかどうかでリーサルを逃す確率がだいぶ減るはずです。 ここから詳しく説明していきます。 まずイメージとしてナテラ1枚で4点出ると覚えておきましょう。 ただ、ネクロアニマルズの当て先が1減るごとに2点減っていきます。 また、ルベル単体で2点、2枚目以降のナテラでしか4点でないという点には注意が必要です。 これを図すると 手書きなため見にくいのは申し訳ない。 この図は実際に先日のRAGEの試合中にパソコンの上に貼っていたものである。 これを即座に判断できるか出来ないかが重要なため自然ネクロに自信が無い方はこのようなカンペを作って見ながら回すと、より回しやすいかと思う。 この記事を読んで少しでも勝率があがった!って方がいたら幸いです。 自然ネクロは次環境でもスタン落ちの影響が少なく戦っていけるのではないかと感じているデッキです。 是非皆さんも自然ネクロ練習してみてください! しきぼぅ。 ・ペインレスが取れません!! この当時はペインレス採用しているロイヤルに当たることがなかったので割り切ってます。 頑張って黒き死でとりましょう。 ってのは冗談で、以下入れたら強そうなペインレス対策。 レジェスケグレモリーのセット。 霊魂の強襲 両雄激突 まだ試してない。

次の