アドセンス広告 ジャンル。 アドセンスで特定ジャンルの広告を表示させない設定方法

ブログとアドセンスで稼いでみたいあなたへ贈る10のアドバイス

アドセンス広告 ジャンル

こちらもCHECK 一番よく使われている「バナー広告」 まずは一番よく使われている バナー広告について。 バナーのサイズによってクリック率とクリック単価は大きく変わり、基本的に サイズが大きければ大きいほどクリック単価も高くなるようになっています。 そのため、スマホからのクリックだと平均30円なのに対して、PCでのクリック単価は平均40円と高くなっていますね。 バナーにも更に種類がありますが、アフィリエイターには特に レクタングルとレスポンシブ広告が人気ですね。 特にレクタングル(大)はクリック率もクリック単価も大きいので一番のおすすめ。 記事下にレクタングル(大)を配置するのは、 アフィリエイトの鉄板位置とも言えるでしょう。 ちなみに通常サイズのレクタングルについては記事前や記事中に入れられることが多いですね。 ちなみに レスポンシブル広告はスマホやパソコンなど見られる端末に合わせてサイズが変わる広告のことを指します。 サイズが固定されていないため、 パソコンだと大きすぎるバナーが表示されることもあるため、私はあまり使っていません。 バナー広告オンリーで掲載するならレクタングル系のみでいいと思いますよー。 最も収益が高くなる「関連コンテンツ」 「関連コンテンツ広告」はブログ内の関連記事に広告が紛れて表示される「ネイティブアド」と言われる以下のような広告ですね。 記事下に設置することが多く、ある程度のトラフィック量がないと使うことができませんが、クリック率が大きく上がるので使える人は絶対使っておいた方がいいと思います。 私は 「関連コンテンツ」を入れただけでクリック率が0. 自然にまぎれこむ「記事内ネイティブ広告」 記事の間に配置するタイプのネイティブアドです。 記事を自動で判別して「テキストの色」「フォント」などのデザインを最適化して表示してくれます。 2017年から追加された新機能で、 サイズとデザインがレスポンシブルな広告って感じですね。 私は一度入れてみましたが、クリック率が若干下がったので元に戻しました。 ブログのデザインによっては効果に違いが出るかも。 意外と使える「リンクユニット」 昔からあるけど全然使ったことがなかった 「リンクユニット」。 テキストのみなので広告感も強いですし、キーワードをクリックした後でもう1回広告をクリックしないといけないので、 「これ絶対CVR悪いだろー」と思って使ったことがありませんでした。 ただ実際使ってみたところ、確かにクリック率は下がるのですが、 その分クリック単価がめっちゃ高くなっていました。 スマートプライシングという「クリック後の成果によってクリック単価が上下するシステム」がありますが、リンクユニットを使うことでクリック単価を上げることができるので、クリック率とクリック単価の調整には使えそう。 どちらにしても上級者向けって感じですね。 あまり使われていない「検索向けアドセンス」 サイト内検索をした人に向けてアドセンス広告を表示できる 「検索向けアドセンス」。 サイト内検索に使うURLはいくつか指定できるので、自分のブログ内だけじゃなく、特定のグループ内でのみ検索するということも可能です。 使い勝手があまりよくないので、おすすめはできないですね。 認められると使える「全画面系の広告」 Googleでは認められた人だけ使うことのできる広告があります。 それが アンカー広告(オーバーレイ広告)と 全画面広告(インタースティシャル広告)です。 アンカー広告(オーバーレイ広告)はスマホでスクロールしても画面の一番下にずっと追従してくる広告のことです。 常に広告が表示されているのでクリック率はとても高いものの、誤クリックが起きやすく、単価が下がりやすい傾向もあります。 全画面広告(インタースティシャル広告)はブログ全体に表示される広告のことで、アクセスと同時に広告を全画面に表示するタイプの広告です。 クリック数も単価もとても高いですが、めちゃくちゃ邪魔なのでアクセスした人からは確実に嫌われる広告ですね。 ゲームの発売間近にゲーム系のブログで使われたり、一部のジャンルでよく使われますね。 最終的にどの広告が一番稼げるの? ここまで7種類の広告についてまとめてきましたが、 一番稼ぎやすいのは「関連コンテンツ」で間違いないでしょう。 ただ、関連コンテンツもアクセス数が多くないと解除されない機能なので、使えない人も多いと思います。 そんな時はレクタングル系だけを使ってクリック率を1. ちなみに クリック率と単価の上げ方は以下の記事でまとめてあるので興味のある方はぜひご覧くださいませ。

次の

アドセンス広告で10年以上稼ぎ続けるブログテーマ(ジャンル)を選ぶ方法

アドセンス広告 ジャンル

こんにちは、Google AdSense 公式ヘルプコミュニティ エキスパートの竹中です。 アドセンスのアカウントを取得する際だけでなく、アカウント取得後に広告を掲載したいサイトを追加する際も審査に合格しなければならなくなりました(2018年10月より順次)。 そこで多くの方が 「広告を掲載したいサイトで審査に合格できない」という問題に直面するのではないかと思います。 サイトを追加する際の審査もアカウント取得時と変わらないレベルの厳しさであると考えられるため、ポリシーに準拠しているのはもちろんのこと、独自性の高い有益なコンテンツがないサイトはいつまでも合格できない可能性があります。 審査に合格するためのヒントは【】のページでご紹介しておりますので、一度ご覧いただければ幸いです。 上記ページでも少し触れいているのですが、アドセンスの審査には合格するのが難しいジャンルが存在します。 価値の低い日記・雑記 最近のアドセンスでは 「広告主がお金を支払っても良いと思えないコンテンツはNG」「ユーザー(閲覧者)にとって価値がないコンテンツはNG」「独自性の高いコンテンツが必要」という傾向があります。 一般人の単なる日記や雑記は、一般のユーザーにとって価値があるとは判断されにくいですし、広告主にとっても日記や雑記のページに広告を積極的に掲載したいとは思われません。 日記で喜ばれるのは芸能人など著名人くらいです。 「そのお店のどこが良くてどのようにお勧めなのか」「どんな人にお勧めでどんな人にはお勧めできないのか」「住所や営業時間・駐車場の有無・予算などの情報」などを付け加えるなど、ユーザーに役立ったと思われるような記事にしていきましょう。 スポンサーリンク YMYL に関わる内容 Google の検索品質評価ガイドラインに「YMYL」というものがあります。 「Your Money or Your Life」の略で、現在や将来における幸福や健康的な生活を送る上で大きな影響を与える可能性があるページは高度な専門性や権威が伴わなければならないというものです。 アドセンスでも YMYL に関わるコンテンツは非常に厳しくなっています。 仮想通貨など金融関連のコンテンツ フォーラム上でも結構見かけるのが仮想通貨や FX、株などの金融関連のサイトです。 これらのコンテンツは人々の財産に影響を与える可能性があるため、その信憑性が強く問われます。 例えばあなたが金融関連の分野で権威もある専門家であるなら良いかもしれません。 しかし「株で稼いで暮らしてます」というレベルであるなら、権威や信憑性は伴わずアドセンスの審査で合格するのは難しいでしょう。 医療関連のコンテンツ お金に関わることだけでなく健康や生命に関わる医療関連のコンテンツも信憑性が高いものでなければなりません。 医療関連のコンテンツを作成するのであれば、自身が医者などその分野の専門家であり信憑性が高い情報を提供できなければなりません。 自分が専門家でないのであれば、専門家に内容を監修してもらうなどの必要があるでしょう。 「金融系や医療系は広告単価も高くて稼げそう!」という単純な理由だけでサイトを作成しても、審査に合格することができない可能性がありますね。 レシピサイト 男女問わずレシピを公開しているサイトでアドセンスの審査に望まれる方は多いのですが、レシピ中心のサイトでスムーズに合格できないケースが多いです。 レシピそのもののコンテンツが悪いわけではなりませんが、 レシピの場合は他のサイトのレシピと内容が似通ってしまうことが問題となる可能性があります。 例えばカレーのレシピを公開する場合、どのレシピであっても材料に大きな差はないでしょうし、手順も似たようなものになってしまいます。 手順を説明する文章も他のサイトと同じようなものになり独自性を出すことが難しいですね。 またレシピの場合、写真があり、手順としてちょっとした文章が入る程度なので文章量としても少ないサイトが多いように感じます。 具体的で詳細な手順を文章として入れるなど、ある程度文章を増やしたり、他のレシピサイトと似たり寄ったりな感じにならないようにしましょう。 映画やドラマ、テレビ番組のレビューサイト 映画やドラマ、テレビ番組などの感想やレビューをコンテンツにされているサイトも多いですが、これも審査に合格できないという方が多くいらっしゃいます。 映画やドラマなどの公式サイトからあらすじ等の文章をコピーして貼り付けているだけのサイトもありますが、これも権利的な問題があります。 権利的な問題をクリアしていたとしても、引用している文章の割合が多いと独自性のあるコンテンツとして判断してもらえない可能性が高いです。 感想やレビューも他のサイトと内容が似てしまうことで、独自性に乏しく価値あるコンテンツとして判断されない可能性があります。 プロの評論家並(もしくはそれ以上)にレビューを書くことができなければ、合格するのは難しいジャンルだと考えられます。 素材配布サイト 写真素材やイラスト素材、テンプレートなどの素材配布サイトも厳しい傾向にあります。 これらのサイトの場合、メインコンテンツが「素材」なので文章が非常に少ないケースが多いのが問題となります。 「素材そのものが価値あるコンテンツとなるため、文章が少なくても良いじゃないか!」と思われる方も多いでしょう。 私自身も素材配布サイトを運営しているので、その気持は良くわかります。 ただアドセンス的には文章が少ないとページ内容を判断するのが難しく不十分なコンテンツと判断される可能性が高いです。 また素材配布サイトによっては、画像の近くやダウンロードボタンの近くに広告が設置されるため誤クリックが多い可能性があります。 広告主側からすると、誤クリックがされやすいサイトに広告を出稿するのは避けたいですよね。 素材配布サイトを運営されるのであれば、ある程度文章も追加されることが望ましいですし、誤クリックされやすいような配置にはならないように注意が必要です。

次の

【ブログの儲かるおすすめジャンル】稼げるブログを書きたい方はジャンル選びをしっかりしましょう。

アドセンス広告 ジャンル

Contents• 【これがBEST30】アドセンス広告で単価が高いジャンル ではさっそくその単価が高いジャンルを30種類、公開します。 生命保険• 医療保険• がん保険• 英会話• 予備校• クレジットカード• 住宅ローン• 不動産• 美容整形• エステ• ダイエット• 整形手術• インプラント• 視力矯正手術(レーシック)• 結婚紹介• お見合い• 結婚式• 離婚相談• 法律相談• お葬式 これらのジャンルを見回してみて共通点があることに気づきましたか? それは、 そのサービス(商品)の値段が高いこと! そうなんです。 サービス(商品)の値段が高いものほど広告主は「高い広告料」を払ってプロモーションをするので、アドセンスのクリック単価も高くなります。 また、一回の支払いは安くても 継続的にお金を払い続けるサービス(保険など)もアドセンスのクリック単価が高くなる傾向があります。 単価は高くてもオススメしにくい理由とは? ご紹介したクリック単価が高いジャンルは、すでに高収益を狙ってたくさんブログ(サイト)が存在しますので、ライバルが多い激戦区といえます。 どうしてライバルが多いかというと、これらのジャンルはどれも アフィリエイト案件があるサービスなので、多くのアフィリエイターが サイトを量産しているからなんですね。 というか、むしろアドセンスサイトよりもアフィリエイト専門サイトの方が多いです。 アフィリエイトをメインにやっていて、サブ的にアドセンスを設置しているサイトも多数あります。 こうしたトップレベルの単価が高いジャンルで作って多くの強豪ライバルと競うより、ミドルレベルくらいの 「中くらいの単価のジャンル」で競合が少ないところを狙ったほうが、結果的に稼ぎやすいともいえますね。 こういう弱者の戦略も有効的です。 狙い目は高単価だけどアフィリエイト案件が無いもの それでもどうしても単価が高いジャンルを狙いたいというチャレンジ精神のある方は 爆死覚悟で、凄腕アフィリエイターひしめくジャンルに突撃してもいいと思います。 もしかしたら隙間を突いて、高収益を叩き出すブログが作れるかもしれませんので、あえて止めはしません。 汗 そういった意欲がみなぎる方以外は、たとえばこんな方法でもっと楽に稼げるかもしれません。 それが、単価が高いジャンルなのに アフィリエイト案件が無いジャンルなんですね。 アフィリエイトで紹介できる商品・サービスがなくて、アドセンスで単価が高いジャンルというのも少ないですがわずかに存在します。 これはかなり数が少なくて見つけるのが大変ですが、パッと思いつくところでは 自動車などいかがでしょうか。 さすがに自動車は高額でアフィリエイトに登録されていませんので、トップアフィリエイターが作る強いサイトはありません。 探せば案外こういう狙い目のアフィリエイト案件のない高単価ジャンルはあるんだと思います。 私自身、じっくりこういうのを探してみたいですね。 まとめ アドセンスを始めたばかりのころはこういうクリック単価が高いジャンルだけを狙いたくなるもの。 少ない労力でたくさん稼ぎたいので当然といえば当然ですが。 ただ、私の経験上ではせっかく作ってもライバルが強すぎてアクセスを集められないことが多かったです。 そういうジャンルを自分で見つけ出せたら「一人勝ち」の状況になるのも夢じゃありません。 今ならメルマガに登録していただくと、そのメルマガ内にて 私が作ったアドセンスブログの実物(URL付き) を限定公開しています。 また、特別に私も愛用中の非常にクリック率が高い 『FC2ブログとSeesaaブログ用のアドセンス用テンプレート』 もプレゼントいたします。 メルマガではアドセンスで単価が高いジャンルの探し方などこのブログでは書きにくいことも包み隠さず暴露しています。 メルマガの登録や購読は、もちろんすべて「無料」! 登録は下の登録フォームに ・姓(名字) ・名(名前) ・メールアドレス をご入力ください。

次の