新型 コロナ ウイルス 熊本。 新型コロナウイルス感染症の県内の感染者発生状況 / 熊本県

公立大学法人熊本県立大学

新型 コロナ ウイルス 熊本

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• インフルエンザなどのワクチンを製造・供給するKMバイオロジクス(本社・熊本市北区)が、新型コロナウイルスのワクチン開発に乗り出すことになった。 国立感染症研究所や東大医科学研究所、医薬基盤・健康・栄養研究所との協業で研究開発を進める。 熊本市の本社で25日、永里敏秋社長らが会見した。 インフルエンザや日本脳炎などのワクチンと同様の、不活化ワクチンの製法で開発する。 動物細胞にウイルスを感染させて培養し、薬剤などで処理して感染性や毒性を無くしたものをワクチンとして用いる方法を想定している。 同社は2018年、化学及血清療法研究所(化血研)の主要事業を継承した製薬企業。 ウイルスや細菌など病原体を扱う施設について、世界保健機関(WHO)のガイドラインで4段階に分類される「バイオセーフティーレベル」では、エボラウイルスなど危険度の高い病原体を扱うレベル4に次ぐレベル3相当の施設を有する。 また、新型インフルエンザワクチンの承認実績を持つ。 4月下旬に日本医療研究開発機構(AMED)の新型コロナワクチン開発の公募に応じ、今月19日に採択決定の通知を受けたという。 研究費として、AMEDから同社に約11億円が交付される。 同社など企業主導型4件、慶応大や長崎大などアカデミア主導型5件が採択されている。 今年度中に協業する各機関と連携しながら、動物を用いた試験で安全性や有効性を調べ、2021年春以降の治験薬の製造と臨床試験開始をめざす。 (大木理恵子).

次の

「犯人捜し避けたい」看護師感染の病院、覚悟の名乗り|【西日本新聞ニュース】

新型 コロナ ウイルス 熊本

2月21日夕。 保健所から病院に一本の電話が入った。 「感染者が出た」。 感染者は、この病院に勤務する女性看護師。 17日からせきや熱の症状が現れ、自宅療養中だった。 病院はすぐに22日からの外来診療や面会中止を決定し、発症前日にマラソンの応援や夕食を共にした病院職員11人に自宅待機を命じた。 パートを含む約420人の職員について、感染した場合に立ち寄り先を確認できるよう、行動の把握を開始。 8割が高齢者という約130人の入院患者の巡回を増やし、体調の変化を細かく記録した。 22日未明にあった熊本市長の記者会見で病院名が公表された後は、入院患者の家族からの切迫した問い合わせが殺到した。 「うちの母は大丈夫か」「感染していないか」。 対策本部長を務めた芹口英則事務局長は「まだ証明はできていない」との思いを抱きつつ、こう答えた。 「病院内は基本、安全です」 安全がほぼ証明されたのは28日。 女性と接触した同僚11人がウイルス検査で陰性と確認され、一時体調を崩した職員や入院患者も回復。 今月2日からは通常診療の再開にこぎつけた。

次の

新型コロナのワクチン開発着手 熊本の製薬会社 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型 コロナ ウイルス 熊本

2月21日夕。 保健所から病院に一本の電話が入った。 「感染者が出た」。 感染者は、この病院に勤務する女性看護師。 17日からせきや熱の症状が現れ、自宅療養中だった。 病院はすぐに22日からの外来診療や面会中止を決定し、発症前日にマラソンの応援や夕食を共にした病院職員11人に自宅待機を命じた。 パートを含む約420人の職員について、感染した場合に立ち寄り先を確認できるよう、行動の把握を開始。 8割が高齢者という約130人の入院患者の巡回を増やし、体調の変化を細かく記録した。 22日未明にあった熊本市長の記者会見で病院名が公表された後は、入院患者の家族からの切迫した問い合わせが殺到した。 「うちの母は大丈夫か」「感染していないか」。 対策本部長を務めた芹口英則事務局長は「まだ証明はできていない」との思いを抱きつつ、こう答えた。 「病院内は基本、安全です」 安全がほぼ証明されたのは28日。 女性と接触した同僚11人がウイルス検査で陰性と確認され、一時体調を崩した職員や入院患者も回復。 今月2日からは通常診療の再開にこぎつけた。

次の