雛形あきこ ヌーディー。 雛形あきこのスタイルが昔と変わらない!現在の身長と体重は?

【画像】雛形あきこのヌーディー画像まとめ!!視聴者通報で衝撃の事実が発覚!!

雛形あきこ ヌーディー

略歴 、1歳の頃に紙おむつ「メリーズ」CMの初代となり、小学生時代にはの『』の「小学生美人コンテスト」にも出場している。 頃から、に所属するのメンバーとして関西を中心に演劇やライブなどの芸能活動を行っていた。 、ゲームの映画化作品『』の役でメジャーデビュー。 同時にこの作品のテーマソング『セピアの夏のフォトグラフ』で歌手デビュー(プロデュースは)も果たす。 この年には・・とともにのに選ばれるなど、アイドルタレントとして好調なスタートを切った。 にはのドラマ『』で、弟を事故で亡くした寂しさをで紛らわせる女子高生という難役を演じ、この時の苦労が女優としていい経験になったと後に語っている。 同年夏には現役女子高生アイドルの登竜門とも言えるのモデルを務めた。 には初主演映画『あしたはきっと…』(監督)が公開。 夏祭りの日に不思議な出来事を経験する高校2年生の少女・夏音を演じた。 この作品の一場面では子供の頃から習っていた空手の組み手を披露している(2004年にとともに出演した『』でも空手を実演した)。 同じ年、韓国映画のリメイク作品『時の香り〜リメンバー・ミー〜』でも主役を務めた。 12月には第一種普通自動車運転免許()を取得している。 にはのCMに出演し、写真集・DVD『FUKIISHI』を発売。 なお、この時点で「の仕事は卒業」と宣言していたが、2年後の2004年にのCMで再び水着姿を披露した。 「公約を破って水着を復活した」件については、当時彼女が公式HPにて事務所を通じて弁明を行っている。 また2002年にはNHK夜ドラ『』でもメインキャストの一人である悩み多き新人OL役を演じ、コメディエンヌ的な演技が新生面を拓いたと評された(翌年放映の続編『』でも同じ役を演じた)。 公開の映画『』ではウルトラマンジャスティスに変身する女性・ジュリ役を演じ「初の女性ウルトラマン」と話題になる。 翌公開の映画『』では、衆人環視のもと幽霊に首をねじ切られ殺害される女子大生というショッキングな役どころを体当たりで演じた。 また初出演作品となる『』では初めての男装役に挑戦した。 なお、に卒業した大学の卒業論文のテーマは「脚本における日本語」で、によるこの大河ドラマの脚本を取り上げたものである。 女優以外の活動では、かつて解答者として出演していた『』のほか、10月から3月までは、・の情報番組『』で初めてのコメンテーターをこなす。 の大河ドラマ出演以降、まで女優としての活動は映画出演がメインになり、テレビドラマはNHK『』でのレギュラー出演を例外に、いく本かの単発ドラマ出演にとどまった。 『氷壁』では、とのCM以来2度目の共演であるが、CMと違い玉木に振られる役どころだった。 出演映画では2006年5月に前年のでグランプリを獲得した『』(監督)、9月には主演映画『』(監督)が公開された。 さらに翌2月には、ののファッションに身を包んだテレビキャスターに扮した『』(監督)、および恋とにまっしぐらの売れない女優役で主演した『』(監督)の2本の映画作品が公開されている。 2007年になって、テレビドラマではの正月ワイド時代劇『』に出演したほか、系『』で民放連ドラでは3年ぶりのレギュラー出演を果たした。 春以降も系『』(4 - 6月放映)・TBS系『』(7 - 9月)と連ドラに立て続けに出演するなど、映画がメインであった前年と異なり、テレビでの活動が目立っている。 特に原作の『山田太郎ものがたり』ではコミカルな役柄を演じて注目を集めた。 また生真面目なイメージのせいか『山田太郎ものがたり』に続き、近作では映画『』(2007年公開)・『』(2008年公開)、テレビドラマ『』、テレビドラマ『』において、いずれも教師役を演じている。 同様な役柄での出演が続いていることについて本人は「先生役を極めてみたい」と語っていたが、2008年後半期にはTBS系ドラマ『』ではメインキャストとして年上の美容整形外科医と結婚した小悪魔風の若妻役を演じ、これまでとは一転して大胆なラブシーンをこなすなど演技の幅を広げつつある。 そしてになってNHKドラマ『』(単発)および『』()ではひさびさの主演を果たすことになった。 また、6月から10月にかけて期間限定のブログ『毎日が極上Happy! フッキーの徒然ブログ』を運営した。 2008年4月末発売の女性誌で初ヌードを披露した。 、シンガーソングライターで俳優のと結婚。 、第1子妊娠が発表された。 同年、福山のファンクラブサイトを通じて第1子出産が発表された。 出産日や性別などの公表は行われていない。 人物 趣味は、、ウォッチング。 特技は(正派・初段)、。 その他に「を下26桁まで憶えている」など。 中学生時代の部活は部。 好きな食べ物は。 苦手な食べ物は野菜、魚(特に) 、、(2008年3月 マネージャー談)。 身長について、公称は169cmだが高校卒業後も成長し続けている。 上記の趣味のようにスポーツウーマンの一面があり、これがスタイルの秘訣とも評されている。 エピソード 所属事務所が関西であるため、デビュー当初は東京での仕事に関して業務提携により預かりとなっていた。 また、高校まで電車に1人で乗ったことがなかった。 の崩壊以降、剃ったり抜いたりしてを細くするスタイルが流行するなか、それにあえて従わず比較的太い眉毛を保っているという点で、若手女優のなかでもユニークな位置を占めている。 映画『』ではバブル時代まっただ中を生きる女性の役を得て、劇中からタイムトラベルした田中真弓を演じるに「眉毛の太さ」でを与えるシーンもある(実際には当時の流行にあわせて自前の眉よりも若干太目にメイクしている)。 スポーツ選手一家に育ったこと(弟2人はかつて高校の硬式野球部に所属しており、うち1人はでの全国大会に出場、もう1人は社会人野球のでプレーしている) 、幼少時にを経験し有段者であることなどからスポーツウーマン役(初主演映画『』の女子空手部員役に始まり、『』の女剣士、『』の、『』の、『』の、『』の女子剣道部顧問、「Spo-Vege」(スポベジ)CMでのハイキックシーンなど)のオファーが多く、かつ本人も体当たりでそうした役柄をこなしてしまうため世間一般にはスポーツ万能と見られがちであるが、彼女自身は「運動神経は平均以下」と主張している。 かつて「」のCMに出演していた関係で、2006年夏より初のマイカーとして赤のパッソを保有している(愛称はPakko)。 またCM関連サイトでブログを公開していたが現在は終了している。 は月2回程度の更新。 芸能界での親しい友人は、、、、など。 特に相武とはプライベートで一緒に旅行する仲で、また小西、酒井のブログに登場したこともある。 そのほかCMで共演して以来、とときどきメールを交換している。 2008年に入り、女性誌『』のグラビア、および製品「ブラトップ」のキャンペーンCMでを披露した。 吹石本人は「年齢もあるので今後はそういう仕事のオファーも来ると思っているが、決してヌーディーな仕事を積極的に取りたいとアピールしているわけではなく、たまたま同様の仕事が重なっただけ。 自分としては肌を見せることにはやはり抵抗感がある」という趣旨のことをコメントしている。 のとは交流があり、『』、『』、『』などドラマでの共演が多い。 やが怖いため、プロバイダ契約をしておらず、自宅のパソコンではインターネットができない。 2016年5月22日、自宅に夫・福山のファンである女性が侵入、妊娠中の吹石と鉢合わせになった。 出演 テレビドラマ テレビドラマ(連続ドラマ)• (1997年、) - 緑(上杉理子=の妹) 役• (1998年、) - 三笠萌 役( 主演)• (1998年、) - 富樫早季 役• (1999年、) - 相模真 役• (2000年、NHK) - 岳田蘭子 役• (2002年、NHK) - 小嶺瑠布子 役• (2003年、日本テレビ) - 坂井美奈子 役• 今ここにもある危機(2003年、)• (2003年、NHK) - 小嶺瑠布子 役• (2004年、NHK) - 役• (2006年1月 - 2月、NHK) - 北沢ゆかり 役• (2007年1月 - 3月、) - 美馬一子(万俵鉄平=の妹) 役• (2007年4月 - 6月、日本テレビ) - 高橋恵理 役• (2007年7月 - 9月、TBS) - 鳥居京子 役• (1月 - 2月、NHK) - 時任あや 役• (2008年4月 - 7月、TBS) - 真弓りえ 役• (2008年10月 - 12月、TBS) - 鮫島真由子 役• (2009年5月 - 7月、NHK) - 工藤里佳 役( 主演)• (2009年7月 - 9月、TBS) - 山本真 役(がモデル)• (2011年4月 - 6月、日本テレビ) - 村木遥 役• (2011年7月 - 9月、テレビ朝日) - 三木真琴 役( 主演)• (2012年1月 - 、NHK大河ドラマ) - 舞子(の生母) 役• (2012年1月 - 3月、フジテレビ) - 桐原由貴 役• (2013年1月 - 3月、TBS) - 坂本由美 役• (2013年6月 - 、WOWOW) - 鶴田真純 役• (2014年1月 - 3月、TBS) - 棟方ゆづる 役• (2014年11月 - 12月、TBS) - 吉岡柊子 役( 主演) テレビドラマ(ゲスト出演)• 第3・4話(1999年、NHK)- 下田晴美 役• 第6話(2001年、) - 律子 役• 第3話(2001年、日本テレビ) - 高森ますみ 役• 第6・11話(2003年、読売テレビ)• 第9話(2003年、日本テレビ) - 山中優子 役• 第1話(2008年、フジテレビ) - 岩田百合子 役• 第3話(2011年、フジテレビNEXT) - 太田菜々美 役• 第8話(2015年、テレビ朝日) - 白石杏子 役 テレビドラマ(単発ドラマ)• () - 朋子(ホテルマン) 役• HOTELスペシャル2000秋(2000年9月28日)• HOTELスペシャル2001秋(2001年10月12日)• HOTELスペシャル2002春(2002年3月20日)• (2001年、NHK) - ヒロイン・島原美希 役• (2002年、) - おすえ 役• (2005年10月、読売テレビ) - 杉原節子 役• 「」第1話・あしたの授業(2006年4月、フジテレビ) - 金子乃理 役( 主演)• (2006年8月、日本テレビ) - ミユキ 役• (2007年1月、) - (喜世) 役• 金曜エンタテイメント「」(2007年6月、フジテレビ) - 藤乃奈緒美 役• (2007年9月、テレビ朝日) - 迫田周子 役• (1月、テレビ東京) - 役• (2009年2月、NHK) - 小日向美波 役( 主演)• 「」(2010年1月16日、フジテレビ) - 写真部記者・小藤香織 役• (2010年9月11日、テレビ朝日) - 有村桃子 役• CBC創立60周年記念スペシャルドラマ 「」(2010年10月2日、) - 浜田栞 役• 「」(2012年3月23日、フジテレビ) - 森下椿 役• 第1夜 (2012年5月7日、TBS) - 宝井綾子 役• 特別ドラマ企画 (2012年7月27日、日本テレビ) - 澤香織 役• 日本・ベトナム国交樹立40周年スペシャルドラマ (2013年9月、TBS) - 浅羽まさ 役• 千葉放送局 開局70周年記念ドラマ 「」(2013年10月、) - 本多かおり 役( 主演)• テレビ朝日開局55周年記念番組 (2013年11月30日・12月1日、テレビ朝日) - 落合晴美 役• 検事モロハシ2〜新たなる生命〜(2014年7月1日、フジテレビ) - 森下椿 役• (2014年7月7日、フジテレビ) - 速水朋子 役 バラエティ• (2005年10月 - 2007年3月、フジテレビ・) - コメンテーター(不定期) ドキュメンタリー• (2005年12月、NHK) - ナレーション• (2006年10月 - 2007年3月、2012年、2013年 - 、NHK) - ナレーション(不定期)• 「師と歩んだ相撲道・新大関・琴光喜」(2007年10月、NHK) - ナレーション• 日本絶景紀行~超神秘! 北海道の大地が生んだ奇跡の色彩~(2012年6月5日、BS-TBS) - ナレーション• (2012年10月 - 、) - サブナビゲーター• 「奇跡の洞窟とウミガメの島 〜吹石一恵が旅する沖永良部〜」(2013年8月23日 、)• 世界遺産へ! 最後の秘境 沖ノ島〜日本を動かした謎の海人族〜(2016年6月11日、制作、テレビ東京系列) - ナレーション 映画• (1997年、) - 藤崎詩織 役(デビュー作)• DRUG(2001年、)• ブルーリメイン(2001年) - アマミク 役(声優)• (2001年、) - 水沢夏音 役( 主演)• (2001年、ドラゴンフィルム) - 百合 役( 主演)• (2002年、) - おすえ 役• (2003年、) - ジュリ 役• (2003年、東映) - お雛 役• (2004年、) - 小西なつみ 役• (2004年) - 水沢先生 役• 「CHANGE THE WORLD! 」(2005年、東映ビデオ) - 小柳葉子 役( 主演)• (2006年、ファントム・フィルム) - ニコ 役• (2006年、テアトル系) - 首藤牧恵 役• 第28回助演女優賞を受賞(この作品および「明日の記憶」「手紙」)。 (2006年、東映系) - 佐伯梨恵 役• (2006年、アルゴ・ピクチャーズ) - 島原紀子 役( 主演)• 第10回で主演女優賞を受賞。 (2006年、) - 中条朝美 役• (2007年、東宝) - 宮崎薫 役• (2007年、、プログレッシブ・ピクチャーズ) - 木村いづみ 役( 主演)• (2007年、東宝) - 山村先生(淳之介の担任) 役• (2008年、東映) - 岡本洋子 役• (2008年、東宝) - 田中真里 役• (2009年5月、東宝) - 真弓りえ 役• (2009年12月、松竹) - 裕美 役• (2010年9月、東宝) - 西沢夏 役• (2010年9月、東宝) - お艶(芸妓)・ウパシ(山の女)の2役• (2010年10月) - ニュースキャスター・神崎 役• (2010年11月、) - 武良布枝 役( 主演)• (2012年9月1日、松竹) - 青山マリ 役• (2013年4月、ビターズ・エンド) - ミキ 役• (2013年11月9日先行公開、2014年5月31日全国公開) - 平川奈美江 役• (2013年12月) - 佐伯慶子 役• (2014年3月) - 富士一子 役• (2014年、東宝) - 進藤千夏 役• (2015年4月25日) - 桜井香 役• (2016年3月19日) - 黒田希恵 役 舞台• :PHS・キャラメール(1997年:関西限定)• :(1998年)• :(1998年)• :スーパーマイルドシャンプー など(1998年 - 2000年)、パーフェクトリキッド、パーフェクトホイップ(2005年 - 2007年)• :(2002年)、(2006年 - )、(2008年 - ) - 「TSUBAKI」CMで第46回「」演技賞を受賞。 :ビール工場(2003年)• (2004年 - 2006年)• :春 - 夏イメージキャラクター(2004年)• :プラチナライン(2005年)• :キリン・サイフォン式(2005年)、(2016年3月 - )• :蒟蒻畑ライト(2006年)• (2006年)• :アサヒスタイルフリー(2007年) - と共演。 (2007年 - 2008年) - と共演。 - と共演(2007年)。 「ブラトップ」「キャミソール」イメージキャラクター(2008年)• :(2007年 - 2008年)• :Spo-Vege(2009年)• :企業CM「日本のどこかで」(2011年)• :知心剣(2011年)• :VISAカード(2011年)• :(2012年)• :地球温暖化問題啓発CM(2013年)• :アイ頭痛薬(2015年)• (2015年 - )• :(2016年)• (2017年)• (2019年1月 - ) 書籍 写真集• 映画「」PHOTOBOOK(SUMMER MEMORY)(1997年7月、、撮影:)・・・共演:、、、• ルートF(1997年10月、、撮影:)• 少女から…吹石一恵メモリアルPHOTO BOOK(2001年4月、)• 凛(2001年1月、、撮影:橋本雅司)• (SHINCHO MOOK)(2002年4月15日、、撮影:)• FUKIISHI(ブックス)(2002年11月、、撮影:) グラビア• 通巻1185号• 通巻1608号(「超スピードダイエット」特集でを披露) 音楽 シングル• セピアの夏のフォトグラフ (1997年、) 脚注 []• 名前のふりがなは「かずえ」ではなく「かづえ」が正しい。 、舞夢プロ、2016年1月12日閲覧。 写真集『少女から』の画像および記述、また『』2001年2月号の巻頭特集など。 またも参照のこと。 スポーツ報知 報知新聞社. 2015年9月28日. の2015年9月29日時点におけるアーカイブ。 2017年12月1日閲覧。 ただし、厳密には合体変身として『』(1972年放送)の隊員()の前例がある。 さらに「ウルトラマン」の名前を冠さないが1980年の『』に登場するユリアン(星涼子)も女性である。 シネマトゥデイ 2008年5月16日. 2013年5月11日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2016年8月28日. 2016年8月28日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2016年12月23日. 2016年12月23日閲覧。 2014年5月20日. 2020年2月14日閲覧。 『週刊朝日』2007年12月7日号• ,NEWSポストセブン,2016年5月27日• ウォーカープラス. 2014年10月1日. 2014年10月5日閲覧。 ORICONキャリア(2010年2月22日)• com. 2016年3月11日閲覧。 2006年3月15日. 2013年6月18日閲覧。 プレスリリース , アラクス, 2015年5月22日 , 2015年5月25日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年7月19日. 2017年7月19日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年2月14日閲覧。 関連項目• 外部リンク• - 所属事務所「舞夢プロ」公式サイト•

次の

雛形あきこのヌーディーや本名は?元旦那(夫)の職業や子供(娘)!

雛形あきこ ヌーディー

雛形あきこ 生年月日:1978年1月27日 39歳 出生地:東京都江戸川区 血液型:A型 職業:女優・歌手・タレント 身長:164㎝ 続きましては雛形さんの意外な 一面についてご紹介をさせて 頂きたいと思います。 家庭的なのにアレが食べれない・・ 雛形さんは映画やドラマ・歌手 アイドルとして色々な方面で活躍 されておりますが、多忙にも関わ らず、すごくマメな性格でどんな に忙しくても家庭を大切にして 食事の支度をするという。 私個人の偏見ではありますが、 アイドルの方で料理が出来ずに カオスなメニューを作っている 人って結構多い印象です。 そんな中、仕事が忙しい中で しっかりと家族のごはんを準備 する雛形さんは素敵だなと 思いました。 しかし、家庭的な一面とは 裏腹に雛形さんが、食することを 一切拒んでいる食べ物があります。 それが、こちらの2点です。 ご飯と豆腐。 皆さんのお知り合いの方の中で ご飯や豆腐が食べれないといった 方はいらっしゃいますか?? 少なくとも私の知人には いなかった気がします。。 雛形さん曰く、『味の無いもの は大嫌い。 むしろ存在している 意味が分からない』と語っており ご飯や豆腐を含めた味の無い食品 については一切口にしないのだ。 ありえないものを食べる人 先ほどの記事で、雛形さんの 意外な偏食が発覚しましたが、 また新しい意味での偏食、、、 というか変食を雛形さんは 行っているようです。 その偏食はテレビ番組、ダウン タウンDXの『視聴者は見た』 のコーナーで発覚しました。 視聴者からは『渋谷のカフェの 奥の方で雛形さんが消しゴムを 噛んでいた』との投稿があり、 事実確認をしたところ消しゴム を日常的にかじっているという。 ブログでも、いつもかじって いるお気に入りの消しゴムと 称して画像を貼り付けていた。 今回は女優として活躍中の大塚 寧々さんのプロフィールや経歴 をはじめ、お楽しみ画像等を徹 今回は女優として活躍されている 小西さんについてご紹介をさせて 頂きます。 真木ようこのコミケ 突撃騒動で家入一真の仕切り不足 が指摘されて話題となって 小川アナのとんでもない画像が 流出したと話題になっています。 今回は小川アナのプロフィー 退所の理由は一体・・・!? 増田良が名札と研修バッチをつけて 映画館でアルバイトをしてい 今回は、知らず知らずのうちに 実は皆さんが見た事がある人・・。 尾野真千子さんについてご 今回はアイドルや歌手として活躍 している篠崎さんについてご紹介 をさせて頂きます!! 第二のにこるんと呼ばれる人気の JKモデルりんくまがワイドナショー に出演し・バラエティ めざましテレビなどで活躍する 藤井弘輝アナですが、藤井アナ について調べてみると大嫌い!

次の

井川遥:子供に手作りポテトフライ 母の顔で語る

雛形あきこ ヌーディー

雛形あきこがモデルを泣かせ、はるな愛がマジギレ…感情むき出しの「コーデ・バトル」先日、昼の情報番組『ヒルナンデス』(日テレ系)の名物コーナー「格安コーデバトル」において、タレントの雛形あきこ(37歳)がモデルのLIZA(26歳)を泣かせるというハプニングが起こり(7月7日放送分)、インターネット上でちょっとした炎上騒ぎになりました。 同コーナーは、毎回2組の芸能人が助っ人モデルにコーディネートしてもらいながらショッピングモールで買い物し、ファッションプロデューサーの植松晃士がその勝敗を決めるというもので、買い物にはテーマと制限時間、そして上限金額が設定されています。 助っ人モデルに大きなプレッシャーがかかる同企画。 この時、助っ人モデルとして雛形あきこについたのが、同コーナー2回目の登場ながら、榊原郁恵に「ウチの嫁にしたいくらい」と絶賛されるなど、そのセンスと的確なセレクトに定評があるLIZAでした。 「工場にいるおばちゃん」「畑にいそう」…… コーディネートのテーマは「女友達と銀座でショッピング」でしたが、それと相反するように、雛形はLIZAの選んだアイテムに対し、終始「大丈夫?」「不安」とネガティブな言葉を連呼。 ウエストにボタンのついたセーラーパンツ風のガウチョパンツを選べば、「工場とかにいるおばちゃんにならない? すごく不安」。 グレーのつばが広いハットを選べば、「畑にいそう」。 トングがゴールドのフラットサンダル(写真参照)を選べば、「大丈夫かな? ビーサンだけど」と、LIZAが選ぶものすべてに対し不安の言葉を投げかけ続け、ついにはLIZAを泣かせてしまいます。 勝利した途端に褒める雛形に非難殺到 その時ばかりはさすがに元気づける言葉を投げかけた雛形でしたが、最後、コーディネートを披露した際に司会者に感想を求められると、「全体的に自信がなくなった時間がすごくあった。 辞退もあり得るんじゃないかってくらい」と、さっきまで励ましていたLIZAを責めているともとれる発言をしたのです。 結局、勝利したのは雛形・LIZAペアで、植松が勝利の理由として挙げたポイントは、これまでLIZAが説明した内容そのものでした。 すると、雛形は態度を一変。 急にLIZAを褒めはじめたのです。 そんな雛形に対し、Twitter上には「雛形あきこ性格わるっ。 追い詰めた本人が言うことじゃない」など、批判が殺到。 しかしその一方で、雛形が不慣れなコーディネートに不安がるのは当然で、LIZAは「メンタルが弱すぎ」「簡単に泣きすぎ」で、「タメ口でムカつく」など、逆にLIZAを批判する批判も見受けられ、賛否両論が巻き起こる状況になりました。 感情がむき出しになる格安コーデ・バトル この「格安コーデバトル」、実は以前も出演者が一触即発となる場面がありました。 6月9日放送の回で、はるな愛が助っ人のモデルでタレントのアンミカと、互いが選んだものを「苦手なやつ」(はるな)、「ないないない」(アンミカ)と否定し合い、ガチ喧嘩を繰り広げたのです。 『ヒルナンデス』には他にもコーデ・バトルがありますが、こういったハプニングが起こるのはたいてい「格安コーデバトル」。 個人戦である他のコーデ・バトルと違い、「格安コーデバトル」は二人一組で戦うという性質上、互いのセンスに対して直接口を出さないといけないことが険悪な雰囲気を招きやすい要因になっているのかもしれません。 とはいえ、テレビという公の場なのだから、適当に取り繕って済ませればいいものを、なぜ彼女たちはあそこまで感情をむき出しにしてしまうのでしょうか。 センスは「その人そのもの」ファッションバイヤーMB氏「一般的に、『センスは生まれつきのものだ』という認識があるので、服のセンスを否定することは『その人そのもの』を否定することのように感じてしまい、感情がむき出しになってしまうのだと思います」とは、ファッションバイヤーのMB氏。 たしかに、自分そのものを否定されたら、感情的になってしまうのも頷けます。 女子会などで女同士のぶっちゃけ話を繰り広げる時も、「あんた、男の趣味悪いよね~」と言えても、「あんたの服の趣味悪いよね」とは口が裂けても言えないという感覚、ないですか? それは、無意識にその人そのものを否定することになると感じているからなのかもしれませんね。 センスには基準がない「他人にセンスが悪いことを指摘しにくいのは、確たるものがないからかとも言えます。 たとえば、男の趣味であれば『収入』『性格』『職業』『趣味嗜好』など客観的な善し悪しが明らかです。 しかし、服装は『この服をこうすればよい』というような客観的な善し悪しがなかなか明確に感じられません。 言う方も言われる方も自信がなく、基準が明確でないのです」(MB氏) 明確な基準がないのに評価されがち。 「センス」とは厄介なものですね。 「こういった番組は、一般的には不確かなセンスに明確な勝ち負けを用意するという矛盾があります(もちろん、プロの目にはある程度、コーディネートの正解・不正解は存在します)。 でも、『お金かけた人が勝ちってワケじゃない!』と思わせてくれるのがいいですね。 番組中に出てきたAZULのフラットサンダルなどは、パッと見は値段よりずっと高級に見えますし」(MB氏) そんな格安ながらセンスが光る商品が発見できるのはもちろん、「格安コーデバトル」は、ふだんは友達に言えない禁句「あなたのその服、ないわ~」を言ったらどうなるのかが分かる、貴重なサンプルであるともいえます。 センスが問われた女たちの自らを賭けた熾烈な闘いに、今後も目が離せません。

次の