きめつのやいば画像伊之助かっこいい。 鬼滅No.1イケメンは◯◯!!鬼滅の刃 かっこいいキャラクターランキングTOP10【鬼滅の刃】【きめつのやいば】

鬼滅No.1イケメンは◯◯!!鬼滅の刃 かっこいいキャラクターランキングTOP10【鬼滅の刃】【きめつのやいば】

きめつのやいば画像伊之助かっこいい

キャラクターといえば 嘴平伊之助(はしひら・いのすけ)。 主人公・竈門炭治郎と同じタイミングで鬼殺隊に入った仲間。 常にイノシシの仮面(頭部分の毛皮)を被ってる謎の男。 でもイノシシの仮面を取ると、伊之助の素顔は意外とイケメンだったりするんですが、見た目通り、嘴平伊之助はとても好戦的であり、野性的。 常に嗅覚で動いている男。 的にはやや下位ではあるものの、やはり気になるのは「 嘴平伊之助はいつからイノシシの仮面を被っているのか」という疑問。 もっと言うと出生の秘密。 普通の人間に育てられてたら、こんなお面を被るはずがない。 ただ『鬼滅の刃』10巻のあとがきにおいて、嘴平伊之助の出生の衝撃的な秘密が明らかにされたので今回ドル漫では嘴平伊之助の過去を掘り下げてみようと思います。 嘴平伊之助は実際にイノシシに育てられていたが… (鬼滅の刃10巻 吾峠呼世晴/集英社) 結論から書くと、 実際に嘴平伊之助はイノシシに育てられていたらしい。 画像はイノシシの巣の中で睦まじく伊之助がスヤスヤと眠っている場面。 まさにイノシシが母親代わり。 たまに猿とイノシシの赤ちゃん同士が仲良く遊んでいる映像がテレビなどで流れますが、嘴平伊之助もきっとあんな感じだったのでしょう。 ただ何故イノシシが嘴平伊之助を育てることになったのか。 また嘴平伊之助を出産した人間の母親の正体などは今もって不明。 一応、「嘴平伊之助」という名前そのものは両親がしっかり命名してはいる模様。 でも気になるのは 「言語」の問題。 嘴平伊之助はアホの子丸出しではあるものの、しっかり人間の言葉(日本語)を話すことが可能。 性格も色々と発達障害っぽく、嘴平伊之助はコミュニケーションも独特ではありますが、日常生活を暮らす上では問題なし。

次の

【イノシシ男】嘴平伊之助の出生の秘密がワロタwww【鬼滅の刃10巻】

きめつのやいば画像伊之助かっこいい

煉獄杏寿郎がかっこいい! 煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)は鬼滅の刃に登場する柱の一人・炎柱です。 全部で5種るほどあるのですが、個人的に一番かっこいいと思ったのがこの 炎虎ですね! その名前の通り、炎を虎のようにして放つ技で、とてつもない威力でした! スポンサーリンク 柱としての覚悟 柱っていうのは強すぎるがゆえに、ちょっとクレイジーな人も多いのですが(笑) 杏寿郎に関しては まさに理想の上司そのもの! 自身の立場をしっかりと理解し、例え命をかけようとも部下を守ろうとします! 他人に厳しい分、当然自分にも厳しいのがまさに彼の性格ですね。 柱として、未来の柱となる若者のために命をかける杏寿郎・・・。 散り際もかっこよかったですね・・・涙 最強と言っても過言ではない杏寿郎ですが、ほぼ互角な上に鬼ということで再生が早い相手と戦うことになるのですが、 彼の命をかけても追い払うのがやっとでした・・・。 彼の登場期間が短いのはそのためです。 ですが、彼のその生き様は「鬼には勝てない」というイメージを 「頑張れば勝てる」に変えてくれたのです〜! 命をかけてまで後輩に希望を与える杏寿郎。 かっこよすぎ! 家族との絆 杏寿郎は父と母と弟の4人家族で、 父親も元柱という名門一家となっています。 幼い頃は 父親に剣を教わり、母親からは心の強さを学びました。 しかし、母親は病に伏していて彼が幼い頃になくなってしまいます。 おまけにタイミング悪く母親がなくなった時期に不調に悩んでいた父親は、妻をなくしたことも重なり精神的に参ってしまい、別人のようになってしまいます。 あんなに優しかった父親から全く見向きもされなくなった杏寿郎兄弟ですが、 母親が亡くなる前の最後の言葉を胸に、杏寿郎は柱になるために必死にがんばります。 その言葉がとても感動で、この母あってこの息子ありという名言となっています! 「強く優しい子の母になれて幸せでした…」 この言葉があったからこそ杏寿郎は道をそれずにまっすぐ頑張ってこれたんでしょうね。 杏寿郎自身がなくなってしまう間際にも、お母さんは出てきてくれました。 「立派にできましたよ」 いやー・・・これはやばいですよね(泣) 仲間を守るために命をかけた息子に賛辞を送る母親。 それは夢か幻かわかりませんが、このときの杏寿郎にとっては一番欲しくて嬉しい言葉だったでしょう〜。 父親に関しては、ずっと良くない関係ではあったものの、杏寿郎がいつまでも自身を父親として認めていてくれたことを知って改心します。 ずっとまともに話してもいなかった二人ですが、杏寿郎の死を知ったときには父親も号泣してしまいます。 弟はずっと兄を慕っていて、杏寿郎もそんな弟をいつも認めていました。 いろいろと不運が重なって家族関係は悪くなってしまった煉獄家ですが、 杏寿郎の努力もあり、なんだかんだ根底ではみんな繋がっていたので感動でした(泣).

次の

鬼滅の刃煉獄のかっこいい場面まとめ!父と母との絆が泣ける!

きめつのやいば画像伊之助かっこいい

煉獄杏寿郎がかっこいい! 煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)は鬼滅の刃に登場する柱の一人・炎柱です。 全部で5種るほどあるのですが、個人的に一番かっこいいと思ったのがこの 炎虎ですね! その名前の通り、炎を虎のようにして放つ技で、とてつもない威力でした! スポンサーリンク 柱としての覚悟 柱っていうのは強すぎるがゆえに、ちょっとクレイジーな人も多いのですが(笑) 杏寿郎に関しては まさに理想の上司そのもの! 自身の立場をしっかりと理解し、例え命をかけようとも部下を守ろうとします! 他人に厳しい分、当然自分にも厳しいのがまさに彼の性格ですね。 柱として、未来の柱となる若者のために命をかける杏寿郎・・・。 散り際もかっこよかったですね・・・涙 最強と言っても過言ではない杏寿郎ですが、ほぼ互角な上に鬼ということで再生が早い相手と戦うことになるのですが、 彼の命をかけても追い払うのがやっとでした・・・。 彼の登場期間が短いのはそのためです。 ですが、彼のその生き様は「鬼には勝てない」というイメージを 「頑張れば勝てる」に変えてくれたのです〜! 命をかけてまで後輩に希望を与える杏寿郎。 かっこよすぎ! 家族との絆 杏寿郎は父と母と弟の4人家族で、 父親も元柱という名門一家となっています。 幼い頃は 父親に剣を教わり、母親からは心の強さを学びました。 しかし、母親は病に伏していて彼が幼い頃になくなってしまいます。 おまけにタイミング悪く母親がなくなった時期に不調に悩んでいた父親は、妻をなくしたことも重なり精神的に参ってしまい、別人のようになってしまいます。 あんなに優しかった父親から全く見向きもされなくなった杏寿郎兄弟ですが、 母親が亡くなる前の最後の言葉を胸に、杏寿郎は柱になるために必死にがんばります。 その言葉がとても感動で、この母あってこの息子ありという名言となっています! 「強く優しい子の母になれて幸せでした…」 この言葉があったからこそ杏寿郎は道をそれずにまっすぐ頑張ってこれたんでしょうね。 杏寿郎自身がなくなってしまう間際にも、お母さんは出てきてくれました。 「立派にできましたよ」 いやー・・・これはやばいですよね(泣) 仲間を守るために命をかけた息子に賛辞を送る母親。 それは夢か幻かわかりませんが、このときの杏寿郎にとっては一番欲しくて嬉しい言葉だったでしょう〜。 父親に関しては、ずっと良くない関係ではあったものの、杏寿郎がいつまでも自身を父親として認めていてくれたことを知って改心します。 ずっとまともに話してもいなかった二人ですが、杏寿郎の死を知ったときには父親も号泣してしまいます。 弟はずっと兄を慕っていて、杏寿郎もそんな弟をいつも認めていました。 いろいろと不運が重なって家族関係は悪くなってしまった煉獄家ですが、 杏寿郎の努力もあり、なんだかんだ根底ではみんな繋がっていたので感動でした(泣).

次の