企画 書 書き方。 事業計画書の書き方!便利なテンプレートとポイント [起業・会社設立のノウハウ] All About

企画書の書き方・例文・構成の決め方・提案書との違い|箇所別

企画 書 書き方

企画書を作成する前には、事前準備として「その会社の現状把握」がまず必要であり、「その計画を実現するためにはわが社の費用がどのくらい削られ、また具体的な手順としてどのような方法を実際に採用することができるか」といった、自己分析をしておくことが必要になります。 その会社の財力や機動力をもって特定の事業計画を実行していくため、まず「その計画を行うための余力がしっかり自分たちにあるか」ということを前もって確認しておくことが大切となります。 そしてその企画書において計画し実行するプロジェクトの全体像をしっかり把握しておき、「現状から将来にかけてそのプロジェクト運びがどうなっていくか」ということについてある程度の予測を立てておくことも大切です。 そしてスケジュール管理を徹底しておき、それらが煮詰まった時点で企画書を書くのがベターとなります。 計画書というのは「現時点で出そろっている結果を分析し、その現存している仕事や環境・状況といったものをどうやって遂行させていくか」という、現時点の状況把握をした上で、すでに「ある物を扱って計画実行に結びつけるために提出される書類」となります。 つまり、この例での企画書の意味合いとしては「アイデアをもって何らかの計画を実行すること」を念頭に置くことになるため、「すでに計画されている、もしくは存在している状況・環境・道具を使って何かを計画する」といった計画書の性質とは自ずと違ってきます。 飽くまでも「未来の事業について具体的に説明する書類」が企画書で、「現状で認められている事業をどうやって促進させていくかについて説明する書類」が計画書の働きとなります。 商品販売のための企画書を作成する場合の例として、特に大切なのは「ターゲット層の絞り込み」と「そのターゲット層へどのようにコンセプトを伝え、どのようにアピールポイントを伝えていくか」という点です。 タイトル:A商品の販売促進 メインテーマ:企画説明の本文 現状分析:A商品は若者向けの商品として販売を伸ばしているが、それ以外のターゲット層には受容されにくい。 課題提起:A商品を老若男女問わず、すべてのターゲット層に受容されること。 企画手段:まずA商品を若者に販売し続け、その若者からの口コミやレビューなどを宣伝ツールに利用してみる。 スケジュール管理:9月から12月一杯にかけて上記の企画を促進する。 コストや利益:宣伝広告を作成するのに200万円かかる見込みで、想定利益では500万円を見込める。 企画書の例は実にさまざまな例がありますが、特に旅行者などが必要とする企画書の例では「現状の旅行客をさらに楽しませること」や「快適な旅行をプランすること」、また「安全面の徹底を図ること」などがその例としてあげられます。 タイトル:グアム旅行客をさらに倍増させる メインテーマ:企画説明の本文 現状分析:2018年4月現在のグアム旅行者数は12万人前後を横ばいにしている。 課題提起:現在の旅行客を15万人にまで引き伸ばすことが必要。 企画手段:安全面と快適面の強化を図り、宣伝をさらに増やす。 スケジュール管理:上記の企画を年内目標とする。 コストや利益:安全面と快適面の強化に300万円かかる見込みで、想定利益では800万円を見込める。 単純にイベントと言っても実にさまざまなイベントの例がありますが、特にイベント時に作成される企画書の例として多いのが「どれだけのお客・顧客を集めることができるか」という点と、さらに「リピーター客をつかめるほどの面白さを提供できること」がポイントとなります。 タイトル:スマートフォンのバーゲンセール メインテーマ:企画説明の本文 現状分析:2018年現在において、B機種のスマートフォンは売れ行きが100万円台にとどまっている。 生産費用も底が突き始めている。 課題提起:予算を押さえた上で、B機種のスマートフォンの売上を300万円台にまで伸ばす必要がある。 企画手段:今回は宣伝だけに集中する形で機種本体の性能は変えない。 それで状況を見守る。 スケジュール管理:とりあえず年内一杯は上記の企画で実行する。 コストや利益:宣伝広告費は120万円ほどかかるが、想定利益は300万円ほどを見込める。 映画の企画書を作成する例でもイベントの例と同じく、「観客のウケをねらうこと」をはじめ、「どうやって面白い映画だということを多くの人に伝えるか」という点にポイントを絞って、とにかく「観客を集めること」に集中する例が多いです。 また映画のボディコピーのアピールが比較的弱い。 課題提起:ボディコピーを追記し、想定観客動員数を500万人以上にする。 企画手段:ボディコピーを「第2コピー」として補足し、宣伝方法としてユーチューブとテレビCMを利用する。 スケジュール管理:今週中に「第2コピー」を仕上げ、宣伝は年内続ける。 コストや利益:宣伝効果によって興行利益が伸びれば1000万円ほどを見込める。 宣伝広告費として500万円が必要。 その場合の企画書の例では「企画するコンセプト」をまず明確に伝えておき、さらにその講演会を進めるための詳細なプログラム設定を明記しておくのがベターです。 講演会の企画書の例は実にさまざまであり、上記のように「実際にその講演会で行う式次第・プログラムを記載する場合」もあれば、ただ「コンセプトだけ」を明記しておき、その企画内容としては「当日にならなければどうなるかわからない場合」も出てくるため、ずいぶん引き伸ばして作成される例もあります。 いずれにせよ、ある程度の「企画書の模範」は必要となるため、想定内の企画書の例をシミュレーションしておき、だいたいこんな感じの運びになるだろうといった「サンプル的な企画書」を作成しておくとよいでしょう。 社員旅行の企画書を作成する場合では、よく慰安旅行や社内旅行などで見られるような、社内で行う旅行計画を立てるときなどに作成されます。 この場合では「その旅行の日時」、「目的地の提示」、「その目的地までのアクセス方法」、「グループ分けがある場合はそのグループの発表」、「晴天の場合と雨天の場合の行動例」など、多くの状況を想定した上で作成されます。 備考 このように、社員旅行や会社をあげてどこかへ行く場合、またOB会のゴルフコンペなどで見られる旅行の際でも、上記の既定フォーマットが用意される例がほとんどです。 コンセプトという言葉の意味は「概念」や「概略」などを指し、「その企画書で伝えたい大まかな内容」を言います。 つまり、「その企画書には何が書いてあるのか」ということを端的かつ詳細に伝える記載となるため、「わかりやすく書くこと」が必須となります。 この度、わが社で販売促進を掲げているA商品について、2018年5月現在をもちましてもいまだにその売れ行き(利益)が伸び悩んでいる傾向があります。 今回の企画におきましては、このA商品の販売促進を願いたく、そのための企画手段としてまずは「宣伝効果による利益促進」を期待するものとします。 このように「A商品の売れ行きの現状」を先に伝えておき、その売れ行きの現状がよくないために「もっと販売促進を試みたい」といったような、誰にでもわかる明確なコンセプトにしておくことが大切です。 先述でお伝えしてきたことを見ればお気づきでしょうが、企画書に書くべき内容は「プロジェクト」になります。 プロジェクトという言葉の意味には「計画」と「研究課題」という2つがメインの意味としてあります。 この「研究課題」の意味合いがこの企画書の例では強く、多くの企画書の書き方の例では「現状分析」や「企画手段の模索」や「スケジュール管理」、さらに「利益やコストの分析」などといった課題と「現状と未来の利益やコストについての研究」というものがついて回ります。 この現状把握と分析、利益やコストについての研究を必要とするものが企画書の性質にあり、これは計画書や提案書にも確かに含まれますが、その研究を踏まえた計画・企画の姿勢がさらに企画書の性質に含まれます。 いかがでしたか。 今回は「企画書の書き方の例・コンセプトの例|商品/旅行/イベント」と題して、「企画書の書き方の例・コンセプトの例」についての詳細情報をさまざまな用例を用いてご紹介しました。 企画書の書き方やその例というのは、企画書を作成する分野によってさまざまに変わります。 その企画書で特に大切なポイントとして「わかりやすく簡潔にコンセプトを明記する」という点ともう1つ、「現状分析から、未来の利益とコストを具体的に想定し、その経過における課題分析」をはっきり伝える点が必須になります。 どんな分野においても正確な企画書の書き方の例を覚え、たくさんの企画書の用例をストックしておき、きちんと採用される企画書の作成例を自分で書けるようにしておきましょう。

次の

【簡単に作れるテンプレート付き!】企画書の書き方と1枚にまとめるポイント

企画 書 書き方

企画書を作成する前には、事前準備として「その会社の現状把握」がまず必要であり、「その計画を実現するためにはわが社の費用がどのくらい削られ、また具体的な手順としてどのような方法を実際に採用することができるか」といった、自己分析をしておくことが必要になります。 その会社の財力や機動力をもって特定の事業計画を実行していくため、まず「その計画を行うための余力がしっかり自分たちにあるか」ということを前もって確認しておくことが大切となります。 そしてその企画書において計画し実行するプロジェクトの全体像をしっかり把握しておき、「現状から将来にかけてそのプロジェクト運びがどうなっていくか」ということについてある程度の予測を立てておくことも大切です。 そしてスケジュール管理を徹底しておき、それらが煮詰まった時点で企画書を書くのがベターとなります。 計画書というのは「現時点で出そろっている結果を分析し、その現存している仕事や環境・状況といったものをどうやって遂行させていくか」という、現時点の状況把握をした上で、すでに「ある物を扱って計画実行に結びつけるために提出される書類」となります。 つまり、この例での企画書の意味合いとしては「アイデアをもって何らかの計画を実行すること」を念頭に置くことになるため、「すでに計画されている、もしくは存在している状況・環境・道具を使って何かを計画する」といった計画書の性質とは自ずと違ってきます。 飽くまでも「未来の事業について具体的に説明する書類」が企画書で、「現状で認められている事業をどうやって促進させていくかについて説明する書類」が計画書の働きとなります。 商品販売のための企画書を作成する場合の例として、特に大切なのは「ターゲット層の絞り込み」と「そのターゲット層へどのようにコンセプトを伝え、どのようにアピールポイントを伝えていくか」という点です。 タイトル:A商品の販売促進 メインテーマ:企画説明の本文 現状分析:A商品は若者向けの商品として販売を伸ばしているが、それ以外のターゲット層には受容されにくい。 課題提起:A商品を老若男女問わず、すべてのターゲット層に受容されること。 企画手段:まずA商品を若者に販売し続け、その若者からの口コミやレビューなどを宣伝ツールに利用してみる。 スケジュール管理:9月から12月一杯にかけて上記の企画を促進する。 コストや利益:宣伝広告を作成するのに200万円かかる見込みで、想定利益では500万円を見込める。 企画書の例は実にさまざまな例がありますが、特に旅行者などが必要とする企画書の例では「現状の旅行客をさらに楽しませること」や「快適な旅行をプランすること」、また「安全面の徹底を図ること」などがその例としてあげられます。 タイトル:グアム旅行客をさらに倍増させる メインテーマ:企画説明の本文 現状分析:2018年4月現在のグアム旅行者数は12万人前後を横ばいにしている。 課題提起:現在の旅行客を15万人にまで引き伸ばすことが必要。 企画手段:安全面と快適面の強化を図り、宣伝をさらに増やす。 スケジュール管理:上記の企画を年内目標とする。 コストや利益:安全面と快適面の強化に300万円かかる見込みで、想定利益では800万円を見込める。 単純にイベントと言っても実にさまざまなイベントの例がありますが、特にイベント時に作成される企画書の例として多いのが「どれだけのお客・顧客を集めることができるか」という点と、さらに「リピーター客をつかめるほどの面白さを提供できること」がポイントとなります。 タイトル:スマートフォンのバーゲンセール メインテーマ:企画説明の本文 現状分析:2018年現在において、B機種のスマートフォンは売れ行きが100万円台にとどまっている。 生産費用も底が突き始めている。 課題提起:予算を押さえた上で、B機種のスマートフォンの売上を300万円台にまで伸ばす必要がある。 企画手段:今回は宣伝だけに集中する形で機種本体の性能は変えない。 それで状況を見守る。 スケジュール管理:とりあえず年内一杯は上記の企画で実行する。 コストや利益:宣伝広告費は120万円ほどかかるが、想定利益は300万円ほどを見込める。 映画の企画書を作成する例でもイベントの例と同じく、「観客のウケをねらうこと」をはじめ、「どうやって面白い映画だということを多くの人に伝えるか」という点にポイントを絞って、とにかく「観客を集めること」に集中する例が多いです。 また映画のボディコピーのアピールが比較的弱い。 課題提起:ボディコピーを追記し、想定観客動員数を500万人以上にする。 企画手段:ボディコピーを「第2コピー」として補足し、宣伝方法としてユーチューブとテレビCMを利用する。 スケジュール管理:今週中に「第2コピー」を仕上げ、宣伝は年内続ける。 コストや利益:宣伝効果によって興行利益が伸びれば1000万円ほどを見込める。 宣伝広告費として500万円が必要。 その場合の企画書の例では「企画するコンセプト」をまず明確に伝えておき、さらにその講演会を進めるための詳細なプログラム設定を明記しておくのがベターです。 講演会の企画書の例は実にさまざまであり、上記のように「実際にその講演会で行う式次第・プログラムを記載する場合」もあれば、ただ「コンセプトだけ」を明記しておき、その企画内容としては「当日にならなければどうなるかわからない場合」も出てくるため、ずいぶん引き伸ばして作成される例もあります。 いずれにせよ、ある程度の「企画書の模範」は必要となるため、想定内の企画書の例をシミュレーションしておき、だいたいこんな感じの運びになるだろうといった「サンプル的な企画書」を作成しておくとよいでしょう。 社員旅行の企画書を作成する場合では、よく慰安旅行や社内旅行などで見られるような、社内で行う旅行計画を立てるときなどに作成されます。 この場合では「その旅行の日時」、「目的地の提示」、「その目的地までのアクセス方法」、「グループ分けがある場合はそのグループの発表」、「晴天の場合と雨天の場合の行動例」など、多くの状況を想定した上で作成されます。 備考 このように、社員旅行や会社をあげてどこかへ行く場合、またOB会のゴルフコンペなどで見られる旅行の際でも、上記の既定フォーマットが用意される例がほとんどです。 コンセプトという言葉の意味は「概念」や「概略」などを指し、「その企画書で伝えたい大まかな内容」を言います。 つまり、「その企画書には何が書いてあるのか」ということを端的かつ詳細に伝える記載となるため、「わかりやすく書くこと」が必須となります。 この度、わが社で販売促進を掲げているA商品について、2018年5月現在をもちましてもいまだにその売れ行き(利益)が伸び悩んでいる傾向があります。 今回の企画におきましては、このA商品の販売促進を願いたく、そのための企画手段としてまずは「宣伝効果による利益促進」を期待するものとします。 このように「A商品の売れ行きの現状」を先に伝えておき、その売れ行きの現状がよくないために「もっと販売促進を試みたい」といったような、誰にでもわかる明確なコンセプトにしておくことが大切です。 先述でお伝えしてきたことを見ればお気づきでしょうが、企画書に書くべき内容は「プロジェクト」になります。 プロジェクトという言葉の意味には「計画」と「研究課題」という2つがメインの意味としてあります。 この「研究課題」の意味合いがこの企画書の例では強く、多くの企画書の書き方の例では「現状分析」や「企画手段の模索」や「スケジュール管理」、さらに「利益やコストの分析」などといった課題と「現状と未来の利益やコストについての研究」というものがついて回ります。 この現状把握と分析、利益やコストについての研究を必要とするものが企画書の性質にあり、これは計画書や提案書にも確かに含まれますが、その研究を踏まえた計画・企画の姿勢がさらに企画書の性質に含まれます。 いかがでしたか。 今回は「企画書の書き方の例・コンセプトの例|商品/旅行/イベント」と題して、「企画書の書き方の例・コンセプトの例」についての詳細情報をさまざまな用例を用いてご紹介しました。 企画書の書き方やその例というのは、企画書を作成する分野によってさまざまに変わります。 その企画書で特に大切なポイントとして「わかりやすく簡潔にコンセプトを明記する」という点ともう1つ、「現状分析から、未来の利益とコストを具体的に想定し、その経過における課題分析」をはっきり伝える点が必須になります。 どんな分野においても正確な企画書の書き方の例を覚え、たくさんの企画書の用例をストックしておき、きちんと採用される企画書の作成例を自分で書けるようにしておきましょう。

次の

出版社に送付する企画書の書き方と、持ち込み打診時のメールの書き方(テンプレート)

企画 書 書き方

商品企画書とは 企業は、どんな職種であれ利益を上げることが最大の目的のため、新しいものやサービスを常に意識したり生み出したりすることが必要です。 提案したり、企業にとって利益となるものを作って提供したりする繰り返しが企業の発展にもつながります。 商品企画書とは、主にメーカーや商社、小売業界において新しい商品についての詳細が記された書類のことです。 これをもとに、実際に新しい商品が生まれていきます。 商品企画書の目的 商品企画は、単に新しいものを企画すればよいわけではなく、売れる商品を考えて企画しなければなりません。 また、消費者受けをする商品を企画するだけでなく、会社の業績につながる商品となる必要があります。 例えば、誰もがこの商品は売れると思っても新商品を作る際のコストがかかり過ぎてしまえば、会社の利益にはなりません。 また、良い商品でコストがかからなかったとしても、売るための戦略がしっかりと計画されていなければ消費者の認知度は低くなります。 新商品の開発は、一人ではできないため、さまざまな役割を担う人が集まったチームで行うのが一般的です。 商品企画書は、商品に関する基本的な情報や戦略を整理し、チームの皆で共有する目的があります。 商品企画書の書き方 商品企画書を書く前には、新商品の市場や客層など多方面からの調査が必要です。 新商品や、ターゲット層に関して幅広く調査することで、企画書の説得力が上がります。 商品企画書を書く際は、以下のような項目について記載していくのが一般的です。 商品イメージ 商品のイメージイラストや写真、スケッチなどを載せます。 企画書を見るすべての人が、すぐ理解できるようにわかりやすくすることが重要です。 商品名 新商品の顔となる名称を記載します。 商品名は、消費者に特徴を一目で理解させ、購買意欲を高めるものがよいでしょう。 そのため、ターゲットとする顧客層などを見極めたうえでしっかりと検討することが必要です。 どうしても1つに絞れない場合は、複数書いて提案してみることもよいでしょう。 ターゲット 「企画した商品を誰に売りたいか」ということを記載します。 例えば、「20~30代の年収500万円代の男性向け」など具体的にターゲットを絞ることが大切です。 ここで、事前に調査したターゲット層の特徴や、何を求めているかなどを加えると説得力が上がる企画書に仕上がります。 コンセプト コンセプトとは、商品の具体的な説明です。 「新商品がどういったものなのか」「購入した人にはどんなメリットがあるのか」などを記載します。 大切なのは、文章の長さではなく企画書を読んだ多くの人に興味を持ってもらうことです。 訴求ポイント 訴求ポイントとは、消費者に購入意欲を促すための重要なポイントのことです。 ターゲットに対して訴えかけたいポイントや、商品の1番の売りを記載します。 例えば、「商品の効果が売り」「価格が手ごろ」などです。 価格 商品の価格は、会社側だけでなく消費者にとっても重要項目です。 安すぎると会社の利益が上がらず、高すぎると消費者が購入してくれません。 商品開発にかかるコストや、ターゲット層のお財布事情、購入意欲などをよく考えて設定する必要があります。 戦略 戦略とは、商品を売るための戦略です。 「商品をいつ売り出すのか」「どの市場に参入させるのか」「誰が売るのか」などを記載します。 商品によっては、売り出すタイミングが非常に大切です。 ターゲット層が、その商品を必要とする時期などの調査結果も参考にして戦略を考えましょう。 流通 流通とは、商品を企業側から消費者へと円滑に送る働きをいいます。 例えば、商品を売る場所なども流通の1つです。 「商品をどこで売るのか」など、販売する場所や方法を記載します。 販売促進 販売促進とは、ターゲット層が商品を購入するきっかけを作ることです。 例えば、「商品のサンプルを配る」「クーポンを配る」「店頭でのキャンペーン」などが販売促進にあたります。 ターゲット層が商品を買いたいと思うような案を考えて記載しましょう。

次の