アンドロイド から iphone 後悔。 AndroidからiOS(iPhone)に機種変更して後悔

【比較】Androidから乗り換えて分かったiPhoneのいいところと悪いところ

アンドロイド から iphone 後悔

2008年にiPhoneを買って以来、ずっとiPhone一筋だった私。 そんな私がついにiPhoneを卒業してアンドロイド端末に乗り換えました。 「一生iPhoneについていく」と思った10年前から今までで どうして今さらになって心変わりしたのか。 もはやiPhone一強の時代は終わりを告げようとしています。 「みんなが使っているから」 「iPhoneってかっこいい!」 「なんかステータスっぽいよね」 どれも正解です。 私もそう思っていました。 ただ、現在、iPhoneにできてアンドロイドにできないことは ほぼないと思います。 私が長年連れ添ったiPhoneからAndroid端末のHuaweiに浮気した理由を ツラツーラと紹介していきたいと思います。 GreenEchoes Studioからのお知らせ• 速度が速い• 応答速度が速い• パケット上限なし• 常にインターネット回線につながっている• 通信が安定して行える• 通信障害が少ない 特に最近はパケット無制限WiFiルーターサービスへの不安が高まっているため、自宅でのみ無制限インターネットをしたい方の場合は光回線がおすすめです。 新規で光回線を申し込む方や転用・事業者変更をする際はお使いのスマホとセットで割引できるプロバイダがおすすめです。 下記記事で解説しています。 光回線が引けない場合はコチラ iPhoneとの出会い 私とiPhoneの出会いは2008年にさかのぼります。 当時から音楽好きだった私は借りてきたCDをパソコンに読み込み iTunesで管理して、iPod Classicに同期して車や出先で聞いていました。 外出自粛中は自宅で動画を楽しもう! 30日間無料でお試しで使える! \エンタメ番組満載/ \月額料金最安でAmazon送料無料特典付き/ \ドラマ・映画・アニメを見るならコレ!/ ランニングをするときはiPod Shuffleに持ち替えて音楽を聴いていました。 そんな矢先、Apple社から発売されていたスマートフォンが日本に上陸するとの話が。 キャリアはソフトバンク、スマートフォンの名前は「iPhone3G」です。 その当時、電話で音楽が聴けるなんて革新的でした。 タッチパネル式のスマートフォンなんてまだほとんどだれも持っていなかったし 何よりも携帯電話とiPodが一つにまとめられるなんて夢のようでした。 当時a. を使っていた私は違約金を払って速攻解約し 憧れのiPhoneを手に入れたのでした。 アンドロイドに乗り換えようと思った5つの理由 時は流れ2018年。 日本でiPhone3Gが発売してから10年経っていました。 周りを見ればほぼみんなiPhone。 現代人の誰もが常にスマートフォンを見ながら生活しているような世の中になりました。 iPhoneも日本で発売されたものから数えると19台目になっていました。 時代の流れと共に「iPhoneじゃなきゃできないこと」がほとんどなくなってきたのも事実です。 現在のスマートフォンの普及はiPhone無くしては成し得なかったといっても過言ではありません。 各メーカーは打倒iPhoneを謳い切磋琢磨してきました。 冷静に俯瞰したときに「もうiPhoneじゃなくてもいいな」と思ってしまったのです。 その理由がこちらです。 理由1「iTunesを使わなくなった」 コツコツと収集していたCDのデータ。 今、私のパソコンの中には1838枚のアルバムがあります。 総再生時間45日、容量にして80GBです。 これらすべてのデータをiPhoneに入れて持ち運んでいました。 ただ、ここ1年くらいは全くといっていいほどiPhoneアプリでiTunesを開かなくなりました。 それは ストリーミングミュージックサービスに切り替えたためです。 現在、Apple Musicをはじめ、様々なストリーミングサービスが始まりました。 月額1000円程度払えばいつでもどこでも最新曲でも往年の名曲でも 聞きたい放題なのです。 かつてはCD10枚1000円でレンタルしてきてせっせとパソコンに取り込んでいましたが もはやそんな手間はなくなったのです。 同じ料金で聞き放題、それは当然便利な方に移るのが人間の性です。 こうなるともはやiTunesは不要。 そしてiTunesでの音楽転送が便利でiPhoneにしていた私のような人間は もはやiPhoneである必要がなくなってしまったのです。 ちなみにアンドロイドに機種変更したからといってiTunesの楽曲が スマートフォンで聞けなくなるわけではありません。 詳細は下記解説記事をどうぞ。 加えてストリーミングサービスで一番台頭してきているのはおそらく 「Spotify」です。 無料で好みに合った音楽のプレイリストを作成し、再生してくれます。 好きなアーティストしか聞かなかった私に新しい音楽を提供してくれます。 「新しいものとの出会い」を無料で提供してくれるSpotifyは本当に素晴らしい。 そしてSpotifyと並んでおすすめしたいストリーミングサービスが です。 アマゾンプライム会員になると特典でついてくるサービス。 提供曲数はそれほど多くはないですが私が聞きたいと思ったアーティストはほぼ全部ある。 もう至れり尽くせりです。 この二つはお勧めですね。 そして最近リリースされたのが というサービス。 Apple Music等のサービスと同様に定額聞き放題サービスがアマゾンから始まりました。 総曲数はなんと4000万曲です。 しかも今なら お試しで3か月間99円で音楽が聴き放題です。 試しに入ってみるのも良いでしょう。 結局私も入りましたが大満足です! Amazonのいいところは、お試しができるということです。 プライム会員にしてもAmazon Music Unlimitedにしても退会も簡単です。 理由2「スペックが他と変わらなくなった」 iPhoneといえば最新機種はスマートフォントップクラスのハイスペックが定番だった。 加えてアップルのブランドバリューも相まって持っていることが 「ステータス」という満足感に変わっていました。 スマートフォンの総合性能を測定するアプリというものが存在して 最新機種が出るたびに測定がされています。 中国メーカーがリリースしている定番のベンチマークアプリ 「Antutu(アンツツ)」での総合性能比較がこちらです。 順位 機種 Antutu バージョン 7スコア 1 シャオミ BlackShark 28万7759 2 Vivo NEX Ultimate 28万4227 3 OnePlus 6 28万2275 4 iPad Pro 12. 9型(2017) 27万6098 5 iPad Pro 10. 聞きなれないメーカーが非常に多いですがそれもそのはずです。 現在、スマートフォンの性能でトップを走るのは中国メーカーです。 次いで韓国、日本、アメリカと続いています。 iPhoneはCPUの性能はいいものの搭載されているメモリが フラッグシップのiPhoneXで3GB、iPhone8では2GBです。 この上位にある機種は6GB以上が定番になりつつあります。 大体、スマートフォンの性能はCPUとメモリ容量で決まります。 やはり動作が速くてサクサク動く方がいいに決まっています。 先頭を走っていたはずのアップル社はいつの間にか中国の新進気鋭のメーカーに 追い抜かれていたのです。 ちなみに私が使っているスマートフォンは Kirin970を搭載した Huawei(ファーウェイ)P20です。 理由3「カメラの性能が1番ではなくなった」 これは結構衝撃的でした。 あれだけきれいだと思っていたiPhoneXのカメラを軽々と凌駕するスマートフォンが実際にあるなんて。 NO 製品名 写真スコア 動画スコア 総合スコア 1 114 98 109 2 HTC U 12 106 95 103 3 107 94 102 4 104 91 99 5 Xiaomi Mi 8 105 88 99 6 99 96 98 7 101 89 97 8 100 91 97 9 101 88 97 10 96 89 94 11 100 84 94 12 93 90 92 13 93 86 90 14 90 91 90 15 90 89 90 16 Vivo X20 Plus 92 87 90 17 94 82 90 18 91 86 89 19 89 84 88 20 85 85 85 21 82 84 83 22 LG V 30 87 73 82 23 84 78 82 24 81 83 82 25 Archos Diamond Omega 82 75 80 引用: このスコアによるとあんなに最強だと思っていたiPhoneXのカメラが 総合性能でなんと7位です。 私がHuawei P20に変えたのはこれが大きかったです。 前まで使っていたiPhone7Plusはなんと19位です。 以下、P20で撮影した夜景の撮って出しです。 しかも手持ちでこの美しさです。 信じられません。 ぶれない。 シャッタースピード1secで撮影。 プロモードが秀逸すぎてもはや一眼レベルの操作ができる。 最近ではHuaweiに18か月遅れてようやくトリプルレンズカメラをアップルがリリースしましたね。 さすがに2番煎じ感がぬぐえませんが…。 理由4「アプリの互換性に問題がなくなった」 これは非常に大きなメリットです。 ちょっと前まではアプリを開発する側もiOSに照準を合わせて作ってきたせいか アンドロイド向けのアプリがないものも多くありました。 それか、アンドロイド向けのアプリがあってもなかなか使い勝手が良くなかったり…。 今やそんなこともなくなりました。 私がiPhoneからアンドロイドに乗り換えた際に50個のアプリを iPhoneの時と同じようにそのままインストールしました。 iOSにあってアンドロイドにないアプリは一つもありませんでした。 それどころか使い勝手もiPhoneの時とほぼ一緒でした。 なんのストレスもありませんでした。 理由5「乗り換えの手間がほとんど煩わしくなくなった」 私が思うiPhoneにあってアンドロイドにない一番の神機能だと思うのは iPhoneのクローン化です。 旧機種のiPhoneから新機種のiPhoneに乗り換えた際 パソコンのバックアップデータから旧機種のすべてを そのままクローン化できるのです。 クローン化とは、わかりやすくいうと 中身を全く同じにできます。 さすがにこの機能だけはアンドロイドにはありません。 iPhoneからアンドロイドに機種変更するにあたって データ移行の煩雑さがiPhone離れできない大きな原因でした。 それが現在、各アプリでの引継ぎ設定がほぼ標準で搭載されるようになったことと 連絡先等の重要データのバックアップをオンラインストレージにバックアップして 新しい端末で復元できるようになったことで 引継ぎにかかる手間はほとんどなくなりました。 私がiPhoneからアンドロイドに乗り換えたのは この煩雑さなくなったからでした。 とはいえやっぱりみんな使っているiPhone このデータはある月の当ブログのスマートフォンアクセスのメーカー別内訳です。 なんと訪問したユーザー5600人中4000人近くがアップル社の端末からアクセスしていました。 次いでソニー。 エクスペリアが好調に売れている証拠ですね。 シャープはアクオスフォン、サムソンはギャラクシーシリーズ HuaweiはPシリーズ、Mateシリーズ、hornerシリーズが占めています。 しかし、それらすべてを合わせてもアップルシリーズの総台数には及びません。 やはり日本的に見れば、依然としてiPhone一強体制続いています。 そんなiPhone一強時代ですが 徐々にその勢力図も変わりつつあるような兆候も見え始めています。 世界最大の人口を誇る中国はじめ中華圏ではiPhoneよりもHuawei,Xiaomi,Oppo等の売り上げが好調です。 近い将来、iPhone一強体制がひっくり返る予感がしています。 まとめ いかがでしたでしょうか。 iPhoneを続けている理由がなくなったことがお分かりいただけたかと思います。 現在のスマートフォン市場はカメラ性能がものをいう時代に入ってきています。 次の携帯電話をご検討中の方、これを機にアンドロイドも検討してみてはいかがでしょうか。

次の

AndroidからiPhoneに乗り換えて後悔しない?メリット・デメリットを解説!

アンドロイド から iphone 後悔

Galaxy S7 Edgeだよ。 その前は Xperia Z3 Compactで、 さらにその前は Galaxy Note3を使ってたね。 ちなみに 僕は現在でも、iPhoneのとAndroid両方のスマホを使っています(2台持ち)。 どちらにも優れたところがしっかりあり、その使い分けをする必要があると感じたということです。 どちらも素晴らしいですが、どちらにもダメなところがあり、それを僕の感じた範囲でまとめています。 まずはスマホの使用遍歴をざっくり まずは僕のスマホの使用遍歴をざっくりご紹介します。 2010年~2012年 iPhone4• 2012年~2014年 iPhone5• 2014年~2015年 Galaxy Note3• 2015年~2016年 Xperia Z3 Compact• 2016年~2017年 Galaxy S7 edge• 2017年~2017年8月24日現在 iPhone7 Plus ・・・・とかなりざっくりですがこんな感じです。 iPhoneでスマホデビューして、その後数年Androidに浮気して、最近になってまたiPhoneに戻ってきた・・・という感じです。 メインのスマホをAndroidからiPhoneに替えた理由 ざっくり「その時なんでそのスマホを選んだの?」という部分について述べると、以下の様な感じです。 iPhone4(スマホデビューしてみたかった。 Androidは動作が不安定など悪評が多かったので対象外だった)• iPhone5(2年して分割も終わったので、新しいiPhoneに乗り換えた)• Galaxy Note3(ペン付きのスマホ、という点に惹かれた)• Xperia Z3 compact(Galaxy Note3がデカすぎたので反動で小さいスマホが欲しくなった)• Galaxy S7 edge(Xperia Z3 compactの動きがだんだんモサモサして来たので高スペックのスマホが欲しくなった)• iPhone7 Plus( Galaxy S7 edgeまでモサモサしてきたので Androidにサクサクを求める事の限界を感じてiPhoneに出戻りした) ・・・とまあざっくりですが、こんな感じになります。 やっぱり頻繁に使うものは、サクサク動いてくれないとストレスが溜まってくるんですよね。 iPhoneに出戻りして分かるのですが、iPhoneのサクサク具合はハンパないです。 Androidを使っていると「これでも十分サクサクだぜ!」なんて思うのですが、なんか使っているうちにモサモサしてくるんですよね・・・。 シンプルなのですが、これがスマホに最も必要なことかも知れません。 Androidも決して動作が遅いワケではないのですが、iPhoneと比べるとサクサク具合は体感的にかなり違います。 しかも僕の経験上、 Androidスマホは使っているうちにどんどん動作が重くなっていきます。 3年前のスマホがモサモサする・・・というならまだ分かるのですが、発売から1年しか経っていないスマホがモサモサするのは許容範囲外です。 買って1年のGalaxy S7 edgeは、かなり極端に重くなってしまいました。 スマホがモサモサすると、ちょっとした時間にメモを取ったりすることすら億劫になってきます。 iPhoneの場合はサクサク動いてくれるので、そういった「面倒くささ」を最小限にしてくれます。 僕はiPhone7 Plusを使っているのですが、 僕の使い方だとバッテリーは1日余裕で持ちます。 それなりにハードな使い方をしているはずなのに、普通に持ちます。 Androidの場合は、ちょっとした外出時でもモバイルバッテリーが必須です。 しかもバッテリーが不規則な減り方をします。 「さっきまで〇〇%あったのに、そこから〇〇%になるの早くない!?」ということが日常茶飯事です。 iPhoneの場合、バッテリーの減り方は緩やかで一定で、〇〇%の残量からだいたいの残り使用時間を計算でき、それがほぼ当たります。 解像度を表す数値はAndroidの方が勝っている場合もあると思いますが、感覚としてiPhoneの方が画面が綺麗に見えます。 Appleの工夫があるのか分かりませんが、綺麗です。 これはWindowsとMacを比べても感じます。 同じ解像度でも、Macの方が綺麗に見えます。 輝度を最低にした状態で外出してしまっても、「画面が真っ暗で何も見えない!」ということがありません(Androidはその状態になるとパニクる)。 うまく説明できませんが、体感として、明らかに見やすい。 Androidの場合、32GBのストレージを採用しているスマホが主流です。 64GBだとかなり珍しくて、128GBだとほぼないレベル。 ほとんどの機種がmicroSDカードスロットを搭載していますが、本体のストレージには使い勝手で負けます(本体のストレージしか使えないアプリなどがある)。 動作の安定性も、本体のストレージの方が上です。 ちなみにATOKのキーボードを使っているので、純正のキーボードとは違うかも知れません(一応純正も使ってみましたが・・・)。 ですがこれはやはり慣れですかね。 ただし いつまで経っても許容出来なそうなのは 「1文字戻る」のボタンがない事です。 文字の入力中にカーソルを戻したければ、文章の部分を長押しして虫眼鏡を出して、カーソルを移動する必要があります。 「1文字進む」のボタンはあるのに、なぜなのか謎。 これは僕が4年前にiPhone5を使っていた時からある不満なので、解消されていないということは何か権利とかの問題があるのでしょうか?もしかしたらアプリなどを入れる事で解決するのかも知れませんが、これくらいの機能はデフォルトで搭載しておいて欲しいですね。 例えば、スマホ内のフォルダとDropBoxのフォルダを同期させて自動でデータの変更を反映させるDropsyncはiPhoneにはないですし、通話を録音するアプリもiPhoneにはありません。 「脱獄」という手段を使えばアプリの自由度が上がる様ですが、リスクの高そうな方法なので、僕はやっていません。 この「シャッター音が消せない」仕様は日本や韓国だけらしいのですが、それもよく分からない話ですね。 App Storeには無音のカメラもありますが、メモアプリでデフォルトのカメラしか使えないものは、やはりシャッター音が消せません。 僕は次にiPhoneを買うときは、海外版のiPhoneにするかも知れません。 おサイフケータイなどが使えない可能性があるので、よく調べてから決める必要がありますが・・・。 XperiaやGalaxyに比べると防水の機能がまだ低いので、お風呂に持ち込んだりする事は怖くてできません(やっている方もいる様ですが)。 そろそろ最新のiPhoneがXperiaやGalaxyの防水レベルに並んでくれることを期待したいのですが・・・。 つまりAのアプリを終了することなくスムーズにメモが出来ます。 しかし iPhoneの場合、メモをする場合は今開いているアプリからメモアプリに移動する必要があります。 ウィジェットにメモアプリを設定しておいても、結局そこからメモアプリに移動するので、スムーズではありません。 1つ1つ上にスワイプして消す必要があります。 慣れると両手でサクサクスワイプして消してしまうのですが、一括の選択が出来ないのは不思議。 再起動はもちろん出来るのですが、一旦iPhoneの電源を落として、そのあとにもう一度操作をしてiPhoneを立ち上げる必要があります。 地味なところですが、なぜ再起動のメニューがないのかは不思議です。 開いているアプリが大量の場合サクサクと両手でスワイプして終了させていくので、そのときにApple Musicも間違えて消してしまうとガックリきます。 Androidだと、音楽再生アプリなど一部のアプリは「今開いているアプリ」から消しても音楽は止まらず、通知バーやアプリの起動から停止させるまでは動いてくれていたのですが・・・。 com ということで「AndroidからiPhoneに乗り換えて(出戻り)分かった、iPhoneのいいところと微妙なところ」について色々と書いてみました。 まとめると 「iPhoneに出戻ったメリット」は1つで、それは「動作がとにかくサクサクしている」ということなんです。 とにかくこれがデカい。 Androidと比べて「iPhoneにしかできないこと」はほぼない様な気がするのですが、 iPhoneの場合は同じ機能のアプリを使っていても「出来ることの質」が高くなります。 やはりサクサク動作してユーザーのジャマをしないということは、とても大切だと感じました。 とは言え、Androidも引き続き使っています.

次の

AndroidからiPhoneに変えてみたメリットとデメリット 使いやすいのは

アンドロイド から iphone 後悔

筆者は熱烈なAndroidユーザーであり、乗り換えを考えたことなど一度もなかったが、iPhoneに移る人が多くなっている理由は気になっていた。 「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」で初めて採用され、iPhoneがようやくAndroidファブレットと肩を並べることになった大画面が理由なのだろうか。 それとも、Androidのソフトウェアアップデートが配信されないことに業を煮やしたからだろうか。 筆者は自分の手で「iOS」を試すときがきたと判断した。 自分の「Moto X Pure Edition」からSIMカードを取り出し、真新しい「iPhone 6s」に差し込んだ。 これまでにも仕事でiPhoneを使ったことは何度かあったが、個人用のスマートフォンとしてiPhoneを使うのは(一時的に借りるだけとはいえ)、今回が初めてだった。 つまり、ラスベガスで家電見本市CESが開催された多忙な週も含め2カ月の間、Androidデバイスを持ち歩かないということだ。 筆者は2カ月間にわたり、Moto X PureからiPhone 6sに乗り換えた。 AndroidもiOSも、現時点で非常に成熟したOSだ。 また、今では相違点より類似点の方が多い。 筆者はハイエンドスマートフォンからハイエンドスマートフォンに乗り換えたわけだが、主に気付いたのはソフトウェアの違いで、ハードウェアの違いはあまり気にならなかった(とはいえ、ハードウェア面の違いにも以下で少し触れる)。 それでは、AndroidからiOSに乗り換えたとき、特に注目した点を紹介していこう。 Appleの方が優れているところ タイムリーなソフトウェアアップデート 筆者が2015年12月上旬にiPhoneを使い始めてから、2回のソフトウェアアップデート(「iOS 9. 2」と「iOS 9. 1」)があった。 3回目(「iOS 9. 3」)も間もなくリリースされる見込みだ。 こうしたソフトウェアアップデートは、世界中で同時に、無線キャリアを問わずサポート対象のiPhone全機種に提供される。 そのため、によると、「iOS 9」はiPhoneのほか「iPad」と「iPod touch」を含む全iOSデバイスのうち、75%以上で稼働しているという。 さらに驚くべきことに、同社は2011年に発売した「iPhone 4s」をいまだにアップデートしている。

次の