ポケモンgoランドロス。 ポケモンGO 伝説レイド・ランドロス捕獲のコツを動画で紹介!捕まえ方を予習しよう

ポケモンGO 伝説レイド・ランドロス捕獲のコツを動画で紹介!捕まえ方を予習しよう

ポケモンgoランドロス

ランドロス ほうじょうポケモン ぜんこくNo. 645 高さ 1. 3m 重さ• 0kg• けたぐり威力80 タイプ• 英語名• Landorus タイプ相性による弱点• 25 進化の流れ なし 共通の入手方法• 【フォルムチェンジ】アーカラの大試練達成後、カンタイシティの空間研究所でバーネット博士からもらう『うつしかがみ』で化身・霊獣にフォルムチェンジする• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• なし 主な入手方法 USUM• 『』に化身フォルムが出現 手持ちに『トルネロス』『ボルトロス』必要 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• /レベルの低い野生のポケモンと出会いにくくなる。 自分が場を離れると効果は消える。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ひこう』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 最大200 Lv. 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ひこう』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 また、技『そらをとぶ』『とびはねる』『でんじふゆう』『テレキネシス』の効果が解除され、『でんじふゆう』『テレキネシス』は使用できなくなる。 『フリーフォール』状態の相手にも命中する。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 投げつけた道具はなくなる。 通常攻撃。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性はコピーできない。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 自分が場を離れると効果は消える。 67倍、1. 6倍の説もあり になる。 また、特性『ふゆう』や、『ひこう』タイプのポケモンに『じめん』タイプの技が当たるようになる。 技『そらをとぶ』『はねる』『とびげり』『とびひざげり』『とびはねる』『でんじふゆう』『フライングプレス』『フリーフォール』が使えなくなり、使用している場合は解除される。 『テレキネシス』を受けなくなり、受けている場合は解除される。 USUM New! 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。

次の

【ポケモンGO】伝説レイド ランドロス(化身)の開催内容まとめ

ポケモンgoランドロス

DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 ランドロス けしんフォルム の対策ポケモン.

次の

【ポケモンGO】伝説レイドボス「ランドロス」登場!対策ポケモンは?

ポケモンgoランドロス

どーも皆さんこんにちは!地元秋田県で『ポケモンGO』を遊び続けるゆずみんです。 今回はランドロスをMAX強化して使った感想と、その特徴についてご紹介していきます! ランドロスはじめん、ひこうタイプを持つ、アタッカー向けのポケモンです。 ランドロスはジム戦、レイド戦、対人戦全てにおいてとても優秀なポケモンなので、今からアメをたくさん集めておく事をおすすめします! 技1 ・マッドショット(じめん) ・いわおとし(いわ) 技2 ・だいちのちから(じめん) ・げきりん(ドラゴン) ・いわなだれ(いわ) ・きあいだま(かくとう) 弱点 ・こおり(2重弱点) ・みず 抵抗 ・でんき ・かくとう ・どく ・むし ・じめん(2重抵抗) ランドロスは弱点が少なく、技のバリエーションが豊富。 技1はジム戦、レイド戦で使うならいわおとし、対人戦で使うならマッドショットがおすすめです。 またランドロスはじめん、ひこうタイプですが、覚える技にひこう技がありません。 その為メインで使うのはじめん技となります。 じめん技が弱点であるほのお、でんき、どく、はがね、いわタイプのポケモンに使っていきましょう。 同じじめんタイプで優秀なポケモンといえば、グラードン、ドサイドン、ガブリアス、ドリュウズあたりでしょうか。 このあたりのポケモンと大きく違うのが、覚える技性能です。 グラードン、ドサイドン、ガブリアスは種族値はとても優秀なのですが、覚えるじめん技がじしんと1ゲージ技です。 『ポケモンGO』では1ゲージ技よりも2ゲージ技の方が活躍の機会が多いため、この点においてランドロスの方が優秀と言えるでしょう。 また、ドリュウズはドリルライナーという優秀な技を覚えます。 ドリルライナーは2ゲージ技で威力80に対して、ランドロスの覚えるだいちのちからが2ゲージ技で威力100です。 今までじめんタイプのポケモンは、能力が高くても優秀なじめん技を覚えるポケモンがいませんでした。 そのため攻撃種族値が高く、だいちのちからという優秀な技を持つランドロスがキラリと光るのです。 別技ですがコメットパンチがちょうど2ゲージ技で威力100なので、コメットパンチの強さを知っている人ならこの強さが伝わるでしょうか。 では実際にジム戦をはじめてみましょう。 最初は技1がいわおとし、技2をだいちのちからで使っていきます。 技1のいわおとしは威力が高く、通常攻撃でも相手のHPをガシガシ削ります。 その後、2ゲージ技で発動しやすい上に威力も高いだいちのちからで相手にダメージを与えていきます。 理想を言うなら技を開放させて、技2をだいちのちからといわなだれにすると良いですね。 いわ技を覚える事によってこおり、ひこう、むしタイプにも打点を出せるので、様々なタイプのポケモンが置かれているジム戦で活躍してくれます。 特にランドロスがこおりタイプのポケモンを苦手としているので、苦手な相手にも打点を出せるいわなだれがおすすめですよ。 その後にマッドショットを試してみます。 こちらは技の威力は低いのですが、その分ゲージ技が溜まりやすく、だいちのちからを多く打つ事が出来ます。 ランドロスは環境に多い、はがねタイプのポケモンに非常に強く出る事が出来ます。 マスターリーグでよく見るはがねタイプといえばディアルガ、メタグロス、メルメタル、ヒードランあたりでしょうか。 はがねタイプは相性がとても優秀で、多くのパーティーに1体は入っています。 これらのポケモンにゲージ技が溜まりやすい技1のマッドショットを使うと、数多くじめん技のだいちのちからをうつ事が出来ます。 また、技を開放する事で覚えるいわなだれも優秀!マッドショットといわなだれの組み合わせはゲージ技が溜まる速さが凄まじく、非常に強力です。 なお、いわなだれはほのお、こおり、ひこう、むしタイプに抜群の効果があります。 マスターリーグで見かけるポケモンで言うとマンムー、カイリュー、トゲキッス、ギャラドスあたりでしょうか。 いわなだれは相手のシールドを消費させる役割と、主にひこうタイプに弱点をつける為使い勝手がとても良いです。 特にカイリューやトゲキッスは環境で非常によく見かけるポケモンなので、これらのポケモンに強く出れるのは嬉しいですね。 弱点として、ランドロスは耐久自体は高くないので、それを補えるポケモンと組み合わせるのも検討しましょう。 汎用性が高く高耐久のポケモンといえばカビゴン、カイオーガ、メルメタルあたりでしょうか。 実際にランドロスをマスターリーグの模擬戦で使った動画がこちら 【超論理】MAX強化ランドロスがマスターリーグで強すぎるヤバい【ポケモンGO】 ランドロスは強化するとジム戦でもレイドでも対人戦でも使えるので、本当に便利なポケモンです。 しかし、強化と開放する為のアメを入手するのがとても大変!現在は「GOバトルリーグ」の報酬でもランドロスをゲット出来るので、可能な限りパイルの実でゲットしていきましょう! 強化が難しい分、今後長い期間活躍してくれるポケモンですよ! ではでは今回はこのへんで。 YouTubeにて関連動画を多数投稿中。 《ゆずみん》.

次の