アクア バッテリー 上がり。 アクアのバッテリーの寿命は短い?交換方法&費用からバッテリー上がりについても

アクアの補機バッテリー交換費用を安くするならこの方法!

アクア バッテリー 上がり

TOYOTAのハイブリッドカー、アクアAQUAには、2種類のバッテリーが搭載されています。 1つは、「 メインバッテリー」。 (ニッケル水素バッテリー) このメインバッテリーがアクアAQUAのモーターの電源部。 アクアAQUAのブレーキを軽く踏むと、回生ブレーキが働き、モーターが発電してメインバッテリーに電気が流れて補充電します。 もう1つは、「 補機バッテリー」と呼ばれる従来型の12V密閉型鉛バッテリー。 補機バッテリーはアクセサリー類に電気を供給する電源。 ハイブリッドシステムが起動後、補機バッテリーはメインバッテリーによって補充電される仕組み。 アクアAQUAの走行頻度が少ない場合や補機バッテリーが劣化してくると、最悪、補機バッテリーが上がってしまいます。 Contents• アクアの補機バッテリーが上がるとどうなる? アクアAQUAの補機バッテリーが上がってしまうと、ドアは開錠できても、ハイブリッドシステムが起動しません。 あるいは、補機バッテリーの電圧によっては、ドアの開錠もできなくなります。 よって、走行不能に陥ります。 補機バッテリーが上がった時の救援方法 アクアAQUAの補機バッテリーはリヤシート下(右側)に格納されていますから、エンジンフードを開けてもバッテリーは見当たりません。 この救援端子にブースターケーブルを接続することで救援が可能となります。 補機バッテリー上がりの防止方法 トヨタのハイブリッドカー用12V補機バッテリーは非ハイブリッドカーと役割が少々異なります。 しかし、補機バッテリーのバッテリー上がりを予防、防止する方法は非ハイブリッドカーと同じです。 [1]定期的な走行 補機12Vバッテリーはメインバッテリーによって補充電される仕組み。 非ハイブリッドカーと同様、定期的な走行によって補機バッテリーは補充電されます。 では、アクアAQUAのハイブリッドシステムの起動用[POWER]ボタンを押し、5~10分程度放置することで、補機バッテリーは補充電されるのでしょうか? HVシステムが起動後、自動でエンジンがスタートすることが多いです。 ハイブリッドシステムが起動すると、補機バッテリーは状況に応じて補充電されます。 しかし、補機バッテリーの電圧が低下している場合、5~10分程度放置しても補機バッテリーを十分に補充電することはできません。 もちろん、ハイブリッドカーを放置するよりは、上記の方法で補機バッテリーは僅かでも補充電されます。 [2]定期的なバッテリー交換 補機バッテリーはハイブリッドカー専用のバッテリーながら、他のスターターバッテリーと同様、年数経過と共に劣化が進んでいきます。 鉛バッテリーの劣化原因として、サルフェーション現象と電極板の物理的な劣化の2つ。 鉛バッテリーは外気温の低下が苦手。 そして、高温環境下ではバッテリーの寿命に影響を与えます。 TOYOTAアクア用の12V補機バッテリーは普通のスターターバッテリーとは異なり、ディーラーやカー用品店でバッテリー交換すると工賃を含めて2~3万円台が一般的。 そこで、通販を上手に利用するのも手です。 [3]バッテリー充電器で管理 ハイブリッドカーの走行頻度が少ない場合、専用のバッテリー充電器でバッテリーを充電、管理する方法があります。 一般的な自動車用の12Vカーバッテリー充電器は充電が終了すると充電機能が停止します。 もちろん、その状態でハイブリッドカーを放置すれば、再び補機バッテリーは放電していきます。 そのような問題を解決した専用の充電&管理器を使うのも手です。 12V補機バッテリーに専用の充電&管理器を接続状態にすることで、常にバッテリーは満充電を確保できます。 充電器がバッテリー電圧を監視し、電圧が低下してくると補充電を繰り返します。 1年365日、バッテリーに充電器を接続状態でも、過充電の心配は一切ありません。 ちなみに、このバッテリー充電、管理器を使用すると、アクアAQUAのメインバッテリーが短時間で充電されるようになります。 この理屈は、このように考えられます。 ・補機バッテリーが満充電状態。 Archive•

次の

アクアでバッテリー上がり|原因や対処法・ケーブルのつなぎ方を解説

アクア バッテリー 上がり

TOYOTAのハイブリッドカー、アクアAQUAには、2種類のバッテリーが搭載されています。 1つは、「 メインバッテリー」。 (ニッケル水素バッテリー) このメインバッテリーがアクアAQUAのモーターの電源部。 アクアAQUAのブレーキを軽く踏むと、回生ブレーキが働き、モーターが発電してメインバッテリーに電気が流れて補充電します。 もう1つは、「 補機バッテリー」と呼ばれる従来型の12V密閉型鉛バッテリー。 補機バッテリーはアクセサリー類に電気を供給する電源。 ハイブリッドシステムが起動後、補機バッテリーはメインバッテリーによって補充電される仕組み。 アクアAQUAの走行頻度が少ない場合や補機バッテリーが劣化してくると、最悪、補機バッテリーが上がってしまいます。 Contents• アクアの補機バッテリーが上がるとどうなる? アクアAQUAの補機バッテリーが上がってしまうと、ドアは開錠できても、ハイブリッドシステムが起動しません。 あるいは、補機バッテリーの電圧によっては、ドアの開錠もできなくなります。 よって、走行不能に陥ります。 補機バッテリーが上がった時の救援方法 アクアAQUAの補機バッテリーはリヤシート下(右側)に格納されていますから、エンジンフードを開けてもバッテリーは見当たりません。 この救援端子にブースターケーブルを接続することで救援が可能となります。 補機バッテリー上がりの防止方法 トヨタのハイブリッドカー用12V補機バッテリーは非ハイブリッドカーと役割が少々異なります。 しかし、補機バッテリーのバッテリー上がりを予防、防止する方法は非ハイブリッドカーと同じです。 [1]定期的な走行 補機12Vバッテリーはメインバッテリーによって補充電される仕組み。 非ハイブリッドカーと同様、定期的な走行によって補機バッテリーは補充電されます。 では、アクアAQUAのハイブリッドシステムの起動用[POWER]ボタンを押し、5~10分程度放置することで、補機バッテリーは補充電されるのでしょうか? HVシステムが起動後、自動でエンジンがスタートすることが多いです。 ハイブリッドシステムが起動すると、補機バッテリーは状況に応じて補充電されます。 しかし、補機バッテリーの電圧が低下している場合、5~10分程度放置しても補機バッテリーを十分に補充電することはできません。 もちろん、ハイブリッドカーを放置するよりは、上記の方法で補機バッテリーは僅かでも補充電されます。 [2]定期的なバッテリー交換 補機バッテリーはハイブリッドカー専用のバッテリーながら、他のスターターバッテリーと同様、年数経過と共に劣化が進んでいきます。 鉛バッテリーの劣化原因として、サルフェーション現象と電極板の物理的な劣化の2つ。 鉛バッテリーは外気温の低下が苦手。 そして、高温環境下ではバッテリーの寿命に影響を与えます。 TOYOTAアクア用の12V補機バッテリーは普通のスターターバッテリーとは異なり、ディーラーやカー用品店でバッテリー交換すると工賃を含めて2~3万円台が一般的。 そこで、通販を上手に利用するのも手です。 [3]バッテリー充電器で管理 ハイブリッドカーの走行頻度が少ない場合、専用のバッテリー充電器でバッテリーを充電、管理する方法があります。 一般的な自動車用の12Vカーバッテリー充電器は充電が終了すると充電機能が停止します。 もちろん、その状態でハイブリッドカーを放置すれば、再び補機バッテリーは放電していきます。 そのような問題を解決した専用の充電&管理器を使うのも手です。 12V補機バッテリーに専用の充電&管理器を接続状態にすることで、常にバッテリーは満充電を確保できます。 充電器がバッテリー電圧を監視し、電圧が低下してくると補充電を繰り返します。 1年365日、バッテリーに充電器を接続状態でも、過充電の心配は一切ありません。 ちなみに、このバッテリー充電、管理器を使用すると、アクアAQUAのメインバッテリーが短時間で充電されるようになります。 この理屈は、このように考えられます。 ・補機バッテリーが満充電状態。 Archive•

次の

ハイブリッド車でも「バッテリーあがり」は起こる?

アクア バッテリー 上がり

トヨタアクアのバッテリーの寿命は? アクアはご存知の通り、ハイブリッドモデルです。 エンジンで発電した電気を大きなハイブリッドバッテリーに蓄えていき、その電気を使って電気モーターを回すことでエンジンを止めてガソリン消費量を一時的に「0」にすることでトータルでの燃費性能を高めている車です。 そのためアクアには電気モーターを回すためのハイブリッドバッテリーが必要になることがわかりますが、それ以外にも通常のガソリンエンジンモデルと同じように12V電源の電装品を稼働させたり、ハイブリッドシステムの制御システムを動かすために12Vの通称「鉛バッテリー」も搭載されています。 この鉛バッテリーのことを一般的に 「補機バッテリー」などと呼びます。 ハイブリッドバッテリーはニッケル水素バッテリーで、120セル構造、定格電圧144V、6. 5Ahとかなりの高電圧、一方、補機バッテリーは通常の自動車用のバッテリーですので、12Vのバッテリーが搭載されています。 ハイブリッドバッテリーは、トヨタがパナソニックとの間で作った合弁企業「プライムアースEVエナジー株式会社(旧パナソニックEVエナジー株式会社)」が作ったものでアクア専用品があり、新品部品の値段は約13万円ぐらいします。 これに対して補器バッテリーは、発売当初から全く変わっておらず、ハイブリッド規格、5時間率28Ah仕様の GSユアサ製のS34B20R型が標準バッテリーとして採用されています。 バッテリーの位置はどちらもリヤシートの下、リヤシートの座面を取り外すと出てきます。 中央にドカンと置かれている銀色の箱がハイブリッドバッテリーで、その横の運転席側の隙間に納められているのが補機バッテリーです。 ハイブリッドバッテリーはトヨタが言うには、 基本的に廃車まで無交換ということになっていて、定期的な交換を必要としませんが、現実的にはハイブリッドバッテリーの寿命が尽きて交換が必要になる以前にハイブリッドバッテリー自体の故障で交換を余儀なくされたり、ニッケル水素バッテリーで強く出る「メモリー効果」がひどくなり使い物にならないことから交換が必要になったり、ハイブリッドシステムの故障によってハイブリッドバッテリーにも影響が出てしまい、交換する必要があったりと、耐久性に対する交換ではなく、 故障修理による交換といった強制的な交換に至ることがかなり多くのアクアに出ています。 バッテリー単体の新品部品単価としては約13万円ぐらいだそうですが、これに交換工賃などが加わることで30万円ぐらいの修理費用が掛かってしまいます。 ただ、最近は中古ハイブリッドバッテリーというもの出回るようになってきて、交換作業もディーラー以外の一部の修理工場でもできるようになったことから、15万円ぐらいで交換することもできるようになってきたようです。 【スポンサードリンク】 補機バッテリーに関しては、通常のバッテリーと同じ考え方でいいでしょう。 交換サイクルは2年から3年で、純正品であるGSユアサ製のものに交換してもいいですが、性能的には パナソニック製やボッシュ製のもの互換品への交換もオススメです。 ちなみにハイブリッドモデルの補機バッテリーもバッテリー上がりを起こすことはあります。 よく「補機バッテリーが上がってもハイブリッドバッテリーがあるから大丈夫だろう」という方がいますが、それは間違いです。 ハイブリッドバッテリーと補機バッテリーは使い道が全く違い、補機バッテリーが担当する部分をハイブリッドバッテリーで補うことはできません。 補機バッテリーはハイブリッドシステムで一番重要な部分となるハイブリッドシステムの制御システムの電源を受け持っています。 エンジンを始動する指示、エンジンと電気モーターどちらで走るのかということ決める事、回生エネルギーの回収をすること、充電をするかしないかの判断や指示・・・などといったハイブリッドシステムを機能させるための電気を賄っているのが補機バッテリーの12V電源なのです。 ですので、補機バッテリーがある一定の電圧より低くなってしまうとハイブリッドシステムの制御システムを起動させることができないため、補機バッテリーを充電するためにエンジン始動すらできない状態になってしまい、最終的に走行不能状態になってしまいます。 特に短距離移動を頻繁に繰り返す場合ではよく出ますので、時には無駄にガソリンをばらまいて長時間走ることも必要ですし、定期的に交換することも必要となるでしょう。 おすすめのバッテリー通販ショップまとめ 国産有名メーカーのバッテリーから、外車用のバッテリーまで、 バッテリーもいまやネットで調達するのが当たり前な時代!ネットなら何でも揃うと言っても過言ではない激安バッテリー市場。 中でもオススメなのが、国内最大級の格安バッテリーと品揃えが自慢のバッテリー専門通販ショップ 「カーエイドストア」です。 プリウス(トヨタ)• ノートe-POWER(日産)• ノート(日産)• アクア(トヨタ)• ルーミー(トヨタ)• ヴィッツ(トヨタ)• フィット(ホンダ)• タンク(トヨタ)• ソリオ(スズキ)• パッソ(トヨタ)• スイフト(スズキ)• デミオ(マツダ)• マーチ(日産)•

次の