韓国経済危機。 IMFによる韓国救済

韓国破産の危機だ!韓国はフィリピンより劣る国になる!韓国の景気指数 IMF危機後最大の下落 経済台風来るか 韓国の反応

韓国経済危機

年表 [ ] 1997年 [ ]• :(現:)倒産。 :韓宝建設と韓宝グループの最終不渡り処理。 :三美グループ倒産。 :、法定管理を申請。 :米国社、韓国の国家信用格付けを下方修正。 :米国社、韓国の国家信用格付けを下方修正。 :株価、最大暴落。 :ウォンの対ドルレートが史上初めて1,000ウォンを突破。 :政府がIMFに救済金融を正式申請したことを発表。 :政府がIMFに救済金融を要請したことを発表。 : IMFとの間でスタンドバイ協定(Stand-By Arrangement)を締結。 資本市場の全面開放。 :大統領選挙にてが当選。 :とへの融資交渉が完了。 :ムーディーズ、韓国の格付けを「投資非適格」に2段階下方修正。 :不良金融資産処理のためのが設立される。 1998年 [ ]• :大統領退任。 :第15代大統領、大統領就任。 :が市場退出の対象となる55社を公表。 :大韓民国金融委員会が金融機関の退出・再編策を公表。 :5大財閥の構造調整案を発表。 12月31日:を米国が買収することに合意。 1999年 [ ]• :の再構築計画が発表される。 :自動車部門、GMと戦略的提携覚書を締結。 :大宇グループ会長の、や方面へ国外逃亡。 - :大宇グループの12会社に対しての債権団共同管理計画(ワークアウト)が確定。 2000年 [ ]• :起亜自動車、法的管理手続きを終結。 :大宇自動車が1次不渡り。 2001年 [ ]• :IMF支援体制からの脱却(195億ドルを全額返済)。 IMFとの合意 [ ] 合意内容には、「財政再建」「金融機関のリストラと構造改革」「通商障壁の自由化」「外国資本投資の自由化」「企業ガバナンスの透明化」「労働市場改革」などが盛り込まれた。 金融セクター再編• 韓国銀行の海外支店について、貸付状況監査と不採算支店の閉鎖• 全ての銀行がを満たすよう、実現スケジュールを策定• WTOコミットメントの準拠• 貿易補助金の廃止• 輸入ライセンス規制の廃止• 輸入多様化プログラムの廃止(を対象にした、対の輸入制限規制)• 資本勘定の自由化• 国内市場において、外国人投資家による金融商品購入の全面解禁• 社債市場における外国投資の全面解禁• 企業が、外国より融資を受ける事に対する規制の廃止• と企業体質• 銀行の融資判断を尊重し、政府は銀行運営・個別融資に対して介入しない。 政府による現行の融資指示は直ちに撤回する。 政策融資(農業・中小企業融資)は維持するが、利子補給は政府予算から支出する。 個別企業救済のための、政府による補助金支援・減税支援の禁止 主な影響 [ ] 政権交代 [ ] 大統領選挙にて、与党候補のが野党候補のに敗北した。 この節のが望まれています。 解雇規制緩和 [ ] アジア経済危機後の1998年2月に派遣労働制が導入された。 IMFによる韓国救済後、常用雇用者についても、1998年2月、政府・企業・労働組合の三者協調路線の下、真にやむを得ない経営存続上の理由がある場合には常用雇用者の解雇も認めるという内容の合意が行われた。 産業政策の変化 [ ] 的な国内民族資本財閥が競う状態から、関税障壁の撤廃・投資の自由化を通じて、財閥の合併・再編が相次いだ。 ・・の大手財閥自動車メーカーと・の準大手の財閥自動車メーカーが市場で争っていた。 なお旧大宇自動車に関しては乗用車部門が韓国GMとなった一方でトラック部門がの、バス部門がへと分裂した。 また、IMFによる経済引き締めの結果、財閥より体力の無い多くの自動車中小部品メーカーのキャッシュフローが滞った結果、倒産に至った。 事件を題材にした作品 [ ] 映画 [ ]• 監督 『』 (2018年) 脚注 [ ]• 2017年3月31日閲覧。 2017年3月31日閲覧。 藤川昇悟 2007 , , 産業学会研究年報 22 2007 : 29-42,155 , 2012年8月16日閲覧。 参考文献 [ ]• 1997-12-5. Report. 日本貿易振興機構アジア経済研究所 2007-03. アジア金融セクターの規制緩和に関する法制度研究 Report. 2011年12月11日閲覧。 "" MARKLINS 2017年03月29日閲覧。 2017年3月29日閲覧。 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる(、)。

次の

韓国破産の危機だ!韓国はフィリピンより劣る国になる!韓国の景気指数 IMF危機後最大の下落 経済台風来るか 韓国の反応

韓国経済危機

1997年の韓国通貨危機 1997年の韓国通貨危機は、「朝鮮戦争以来、最大の国難」や「IMF危機」とも言われ、「アジア通貨危機」の事象の一つで、韓国で起こった通貨危機をいいます。 アジア通貨危機の前 韓国は、アジア通貨危機が発生する前、他のアジア諸国と比べて、マクロ経済のファンダメンタルズは十分でしたが、既に金融部門で不良債権を抱えていました。 実際、1997年1月に韓宝グループの倒産に始まり、多くの企業が倒産や事実上の倒産に追い込まれ、韓国経済は悪化していく最中でした。 韓国通貨危機の発生 1997年7月にタイで通貨危機が発生すると、他のアジア諸国と同様、韓国にも伝播し、その影響を次第に受けるようになりました。 当初は、の特融やの介入により暴落には至りませんでしたが、10月に起亜自動車が破綻するなど、さらに経済状況が悪化し、また韓国の格付けも引き下げられました。 そして、11月17日に韓国の大手銀行が外貨決済の不能に陥り、が急落して通貨当局は介入を放棄し、またデフォルト寸前の状況にまで追い込まれ、11月21日にへの支援を正式に要請しました。 <韓国ウォン(対ドル)の推移> ・6月末:888. 10ウォン ・7月平均:890. 50ウォン ・12月末:1,695ウォン 韓国通貨危機の支援とその後 韓国の支援要請に対して、IMFは史上最大規模となる210億ドルの融資の実施を決定し、それ以外に、から100億ドル、から40億ドル、日本から100億ドル、米国から50億ドルなど、IMFを含めて支援パッケージは総額580億ドルに上りました。 IMFが支援を決定したことで、IMFが韓国経済に介入し、経常収支の改善、財政収支の黒字化、インフレの抑制、金融の引き締め、外貨準備の積み増し、金融の改革、市場の開放(財閥の改革等)などが要求され、韓国は朝鮮戦争以来、最大の国難(経済混乱)となりました。 その後、各種改革のほか、海外からの証券投資に対する規制緩和がなされたことで、対外証券投資の流入が促進され、次第に韓国の国際収支は安定を取り戻していきました。 2008年から2009年の韓国通貨危機 2008年から2009年の韓国通貨危機は、世界的金融危機の状況下において、韓国で起こった通貨危機をいいます。 危機の背景 に端を発した、米国発の世界的金融危機により、2008年から2009年にかけて、金融市場は(信用収縮)に見舞われ、世界的にの流通が滞り、ではドル不足が発生していました。 当時、韓国は、資本収支・経常収支ともに赤字(外貨準備の取り崩し)となっており、短期対外債務の多くが償還時期を迎えた2008年9月に、市場でのドル不足と相まってウォン相場は急落し、さらに10月には、アジア通貨危機以来の安値を記録し、1ドル=1500ウォンを超える水準まで下落しました。 危機への対応 このような状況の中、米国とドル・ウォンのの締結、及びそれを利用したによって短期的に持ち直しましたが、2009年2月に韓国経済(2008年第4四半期)が大幅なマイナス成長になると、再びウォン安に転じて1ドル=1500ウォンを突破しました。 (通貨スワップ協定は、中国と日本とも締結) その後、一時は通貨スワップの限度額の多くを使うなど予断を許さない状況となりましたが、最終的には何とか切り抜け、危機を脱することができました。 (日韓通貨スワップ協定は、2015年2月23日に終了).

次の

IMF危機を思い出す韓国人:日経ビジネス電子版

韓国経済危機

しかしになって一転、KDBは出資協議を打ち切った。 そして最終的に、は同年に(日本のに相当)の適用を連邦裁判所に申請しした。 総額は6,130億(以下ドル。 当時ので約64兆5000億円)と米国史上最大の倒産となった。 その余波でなどの金融機関が急激に経営危機に陥った。 「」および「」を参照 ドル不足と韓国の国際収支 [ ] それに伴い、がクレジットクランチ()に見舞われると市場でドルの流通が滞り、ではドル不足を招いた。 その結果、最もドル不足の影響を受けたのが韓国の通貨、ウォンであった。 この理由として、韓国の(資本収支・経常収支)が頃より悪化しており、特ににおける短期対外の比率が急速に高くなっていたことがあげられる。 その短期対外債務の多くが償還時期を迎えた2008年9月に、先述のドル不足と相まってウォン相場は急落した。 韓国は2008年に資本収支・経常収支共に赤字(の取り崩し)となっており、金融危機によるで外需の低下により、赤字に陥っていた。 2008年10月のウォン下落 [ ] 2008年、ウォンが大幅に下落するに伴い、韓国ののなかで「KIKO ノックイン・ノックアウト 」と呼ばれるを契約していた企業のうち、6割以上が多額の損失を被った。 特に1ドルが1,200ウォンを超えた辺りからそれは化し、韓国政府はその救済に8兆3000億ウォン 5,810億円 の金融支援を行う。 韓国のにおける外貨の需給関係の逼迫は高まり、2008年、韓国政府は企業の海外の自粛などの厳しい外貨規制を敷いた。 しかしその後もウォン相場の下落は止まらず、には終値が1ドル=1465. 9ウォンと以来の安値を記録。 ウォン安はその後も進行し、一時は1ドル=1500ウォンを超える水準まで下落した。 ドル・ウォン通貨スワップ協定 [ ] その後、とのドル・ウォンの締結、およびそれを利用したによって短期的に持ち直し、2008年末における相場は1ドル=1,259ウォンまで回復した。 2009年2月のウォン下落 [ ] しかし、2008年第4四半期のは大幅なマイナス成長となり 、持ち直していた相場が再びウォン安に転じ始めた。 そして、2009年には再び1ドル=1,500ウォンを突破し 、通貨スワップの限度額300億ドルのうち200億ドル以上を既に使い果たすなど、予断を許さない状況となった。 韓国からの日本の対応批判 [ ] 「」も参照 は韓国に対して300億ドルのを2008年(平成20年)12月に締結したが 、アメリカは10月に、は12月に韓国と締結していたため、大韓民国長官のは、日本メディアの取材に対し、「韓国が最も厳しい時に外貨を融通してくれたのは、アメリカ、中国、日本の中で日本が最後だ。 日本は出し惜しみをしている気がする。 アジア諸国が日本にふがいなさを感じるゆえんである。 日本側がもう少し譲歩し、配慮すれば早く締結できるのではないか」と述べた。 なお、後日に2008年の 韓国通貨危機による韓国の傷は深かったが、大統領の指示を受けてとしてが日本の政治家や政府高官などにを展開させ、スワップ締結に難色を示していた対韓強硬派の財務大臣(当時)に日本国内のから圧力を掛け、をようやく成立させた話が報道されている。 もっとも日本には韓国へ外貨を融通する義務があるわけではなく、韓国側からは感謝するどころか「恩着せがましい」と逆に日本をする声が政府だけで無く、マスメディア、の声として報道され、日本側を大いに憤慨させた。 大統領の強硬な対日政策による日韓の軋轢により、韓国側から協定の延長を依頼することが政治的に困難になったことや、中国と3,600億規模の通貨スワップ協定を結んでおり、日本政府内からも特段延長すべき理由がないことから、日韓通貨スワップ協定も2015年2月23日で終了した。 脚注 [ ]• この件に関して、韓国では短期の償還期限が9月上旬であった事と、実際にこの件について韓国がアメリカから外債回収の援助等を受けていた事とが重なり、短期外債期限を乗り切った直後に出資協議を打ち切っている事から、外債のやり過しの目的()、またKDBによるといわれる• 韓国のでは「9月危機」との報道がなされた。 07JPY計算• 2008年10月2日10時49分配信• 2008年10月13日7時38分配信• 2008年11月20日17時5分配信• 2008年12月31日9時18分配信• 2009年1月22日10時26分配信• 2009年2月20日11時42分配信• 二国間の通貨スワップ協定自体は(平成17年)に締結済み。 中央日報 2009. - (2017. 25 16:00版)2017年9月28日閲覧 関連項目 [ ]• 1997年- この項目は、に関連した です。 などしてくださる(、)。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の