羊 と オオカミ の 恋 と 殺人 舞台 挨拶。 【レポート】福原遥 映画『羊とオオカミの恋と殺人』初日舞台挨拶

映画『羊とオオカミの恋と殺人』公開記念舞台挨拶(11/29) 杉野遥亮 Eventernote イベンターノート

羊 と オオカミ の 恋 と 殺人 舞台 挨拶

杉野遥亮さん&福原遥さん 【インタビュー】 映画『羊とオオカミの恋と殺人』公開記念 映画 『』が、いよいよ明日11月29日(金)より公開です。 今回は、本作でW主演を務めた 杉野遥亮さん(自殺志願の男子・黒須越郎役)と 福原遥さん(殺人鬼の美少女・宮市莉央役)に撮影を振り返っていただくとともに、お互いの演技や今後の目標についてお話を伺いました。 どういうストーリーで、軸がどこにあるのかがあまり分かりませんでした。 後は、現場で思ったこと、感じたことももちろんですけど、出来上がった作品を観た時が一番理解できたかもしれないです。 それこそ過激なシーンが多かったので、これがどう映画で表現されるんだろうって。 私も読めなくて、衝撃の方が大きかったです。 同時に自分がどうやってこれを表現できるのか不安が大きくて。 現場に入ったら、それよりもちょっとマイルドにというか、可愛らしい部分も見えたので、作品の雰囲気は崩さないまでも、こういう感じかなっていうのは何となく掴みながら撮影に臨めました。 演じるにあたって意識されたポイントを教えていただけますか? 杉野遥亮さん 監督がおっしゃった「この世界の端っこの人たち」というところでしょうか。 もしかしたら、内面的な部分でどこか似たり寄ったりとか、「親近感」を持てる部分ももちろんありますけど、置かれている状況設定や黒須と宮市さんが経験していることは自分(黒須本人)からは遠ざかっているのかなって思ったりもしました。 ただ、それが見えた時に、自分が感じた「親近感」は、お客さんにそこまで離れたものだと捉えて欲しくないって思いもどこかにありました。 役を作り込むというよりは、そこで受け取ったものを自分が表現していくことを着実にやって行こうと思っていました。 親しみ易いんじゃないかなと思います。 人に区別、差別つけるような人を宮市さんは好きになったりはしないと思うし。 もちろん最初に黒須なりの絶望というか、底辺からのスタートだったので、そういう状況下っていうのはあったと思いますけど、根底にあるのは(黒須は)柔らかくて明るい人だというところはブレたくないと思ってました。

次の

杉野遥亮さん&福原遥さん【インタビュー】映画『羊とオオカミの恋と殺人』公開記念

羊 と オオカミ の 恋 と 殺人 舞台 挨拶

脚本の衝撃がすごかったために映画初主演の緊張をあまり意識せず臨めたという杉野さんは、「監督が『世界の隅っこの話』だと言っていたので、ファンタジーに寄らないよう、どこかリアルに感じてもらえるところがあれば…」と一風変わった役を演じるうえで気を付けていたことを明かし、ちょうど殺人鬼役をやりたいと話していた時期にオファーを受けたという福原さんは「こんなにすぐできるんだ!ってびっくりして、嬉しかったです!」と笑顔で語りました。 「長い撮影があり、気絶なんですかね?どっかいっちゃってて、気づいたら遥ちゃんが『起きて!本番だよ!』って 笑 」と暴露。 10年近く交友があるという福原さんと江野沢さん。 福原さんが江野沢さんに憧れて雑誌に応募したというエピソードを語る場面も。 共演2回目にして江口さんのことが大好きだという杉野さんは、撮影中も江口さんがいると笑顔になり、江口さんが帰るとしょんぼりしていたそう。 江口さんは「なんも面白くないとこで笑う!」と苦言を呈しつつも、懐かれて笑顔。 福原さん・杉野さんのフレッシュなコンビに、「ハードな撮影でリアルとは離れた脚本だったので役者側としては難しかったんですけど、2人は若いんだけどおじいちゃんおばあちゃんみたいな感じで 笑 遥ちゃんはお菓子くれるし杉野くんはよくわからないゲームやりたがるし」と撮影が楽しかったと語りました。 映画にちなみ自身の意外な一面告白タイムでは、杉野さんは「可愛いといわれることが多いのですが、甘えるより引っ張っていきたいタイプ」と語り、はにかんだ笑顔を見せ、会場からは黄色い声が漏れていました。 最後に福原さんは「皆さんにどうこの映画を受け取ってもらえるのか、楽しみもあり不安もあるんですけど、私自身宮市を演じて、問題を抱えてる2人が惹かれあって自分を好きになっていくという2人だけの世界が共感できる部分もあったので、是非共感しながら見ていただけると嬉しいです。 」と、杉野さんは「僕もまだまだ分からない部分があるなと思っていて、感想って一つじゃないなと。 人と違うかもしれないし同じかもしれない。 そういうの全部知りたいなと思っています。 よければ感想を寄せていただけると嬉しい。 」と挨拶し、舞台挨拶は終了しました。 映画『羊とオオカミの恋と殺人』は11月29日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国順次公開。 (C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社 <写真ギャラリー>.

次の

杉野遥亮さん&福原遥さん【インタビュー】映画『羊とオオカミの恋と殺人』公開記念

羊 と オオカミ の 恋 と 殺人 舞台 挨拶

自殺願望を持つニートの青年・黒須越郎と、彼の隣人で殺人鬼の美少女・宮市莉央の奇妙な恋模様を描く本作。 杉野が黒須、福原が宮市に扮した。 杉野遥亮 福原遥 杉野は2度目の共演となった福原について「絶対的な信頼を置いていました」と言及し、「遥ちゃんの目を見て芝居をしていれば、確固たる何かが生まれてくる気がしたんです」と撮影時を回想し懐かしむ。 その言葉に福原は笑顔を見せながら「杉野くんとの撮影は安心感がありました。 一緒にできてよかった!」と声を弾ませた。 江野沢愛美 左から朝倉加葉子、福原遥。 キャピキャピした女性・川崎春子役の江野沢は、キャラクターと自身の共通点を尋ねられると「似ていないですね」と即答する。 そして「しゃべり方のトーンを上げるのが難しかった」と役へのアプローチ方法を明かし、以前から友人であった福原との共演に関しては「(いつもの福原とは違って)目が鋭くて。 いやあ、殺人鬼でした」と語って福原を大笑いさせた。 朝倉は「血しぶきが出る分だけ、むしろそれ以上にキュンとするところがある映画。 「羊とオオカミの恋と殺人」初日舞台挨拶の様子。 舞台挨拶では、本作のキャッチコピー「信じられないでしょうが、これはラブコメです。 」をお題にトークを展開することに。 杉野が「僕、こう見えてガサツでズボラなところがあるんです。 お風呂から上がったらパンツもはかずにウロウロしたり、コートも脱いだらその辺に置いちゃったり」とコメントした際には、女性陣から「モデルだったのに!? 」とツッコミが入った。 続いて福原が「足が速いんです。 学生の頃はリレーの選手だったこともありました」と告白すると杉野は「うっそ!」と驚きの声を上げる。 江野沢は「モデルさんって草ばっかり食べてるんじゃない?と言われますが、大食い。 ステーキ屋さんで450gを頼んで、ご飯も大盛りにしたり」と、朝倉は「18歳くらいまでホラー映画や怖いテレビを一切観られなかった」とそれぞれ意外な一面を明かしていった。 「羊とオオカミの恋と殺人」初日舞台挨拶の様子。 観客と動画撮影を楽しむ登壇者たち。 最後に福原は「スパイスが効いたラブコメディです。 皆さんにこの映画をまるっと好きになっていただけたらうれしい」と、杉野は「この作品がお客さん1人ひとりの心の中に残ってくれたら本望だなと思います」と観客に呼びかけ、舞台挨拶の幕を引いた。 c 2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 c 裸村/講談社.

次の