入れる 類語。 茶々を入れるの意味とは?語源(由来)は淀殿?類語/英語/例文も紹介!

【慣用句】「朱を入れる」の意味や使い方は?例文や類語を教材系ライターが解説!

入れる 類語

「喝を入れる」の意味とは? 「喝を入れる」の読み方• 「喝を入れる」の英語 解釈• 「喝を入れる」の使い方• 「活を入れる」と「喝を入れる」のどちらが正しい? 「喝を入れる」を使った例文や短文 解釈• 「喝を入れる」の類語や類義表現• 「喝を入れる」の対義語 「喝を入れる」の意味とは? 「喝を入れる」とは、 「活力を与えること」や 「元気づけること」を意味する 「活を入れる」という言葉の誤用・誤変換になります。 「喝を入れる 活を入れる 」の言葉の意味は、 「活力・意欲・生命力を与えること」や 「励まして元気づけること」になりますが、現在では 「モチベーションの落ちている人に気合を入れるために厳しいことを言うこと」といった意味でも使われるケースが増えてきています。 「喝を入れる 活を入れる 」という言葉の由来は、柔道の人工呼吸法である 「活法」にあり、元々は柔道の絞め技で落ちて気絶した人の息を吹き返させることを 「活を入れる」と言っていました。 この柔道の活法の意味が転じて、 「活を入れる」に 「気力・活力・意欲 モチベーション が落ちている人を元気づけること」という意味が加わったのです。 「活」は 「活力・元気・生き生きした感じ」のことですが、 「喝」は主に仏教・禅宗の僧侶が悟りを促すために出す 「大声・叱りつける声」のことを意味しています。 「喝を入れる」の英語 解釈 「喝を入れる 活を入れる 」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。 「活を入れる」のニュアンスを表現することができます。 「pep talk」とは 「激励」のことを意味します。 「喝を入れる」の使い方 「喝を入れる 活を入れる 」の使い方は、 「気力・活力が落ちている人を元気づける場合」や 「意欲 モチベーション が低下してやる気のない人に活力を与える場合」に使うという使い方になります。 「活を入れる」の 「活」とは 「活力・元気・生命力・意欲・生き生きとした感じ」のことであり、 「元気や生命力のない人」に活を入れることで励まして活力を与えることができるのです。 「喝を入れる 活を入れる 」の使い方として、近年は本来の意味ではない 「やる気のない人や気を抜いている人に対して厳しいことを言う。 ボケッとしている人に気合を入れる」という意味で使われることも増えています。 例えば、 「夏休みでたるんでいる生徒たちに、活を入れなければならない」などの文章で、 「活を入れる」という言葉を 「厳しいことを言う・気合を入れる」の意味で使うことができます。 「活を入れる」と「喝を入れる」のどちらが正しい? 「活を入れる」と 「喝を入れる」の言葉のどちらが正しいのかと言えば、 「活を入れる」の方が正しいということになります。 「喝を入れる」という表記をしてしまう誤用・誤変換は非常に多いのですが、その理由は 「喝」という漢字に対して、 「禅僧が修行者に気合を入れるためにかける大声・掛け声」というイメージがあるからです。 「喝」の漢字の意味は確かに、仏教・禅宗の僧侶が出す 「 悟りに気づかせるための 大声」であり、警策 きょうさく と呼ばれる木の棒で修行者の肩を打ち据えながら、 「喝」と呼ばれる大声を出すのですが、 「喝 大声 」は基本的に 「出す」もので 「入れる」ものではないのです。 それに対して、 「活」には 「活力・元気・生命力・意欲 モチベーション ・生き生きした感じ」などの意味があり、 「活を入れること」によって 「元気や意欲のない人を励まして元気づけること」ができるのです。 「仏性に働きかける・悟りの気づきを与える」 「喝を入れる」の類語・類義表現として、 「仏性に働きかける・悟りの気づきを与える」があります。 「喝を入れる 正しくは活を入れる 」というのは、禅宗の僧侶が悟りのきっかけを与えるために、警策 きょうさく で修行者を叩きながら 「喝」と大声を上げることで、 「修行者の仏性に働きかけること」のイメージを喚起します。 「喝」は 「活」の誤字なのですが、 「喝を入れる」には悟りにつながる大声 喝 を出して、目覚めさせるというニュアンスがあります。 そういった仏教・禅宗の悟りにまつわる意味合いやイメージを踏まえると、 「喝を入れる」の類義表現として、 「仏性に働きかける・悟りの気づきを与える」を上げることができるのです。

次の

「横槍を入れる」の意味は邪魔すること?使い方や類語を紹介!

入れる 類語

[動ラ下一][文]い・る [ラ下二]• 1 外側にあるものを、ある範囲内、内側の場所に移す。 ㋐外から中に移し置く。 また、はいらせる。 ㋑支払うべきものを納める。 ㋒組織・集団などの一員とする。 法律的に認めて、家族などの構成員とする。 ㋐ある範囲・数量に含める。 ㋑まぜる。 3 間にはさむ。 ㋐はめ込む。 ㋑差しはさむ。 4 ある作用を加える。 ㋐(容れる)認めて受け入れる。 認めてやる。 聞きいれる。 ㋑そうすることによって、受け入れてもらうように頼む。 6 気持ちなどを集中させる。 ㋐(多く「身をいれる」「気をいれる」の形で)熱心に物事に打ち込む。 ㋑(多く「念をいれる」の形で)手落ちのないよう、十分注意する。 7 投票する。 8 (「淹れる」「点れる」とも書く)湯を差して、茶などを出す。 9 を通じさせたり、操作を加えたりして、電気・あかりなどをつける。 また、作動させる。 始動する。 10 相手に連絡する。

次の

入れる(いれる)の類語・言い換え

入れる 類語

[動ラ下一][文]い・る [ラ下二]• 1 外側にあるものを、ある範囲内、内側の場所に移す。 ㋐外から中に移し置く。 また、はいらせる。 ㋑支払うべきものを納める。 ㋒組織・集団などの一員とする。 法律的に認めて、家族などの構成員とする。 ㋐ある範囲・数量に含める。 ㋑まぜる。 3 間にはさむ。 ㋐はめ込む。 ㋑差しはさむ。 4 ある作用を加える。 ㋐(容れる)認めて受け入れる。 認めてやる。 聞きいれる。 ㋑そうすることによって、受け入れてもらうように頼む。 6 気持ちなどを集中させる。 ㋐(多く「身をいれる」「気をいれる」の形で)熱心に物事に打ち込む。 ㋑(多く「念をいれる」の形で)手落ちのないよう、十分注意する。 7 投票する。 8 (「淹れる」「点れる」とも書く)湯を差して、茶などを出す。 9 を通じさせたり、操作を加えたりして、電気・あかりなどをつける。 また、作動させる。 始動する。 10 相手に連絡する。

次の