コネクティング 大坪。 和泉洋人と大坪寛子がコネクティングルーム利用で不倫に税金を使用ツイッター怒りの反応

【2ch速報】厚労省の大坪寛子審議官の出張費は185万円 和泉首相補佐官に4回同行…4回ともコネクティングルーム!

コネクティング 大坪

既婚者である和泉洋人首相補佐官(66)と、シングルマザーである大坪寛子厚生労働省大臣官房審議官(52)の不倫疑惑。 2月7日に行われた衆議院予算委員会で、大坪氏がこの疑惑に応えた。 質問したのは、立憲民主党の早稲田夕季衆議院議員(61)。 税金を使った出張中の不倫疑惑とあって、議場では「税金だぞ」「どこが出張だ!」というヤジが飛んだ。 それに対して、大坪氏は出張が公務であることを強調したうえで、こう答えた。 「和泉秘書官は体調を崩されて、官邸のなかで倒れられたことがあります。 救急搬送されまして、入院加療をしばらく受けられていたことがございます。 もともと公務なので行く予定でしたが、その際に秘書官の方から相談を受けております。 現地の医療体制とか、機内の医療の整備について、いろいろと確認をしたり、そういったやり取りがありました。 その際に、秘書官から連絡を受けられる場所ということで、和泉補佐官の部屋を秘書官と私とで挟む形で万全の体制をとった」 部屋に泊まったことは認めた大坪氏。 彼女は医師から官僚に転身した経歴を持つ。 通例では、首相補佐官には医師は同行せず、緊急時には現地の医療機関に頼るのだが……。 大坪氏の言うことを素直に受け取れば、現地インドの医療体制が信用できないから、自分が一肌脱いだということなのか。 さらに、大坪氏が過去に行ったミャンマー、インド、中国、フィリピンの出張はすべて、和泉氏と一緒だったのではないかと指摘されると、「(専門分野の)ヘルスケア関係のものに関しては、私が同行することもございますし、他のものが同行することもある」と正面から答えなかったが、一緒だったことについて異存はないよう。 「部屋の配置については、基本的には、外務省が作ってくださる配置に従っている。 すべてどうであったかは、細かいところは記憶にありません」 自分の上役にあたる男性の部屋と、内扉でつながっている部屋に泊まる経験なんて、滅多にはなさそうなもの。 他にもそういうことがあったら覚えていそうなものなのだが……。 一方、外務省の担当者はインドのホテルの部屋割りが「補佐官室からの指示であったこと」を認めた。 東出昌大(32)と唐田えりか(22)、鈴木杏樹(50)と喜多村緑郎(51)の不倫が世間を騒がしているが、大坪氏と和泉氏の不倫疑惑には税金が使われた疑いがある。 やつれたようにも見えたが、質問に対してよどみなく答えた大坪氏。 野党は和泉補佐官を国会に呼ぶことと、出張に関する書類をすべて開示することを要求している。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

女医として「彼の隣に寝た」と鉄面皮の女、大坪寛子! 赤かぶ

コネクティング 大坪

さらに乗員乗客の下船前の調査は「検温」と「問診」のみだったこともになっている。 それでも乗員・乗客、船内で作業した職員などを下船させ、公共交通機関で自宅まで帰宅させたが、下船後に感染が確認されるケースも相次いで発生。 このような事態のなか、マスクをせずに作業していた大坪氏には批判の声が集まることが予想される。 「飲食不可エリア」で飲み食いする姿も 文春の取材を受けた医師によると、クルーズ船内で作業にあたる職員は常にマスクをしているように指示があり、外してよい場合は着席して食事をするときのみだった。 しかし、大坪氏はマスクをしていない姿がしょっちゅう確認されていたという。 さらに、作業場である「サボイ・ダイニング」では食事可能エリアと飲食ができないエリアが分けられていたというが、大坪氏は飲食不可の作業エリアにもスイーツやコーヒーを持ち込み、堂々と飲み食いしていたとされている。 これらの問題行動から、全体ミーテイングの場で「マスクをしていない人がいる。 着用を徹底するように」「作業エリアで喫食しないように」などと改めて注意喚起されたとのことだ。 同医師は、大坪氏からの指示や問い合わせはまったくなく、全体ミーティングでも一切発言がなかったことから「船内で何の仕事をしているのかまったくわからない」と話す。 船内での医療対策本部の事務方トップは、正林督章大臣官房審議官。 同じ審議官の大坪氏が舵をとってもおかしくないのだが…。 まさか「コネクティングルーム不倫」の件を追及されたくないために、あえてクルーズ船勤務となったということなどまったく無いと信じたい。

次の

大坪寛子官房審議官と和泉洋人首相補佐官、コネクティングルーム宿泊は不倫の証拠になる?

コネクティング 大坪

1月29日、参院予算委員会での大坪寛子厚生労働省大臣官房審議官。 既婚者である和泉洋人首相補佐官(66)と、シングルマザーである大坪寛子厚生労働省大臣官房審議官(52)の不倫疑惑。 2月7日に行われた衆議院予算委員会で、大坪氏がこの疑惑に応えた。 質問したのは、立憲民主党の早稲田夕季衆議院議員(61)。 税金を使った出張中の不倫疑惑とあって、議場では「税金だぞ」「どこが出張だ!」というヤジが飛んだ。 それに対して、大坪氏は出張が公務であることを強調したうえで、こう答えた。 「和泉秘書官は体調を崩されて、官邸のなかで倒れられたことがあります。 救急搬送されまして、入院加療をしばらく受けられていたことがございます。 もともと公務なので行く予定でしたが、その際に秘書官の方から相談を受けております。 現地の医療体制とか、機内の医療の整備について、いろいろと確認をしたり、そういったやり取りがありました。 その際に、秘書官から連絡を受けられる場所ということで、和泉補佐官の部屋を秘書官と私とで挟む形で万全の体制をとった」 部屋に泊まったことは認めた大坪氏。 彼女は医師から官僚に転身した経歴を持つ。 通例では、首相補佐官には医師は同行せず、緊急時には現地の医療機関に頼るのだが……。 大坪氏の言うことを素直に受け取れば、現地インドの医療体制が信用できないから、自分が一肌脱いだということなのか。 さらに、大坪氏が過去に行ったミャンマー、インド、中国、フィリピンの出張はすべて、和泉氏と一緒だったのではないかと指摘されると、「(専門分野の)ヘルスケア関係のものに関しては、私が同行することもございますし、他のものが同行することもある」と正面から答えなかったが、一緒だったことについて異存はないよう。 「部屋の配置については、基本的には、外務省が作ってくださる配置に従っている。 すべてどうであったかは、細かいところは記憶にありません」 自分の上役にあたる男性の部屋と、内扉でつながっている部屋に泊まる経験なんて、滅多にはなさそうなもの。 他にもそういうことがあったら覚えていそうなものなのだが……。 一方、外務省の担当者はインドのホテルの部屋割りが「補佐官室からの指示であったこと」を認めた。 東出昌大(32)と唐田えりか(22)、鈴木杏樹(50)と喜多村緑郎(51)の不倫が世間を騒がしているが、大坪氏と和泉氏の不倫疑惑には税金が使われた疑いがある。 やつれたようにも見えたが、質問に対してよどみなく答えた大坪氏。 野党は和泉補佐官を国会に呼ぶことと、出張に関する書類をすべて開示することを要求している。

次の