インスタ メッセージ ブロック。 【Instagram】ブロックでダイレクトメッセージ(DM)はどうなる?

インスタライブ中に特定の人をブロックできる?ブロック・見せない方法を解説|ライブ配信.net

インスタ メッセージ ブロック

インスタグラムの「ブロック」の意味とやり方 インスタグラムにおける「ブロック」とは、何のために用意されている機能なのでしょうか。 また、実際に相手をブロックする方法について簡単に解説します。 インスタの「ブロック」とは? インスタグラムのブロックは、自分の投稿した写真や動画を相手に見られなくするためのもので、フォローとは関係なく、どのユーザーに対しても実行できます。 ブロック自体は簡単にでき、後で解除することも可能です。 ブロックしたことが相手に通知されることもありません。 ブロックは、投稿の閲覧だけでなくインスタ上でのやりとりに関しても制限が設けられます。 そのため、繰り返しDMやフォローリクエストを送ってきたり、自分の投稿に中傷などのコメントを付けてきたりと、 迷惑なユーザーに悩まされている場合はブロックを使ったシャットアウトを検討しましょう。 相手をブロックする方法 ブロック方法は難しくありません。 相手のプロフィール画面右上のメニューボタン[ ]から[ブロック]を選択後、もう一度[ブロック]をタップすればOKです。 同じ手順で相手のプロフィール画面から「ブロック解除」がおこなえますが、解除後は元のフォロワー関係に戻るわけではありません。 詳しくはしています。 相手のストーリー・投稿が非表示になる ブロックされると、前述のようにプロフィールが表示できなくなります。 これまでのフィード投稿やストーリーハイライトも非表示になるため、相手の投稿がすべて閲覧できなくなります。 フィード画面上部のストーリーリングに、相手のストーリーが反映されることもありません。 DMで送ったメッセージに既読が付かない には、相手がメッセージを読んだことがわかる「既読」機能があります。 「既読」は最新メッセージにのみ表示されるため、最後に送ったメッセージに既読がつけば「相手が自分のメッセージをここまで読んだ」ということになります。 ところが、ブロックされてしまうと相手にはメッセージが届かないため、ブロック後に送ったメッセージにはいつまで経っても既読がつきません。 DMで共有した「相手の投稿」が見られなくなる ダイレクトメッセージ内で過去に「相手の投稿」を共有していた場合、ブロックされると投稿部分に「投稿を見ることができません」と表示されてしまいます。 単純に該当の投稿を相手が削除しただけならば、右上の画像のように「この投稿は削除されたため利用できません」と表示されるため、ブロックではないことがわかります。 自分の投稿に相手をタグ付け(メンション)できない 自分の投稿に相手をタグ付けしようとしても「一致するユーザーがいません」と表示されてしまうため、タグ付けできません。 アカウント名が間違っていないのであれば、ブロックがほぼ確定していると考えてよいでしょう。 相手がブロックしているわけではなく、タグ付けを全員に対して不許可に設定している場合は、タグ付けしようとすると「タグ付けはできません」と表示されます。 appllio. com ブロック「された」側によくある疑問と答え インスタグラムには、相手をブロックしなくてもストーリーや投稿の閲覧、DMの受信を拒む方法が存在します。 ブロックされている可能性は低いのに、投稿が見られなかったり、コメントへの返事がなかったりする場合について、考えられる要因をまとめました。 相手のストーリーが表示されない理由は? 相手のプロフィール画面は表示できるし、DMでもメッセージの送受信は可能。 けれども、なぜか相手のストーリーが自分に表示されていない場合、おもに2つの原因が考えられます。 一つは、 相手の「親しい友だちリスト」にあなたが入っていないケースです。 ストーリーの公開範囲は、フォロワー全員にするか、投稿主が決めた「親しい友達」にするか選択できるようになっています。 この「親しい友達」にあなたが含まれていないなら、ブロックの有無にかかわらずストーリーが表示されません。 appllio. com 相手のフィード投稿にコメント欄がない/コメントが無視されている? 相手のフィード投稿にコメント欄が見当たらないことがあります。 これは、相手がその投稿に対して[コメントをオフにする]を設定しているのが原因です。 あなたを含むすべての人に対し、その投稿にコメントできないようにする設定です。 コメントしたのにもかかわらず、それに対して相手から反応がまったくない場合は、「コメントブロック」の可能性が出てくるでしょう。 インスタグラムのフィード投稿では、特定の相手からのコメントを表示させないブロック機能があります。 あなたがコメントしたとしても、それが相手や第三者に対して非表示になる機能です。 appllio. com 4. DMでメッセージの送受信/ビデオチャットができない(グループスレッドは例外) ブロックしても、DMのスレッド一覧には相手とのスレッドが残ったままです。 ビデオチャット用のボタンもブロック後は消えてしまうため、こちらからの発信は不可能です。 スレッド内の画面下に表示された[チャットを削除]をタップすれば相手とのスレッドを消すことが可能で、ブロック中に相手から送られたメッセージは受信しません。 詳しくはしています。 ブロック「する」側が注意すべき点 ブロックをする上で気になるのが「相手にバレるのか」「完全にブロックはできているのか」といったことでしょう。 ここでは、インスタグラムにおけるブロックに関して注意すべき点や、知っておきたい知識などを集めました。 インスタのブロックはバレる可能性が高い ブロックしたユーザーのプロフィール画面は、ブロックされている側には「ユーザーが見つかりませんでした」と表示されます。 「」とは異なり、プロフィールアイコンや[フォローする]ボタンなど一部は残ったまま相手に表示されてしまうため、ブロックしたことがバレる可能性は高いでしょう。 appllio. com グループ(複数人)スレッド内では相手とやりとりができてしまう DMのグループスレッドではブロックの有無にかかわらず、メッセージのやりとりができてしまいます。 グループスレッドをタップすると「このグループにはあなたがブロックしている人がいます」と注意喚起されますが、この画面でグループスレッドを削除したり退出したりはできません。 ブロックした相手がグループスレッドであなた宛てにメッセージを送ってくる可能性もあります。 それを避けるには、グループスレッドからの退出が有効です。 具体的には、グループスレッドをタップしてトーク右上の[i]マークから、一番下にある[チャットを退出]を選択すればOK。 退出と同時にグループスレッドも一覧から消えます。 ブロック後はアカウントを非公開設定(鍵垢)にしておくべき いくらブロックしたところで、スマホやPCのブラウザ(SafariやChromeなど)からログインせずInstagram(ウェブ版)にアクセスした場合、誰からも投稿を見られてしまいます。 投稿内容を絶対に見られたくないなら、「非公開設定」にすることをおすすめします。 非公開アカウントにすると、自分が承認したユーザーだけに投稿を見せることができます。 非公開設定の手順は以下の通りです。 プロフィール画面右上のメニューボタン[ ]から設定ボタン[ ]をタップします。 [アカウントのプライバシー設定]へ進み、非公開アカウントを[オン]にすればOKです。 非公開設定にすることにより、ウェブ版Instagramから検索されたとしてもアカウントがヒットすることはなくなります。

次の

【Instagram】ブロックでダイレクトメッセージ(DM)はどうなる?

インスタ メッセージ ブロック

ブロックしたい相手がいるけど通知されたら気まずい..。 と思う人は多いと思います。 今回は、 Instagramのブロック機能についての一般的な疑問と解決法をまとめてみました。 ブロックしたら相手に通知は届く? 結論からいうと、 ブロックしたという通知が相手に届くということはありません。 これはすべての人がInstagramを快適に楽しむという点において、メリットがないからです。 ブロックを〝された側〟も快適にInstagramを続けることができるように配慮されているということですね。 Instagramに限らず、ほとんどのSNSではポジティブなアクションに対してのみ通知だけをするという特性があります。 (削除した、ブロックした、フォローを外したといったネガティブなアクションに対しては通知されません) ブロックの特性と目的 ブロックはアカウント主のアクティビティの妨げになるユーザを排除し、特定のユーザからのアクセスを拒否することでインスタグラムを快適に使用できるようにするための機能です。 ブロックすることによって得られる効果は次のようなものです。 ブロック指定したユーザをフォローからはずし、相手のフォローリストから自分を除外する。 ブロック指定したユーザから自分の投稿が見られないようにする。 ブロック指定したユーザからのフォローを自動で拒否する。 ブロック指定したユーザからのダイレクトメッセージを自動で無視する。 ブロック指定したユーザが自分を検索できないようにする(検索結果に表示されないようにする) ブロックする方法• ユーザーネームをタップしてプロフィールを開く。 〝ユーザーをブロックする〟をタップ。 ブロックを解除するには、上の手順の後で 〝ブロックを解除する〟をタップします。 参考: ブロックリストはある? Instagramにはブロックしたユーザを一覧で表示し管理できるようなリストはありません。 なので、ブロックする人を把握しておきたい場合や、後でブロック解除を行いたい場合には相手のユーザ名などをメモしておくことが必要です。 ブロックされているかを確認する 方法 上のことから、ブロックされている場合に起こるのが次のようなものです。 以下の状態に当てはまる場合はブロックされている可能性があります。 フォローしていたはずの相手が 勝手にフォローから外れていた。 相手の投稿が見ようとしたら 、〝投稿はありません〟と表示される。 〝フォローする〟をタップすると一瞬〝フォロー中〟に切り替わるが、 すぐに〝フォローする〟(未フォロー)状態に戻る。 ダイレクトメッセージを送っても相手から 〝既読〟がつかない。 他の人から(別アカウントから)は投稿が表示されているのに自分のアカウントからは見ることができない。 相手の写真のハッシュタグを検索できない (検索しても表示されない)• ブロックを解除した場合には、相手がブロック前に書いたコメントやいいねはすべて復活します。 自分をフォローしていたはずの相手から再びフォロー通知が来たら? 自分をフォローしていたはずの相手から再度フォロー通知が来た場合には、相手が何らかの理由で一度自分のフォローをやめていたということになります。 この場合に考えられる原因はブロックしたことだけに限りません。 相手が自分のフォローをやめてから再度フォローした• 相手が自分をブロックした後にブロックを解除し、再度フォローした• とくによく顔をあわせる相手をブロックして次のようなことを言われた時には返答に注意。 ダイレクトメッセージ送ってるけど見てる?と言われた時• 投稿を消したんだね、と言われた時• フォローできないんだけれどなんで?と聞かれた時 さすがに〝あなたをブロックしているから〟とは言えないですね(笑)ちなみに、ブロック中に送信されたダイレクトメッセージは ブロックを解除したときにまとめて届きます。 ブロックした相手からメッセージが届いているかを確認したい時には時々ブロックを解除すると確認することができます。 その他の問題を避けるには次の方法が有効です。 さりげなくブロックする方法 前述の通り、ブロックと非公開の設定では微妙に相手への表示の内容が異なります。 もしもブロックするのに抵抗がある、普段顔を合わす仲なのでブロックするのは気まずい、というような場合には次の方法で相手のアカウントを除外した後で非公開設定にすることで双方にストレスなく不快なアカウントを除外することができます。 社内や学校内の悪い噂や愚痴を公開しないために自主的にSNS非公開設定することを勧めている場合がある。 日常的に個人情報を公開することはよくないと思い、SNSへの投稿はすべて非公開にしている。 特定のグループでのみの情報交換用アカウントとして使用している。 写真記録用アカウント(クラウド代わり)に非公開アカウントを設けている。 など、様々な理由で使用される機能でもあるので、ブロックする機能と比較すると、 特定の人を除外するという意図に限定されないことから、ブロックのニュアンスとしてはソフトになるという利点があります。 Instagram内でいじめ・嫌がらせ・なりすましに出会ったら Instagramでは、いじめや嫌がらせを行うユーザや、なりすましユーザ(Instagram内で定めているコミュニティ規定に反しているユーザ)に対してアカウントを凍結するなどの方法をとっているとのこと。 Instagramへの迷惑ユーザの報告は行うことができます。 メインアカウントにブロックしたいけれどできない、かといって他の方法で対処するのも難しいという場合には、アカウントをもう1つ作り、投稿をシェアしたい人を厳選して登録したあと非公開設定にしておくことで メインアカウントと分けて使用することができます。 Instagramではこのように複数のアカウントを使い分ける人も多く、公式アプリには複数のInstagramアカウントをすぐに切り替えて使用するためのマルチアカウントの機能があります。 マルチアカウントの使い方• 自分のプロフィールにアクセスして、右上にある または をタップします。 下にスクロールして、[アカウントを追加]をタップします。 追加するアカウントのユーザーネームとパスワードを入力します。 追加したアカウントに切り替えるには:• プロフィールに移動します。 画面上部にあるユーザーネームをタップします。 切り替えるアカウントをタップします。 アカウントは5つまで追加できます。 引用: まとめ ブロック機能そのものはトラブルを防止するためのものですが、ブロックしたことで発生するトラブルがあることも事実です。 ブロックと非公開を合わせた方法はブロックによる2次的なトラブルを防ぐには有効な方法だと言えます。 SNSアプリは日常的に目にすることの多いアプリだからこそ、工夫してお互いにストレスを持つことなく快適に使用したいものですね。 この記事と一緒によく読まれる記事•

次の

【最新】インスタグラムのブロックは相手に通知表示されてバレる?

インスタ メッセージ ブロック

インスタグラムの魅力の一つがブロック機能です。 迷惑な人や嫌な人をブロックすることで、快適にインスタグラムを利用することが可能になります。 リアルで嫌いな相手はそもそもフォローしないかと思いますが、最近はインスタグラムを利用したアフィリエイトやマルチ商法を行う人も多いです。 特にスパム行為やお金儲けが前面に出すぎたユーザーと関わるメリットはあまりないので、積極的にブロックしていきましょう。 しかし、ブロックしたことを相手には知られたくない、自分がブロックされた場合に相手の投稿を見たい、といった要望もあるかと思います。 そこでこのページでは、インスタグラムでのブロックの方法からブロックに関連する諸々の機能について紹介します。 インスタグラムのブロック機能について解説 まずは、インスタグラムのブロックに関する基本的な機能について解説していきます。 インスタグラムのブロック機能とは インタグラムのブロック機能とは、相手との接点を制限する機能です。 ブロックすると具体的には以下のようなことが起こります。 自分の投稿やプロフィール画面を相手に見せない。 相手が何か投稿しても自分に通知されない。 相手がダイレクトメッセージを送っても自分に届かない。 相手が自分をフォローできなくなる。 以上のように、あらゆる面で相手との接触を避けることが可能です。 最後のフォローに関してですが、インスタグラムではまだフォローされていない相手もブロックすることができます。 すでにフォローされている相手はもちろん、まだ接点のない相手もブロックできるのです。 つまり、インスタグラムに登録した段階で、関わりたくない相手をブロックすることで快適に利用できます。 相手をブロックする方法 インスタグラムでのブロック方法は非常に簡単で、以下の流れでブロックできます。 相手のプロフィールページを表示する。 画面右上の「…」を押す。 「ユーザーをブロックする」を選択する。 「はい」を選択する。 まず、ブロックしたいアカウントを表示しましょう。 次に、ブロックしたいアカウントの右上「…」ボタンを押します。 すると、メニュー画面が表示されるので「ブロック」をタップしましょう。 すると、相手のアカウントをブロックするかどうかの確認が出ますので、さらに「ブロック」を選択しましょう。 ブロックが完了すると、ブロックした相手のアカウントの投稿写真は見えなくなります。 これでブロックが完了したことが確認できます。 iOS、android、WindowsなどのOSによって微妙に表示が変わり、また具体的な文言やステップは時折変更されます。 しかし、大枠の流れは上記の通りなので迷うことはないでしょう。 ブロックを解除する方法 ブロック解除の流れもブロックする際とほぼ同じで簡単です。 以下の流れになります。 「ブロックしたアカウント」一覧から、相手のプロフィールページを表示する。 相手プロフィールページの「ブロックを解除する」を選択する。 ブロック解除は相手のプロフィールページから行います。 まずは自分のプロフィールページを開きましょう。 右上のメニューボタンを押して「歯車マーク(オプション)」ボタンをタップします。 オプションページを下にスクロールしていくと、「ブロックしたアカウント」のボタンがあるのでタップしてください。 すると、自分がブロックしたアカウント一覧を表示することができます。 目的のアカウント名をタップすることで、解除したいアカウントのプロフィールページへ行くことができます。 「ブロックを解除」ボタンをタップすることで相手にかけていたブロックが解除され、投稿などを見ることができるようになります。 以上の通り、ブロックする際とほぼ同じ流れです。 OSによっての違いや、仕様変更によって文言が少し変わることはありますが、大枠は上記の通りなので簡単です。 ちなみに、インスタグラムの検索機能を使うことで相手のアカウントを見つけることもできます。 ブロック解除したい相手のユーザーネームがわかっている場合に活用するのもよいでしょう。 ブロックの確認方法 まず自分がブロックした相手については、「ブロックしているユーザーリスト」に入る、「いいね」やコメントがすべて消える、といった変化があります。 これらを確認することで、きちんとブロックできたかどうか確認できます。 次に相手にブロックされた場合も確認できます。 相手にブロックされた場合、以下のことが起こります。 フォローしていた場合フォローが外される。 相手をフォローできなくなる。 「いいね」やコメントができない。 厳密にはフォローは一瞬できたように見えるのですが、すぐに「フォローする」が再表示されます。 「フォローする」を押してみてすぐに再表示されたらそれはブロックされているということです。 ブロックしたとき・されたときのそれそれの表示や機能について解説 次に、ブロックしたとき・されたときの表示や機能について解説します。 ブロックした場合 自分がブロックした場合、表示や機能は以下のようになります。 「いいね」やコメントがすべて消える。 相手がダイレクトメッセージを送っても届かなくなる。 ブロックした相手に対してブロックした旨が通知されるわけではないのですが、相手は自分にコンタクトを取ることができなくなります。 ブロックされた場合 相手が自分をブロックした場合、以下のことが起こります。 相手の投稿を見れない。 「いいね」やコメントをできない。 フォローしてもすぐに外れる。 上記で説明した通り、相手にコンタクトを取れなくなります。 ブロックすると相手にバレる? ブロックをしても相手に通知されることはありませんが、バレる可能性は高いでしょう。 相手が自分にあまり関心がない場合は、投稿やフォローを気にすることがないので気付かない可能性が高いです。 しかし、相手が自分に対して関心があって投稿をチェックしたりしている場合、表示されなくなれば気付く可能性が高いと思われます。 たとえば、スパム行為やマルチ商法を行ってみんなから外されているユーザーであれば、自分一人がブロックしたとしても気づかないでしょう。 しかし、単純に相手と自分の関係性が悪く、自分だけがフォローを外した場合バレる可能性が高いです。 ブロックされても投稿を閲覧できる方法 ブロックされた場合、ブロックされたアカウントからは投稿閲覧ができません。 しかし、ブロックしてきたアカウントが公開アカウントの場合、ブロックされたアカウント以外のアカウントからなら投稿を閲覧できます。 どうしてもブロックしてきたアカウントの投稿を閲覧したい場合、もう一つアカウント作成を行う方法が有効です。 インスタグラムは一人の人が複数アカウントを持つことを禁じていないので、規約違反ではありません。 ブロックせずに相手のフォローをはずす方法 残念ながら、ブロックせずに相手のフォローをはずす方法はありません。 しかし、ほぼ同様の効果を得られる方法ならあります。 それは、ブロックしてすぐにブロック解除するという方法になります。 この方法なら、よほどタイミング悪く相手がインスタグラムをチェックしない限りブロックしたことはバレません。 パソコン版インスタグラムの仕様と非公開設定の方法 インスタグラムはスマホで利用している人がほとんどだと思いますが、パソコン版だと何か仕様の違いはあるのでしょうか。 パソコン版インスタグラムの仕様 パソコン版インスタグラムは初期の頃から検索を除く閲覧のみスマホ版とほぼ同じ仕様だったのですが、投稿をはじめ編集等に関してはできませんでした。 普段から投稿している人にとって、パソコン版インスタグラムは不便を通り越して使えないものでした。 しかし、現在ではパソコン版インスタグラムでも投稿が可能になっています。 方法としては、以下の手順でスマホ版の仕様に切り替えます。 画面内で右クリックし、「検証」を選択。 左上にある「 Toggle device toolbar」ボタンを選択し、ページを更新する。 リストボックスからスマホのOSを選択。 順を追ってみていきましょう。 まず、PCでインスタグラムにログインしましょう。 右クリックを押すことでメニューが表示します。 その中にある「検証」ボタンをクリックしてください。 すると、以下のように左側にインスタグラム、右側にサイトのソースコードが表示されるようになります。 ソースコードの上部にある「スマホ・タブレットボタン(Toggle device toolbar)」をクリックします。 左側のインスタグラムの表示がスマホのような形になるのを確認したらページを更新してください。 そうすると左側のインスタグラムの表示がアプリで操作しているときと同じ表示になります。 この状態になれば、インスタグラムのスマホアプリと同じようにPC上で写真の投稿などを行うことができます。 以上の流れでパソコン版インスタグラムでもスマホ同様に使えます。 パソコン版のままだと投稿ができないので、パソコンからスマホ版の仕様に切り替える使い方になります。 非公開にする方法 パソコン版インスタグラムで非公開設定ができるのはWindows10のみです。 今後仕様変更される可能性はありますが、現状そのようになっています。 方法に関してはiOS、androidと同じで、以下のようになります。 プロフィール画面右上の設定アイコンを選択。 「非公開アカウント」を有効にする。 順を追ってみていきましょう。 まず、前項の方法でPC上でインスタグラムを操作できるようにします。 次にプロフィール画面の「歯車(設定)ボタン」を押します。 オプション画面の「プライバシーとセキュリティ」をクリックしてください。 プライバシーとセキュリティのページにある「アカウントのプライバシー設定」の項目にある「非公開アカウント」にチェックを入れましょう。 チェックを入れることでPC上で自分のアカウントを非公開に設定することができます。 いかがでしたか。 興味のない連絡や迷惑な行為をしてくるアカウントから自分のアカウントを守るのにブロック機能は役立ってくれます。 簡単に設定できますので、どんどん活用して自分のアカウントを洗練させていきましょう。

次の