ウイルス 性 胃腸 炎 仕事。 【ウイルス性胃腸炎】スーパーの仕事への復帰

感染性胃腸炎について

ウイルス 性 胃腸 炎 仕事

激しい嘔吐、繰り返す下痢に始まり、高熱、関節痛、頭痛などなど…かかってしまうとそれはもうめちゃくちゃ辛いウイルス性胃腸炎。 上からも下からも悲惨だし仕事なんて行けるような状況じゃないけど、休んでしまうと職場の人達にも迷惑がかかるし休みにくいな~ってのもあると思います。 ウイルス性胃腸炎の時は仕事は休むべき?何日間休むべきとかあるのか? 職場にウイルス性胃腸炎ですと説明した際に、診断書の提出を求められたりすることはあるのか?についてお話ししていきます。 スポンサーリンク ウイルス性胃腸炎になったら仕事休むべき? ウイルス性胃腸炎は、気温が下がり空気が乾燥しだす冬~春の間に流行します。 症状に個人差はあれどたいてい、激しい嘔吐や下痢・腹痛・発熱が主な症状。 「お腹の風邪」とも言われますよね。 仕事ってそう簡単に休めないし、仕事場での立場などもあると思います。 『職場の人に迷惑かかっちゃうし…』と無理にでも仕事に出ようかななんて考えてしまうかもしれませんが、 ウイルス性胃腸炎は周りの人間に移してしまう可能性があるので仕事は休むべきと言えます。 ウイルス性胃腸炎の原因となるウイルスは、ロタウイルス・アデノウイルス・ノロウイルスと推測されます。 病院でも診察の度にウイルスの検査をするわけじゃなく、症状とその時期の流行から予測して「感染性の胃腸炎でしょう」と診断されることが多いですよね。 「お薬〇日分出しておくのでこれで様子見てみてください」みたいな。 何ウイルスかは検査してみないとわかりません。 冬場にウイルス性胃腸炎と診断された場合は、ロタウイルス・アデノウイルス・ノロウイルスのどれかの可能性が高いと考えられます。 いずれも感染力が強いウイルスのため、症状があるうちは特に出勤は控えたほうがいいですよ。 食品関係のお仕事や、介護施設や保育園など高齢者や小さい子供と接するようなお仕事をされている場合は、感染性の胃腸炎による集団食中毒に発展してしまうと、会社の信頼が危うくなるケースもあるので、「7日間出勤停止」などのように厳しく制限しているところもあります。 スポンサーリンク ウイルス性胃腸炎の時仕事は何日休むの? ウイルス性胃腸炎の場合、仕事は何日休むべきなのでしょうか? 多くの場合は2~3日くらいで激しい下痢や嘔吐の辛い症状が治まってきて、1週間経つ頃には徐々に回復し元に戻ってきます。 ごはんが食べられるようになって、ひどい下痢症状も落ち着けば、とりあえず仕事ができる状態にまで回復してることも多いはず。 しかし、症状の出方や回復までにかかる時間は個人差があるので、自分の体の具合を見ながら職場の上司と相談してくださいね。 嘔吐や下痢が続いているのに無理して出社し、職場でゲロゲロ~なんてやってしまうとそれこそ感染拡大させる可能性があり周囲にも迷惑をかけてしまいます。 「〇〇さんのせいで…」なんて言われたくないですよね。 辛い症状が続く間は、自分のためにも、周囲に感染を広げないためにも、お家で安静にする事が大切です。 体に鞭打って無理すると完治までの期間が長引く可能性だってあります。 症状が長引いて仕事を何日間も休まなければいけない時は、職場にも気を使ってしまいますが、「周りに移してしまう可能性があるようなので…」と伝えればさすがに理解してもらえると思います。 風邪でもこじらせたら完治するまで一か月以上かかったなんて話も耳にしたことがあるくらいなので、症状が辛くて体調が悪いうちはしっかりと休んでおきましょう。 気を付けないといけないのは、症状が治まって出勤できるようになっても、病み上がりの体はまだ本調子じゃないことがほとんどなので、普段よりも風邪やインフルエンザなどにかかりやすい状態になっています。 また、ウイルス性胃腸炎の症状もなくなり治った!と思っても、しばらくの間は体からウイルスを排出し続けていると言われています。 個人差はあれど、短くて約1週間程度、長くて約2~3週間はウイルスを排出しているといわれています 病み上がりで出勤する場合は、マスク着用や手洗い・消毒は徹底しておきましょう。 スポンサーリンク ウイルス性胃腸炎で仕事休む診断書の提出を求められることはある? 世の中には色んな職種もあれば、職場の雰囲気も様々だと思います。 ウイルス性胃腸炎で病欠することに理解のあるところだといいですが、なかには「それを証明しろ」みたいなところもあるかもしれません。 就業規定で医師の診断書の提出が必要なところもあるかもしれませんね。 ウイルス性胃腸炎の場合でも、診察してくれたお医者さんに理由を伝えてお願いすればきちんと診断書を書いてくれます。 診断書発行にかかる料金は病院によって違いますが大体3000円~5000円くらい。 診断書作成までに2~3週間ほどかかるケースが多いので、提出を求められたらなるべく早めにお医者さんにお願いしておくほうがいいですよ。

次の

感染性胃腸炎について

ウイルス 性 胃腸 炎 仕事

どんな人が悪化しやすいのでしょう?• 元々疾患があり、体力が落ちていた方• 乳幼児• 高齢者• ウイルスや細菌の量が多かった場合 などは注意が必要で、脱水症状にも注意しなくては行けません。 ただし、基本的には 症状が落ち着いたら復帰は可能ですが、しばらくは糞便から病原体が排出されます。 多くの場合は2週間以内ですが、中には1ヶ月間もウイルスが検出された例もありますので、回復後も排便後の手洗いは念入りに行いましょう。 ストレス性胃腸炎 ストレス性であれば嘔吐は 一時的なものが多く、吐き気や下痢に悩む症状が多いのではないでしょうか。 自身の胃腸の不調のみが原因ならば、 感染する可能性はないため、出勤停止扱いとはなりません。 しかし、そもそもの原因である生活習慣やストレスなどを解決しなければ症状に改善が見られず、繰り返してしまうことが多くあります。 スポンサーリンク 胃腸炎の診断書は必要? 胃腸炎の場合は、診断書はいるのでしょうか? 感染性胃腸炎は、インフルエンザなどの決まった出席停止期間があるわけではありませんし、学校保健安全法をとってみても、胃腸炎は出席停止処分の対象と決まっていません。 しかし、自治体や学校や職場によって、治癒して再登校・再出社する場合に「治癒証明書」を義務付けているところもありますので、確認をしておきましょう。 とくにそのような決まりのない場合は必要なく、学校のように、「出席停止の措置が取られた場合、診断書を提出すれば出席扱い」という会社は珍しいでしょう。 仮病の疑いをかけられるのがツライという心配もあるかと思いますが、 診断書には数千円の費用もかかり、保険適用外となります。 ただし、食品を扱う職場などでは細心の感染注意を払う必要があるため、そういった診断書類が必要な場合もあるので、職場に問い合わせておくとよいでしょう。 まず、自分が勤める職場の決まりを事前に確認しておきましょう。 会社で、出席停止と定められた疾患はあるのか?• 「診断書」や「治癒証明書」が必要な場合はあるのか?• 会社の出社停止、または医師から感染症拡大の恐れがあると診断された時の休養は、どのような扱いになるのか? どんな場合に診断書が必要であるのか、事前に会社に確認しておくとよいでしょう。 いざ、診断を受けてからあれこれ手配をすると時間がかかります。 大学病院などは、その場で診断書をお願いすればそう時間もかかりませんが、一度診察が終わってから診断書をお願いすると、事務を通したり会計を通したりと時間を要するのもです。 また、会社から出席停止が定められている疾患はあるのか、その場合は出勤日数はどうなるのかなども知っておきたいですね。 医師から、感染の危険があると疑われた時の対処も確認しておくとよいでしょう。 参考文献: 消化器疾患ビジュアルブック P91〜93 ノロウイルス 現場対策P105〜108 1)108 最後に 胃腸炎で仕事を休むことについて不安に思われている方に向け、お話してきましたが、ここでポイントをまとめます。 感染性胃腸炎かストレス性胃腸炎かで、休むべきかどうか異なる• 感染性胃腸炎の場合は、感染力が強いため、休む必要があり、回復までは個人差があるものの2・3日〜一週間ほど• 症状が落ち着いたら復帰可能• ストレス性の胃腸炎は、休むかどうかは体調次第ではあるものの、原因を解消しないと繰り返す• 医師からもらえる診断書には、感染した診断書と治癒証明書がある• 診断書が必要か否かは、職場によって異なる• 事前に会社の決まりを確認 胃腸炎は嘔吐や下痢が激しいと、1日休んだだけではなかなか回復しない厄介な疾患です。 それに加えて感染力が強いとなれば、「診断書があれば精神的にも楽にお休みができる」と思いますよね。 しかし、決まった出勤停止期間もなく、会社が求める場合以外はあまり必要のないものだとおわかりいただけたと思います。 会社によって、どのような決まりがあるのか事前に確認して、不安なくしっかりと治療に専念したいですね。

次の

感染性胃腸炎(ノロウイルス)は出勤停止?仕事を休む期間・復帰まで何日?

ウイルス 性 胃腸 炎 仕事

ロタウイルス、ノロウイルス、アデノウイルなどによる、ウイルス性胃腸炎。 嘔吐や下痢はつらいですが、「どうしても仕事が休めない」と思われるかたも多くおられることでしょう。 そんなウイルス性胃腸炎になったら、会社は休むべきなのでしょうか。 何日休む? 下痢がなければ出社OK? ウイルス性の胃腸炎は感染力が高いことから、通勤時や職場などで、ほかのひとに感染させてしまう恐れがあります。 そのため、ウイルス性の胃腸炎に関して「出勤停止」の対応をとっている企業もあります。 一般的に、仕事を休む期間に関しては「下痢や嘔吐が治り、食欲が戻るまでは自宅で療養」という意見が比較的多いようです。 個人差があるため、一概に〇日、と言い切ることは出来ません。 法令上では、「ウイルス性の胃腸炎」に関する出勤停止の期間は定められていません。 ただし就業規則上で、感染性のある病気にかかった場合についてルールが定められている場合があります。 確認してみてください。 治ったと思って無理をしてぶりかえす、ということが多い病気でもあります。 また下痢止めを使用すると、ウイルスの排出が遅れてしまうと言われています。 となると、仕事をするのは、難しいですよね。 ウイルス性の胃腸炎になってしまったら、可能な場合は休んだほうがよいでしょう。 そして、復帰にあたっては、医師や職場に相談するのが一番だと思われます。 他の人にうつさないためにできる配慮 医師や職場から「出社OK」と言われた場合であっても、2次感染への対策をする必要があります。 なぜなら、ノロウイルスの場合だと、症状がおさまってからでも4週間ほどはウイルスが体から排出されるからです。 うつさない・うつらないためには、毎日、うがい・手洗いはしっかりと行いましょう。 そして、意外と知られていないのが「トイレを流す際の注意事項」。 感染したひとは、便からもウイルスを排出します。 排便の際にトイレのふたを開けたままで流してしまうと、ウイルスが空気中に飛散するのだそうです。 これを防ぐために、トイレを流す際には、必ずフタをしめて流しましょう。 また、トイレをこまめに消毒することも大切です。 まとめ 法令などによる明確なルールがないことから、「ウイルス性胃腸炎でも仕事を休みづらい」と感じるかたもおられることと思います。 しかし、ウイルス性胃腸炎は感染力が高いうえに、無理をすると長引きます。 早く治し、ほかのひとへの感染を防ぐためにも、無理をせず仕事は休み、しっかり治したほうが良いようです。 ウイルス性胃腸炎がうつる期間はいつまで? ウイルス性胃腸炎とはどのような胃腸炎なのでしょうか? ウイルスによって起こる胃腸炎で、ウイルス性胃腸炎の代表的なものには、ノロウイルスやロタウイルスなどがあります。 また、ウイルス性胃腸炎は人と人との間で感染が広がり、感染力が強いという特徴があります。 日本では秋から冬にかけてウイルス性の胃腸炎が流行しやすいです。 うつる期間ですが、ウイルス性胃腸炎になった人がたとえ症状が良くなっても1週間〜1ヶ月はウイルスが体内に残っている場合が多いので、この期間は注意が必要です。 ・感染した人の便や嘔吐物を介して感染。 感染者の便や嘔吐物が手に付き、その手が口などに触れてしまって感染、など。 ・感染した人からの間接的な感染。 感染者が触ったスイッチやドアノブなどからウイルスが付着し、口に入って感染する、など。 感染力が強いです。 また、症状がおさまってから3週間もたっていてもウイルスが体内で生き残っていることもあります。 感染の危険があります。 ・乾燥した嘔吐物からウイルスが空気中を漂い、吸い込むことによって感染します。 それ以上かかることもあります。 嘔吐や下痢症状があり、下痢はお米のとぎ汁のような白い便が出ます。 感染の危険が高いです。 家族がかかったらどう対処する? また、ドアノブ、蛇口、洗面台など家族がよく使う場所にも次亜塩素酸ナトリウムで消毒すると良いでしょう。 また、手洗いを必ずしっかりと行うことも大切です。 まとめ これらに感染した場合、感染を広げないように、感染した人が気をつけることと周りの人の協力が重要になってきます。 ノロウイルスやロタウイルスは感染力が強く、症状も辛いですね。 家族で感染した人がいたら辛そうな様子で、そのような姿を見ている方も辛いですよね。 一日も早く回復されますように、願っております。

次の