玉置浩二 統合失調症。 統合失調症だと公表した芸能人・有名人

玉置浩二さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

玉置浩二 統合失調症

総合失調症や躁うつ病等の病気を患っていた玉置浩二さん 玉置浩二さんは、ソニー・ミュージックレコーズ内の自主レーベルである、「ソルトモデラート(Saltmoderate)」に所属している、日本のミュージシャン・俳優です。 玉置浩二さんは、ロックバンド「安全地帯」のボーカルでもあり、その圧倒的歌唱力は芸能界でもナンバーワンだといわれているほどです。 そんな玉置浩二さんは、総合失調症や躁うつ病等の病気を患っていたそうです。 玉置浩二さんの経歴、芸歴は? 玉置浩二さんは、1971年、旭川市立神居小学校を卒業すると、旭川市立神居中学校に入学し、1972年、中学2年時に転入生の武沢豊さんと同級生になります。 そして、1973年、武沢豊さんと二人でロックバンド「安全地帯」を結成。 1974年に、旭川市立神居中学校を卒業した後、玉置浩二さんは、北海道旭川農業高等学校に入学し、1981年、井上陽水さんのバックバンドを務めるため上京します。 1982年2月25日、「安全地帯」は、キティレコードより「萠黄色のスナップ/一度だけ」でメジャーデビューし、それ以降、「ワインレッドの心」、「恋の予感」、「悲しみにさよなら」など毎年のようにヒット作品を発表して、確固たる人気を確立します。 玉置浩二さんは、1983年、同郷の一般女性と結婚しますが、1986年に離婚。 同年、映画「プルシアンブルーの肖像」で俳優デビューを果たします。 1987年には、シングル「All I Do」でソロデビューも果たします。 1991年、シングル「胸の振り子」の作曲を担当したことを機に、玉置浩二さんは、交際していた薬師丸ひろ子と再婚します。 1993年には、「安全地帯」の活動を休止しソロに専念するようになります。 1996年には、NHK大河ドラマ「秀吉」に足利義昭役で出演し、また、自らが主演したテレビドラマ「コーチ」の主題歌である「田園」が大ヒットし、同年末の第47回NHK紅白歌合戦への出場を果たします。 このNHK紅白歌合戦に出演した際のバックバンドには、本来のツアーバンドではなく、TOKIOを据えたため、59. 1998年、薬師丸との離婚を機に玉置浩二さんは、軽井沢町へ移住し、その後、1999年、ツアーバンドの一員でキーボード奏者であった、安藤さと子さんと結婚し、また、軽井沢にログハウスを建築します。 2002年、約10年ぶりに「安全地帯」の活動を再開し、2002年と翌2003年にアルバムをリリースし、同時にツアーも行いましたが、2003年いっぱいで「安全地帯」の活動を休止します。 2004年、個人事務所・アンクルオニオンを設立したことを機に、ソロ活動に専念するようになり、翌2005年、ソニー復帰後、初のソロアルバムをリリースします。 2005年には、8年ぶりとなるテレビドラマ、「あいのうた」に出演。 2007年12月1日には、安藤さと子さんと離婚し、その後、2008年、急性膵炎を発症し、その療養のため、活動を休止します。 2009年2月25日、女優の石原真理さんと婚姻届を提出したが、石原の籍が前夫と婚姻したままになっていた為、不受理に終わってしまい、2009年9月4日には、石原真理と破局、と日刊スポーツで報道されます。 2009年12月25日、所属レコード会社により「安全地帯」活動再開第1弾シングル「蒼いバラ」のショートクリップが公開され、2010年1月8日には、6年ぶりの「安全地帯」活動再開を発表します。 2010年7月16日、玉置浩二さんは、タレントで女優の青田典子さんと結婚し、2012年7月1日、ソニーミュージックへ3回目の移籍。 その後、自主レーベルだる「ソルトモデラート」を立ち上げ、「安全地帯/玉置浩二」それぞれの活動を開始します。 玉置浩二さんは、前述のとおり、総合失調症や躁うつ病ではないかと疑われています。 この総合失調症とは、精神的疾患の一種とされており、脳内のネットワークが何らかの原因で働かなくなり、急に周りが見えなくなったり、ちょっとしたことでも感情が激しく変化したりする病気とされています。 玉置浩二さんは、自著の中で、長い間、この統合失調症によって苦しんでいたことを告白しています。 また、玉置浩二さんは、躁うつ病であったのではともいわれています。 躁うつ病とは、別名「双極性障害」とも呼ばれる精神疾患の一種で、とにかく気分がハイになる「躁状態」と気分が落ち込んでしまう「うつ状態」が極端にあらわれるようになります。 玉置浩二さんの現在の妻である青田典子さんによると、何度も言い合いをしては仲直りをするという繰り返しであり、機嫌が悪い時には何を言っても無駄で、まるで人の話を聞いてくれないそうです。 しかし、逆に機嫌が良い時にはものすごく優しく接してくれるそうです。 玉置浩二さんには、前述の通り、3度の離婚歴がありますが、前妻の方々はこの躁うつ病の症状による両極端な性格についていけず、離婚に至ってしまったのかもしれません。 4度目の離婚という事にはならないようにしてほしいなと思います。

次の

統合失調症 玉置浩二 の場合

玉置浩二 統合失調症

躁鬱病 双極性障害 ・統合失調症であると公言したミュージシャンの玉置浩二さん 「ワインレッドの心」等のヒット曲を途に放ち、ミュージシャンとして有名な玉置浩二さん。 自身の半生本で公表しているように、統合失調症に長い間苦しんできたそうです。 ロックバンド安全地帯のボーカリストとして、俳優として芸能界で活躍してきた裏には躁鬱病 双極性障害 ・統合失調症で苦しんできたらしいのです。 今回はそんな玉置浩二さんと躁鬱病 双極性障害 についてご紹介していきます。 突然病気を理由に休養に入った原因は統合失調症だった玉置浩二さん 玉置浩二さんと言えば、突然ライブを中止したり、活動休止したり、突発的な行動がよく話題になっていましたね。 何か危ないものをしてるんじゃないか・・・とも言われていましたがそれは違います。 そう、突然病気を理由に休養に入った等の原因は玉置浩二さんが統合失調症だった事が理由なのです。 精神病院に入院していた過去もある玉置浩二さん 玉置浩二さんは躁鬱病 双極性障害 の為、精神病院に入院していた過去もあるそうです。 一時期芸能界から消えていた期間がありましたが、実は精神病院に入院していたというわけです・・・・これはびっくりですね。 芸能人と言えば、その多忙さもさることながら多くの関係者との付き合いや、芸能人だからこそのプライバシーのなさ・・・それらが玉置浩二さんの症状を改善させることがなかったのでしょう。 躁鬱病 双極性障害 ・統合失調症の症状としては幻覚や幻聴、妄想が出る場合もあり、入院するレベルですから、玉置浩二さんもそのような症状があったのかもしれませんね。 ちなみに現在も完治していないそうです・・・.

次の

玉置浩二の病気、統合失調症に心配の声…青田典子との壮絶な夫婦生活

玉置浩二 統合失調症

総合失調症や躁うつ病等の病気を患っていた玉置浩二さん 玉置浩二さんは、ソニー・ミュージックレコーズ内の自主レーベルである、「ソルトモデラート(Saltmoderate)」に所属している、日本のミュージシャン・俳優です。 玉置浩二さんは、ロックバンド「安全地帯」のボーカルでもあり、その圧倒的歌唱力は芸能界でもナンバーワンだといわれているほどです。 そんな玉置浩二さんは、総合失調症や躁うつ病等の病気を患っていたそうです。 玉置浩二さんの経歴、芸歴は? 玉置浩二さんは、1971年、旭川市立神居小学校を卒業すると、旭川市立神居中学校に入学し、1972年、中学2年時に転入生の武沢豊さんと同級生になります。 そして、1973年、武沢豊さんと二人でロックバンド「安全地帯」を結成。 1974年に、旭川市立神居中学校を卒業した後、玉置浩二さんは、北海道旭川農業高等学校に入学し、1981年、井上陽水さんのバックバンドを務めるため上京します。 1982年2月25日、「安全地帯」は、キティレコードより「萠黄色のスナップ/一度だけ」でメジャーデビューし、それ以降、「ワインレッドの心」、「恋の予感」、「悲しみにさよなら」など毎年のようにヒット作品を発表して、確固たる人気を確立します。 玉置浩二さんは、1983年、同郷の一般女性と結婚しますが、1986年に離婚。 同年、映画「プルシアンブルーの肖像」で俳優デビューを果たします。 1987年には、シングル「All I Do」でソロデビューも果たします。 1991年、シングル「胸の振り子」の作曲を担当したことを機に、玉置浩二さんは、交際していた薬師丸ひろ子と再婚します。 1993年には、「安全地帯」の活動を休止しソロに専念するようになります。 1996年には、NHK大河ドラマ「秀吉」に足利義昭役で出演し、また、自らが主演したテレビドラマ「コーチ」の主題歌である「田園」が大ヒットし、同年末の第47回NHK紅白歌合戦への出場を果たします。 このNHK紅白歌合戦に出演した際のバックバンドには、本来のツアーバンドではなく、TOKIOを据えたため、59. 1998年、薬師丸との離婚を機に玉置浩二さんは、軽井沢町へ移住し、その後、1999年、ツアーバンドの一員でキーボード奏者であった、安藤さと子さんと結婚し、また、軽井沢にログハウスを建築します。 2002年、約10年ぶりに「安全地帯」の活動を再開し、2002年と翌2003年にアルバムをリリースし、同時にツアーも行いましたが、2003年いっぱいで「安全地帯」の活動を休止します。 2004年、個人事務所・アンクルオニオンを設立したことを機に、ソロ活動に専念するようになり、翌2005年、ソニー復帰後、初のソロアルバムをリリースします。 2005年には、8年ぶりとなるテレビドラマ、「あいのうた」に出演。 2007年12月1日には、安藤さと子さんと離婚し、その後、2008年、急性膵炎を発症し、その療養のため、活動を休止します。 2009年2月25日、女優の石原真理さんと婚姻届を提出したが、石原の籍が前夫と婚姻したままになっていた為、不受理に終わってしまい、2009年9月4日には、石原真理と破局、と日刊スポーツで報道されます。 2009年12月25日、所属レコード会社により「安全地帯」活動再開第1弾シングル「蒼いバラ」のショートクリップが公開され、2010年1月8日には、6年ぶりの「安全地帯」活動再開を発表します。 2010年7月16日、玉置浩二さんは、タレントで女優の青田典子さんと結婚し、2012年7月1日、ソニーミュージックへ3回目の移籍。 その後、自主レーベルだる「ソルトモデラート」を立ち上げ、「安全地帯/玉置浩二」それぞれの活動を開始します。 玉置浩二さんは、前述のとおり、総合失調症や躁うつ病ではないかと疑われています。 この総合失調症とは、精神的疾患の一種とされており、脳内のネットワークが何らかの原因で働かなくなり、急に周りが見えなくなったり、ちょっとしたことでも感情が激しく変化したりする病気とされています。 玉置浩二さんは、自著の中で、長い間、この統合失調症によって苦しんでいたことを告白しています。 また、玉置浩二さんは、躁うつ病であったのではともいわれています。 躁うつ病とは、別名「双極性障害」とも呼ばれる精神疾患の一種で、とにかく気分がハイになる「躁状態」と気分が落ち込んでしまう「うつ状態」が極端にあらわれるようになります。 玉置浩二さんの現在の妻である青田典子さんによると、何度も言い合いをしては仲直りをするという繰り返しであり、機嫌が悪い時には何を言っても無駄で、まるで人の話を聞いてくれないそうです。 しかし、逆に機嫌が良い時にはものすごく優しく接してくれるそうです。 玉置浩二さんには、前述の通り、3度の離婚歴がありますが、前妻の方々はこの躁うつ病の症状による両極端な性格についていけず、離婚に至ってしまったのかもしれません。 4度目の離婚という事にはならないようにしてほしいなと思います。

次の